Microsoft Teams 用に組織のネットワークを準備するPrepare your organization's network for Microsoft Teams

ネットワーク要件Network requirements

Office 365 用にネットワークの最適化を既に行っている場合は、Microsoft Teams の準備ができている可能性があります。If you've already optimized your network for Office 365, you're probably ready for Microsoft Teams. いずれの場合も、リモートワーカーをサポートするために、最初の Office 365 ワークロードとして teams をすばやくロールアウトする場合は、チームのロールアウトを開始する前に次のことを確認してください。In any case - and especially if you're rolling out Teams quickly as your first Office 365 workload to support remote workers - check the following before you begin your Teams rollout:

  1. すべての場所でインターネットにアクセスできますか (Office 365 に接続できるようにします)。Do all your locations have internet access (so they can connect to Office 365)? 少なくとも、通常の web トラフィックに加えて、Teams のメディアについては、すべての場所で次のように開いていることを確認してください。At a minimum, in addition to normal web traffic, make sure you've opened the following, for all locations, for media in Teams:

    ポートPorts UDP ポート3478 ~ 3481UDP ports 3478 through 3481
    IP アドレスIP addresses 13.107.64.0/1852.112.0.0/1452.120.0.0/1413.107.64.0/18, 52.112.0.0/14, and 52.120.0.0/14

重要

オンプレミスまたはオンラインのいずれかで、Skype for Business とフェデレーションを行う必要がある場合は、追加の DNS レコードを設定する必要があります。If you need to federate with Skype for Business, either on-premises or online, you will need to configure some additional DNS records.

CNAME レコード/ホスト名CNAME Records / Host name 消滅TTL ポイント先のアドレスまたは値Points to address or value
フェデレーションsip 36003600 sipdir.online.lync.comsipdir.online.lync.com
lyncdiscoverlyncdiscover 36003600 webdir.online.lync.comwebdir.online.lync.com
  1. Office 365 の確認済みドメイン (たとえば、contoso.com) があるか。Do you have a verified domain for Office 365 (for example, contoso.com)?

  2. 組織が Exchange Online と SharePoint Online を展開していますか?Has your organization deployed Exchange Online and SharePoint Online?

これらのネットワーク要件を満たしていることを確認したら、チームをロールアウトすることができます。Once you've verified that you meet these network requirements, you may be ready to Roll out Teams. 大企業向けの企業の場合、またはネットワークの制限事項があることがわかっている場合は、「チームのネットワークを評価して最適化する方法」をご覧ください。If you're a large multinational enterprise, or if you know you've got some network limitations, read on to learn how to assess and optimize your network for Teams.

重要

教育機関向けの場合: 組織が教育機関であり、学生情報システム (SIS) を使用している場合は、チームをロールアウトする前にSchool Data Sync を展開してください。For educational institutions: If your organization is an educational institution and you use a Student Information System (SIS), deploy School Data Sync before you roll out Teams.

オンプレミスの skype For Business server を実行している場合: 組織がオンプレミスの Skype For business server (または Lync server) を実行している場合、オンプレミスのディレクトリを Office 365 と同期するようにAzure AD Connect を構成する必要があります。Running on-premises Skype for Business Server: If your organization is running on-premises Skype for Business Server (or Lync Server), you must configure Azure AD Connect to synchronize your on-premises directory with Office 365.

ベストプラクティス: CQD と通話分析を使用してネットワークを監視するBest practice: Monitor your network using CQD and call analytics

通話品質ダッシュボード (CQD)を使用して、Teams での通話と会議の品質を把握します。Use the Call Quality Dashboard (CQD) to gain insight into the quality of calls and meetings in Teams. CQD は、品質、信頼性、ユーザーエクスペリエンスを常に把握して、ネットワークを最適化するのに役立ちます。CQD can help you optimize your network by keeping a close eye on quality, reliability, and the user experience. CQD は、全体的なパターンが明らかになる組織全体の集計テレメトリを確認します。これにより、問題を特定し、修復を計画することができます。CQD looks at aggregate telemetry for an entire organization where overall patterns can become apparent, which lets you identify problems and plan remediation. さらに、CQD には、品質、信頼性、ユーザーエクスペリエンス全体を把握するための、豊富な指標レポートが用意されています。Additionally, CQD provides rich metrics reports that provide insight into overall quality, reliability, and user experience.

個々のユーザーの通話と会議の問題を調査するには、通話分析を使用します。You'll use call analytics to investigate call and meeting problems for an individual user.

