FLATENTRYFLATENTRY

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

エントリ IDの構造体と構造体エントリ IDのサイズを指定するバイト数です。An ENTRYID structure plus a byte count that specifies the size of the ENTRYID structure.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapidefs.hMapidefs.h
関連するマクロ:Related macros:
cbFLATENTRYCbNewFLATENTRYcbFLATENTRY, CbNewFLATENTRY
typedef struct
{
  ULONG cb;
  BYTE abEntry[MAPI_DIM];
} FLATENTRY, FAR *LPFLATENTRY;

メンバーMembers

cbcb

AbEntryメンバーのバイト数をカウントします。Count of bytes in the abEntry member.

abEntryabEntry

フラグ、およびバイナリ データの配列を含む完全なエントリの識別子です。The complete entry identifier that includes the array of flags and binary data.

備考Remarks

FLATENTRY構造体では、エントリ IDの構造が似ています。A FLATENTRY structure resembles an ENTRYID structure. ただし、これにはいくつか相違点があります。However, there are some differences:

  • エントリ識別子のサイズを格納するFLATENTRY構造体エントリ IDはありません。A FLATENTRY structure stores the size of the entry identifier; ENTRYID does not.

  • FLATENTRY構造体は、エントリの識別子の残りの部分と一緒にフラグ データを格納します。エントリ IDを格納するとは別にします。A FLATENTRY structure stores the flag data together with the rest of the entry identifier; ENTRYID stores them separately.

  • エントリ識別子をファイルに保存またはバイトのストリームに渡すことが、エントリ IDの構造体は、 IMAPIPropインターフェイスのメソッドと次のOpenEntryメソッドで使用するFLATENTRY構造体が使用される: IABLogon:: OpenEntryアドレス帳コンテナーIMAPIContainer::OpenEntryIMAPISession::OpenEntryIMAPISupport::OpenEntryIMsgStore::OpenEntryIMSLogon::OpenEntryA FLATENTRY structure is used to store an entry identifier in a file or pass it in a stream of bytes whereas an ENTRYID structure is used by the IMAPIProp interface methods and by the following OpenEntry methods: IABLogon::OpenEntry, IAddrBook::OpenEntry, IMAPIContainer::OpenEntry, IMAPISession::OpenEntry, IMAPISupport::OpenEntry, IMsgStore::OpenEntry, IMSLogon::OpenEntry

  • エントリ識別子をファイルに格納するバイトのストリームに渡すことは、 FLATENTRY構造体が使用されます。A FLATENTRY structure is used to store an entry identifier in a file or pass it in a stream of bytes. エントリ IDの構造体を使用すると、ディスク上のエントリ id を格納します。An ENTRYID structure is used to store an entry identifier on disk.

関連項目See also

エントリ IDENTRYID

MAPI の構造MAPI Structures