IProfAdmin::CreateProfileIProfAdmin::CreateProfile

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

新しいプロファイルを作成します。Creates a new profile.

HRESULT CreateProfile(
  LPSTR lpszProfileName,
  LPSTR lpszPassword,
  ULONG_PTR ulUIParam,
  ULONG ulFlags
);

ParametersParameters

lpszProfileNamelpszProfileName

[in]新しいプロファイルの名前へのポインター。[in] A pointer to the name of the new profile.

lpszPasswordlpszPassword

[in]新しいプロファイルのパスワードへのポインター。[in] A pointer to the password of the new profile.

ulUIParamulUIParam

[in]すべてのダイアログ ボックスの親ウィンドウまたはこのメソッドを表示するウィンドウへのハンドル。[in] A handle to the parent window of any dialog boxes or windows that this method displays.

ulFlagsulFlags

[in]プロファイルを作成する方法を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls how the profile is created. 次のフラグを設定することができます。The following flags can be set:

MAPI_DEFAULT_SERVICESMAPI_DEFAULT_SERVICES

MAPI には、Mapisvc.inf ファイルの [サービスの既定値] セクションに含まれるメッセージ サービスを使用して新しいプロファイルを作成する必要があります。MAPI should populate the new profile with the message services that are included in the [Default Services] section of the Mapisvc.inf file.

MAPI_DIALOGMAPI_DIALOG

メッセージ サービスに追加するプロバイダーのそれぞれの構成のプロパティ シートを表示できます。The configuration property sheets of each of the providers in the message services to be added can be displayed.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

新しいプロファイルが作成されました。The new profile was created.

MAPI_E_NO_ACCESSMAPI_E_NO_ACCESS

指定された新しいプロファイルが既に存在します。The specified new profile already exists.

備考Remarks

IProfAdmin::CreateProfileメソッドは、新しいプロファイルを作成します。The IProfAdmin::CreateProfile method creates a new profile.

呼び出し側への注意Notes to callers

CreateProfileは、インストール時にアプリケーションまたはセッション中にいつでも呼び出すことができます。You can call CreateProfile at application installation time or at any time during a session. インストール時にこのメソッドが呼び出されると、Mapisvc.inf の構成ファイルから構成設定の多くのもの。When this method is called at installation time, many of the configuration settings come from the Mapisvc.inf configuration file. アクティブなセッション中にこのメソッドを呼び出すと、設定した一連のプロパティ シートが表示されますユーザーに起因します。When this method is called during an active session, the settings come from the user who is prompted through a series of property sheets.

_UlFlags_パラメーターに MAPI_DEFAULT_SERVICES フラグを設定すると、 CreateProfileは、Mapisvc.inf ファイルの [サービスの既定値] セクションでは、各メッセージ サービスのメッセージ サービスのエントリ ポイント関数を呼び出します。If the MAPI_DEFAULT_SERVICES flag is set in the ulFlags parameter, CreateProfile calls the message service entry point function for each message service in the [Default Services] section in the Mapisvc.inf file. メッセージの各サービスのエントリ ポイント関数は、MSG_SERVICE_CREATE に_ulContext_パラメーターを使用して呼び出されます。Each message service entry point function is called with the ulContext parameter set to MSG_SERVICE_CREATE.

MAPI_DIALOG と MAPI_DEFAULT_SERVICES の両方のフラグが設定されている場合、 _ulUIParam_と_ulFlags_パラメーターの値もメッセージ サービスのエントリ ポイント関数に渡されます。If both the MAPI_DIALOG and MAPI_DEFAULT_SERVICES flags are set, the values in the ulUIParam and ulFlags parameters are also passed to the message service entry point function. メッセージ サービスのエントリ ポイント関数は、Mapisvc.inf ファイルからのすべての利用可能な情報がプロファイルに追加された後にのみ呼び出されます。The message service entry point functions are called only after all available information from the Mapisvc.inf file has been added to the profile.

新しいプロファイルとパスワードの名前は 64 文字までの長さにすることができ、次の文字を含めることができます。The name of the new profile and its password can be up to 64 characters in length and can include the following characters:

  • すべての英数字文字、アクセント記号付き文字およびアンダー スコア文字を含みます。All alphanumeric characters, including accent characters and the underscore character.

  • 埋め込みスペースがいない先頭または末尾のスペース。Embedded spaces, but not leading or trailing spaces.

_LpszPassword_パラメーターは、NULL または長さ 0 の文字列へのポインターである必要があります。The lpszPassword parameter must be NULL or a pointer to a zero-length string.

関連項目See also

IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgServiceIMsgServiceAdmin::ConfigureMsgService

IMsgServiceAdmin::CreateMsgServiceIMsgServiceAdmin::CreateMsgService

MSGSERVICEENTRYMSGSERVICEENTRY

IProfAdmin: IUnknownIProfAdmin : IUnknown