IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgServiceIMsgServiceAdmin::ConfigureMsgService

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

メッセージ サービスを再構成します。Reconfigures a message service.

HRESULT ConfigureMsgService(
  LPMAPIUID lpUID,
  ULONG_PTR ulUIParam,
  ULONG ulFlags,
  ULONG cValues,
  LPSPropValue lpProps
);

ParametersParameters

lpUIDlpUID

[in]メッセージ サービス構成の一意の識別子を格納するMAPIUID構造体へのポインター。[in] A pointer to the MAPIUID structure that contains the unique identifier for the message service to configure.

ulUIParamulUIParam

[in]構成のプロパティ シートの親ウィンドウへのハンドル。[in] A handle to the parent window of the configuration property sheet.

ulFlagsulFlags

[in]プロパティ シートの表示を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls the display of the property sheet. 次のフラグを設定することができます。The following flags can be set:

MAPI_UNICODEMAPI_UNICODE

渡された文字列は、Unicode 形式では。The passed-in strings are in Unicode format. MAPI_UNICODE フラグが設定されていない場合は、ANSI 形式の文字列です。If the MAPI_UNICODE flag is not set, the strings are in ANSI format.

MSG_SERVICE_UI_READ_ONLYMSG_SERVICE_UI_READ_ONLY

メッセージ サービスは、構成のプロパティ シートを表示する必要がありますですが、それを変更するユーザーを有効にします。The message service should display its configuration property sheet but not enable the user to change it. メッセージ サービスのほとんどは、このフラグを無視します。Most message services ignore this flag.

SERVICE_UI_ALLOWEDSERVICE_UI_ALLOWED

メッセージ サービスは、サービスが完全に構成されていない場合にのみ、構成プロパティ シートを表示する必要があります。The message service should display its configuration property sheet only if the service is not completely configured.

SERVICE_UI_ALWAYSSERVICE_UI_ALWAYS

メッセージ サービスは、[設定] プロパティ シートを常に表示する必要があります。The message service must always display its configuration property sheet. SERVICE_UI_ALWAYS が設定されていない SERVICE_UI_ALLOWED を設定し、 _lpProps_パラメーターで、プロパティ値の配列の有効な構成情報がない場合、[設定] プロパティ シートが表示されます。If SERVICE_UI_ALWAYS is not set, a configuration property sheet can still be displayed if SERVICE_UI_ALLOWED is set and valid configuration information is not available from the property value array in the lpProps parameter. プロパティ シートを表示するのには、SERVICE_UI_ALLOWED または SERVICE_UI_ALWAYS のいずれかを設定しなければなりません。Either SERVICE_UI_ALLOWED or SERVICE_UI_ALWAYS must be set for a property sheet to be displayed.

あうcValues

[in]_LpProps_が指すSPropValue構造体のプロパティ値の数です。[in] The count of property values in the SPropValue structure pointed to by lpProps.

lpPropslpProps

[in]プロパティ シートに表示するプロパティを記述するプロパティ値の配列へのポインター。[in] A pointer to an array of property values that describe the properties to display in the property sheet. ユーザー インターフェイスを持たないメッセージ サービスを構成する必要がある場合、 _lpProps_パラメーターは NULL をしないでください。The lpProps parameter should not be NULL if the message service should be configured without a user interface.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

メッセージ サービスが正常に構成されました。The message service was successfully configured.

MAPI_E_EXTENDED_ERRORMAPI_E_EXTENDED_ERROR

メッセージ サービスに固有のエラーです。An error specific to a message service. エラーを説明するMAPIERROR構造体を取得するには、クライアント アプリケーションは、 IMsgServiceAdmin::GetLastErrorメソッドを呼び出す必要があります。To get the MAPIERROR structure that describes the error, the client application should call the IMsgServiceAdmin::GetLastError method.

