PidTagRecordKey 標準プロパティPidTagRecordKey Canonical Property

適用対象: Outlook 2013 | Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

特定のオブジェクトの一意のバイナリ比較識別子を含みます。Contains a unique binary-comparable identifier for a specific object.

関連するプロパティ:Associated properties:
PR_RECORD_KEYPR_RECORD_KEY
識別子:Identifier:
0x0ff90x0FF9
データの種類 : Data type:
PT_BINARYPT_BINARY
エリア:Area:
ID プロパティID properties

解説Remarks

このプロパティを設定すると、コンテンツテーブル内の行を検索するなど、オブジェクトへの参照を簡単に見つけることができます。This property facilitates locating references to an object, such as finding its row in a contents table. このプロパティを使用してオブジェクトを開くことはできません。その目的のためにエントリ識別子を使用します。This property cannot be used to open an object; use the entry identifier for that purpose.

添付ファイルサブオブジェクトは、このプロパティでメッセージ内で一意に識別する必要があります。An attachment subobject should be uniquely identified within a message by this property. この識別子は、メッセージを閉じてからもう一度開いた後に維持することが保証されている唯一の添付ファイルの特性です。This identifier is the only attachment characteristic guaranteed to stay the same after the message is closed and reopened. ストアプロバイダーは、この保証を確実にするために、セッション間でこのプロパティを保持する必要があります。The store provider must preserve this property across sessions to ensure this guarantee.

フォルダーの場合、このプロパティには、フォルダー階層テーブルで使用されるキーが含まれています。For folders, this property contains a key used in the folder hierarchy table. 通常、これはPR_ENTRYID (PidTagEntryId) プロパティで提供される値と同じです。Typically this is the same value as that provided by the PR_ENTRYID (PidTagEntryId) property.

メッセージストアの場合、このプロパティはPR_STORE_RECORD_KEY (PidTagStoreRecordKey) プロパティと同じです。For message stores, this property is identical to the PR_STORE_RECORD_KEY (PidTagStoreRecordKey) property.

メッセージストアオブジェクトでは、このプロパティはすべてのストアプロバイダーで一意である必要があります。In a message store object, this property should be unique across all store providers. そのための方法の1つとして、ストアのPR_MDB_PROVIDER (PidTagStoreProvider) プロパティの値を、 GUID構造または特定のメッセージストアに固有の他の値と組み合わせて使用することができます。One way to do this is to combine the value of the PR_MDB_PROVIDER (PidTagStoreProvider) property for the store (unique to that provider type) with a GUID structure or other value unique to the specific message store.

このプロパティは、imapiprop :: SaveChangesメソッドを最初に呼び出した後、 imapiprop:: GetPropsメソッドを使用して常に使用できます。This property is always available through the IMAPIProp::GetProps method following the first call to the IMAPIProp::SaveChanges method. プロバイダーによっては、インスタンス化の直後に使用できるようにすることができます。Some providers can make it available immediately after instantiation.

クライアントまたはサービスプロバイダーは、memcmp を使用してこのプロパティの値を比較できます。A client or service provider can compare values from this property by using memcmp. これはエントリ識別子の値には使用できません。This is not possible for entry identifier values. ただし、このプロパティは同じメッセージストアまたはアドレス帳コンテナー内で一意であることが保証されています。異なるコンテナーからの2つのオブジェクトは、このプロパティの値を持つことができます。However, this property is guaranteed to be unique within the same message store or address book container; two objects from different containers can have the same value of this property.

record キーと検索キーの違いの1つは、record キーがオブジェクトに固有であるのに対して、検索キーは他のオブジェクトにコピーできるということです。One distinction between the record and search keys is that the record key is specific to the object, whereas the search key can be copied to other objects. たとえば、オブジェクトの2つのコピーは同じPR_SEARCH_KEY (PidTagSearchKey) 値を持つことができますが、このプロパティには異なる値を指定する必要があります。For example, two copies of the object can have the same PR_SEARCH_KEY (PidTagSearchKey) value but must have different values for this property.

次の表は、 PR_ENTRYIDPR_SEARCH_KEY (PidTagSearchKey) およびこのプロパティの重要な相違点をまとめたものです。The following table summarizes important differences among PR_ENTRYID, PR_SEARCH_KEY (PidTagSearchKey) and this property.

特性Characteristic PR_ENTRYIDPR_ENTRYID PR_RECORD_KEYPR_RECORD_KEY PR_SEARCH_KEYPR_SEARCH_KEY
attachment オブジェクトに必要Required on attachment objects
いいえNo
はいYes
いいえNo
folder オブジェクトで必要Required on folder objects
はいYes
はいYes
いいえNo
メッセージストアオブジェクトに必要Required on message store objects
はいYes
はいYes
いいえNo
状態オブジェクトに必要ですRequired on status objects
はいYes
いいえNo
いいえNo
クライアントによるのが可能Creatable by client
いいえNo
いいえNo
はいYes
SaveChangesを呼び出す前に使用できます。Available before a call to SaveChanges
考えMaybe
考えMaybe
[その他のメッセージ]Messages Yes Others Maybe
コピー操作で変更Changed in a copy operation
はいYes
はいYes
いいえNo
コピー後にクライアントによって変更されるChangeable by a client after a copy
いいえNo
いいえNo
はいYes
一意の範囲Unique within ...
世界全体Entire world
プロバイダーインスタンスProvider instance
世界全体Entire world
二項比較 (memcmp と同じ)Binary comparable (as with memcmp)
No-- imapisupport:: compareentryidsを使用します。No -- use IMAPISupport:: CompareEntryIDs
はいYes
はいYes

プロトコルの仕様Protocol specifications

[OXPROPS][MS-OXPROPS]

関連する Exchange Server プロトコル仕様への参照を提供します。Provides references to related Exchange Server protocol specifications.

[OXCMSG][MS-OXCMSG]

メッセージと添付ファイルオブジェクトを処理します。Handles message and attachment objects.

[OXOABK][MS-OXOABK]

ユーザー、連絡先、グループ、およびリソースのリストのプロパティと操作を指定します。Specifies the properties and operations for lists of users, contacts, groups, and resources.

ヘッダーファイルHeader files

mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

MapitagsMapitags.h

代替名としてリストされているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as alternate names.

関連項目See also

MAPI のプロパティMAPI Properties

MAPI 標準プロパティMAPI Canonical Properties

標準プロパティ名から MAPI 名へのマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名から標準プロパティ名へのマッピングMapping MAPI Names to Canonical Property Names