PidTagDisplayTypeEx の標準的なプロパティPidTagDisplayTypeEx Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

グローバル アドレス一覧のエントリをテーブル内の行に表示する方法について、エントリの種類が含まれています。Contains the type of an entry, with respect to how the entry should be displayed in a row in a table for the Global Address List.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_DISPLAY_TYPE_EXPR_DISPLAY_TYPE_EX
識別子:Identifier:
0x39050x3905
データを入力します。Data type:
PT_LONGPT_LONG
領域:Area:
MAPI アドレス帳MAPI address book

備考Remarks

このプロパティは、グローバル アドレス一覧での表示の方法について、エントリの種類を指定します。This property specifies the type of an entry, with respect to how it should be displayed in the Global Address List. PR_DISPLAY_TYPE (PidTagDisplayType) で表すことができないその他の情報を提供します。It provides additional information that cannot be represented in PR_DISPLAY_TYPE (PidTagDisplayType).

注意

PR_DISPLAY_TYPEとこのプロパティの両方の値は、「dt 」で始まるし、Mapitags.h で定義されています。The values of both PR_DISPLAY_TYPE and this property begin with "DT" and are defined in Mapitags.h. 記載されていないすべての値は、MAPI 用に予約されています。All values not documented are reserved for MAPI. クライアント アプリケーションは、新しい値を定義する必要がないと、文書化されていない値で対処するために準備する必要があります。Client applications must not define any new values and must be prepared to deal with an undocumented value.

ローカル、リモート、またはセキュリティ制御などのオブジェクトの属性を判断するのに役立ついくつかのマクロがあります。There are some macros that can help determine attributes of an object such as whether it is local, remote, or security-controlled. これらのマクロは次のとおりです。These macros include:

マクロMacro Value
DTE_FLAG_REMOTE_VALIDDTE_FLAG_REMOTE_VALID
0x80000000)0x80000000)
DTE_FLAG_ACL_CAPABLEDTE_FLAG_ACL_CAPABLE
0x400000000x40000000
DTE_MASK_REMOTEDTE_MASK_REMOTE
0x0000ff000x0000ff00
DTE_MASK_LOCALDTE_MASK_LOCAL
0x000000ff0x000000ff
DTE_IS_REMOTE_VALID(v)DTE_IS_REMOTE_VALID(v)
(!!((v) & DTE_FLAG_REMOTE_VALID)(!!((v) & DTE_FLAG_REMOTE_VALID)
DTE_IS_ACL_CAPABLE(v)DTE_IS_ACL_CAPABLE(v)
(!!((v) & DTE_FLAG_ACL_CAPABLE))(!!((v) & DTE_FLAG_ACL_CAPABLE))
DTE_REMOTE(v)DTE_REMOTE(v)
(((v) & DTE_MASK_REMOTE) > > 8)(((v) & DTE_MASK_REMOTE) >> 8)
DTE_LOCAL(v)DTE_LOCAL(v)
((v) & DTE_MASK_LOCAL)((v) & DTE_MASK_LOCAL)
DT_ROOMDT_ROOM
((ULONG) 0X00000007)((ULONG) 0x00000007)
DT_EQUIPMENTDT_EQUIPMENT
((ULONG) 0X00000008)((ULONG) 0x00000008)
DT_SEC_DISTLISTDT_SEC_DISTLIST
((ULONG) 0X00000009)((ULONG) 0x00000009)

これらのマクロを使用する方法について、いくつかのノートを次に示します。The following are a few notes about how to use these macros.

  • エントリは、別のフォレスト内のリモートのエントリであるかどうかを確認するには、エントリに DTE_FLAG_REMOTE_VALID フラグが設定されているかどうかを確認するには、このプロパティの値に DTE_IS_REMOTE_VALID マクロを適用します。To check whether an entry is a remote entry in another forest, apply the DTE_IS_REMOTE_VALID macro to the value of this property to check whether the DTE_FLAG_REMOTE_VALID flag is set in the entry. リモート エントリがある場合を調べることができますし、リモート エントリの種類 DTE_REMOTE マクロを使用しています。If it is a remote entry, you can then find out the type of the remote entry by using the DTE_REMOTE macro.

