一時エントリ idOne-off entry identifiers

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

一時エントリ id は、 IAddrBook::CreateOneOffメソッドでは、MAPI とゲートウェイ ・ コンポーネントなど、MAPI サブシステムへのアクセス権を持たないコンポーネントによって作成されます。One-off entry identifiers are created by MAPI in the IAddrBook::CreateOneOff method and by components that do not have access to the MAPI subsystem, such as gateway components. �ڍׂɂ‚��ẮA IAddrBook::CreateOneOff��Q�Ƃ��Ă��������BFor more information, see IAddrBook::CreateOneOff. 一時エントリ id の形式を次の図に示します。The following illustration shows the format of a one-off entry identifier.

一時エントリの識別子の形式One-off entry identifier format

一時エントリの識別子の形式One-off entry identifier format

最初のフィールドは、カスタム受信者を表すものとしてのエントリ id を識別する特殊なMAPIUID構造です。The first field is a special MAPIUID structure that identifies the entry identifier as representing a custom recipient. このMAPIUIDの構造体は、定数 MAPI_ONE_OFF_UID を設定しなければなりません。This MAPIUID structure must be set to the constant MAPI_ONE_OFF_UID. MAPI_ONE_OFF_UID は、MAPIDEFS ヘッダー ファイルで定義されます。H.MAPI_ONE_OFF_UID is defined in the header file MAPIDEFS.H.

バージョンとフラグ フィールドには、Intel のバイト順の 16 ビット ワードです。The version and flags fields are 16-bit words in Intel byte order. バージョン フィールドはゼロに設定する必要があります。The version field must be set to zero. フラグ フィールドは、次の値に設定できます。The flags field can be set to the following values:

MAPI_ONE_OFF_NO_RICH_INFOMAPI_ONE_OFF_NO_RICH_INFO

MAPI_ONE_OFF_UNICODEMAPI_ONE_OFF_UNICODE

受信者が表示されなくなりますメッセージの内容で、トランスポート ニュートラル カプセル化形式 (TNEF) 場合、MAPI_ONE_OFF_NO_RICH_INFO フラグが設定されています。The MAPI_ONE_OFF_NO_RICH_INFO flag is set if a recipient should not receive message content in the Transport Neutral Encapsulation Format (TNEF). MAPI_SEND_NO_RICH_INFO は、 IAddrBook::CreateOneOffメソッドに渡されるとき、このフラグが設定されています。This flag is set when MAPI_SEND_NO_RICH_INFO is passed to IAddrBook::CreateOneOff method.

表示名と電子メール アドレスが Unicode 文字列である場合、MAPI_ONE_OFF_UNICODE フラグが設定されています。The MAPI_ONE_OFF_UNICODE flag is set if the display name and email address are Unicode strings. MAPI_UNICODE がIAddrBook::CreateOneOffに渡された場合、このフラグが設定されています。This flag is set when the MAPI_UNICODE is passed to IAddrBook::CreateOneOff. CreateOneOffに MAPI_UNICODE フラグが渡されない、MAPI では、ワークステーションの現在の ANSI 文字セットでは、表示名と電子メール アドレスの文字列を想定しています。When the MAPI_UNICODE flag is not passed to CreateOneOff, MAPI assumes that the display name and email address strings are in the workstation's current ANSI character set. ANSI 文字列は、一般にエントリの識別子のコード ページがエンコードされていませんので、別の文字セットを使用してプラットフォーム間で送信されるメッセージでは動作しません。ANSI strings generally do not work well in messages that are sent between platforms using different character sets because the code page is not encoded in the entry identifier. この潜在的な互換性の問題を防ぐには、多くのアドレスの種類は、複数の文字セットに共通の文字だけに制限されます。To protect against this potential incompatibility, many address types are limited to only those characters that are common across multiple character sets. ただし、文字セットとプラットフォームの互換性を確保するのにはクライアントする必要があります Unicode を使用、メッセージ内の文字の文字列です。However, to ensure character set and platform compatibility, clients should use Unicode for the character strings in their messages.

表示名は、受信者のPR_DISPLAY_NAME (PidTagDisplayName) のプロパティをIAddrBook::CreateOneOffに渡される_lpszName_パラメーターに対応する null で終わる文字列です。The display name is a null-terminated string that corresponds to the recipient's PR_DISPLAY_NAME (PidTagDisplayName) property and to the lpszName parameter passed to IAddrBook::CreateOneOff. 明らかな場合、MAPI_ONE_OFF_UNICODE フラグが設定されたと ANSI の場合、文字セット、ユニコードです。The character set is Unicode if the MAPI_ONE_OFF_UNICODE flag is set and ANSI if it is clear.

アドレスの種類は、受信者のPR_ADDRTYPE (PidTagAddressType) のプロパティをIAddrBook::CreateOneOffに渡される_lpszAdrType_パラメーターに対応する null で終わる文字列です。The address type is a null-terminated string that corresponds to the recipient's PR_ADDRTYPE (PidTagAddressType) property and to the lpszAdrType parameter passed to IAddrBook::CreateOneOff.

電子メール アドレスは、受信者のPR_EMAIL_ADDRESS (PidTagEmailAddress) のプロパティをIAddrBook::CreateOneOffに渡される_lpszAddress_パラメーターに対応する null で終わる文字列です。The email address is a null-terminated string that corresponds to the recipient's PR_EMAIL_ADDRESS (PidTagEmailAddress) property and to the lpszAddress parameter passed to IAddrBook::CreateOneOff.

注意

1 回限りのエントリの識別子構造体です。バイトの上に示されるとおりに梱包し、エントリの識別子の長さは、電子メール アドレスの末尾の null 文字を超える任意のバイト数を含めないようにします。There is no padding in one-off entry identifier structures; the bytes are packed exactly as indicated above and the entry identifier length should not include any bytes beyond the terminating null character of the email address.

クライアントと一時エントリ id を手動で作成したアドレス帳プロバイダーは、 PR_RECORD_KEY (PidTagRecordKey) とPR_SEARCH_KEY (PidTagSearchKey) のプロパティの値を生成する必要もあります。Clients and address book providers that manually construct one-off entry identifiers might also need to generate values for the PR_RECORD_KEY (PidTagRecordKey) and PR_SEARCH_KEY (PidTagSearchKey) properties. レコード キーは、エントリの識別子と同じです。The record key is identical to the entry identifier. 検索キーは、次の順序で次のフィールドを連結することにより形成する必要があります。The search key should be formed by concatenating the following fields in the following order:

  1. アドレスの種類、文字の大文字に変換します。The address type, converted to uppercase characters.

  2. コロン (:)。A colon (:).

  3. 電子メールのアドレスは、大文字に変換されます。The email address, converted to uppercase characters.

  4. 終端の null 文字です。A terminating null character.

文字セット変換する必要がありますを完了できません、検索キーを生成するとき。No character set conversion must be done when generating the search key.