MAPI_E_NOT_FOUNDMAPI_E_NOT_FOUND

メッセージの既存のサービスの_lpUID_で示されるMAPIUIDが一致しません。The MAPIUID pointed to by lpUID does not match that of an existing message service.

MAPI_E_NOT_INITIALIZEDMAPI_E_NOT_INITIALIZED

メッセージ サービスには、エントリ ポイント関数がありません。The message service does not have an entry point function.

MAPI_E_USER_CANCELMAPI_E_USER_CANCEL

ユーザー操作がキャンセルされました、通常プロパティ シートで [キャンセル] ボタンをクリックするとします。The user canceled the operation, typically by clicking the Cancel button in the property sheet.

備考Remarks

IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgServiceメソッドは、構成のプロパティ シートの有無にかかわらず、設定するメッセージ サービスを使用できます。The IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgService method enables a message service to be configured, with or without a configuration property sheet.

プロパティ シートを表示せずに構成できるように、メッセージ サービスは通常、すべての必須および省略可能なプロパティとその値の定数を含むヘッダー ファイルの準備をします。To allow configuration without a property sheet display, message services typically prepare a header file that includes constants for all the required and optional properties and their values.

呼び出し側への注意Notes to callers

メッセージ サービスを構成するのには、構造体のMAPIUIDを取得するには、メッセージ サービスのテーブルの行のメッセージ サービスからPR_SERVICE_UID (PidTagServiceUid) の列を取得します。To retrieve the MAPIUID structure for the message service to configure, retrieve the PR_SERVICE_UID (PidTagServiceUid) column from the message service's row in the message service table. 詳細については、 IMsgServiceAdmin::CreateMsgServiceメソッドで説明する手順を参照してください。For more information, see the procedure outlined in the IMsgServiceAdmin::CreateMsgService method.

設定するプロパティの値に関する情報を事前にある場合にのみユーザーにプロパティ シートを表示せず、メッセージ サービスを構成できます。You can configure a message service without displaying a property sheet to a user only if you have advance information about the property values to be set. プロパティ シートを表示せず、メッセージ サービスを構成する場合、 _lpProps_パラメーターに有効なプロパティの値を渡すし、MSG_SERVICE_UI_READ_ONLY、SERVICE_UI_ALLOWED、または SERVICE_UI_ALWAYS フラグを設定しません。If you are configuring a message service without displaying a property sheet, pass valid property values in the lpProps parameter and do not set the MSG_SERVICE_UI_READ_ONLY, SERVICE_UI_ALLOWED, or SERVICE_UI_ALWAYS flags.

プロパティ シートを使用してユーザーの構成情報の一部またはすべてを受信する場合は、 _ulFlags_で SERVICE_UI_ALLOWED を設定します。If you receive all or some of the configuration information from the user by way of a property sheet, set SERVICE_UI_ALLOWED in ulFlags. 既定の設定を確立するためだけに既存のプロパティ情報を使用すると、ユーザー設定を変更することは、 _ulFlags_で SERVICE_UI_ALWAYS を設定します。If you use existing property information only to establish default settings and the user is able to change the settings, set SERVICE_UI_ALWAYS in ulFlags.

MFCMAPI 参照MFCMAPI reference

MFCMAPI �T���v�� �R�[�h�ł́A���̕\��Q�Ƃ��Ă��������BFor MFCMAPI sample code, see the following table.

�t�@�C��File �֐�Function �R�����gComment
MAPIProfileFunctions.cppMAPIProfileFunctions.cpp
HrAddServiceToProfileHrAddServiceToProfile
MFCMAPI では、 IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgServiceメソッドを使用して、プロファイルに追加されたサービスを構成します。MFCMAPI uses the IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgService method to configure a service that has been added to a profile.

関連項目See also

MAPIUIDMAPIUID

SPropValueSPropValue

IMsgServiceAdmin: IUnknownIMsgServiceAdmin : IUnknown

[�R��h �T���v���Ƃ��� MFCMAPIMFCMAPI as a Code Sample