IMessage::SubmitMessageIMessage::SubmitMessage

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

すべてのメッセージのプロパティを保存し、メッセージを送信する準備が完了としてマークを付けます。Saves all of the message's properties and marks the message as ready to be sent.

HRESULT SubmitMessage(
  ULONG ulFlags
);

�p�����[�^�[Parameters

ulFlagsulFlags

[in]メッセージの送信方法を制御するためのフラグのビットマスクです。[in] Bitmask of flags used to control how a message is submitted. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

FORCE_SUBMITFORCE_SUBMIT

MAPI では、すぐにメッセージを送信する必要があります。MAPI should submit the message immediately. このフラグは現在使用中です。This flag is not currently in use.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

MAPI_E_NO_RECIPIENTSMAPI_E_NO_RECIPIENTS

メッセージの受信者テーブルは空です。The message's recipient table is empty.

備考Remarks

IMessage::SubmitMessageメソッドは、メッセージを送信する準備が完了としてをマークします。The IMessage::SubmitMessage method marks a message as ready to be transmitted. MAPI は、メッセージを送信するためマークされている順序で基になるメッセージング システムに渡します。MAPI passes messages to the underlying messaging system in the order in which they are marked for sending. この機能では、しばらくの間は、基になるメッセージング システムにそれを担当するためにメッセージのメッセージ ストアに常に可能性があります。Because of this functionality, a message might stay in a message store for some time before the underlying messaging system can take responsibility for it. 先に領収書の順序は、基になるメッセージング システムのコントロールし、メッセージの送信に使用された順序と必ずしも一致しません。The order of receipt at the destination is in the underlying messaging system's control and does not necessarily match the order in which messages were sent.

実装者へのメモNotes to implementers

保存し、メッセージのPR_MESSAGE_FLAGS (PidTagMessageFlags) のプロパティをチェックし、メッセージのIMAPIProp::SaveChangesのメソッドを呼び出します。Call the message's IMAPIProp::SaveChanges method to save it and then check the message's PR_MESSAGE_FLAGS (PidTagMessageFlags) property. MSGFLAG_RESEND フラグが設定されている場合は、 IMAPISupport::PrepareSubmitを呼び出します。If the MSGFLAG_RESEND flag is set, call IMAPISupport::PrepareSubmit. PrepareSubmitは、再送信メッセージ内の受信者のすべての受信者の種類およびれない(PidTagResponsibility) のプロパティを更新します。PrepareSubmit updates the recipient type and PR_RESPONSIBILITY (PidTagResponsibility) property for all of the recipients in the resend message.

呼び出し側への注意Notes to callers

SubmitMessageが返されると、メッセージとその関連付けられているサブオブジェクトのメッセージをフォルダー、添付ファイル、ストリーム、テーブル、およびように無効になっています。When SubmitMessage returns, all pointers to the message and its associated subobjects messages, folders, attachments, streams, tables, and so on are no longer valid. MAPI では、各自メソッドを呼び出すことを除いて、これらのポインターをその他の操作は許可されていません。MAPI does not permit any further operations on these pointers, except for calling their IUnknown::Release methods. MAPI では、メッセージと関連付けられているすべてのサブオブジェクトを解放する必要がありますSubmitMessageが呼び出された後になるよう設計されています。MAPI is designed such that after SubmitMessage is called, you should release the message and all associated subobjects. ただし、 SubmitMessageには、存在しないか無効な情報を示すエラー値が返された場合メッセージが開いたままになり、ポインターが有効なまま維持します。However, if SubmitMessage returns an error value indicating missing or invalid information, the message remains open and the pointers remain valid.

送信操作を取り消す場合に、取得し、メッセージの送信前にメッセージのPR_ENTRYID (PidTagEntryId) のプロパティへのポインターを格納します。To cancel a send operation, get and store a pointer to the message's PR_ENTRYID (PidTagEntryId) property before the message is submitted. メッセージが送信された後、メッセージのエントリ id が無効になるためには、 SubmitMessageを呼び出す前に保存する必要があります。Because a message's entry identifier is invalidated after the message has been submitted, it is necessary to save it before calling SubmitMessage. 送信をキャンセルするには、このエントリの識別子を_lpEntryId_パラメーターをポイントし、 IMsgStore::AbortSubmitをコールします。To cancel the send, point the lpEntryId parameter to this entry identifier and call IMsgStore::AbortSubmit.

MFCMAPI 参照MFCMAPI reference

MFCMAPI �T���v�� �R�[�h�ł́A���̕\��Q�Ƃ��Ă��������BFor MFCMAPI sample code, see the following table.

�t�@�C��File �֐�Function �R�����gComment
FolderDlg.cppFolderDlg.cpp
CFolderDlg::OnSubmitMessageCFolderDlg::OnSubmitMessage
MFCMAPI では、 IMessage::SubmitMessageメソッドを使用して、選択したメッセージを送信します。MFCMAPI uses the IMessage::SubmitMessage method to submit the selected message.

関連項目See also

IMsgStore::AbortSubmitIMsgStore::AbortSubmit

IMessage: IMAPIPropIMessage : IMAPIProp

[�R��h �T���v���Ƃ��� MFCMAPIMFCMAPI as a Code Sample