ネットワーク最適化Network optimization

次のタスクはオプションであり、チームをロールアウトする場合は必須ではありません。特に、小規模なビジネスで、Office 365 を既に展開している場合は、その必要はありません。The following tasks are optional and aren't required for rolling out Teams, especially if you're a small business and you've already rolled out Office 365. このガイダンスを使用して、ネットワークとチームのパフォーマンスを最適化します。また、ネットワークの制限事項があることがわかっている場合に使います。Use this guidance to optimize your network and Teams performance or if you know you've got some network limitations.

次のような場合には、追加のネットワーク最適化を行うことができます。You might want to do additional network optimization if:

  • チームの実行速度が遅い (帯域幅が十分でない可能性がある)Teams runs slowly (maybe you have insufficient bandwidth)
  • 通話が切断される (ファイアウォールまたはプロキシブロックが原因である可能性があります)Calls keep dropping (might be due to firewall or proxy blockers)
  • 通話には静的と途切れがあります。また、ロボットなどのボイスサウンド (ジッタまたはパケットロスの可能性があります)Calls have static and cut out, or voices sound like robots (could be jitter or packet loss)

ネットワークの障害を特定して修正するためのガイダンスなど、ネットワークの最適化の詳細については、「 Office 365 のネットワーク接続の原則」を参照してください。For an in-depth discussion of network optimization, including guidance for identifying and fixing network impairments, read Office 365 Network Connectivity Principles.

ネットワーク最適化タスクNetwork optimization task 詳細Details
ネットワークプランナーNetwork planner

組織の物理的な場所での帯域幅の計算やネットワーク要件など、ネットワークの評価について詳しくは、「 Network Planner ツール」をご覧ください。For help assessing your network, including bandwidth calculations and network requirements across your org's physical locations, check out the Network Planner tool, in the Teams admin center. ネットワークの詳細とチームの利用状況を入力すると、ネットワーク Planner によって、組織の物理的な場所でチームとクラウドボイスを展開するためのネットワーク要件が計算されます。When you provide your network details and Teams usage, the Network Planner calculates your network requirements for deploying Teams and cloud voice across your organization's physical locations.

シナリオの例については、「ネットワークプランナーの使用例のシナリオ」を参照してください。For an example scenario, see Using Network Planner - example scenario.

チーム向けのアドバイザーAdvisor for Teams チームのアドバイザーteams 管理センターの一部です。Advisor for Teams is part of the Teams admin center. Office 365 環境を評価し、Teams を正常に展開する前に更新または変更する必要がある最も一般的な構成を特定します。It assesses your Office 365 environment and identifies the most common configurations that you may need to update or modify before you can successfully roll out Teams.
外部の名前解決External Name Resolution Teams クライアントを実行しているすべてのコンピューターで、Office 365 によって提供されるサービスを検出し、ファイアウォールによってアクセスが拒否されていないことを確認します。Be sure that all computers running the Teams client can resolve external DNS queries to discover the services provided by Office 365 and that your firewalls are not preventing access. ファイアウォールのポートを構成する方法については、「 Office 365 の URL と IP 範囲」をご覧ください。For information about configuring firewall ports, go to Office 365 URLs and IP ranges.
検証 (NAT) プールサイズValidate (NAT) pool size ユーザー接続に必要なネットワークアドレス変換 (NAT) プールサイズを確認します。Validate the network address translation (NAT) pool size required for user connectivity. 複数のユーザーやデバイスがネットワークアドレス変換 (NAT) またはポートアドレス変換 (PAT)を使って Office 365 にアクセスする場合、各パブリックルーティング可能な IP アドレスの背後に隠れているデバイスが、サポートされている番号を超えないようにする必要があります。When multiple users and devices access Office 365 using Network Address Translation (NAT) or Port Address Translation (PAT), you need to ensure that the devices hidden behind each publicly routable IP address do not exceed the supported number. ポートの枯渇を防ぐため、適切なパブリック IP アドレスが NAT プールに割り当てられていることを確認します。Ensure that adequate public IP addresses are assigned to the NAT pools to prevent port exhaustion. ポートの枯渇は、社内ユーザーと、Office 365 サービスに接続できないデバイスに寄与します。Port exhaustion will contribute to internal users and devices being unable to connect to the Office 365 service.
Microsoft データセンターへのルーティングRouting to Microsoft data centers Microsoft データセンターへの最も効率的なルーティングを実装します。Implement the most efficient routing to Microsoft data centers. ローカルまたは地域の出口ポイントを使用して、可能な限り効率的に Microsoft ネットワークに接続できる場所を特定します。Identify locations that can use local or regional egress points to connect to the Microsoft network as efficiently as possible.
侵入検知と予防のガイダンスIntrusion Detection and Prevention Guidance お客様の環境に、送信接続用のセキュリティレイヤーを追加するために展開された侵入検出または防止システム (IDS/IPS) が展開されている場合は、すべての Office 365 url をホワイトリストしてください。If your environment has an Intrusion Detection or Prevention System (IDS/IPS) deployed for an extra layer of security for outbound connections, be sure to whitelist all Office 365 URLs.
分割トンネル VPN を構成するConfigure split-tunnel VPN