  • 単一フォレストとフォレスト間の両方の構成では、 PR_DISPLAY_TYPEが DT_DISTLIST、および DTE_IS_REMOTE_VALID の値は、このプロパティの値にマクロ DTE_LOCAL を適用することができます、オブジェクトの種類を識別するためDT_DISTLIST (配布リスト) または DT_SEC_DISTLIST (セキュリティの配布リスト) のいずれかです。In both single-forest and cross-forest configurations, when PR_DISPLAY_TYPE has the value of DT_DISTLIST, and DTE_IS_REMOTE_VALID is false, applying the macro DTE_LOCAL to the value of this property can let you further identify the type of the object as either DT_DISTLIST (a distribution list) or DT_SEC_DISTLIST (a security distribution list).

  • マクロ DTE_LOCAL をPR_DISPLAY_TYPE_EXの値に適用すると、DT_REMOTE_MAILUSER の種類を取得して、エントリがリモートのエントリとします。If you apply the macro DTE_LOCAL to the value of PR_DISPLAY_TYPE_EX and it returns the type DT_REMOTE_MAILUSER, then the entry is a remote entry.

  • 単一フォレストまたはレプリケーションにアクセス制御リスト (ACL) では、制御されているフォレスト間の構成では、エントリがセキュリティ プリンシパルであるかどうかを確認するのには、DTE_IS_ACL_CAPABLE マクロを使用できます。In a single forest or in a cross-forest configuration where replication is controlled by an Access Control List (ACL), you can use the DTE_IS_ACL_CAPABLE macro to determine whether an entry is a security principal.

クロス フォレスト構成の場合、 PR_DISPLAY_TYPE DT_REMOTE_MAILUSER の値があります。In a cross-forest configuration, PR_DISPLAY_TYPE has the value of DT_REMOTE_MAILUSER. このプロパティの値にマクロ DTE_REMOTE を適用すると、リモートのエントリの種類を取得することができます。Applying the macro DTE_REMOTE to the value of this property can let you obtain the type of the remote entry. リモート エントリの種類、次のとおりです。The possible types of remote entry are the following:

リモート エントリの種類Type of Remote Entry Value 説明Description
DT_AGENTDT_AGENT
((ULONG) 0X00000003)((ULONG) 0x00000003)
動的配布リストです。Dynamic distribution list.
DT_DISTLISTDT_DISTLIST
((ULONG) 0X00000001)((ULONG) 0x00000001)
配布リストです。Distribution list.
DT_EQUIPMENTDT_EQUIPMENT
((ULONG) 0X00000008)((ULONG) 0x00000008)
プリンターやプロジェクターなどの機器です。Equipment, for example, a printer or a projector.
DT_MAILUSERDT_MAILUSER
((ULONG) 0X00000000)((ULONG) 0x00000000)
メールボックスを持つユーザーです。User with a mailbox.
DT_REMOTE_MAILUSERDT_REMOTE_MAILUSER
((ULONG) 0X00000000)((ULONG) 0x00000000)
グローバル アドレス一覧にアドレス一覧エントリです。An address list entry in the Global Address List.
DT_ROOMDT_ROOM
((ULONG) 0X00000007)((ULONG) 0x00000007)
会議室です。Conference room.
DT_SEC_DISTLISTDT_SEC_DISTLIST
((ULONG) 0X00000009)((ULONG) 0x00000009)
配布リストのセキュリティです。Security distribution list.

構成の場合、 PR_DISPLAY_TYPEに DT_DISTLIST と DTE_IS_REMOTE_VALID の値が設定されているときは両方単一のフォレストとフォレスト間で、このプロパティの値に DTE_LOCAL マクロを適用することができます配布リストの種類を取得します。.In both a single forest and in a cross-forest configuration, when PR_DISPLAY_TYPE has the value of DT_DISTLIST and DTE_IS_REMOTE_VALID is false, applying the DTE_LOCAL macro to the value of this property can let you obtain the type of the distribution list. 配布リストの種類、次のとおりです。The possible types of distribution list are the following:

配布リストの種類Type of Distribution List Value 説明Description
DT_DISTLISTDT_DISTLIST
((ULONG) 0X00000001)((ULONG) 0x00000001)
配布リストです。Distribution list.
DT_SEC_DISTLISTDT_SEC_DISTLIST
((ULONG) 0X00000009)((ULONG) 0x00000009)
配布リストのセキュリティです。Security distribution list.

プロトコルの仕様Protocol specifications

[MS OXPROPS][MS-OXPROPS]

関連する Exchange Server プロトコルの仕様への参照を提供します。Provides references to related Exchange Server protocol specifications.

[MS OXOABK][MS-OXOABK]

プロパティとユーザー、連絡先、グループ、およびリソースのリストの操作を指定します。Specifies the properties and operations for lists of users, contacts, groups, and resources.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

代替名として記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as alternate names.

関連項目See also

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names