一般に[分割トンネル VPN](https://docs.microsoft.com/windows/security/identity-protection/vpn/vpn-routing)と呼ばれる仮想プライベートネットワーク (VPN) をバイパスするチームトラフィックの代替パスを指定することをお勧めします。We recommend that you provide an alternate path for Teams traffic that bypasses the virtual private network (VPN), commonly known as [split-tunnel VPN](https://docs.microsoft.com/windows/security/identity-protection/vpn/vpn-routing). [トンネリングの分割とは、Office 365 のトラフィックが VPN 経由ではなく、直接 Office 365 に移動することを意味します。Split tunneling means that traffic for Office 365 doesn't go through the VPN but instead goes directly to Office 365. VPN をバイパスすると、チームの品質にプラスの影響があり、VPN デバイスと組織のネットワークの負荷が軽減されます。Bypassing your VPN will have a positive impact on Teams quality, and it reduces load from the VPN devices and the organization's network. 分離トンネル VPN を実装するには、VPN ベンダーと共同作業を行います。To implement a split-tunnel VPN, work with your VPN vendor.

VPN のバイパスが推奨されるその他の理由:Other reasons why we recommend bypassing the VPN:

  • 通常、Vpn は、リアルタイムメディアをサポートするように設計されていないか、構成されていません。VPNs are typically not designed or configured to support real-time media.

  • 一部の Vpn は、UDP をサポートしていない場合もあります (Teams に必要)。Some VPNs might also not support UDP (which is required for Teams).

  • Vpn は、既に暗号化されているメディアトラフィックの上に、暗号化の追加レイヤーを導入することもあります。VPNs also introduce an extra layer of encryption on top of media traffic that's already encrypted.

  • VPN デバイス経由でのヘアピンによるトラフィックにより、Teams への接続は効率的でない可能性があります。Connectivity to Teams might not be efficient due to hair-pinning traffic through a VPN device.

QoS の実装Implement QoS QoS (Quality Of Service) を使ってパケットの優先順位を設定します。Use Quality of Service (QoS) to configure packet prioritization. これにより、チームの通話品質が向上し、通話品質の監視とトラブルシューティングが容易になります。This will improve call quality in Teams and help you monitor and troubleshoot call quality. QoS は、管理されたネットワークのすべてのセグメントに実装する必要があります。QoS should be implemented on all segments of a managed network. ネットワークが帯域幅用に適切にプロビジョニングされている場合でも、予期しないネットワークイベントが発生した場合は、QoS によってリスクを軽減することができます。Even when a network has been adequately provisioned for bandwidth, QoS provides risk mitigation in the event of unanticipated network events. QoS では、このような予期しないイベントが品質に悪影響を与えないように、ボイストラフィックの優先順位が付けられます。With QoS, voice traffic is prioritized so that these unanticipated events don't negatively affect quality.
WiFi の最適化Optimize WiFi

VPN と同じように、WiFi ネットワークは、リアルタイムメディアをサポートするように設計されていないこともあります。Similar to VPN, WiFi networks aren't necessarily designed or configured to support real-time media. チームをサポートするための WiFi ネットワークを計画または最適化することは、高品質な展開を行うための重要な考慮事項です。Planning for, or optimizing, a WiFi network to support Teams is an important consideration for a high-quality deployment. 次のような要素を考慮してください。Consider these factors:

  • QoS または WiFi マルチメディア (WMM) を実装して、WiFi ネットワーク経由でメディアトラフィックの優先順位が適切に付けられるようにします。Implement QoS or WiFi Multimedia (WMM) to ensure that media traffic is getting prioritized appropriately over your WiFi networks.

  • WiFi バンドおよびアクセスポイントの配置を計画して最適化します。Plan and optimize the WiFi bands and access point placement. アクセス ポイントの配置に応じて、2.4 GHz 帯で十分なエクスペリエンスが提供される可能性がありますが、アクセス ポイントは、多くの場合にその帯域で動作するその他のコンシューマー デバイスによって影響を受けます。The 2.4 GHz range might provide an adequate experience depending on access point placement, but access points are often affected by other consumer devices that operate in that range. 5 GHz の範囲は、高密度な範囲に基づくリアルタイムのメディアに適していますが、十分な範囲を確保するには、さらに多くのアクセスポイントが必要です。The 5 GHz range is better suited to real-time media due to its dense range, but it requires more access points to get sufficient coverage. エンドポイントも、その帯をサポートしており、それらの帯を利用できるように構成されている必要があります。Endpoints also need to support that range and be configured to leverage those bands accordingly.

  • デュアルバンド WiFi ネットワークを使用している場合は、バンドステアリングの実装を検討してください。If you're using dual-band WiFi networks, consider implementing band steering. バンドステアリングは、5 GHz のクライアントを使用するようにデュアルバンドクライアントに影響を与えるために、WiFi ベンダーによって実装された手法です。Band steering is a technique implemented by WiFi vendors to influence dual-band clients to use the 5 GHz range.

  • 同じチャネルのアクセスポイントが近すぎる場合は、信号の重複が発生し、意図せず競合する可能性があり、その結果、ユーザーにとって悪い操作が発生する可能性があります。When access points of the same channel are too close together, they can cause signal overlap and unintentionally compete, resulting in a bad experience for the user. 互いに隣接するアクセスポイントが重なっていないチャネル上にあることを確認します。Ensure that access points that are next to each other are on channels that don't overlap.

各無線ベンダーは、その無線ソリューションを展開する場合の推奨事項をそれぞれ持っています。Each wireless vendor has its own recommendations for deploying its wireless solution. 具体的なガイダンスについては、WiFi ベンダーにお問い合わせください。Consult your WiFi vendor for specific guidance.

帯域幅要件Bandwidth requirements

Teams は、ネットワークの状況に関係なく、最適なオーディオ、ビデオ、およびコンテンツ共有のエクスペリエンスを提供するために設計されています。Teams is designed to give the best audio, video, and content sharing experience regardless of your network conditions. ただし、帯域幅が十分でない場合、チームはビデオ品質よりも音質の高い音質を優先します。That said, when bandwidth is insufficient, Teams prioritizes audio quality over video quality.

帯域幅が制限されていない場合、チームは、最大1080p のビデオ解像度、ビデオ用および 15 fps 用の最大30fps、および高品質のオーディオを含むメディアの品質を最適化します。Where bandwidth isn't limited, Teams optimizes media quality, including up to 1080p video resolution, up to 30fps for video and 15fps for content, and high-fidelity audio.

次の表は、Teams で帯域幅を使用する方法を示しています。This table describes how Teams uses bandwidth. Teams は常に帯域幅の使用率を控えめにし、1.2 Mbps 以下で HD ビデオ品質を提供できます。Teams is always conservative on bandwidth utilization and can deliver HD video quality in under 1.2Mbps. 各オーディオ/ビデオ通話または会議の実際の帯域幅の消費量は、ビデオレイアウト、ビデオ解像度、1 秒あたりのビデオ フレームなどのいくつかの要因によって異なります。The actual bandwidth consumption in each audio/video call or meeting will vary based on several factors, such as video layout, video resolution, and video frames per second. より多くの帯域幅が利用可能になると、最高のエクスペリエンスを提供するために品質と使用率を増加させるようになっています。When more bandwidth is available, quality and usage will increase to deliver the best experience.

帯域(上/下)Bandwidth(up/down) シナリオScenarios
30 kbps30 kbps ピアツーピアの音声通話Peer-to-peer audio calling
130 kbps130 kbps ピアツーピア音声通話と画面共有Peer-to-peer audio calling and screen sharing
500 kbps500 kbps ビデオ: 30 fps 360 p の呼び出しのピア ツー ピア品質Peer-to-peer quality video calling 360p at 30fps
1.2 Mbps1.2 Mbps 30 fpsでHD 720 pの解像度でのピアツーピアHD品質ビデオ通話Peer-to-peer HD quality video calling with resolution of HD 720p at 30fps
1.5 Mbps1.5 Mbps 30 fpsでHD 1080 pの解像度でのピアツーピアHD品質ビデオ通話Peer-to-peer HD quality video calling with resolution of HD 1080p at 30fps
500 kbps/1Mbps500kbps/1Mbps グループビデオ通話Group Video calling
1Mbps/2Mbps1Mbps/2Mbps HD グループビデオ通話 (1080 p の画面で 540 p のビデオ) HD Group video calling (540p videos on 1080p screen)

Office 365 のネットワーク接続の原則Office 365 Network Connectivity Principles

ワールドワイドエンドポイント: Skype for Business Online と TeamsWorldwide endpoints: Skype for Business Online and Teams

Teams のプロキシサーバーProxy servers for Teams

Teams のメディア: 会議が簡単である理由Media in Teams: Why meetings are simple

Teams のメディア: メディアフローの詳細Media in Teams: Deep dive into media flows

Teams での ID モデルと認証Identity models and authentication in Teams

Teams の展開方法How to roll out Teams