PidTagResourceFlags の標準的なプロパティPidTagResourceFlags Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

メッセージ サービスおよびプロバイダーのフラグのビットマスクを格納します。Contains a bitmask of flags for message services and providers.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_RESOURCE_FLAGSPR_RESOURCE_FLAGS
識別子:Identifier:
0x30090x3009
データを入力します。Data type:
PT_LONGPT_LONG
領域:Area:
一般的な MAPIMAPI common

備考Remarks

このプロパティでは、メッセージ サービス、サービス プロバイダー、または状態オブジェクトの特性について説明します。This property describes the characteristics of a message service, a service provider, or a status object. このプロパティに設定されているフラグは、そのコンテキストに依存します。The flags that are set for this property depend on its context. などのいくつかのフラグは、オブジェクトのステータスおよびその他のフラグをメッセージ サービス テーブルの列に対してのみに対してのみ有効です。For example, some flags are valid only for status objects and other flags only for columns in the message service table.

フラグは、3 つのクラス: 静的で、変更可能なおよび動的な。The flags are of three classes: static, modifiable, and dynamic. 静的なフラグは、MAPISVC 内のデータから、MAPI によって設定されます。INF し、改ざんを防止します。Static flags are set by MAPI from data in MAPISVC.INF and never altered. MAPISVC から MAPI で変更可能なフラグが設定されています。INF が後で変更できます。Modifiable flags are set by MAPI from MAPISVC.INF but can be subsequently changed. 動的フラグを設定し、MAPI の方法をリセットできます。Dynamic flags can be set and reset by MAPI methods.

メッセージ サービスは、次のフラグの 1 つ以上設定できますこのプロパティにします。For a message service, one or more of the following flags can be set in this property:

SERVICE_CREATE_WITH_STORESERVICE_CREATE_WITH_STORE

予約済み。Reserved. 使用しないでください。Do not use.

SERVICE_DEFAULT_STORESERVICE_DEFAULT_STORE

動的です。Dynamic. メッセージ サービスには、既定のストアが含まれています。The message service contains the default store. 削除するか、プロファイルからこのサービスを移動する前に確認のプロンプトを表示、ユーザー インターフェイスが表示されます。A user interface should be displayed prompting the user for confirmation before deleting or moving this service out of the profile.

SERVICE_NO_PRIMARY_IDENTITYSERVICE_NO_PRIMARY_IDENTITY

静的です。Static. サービス レベルのフラグなしでメッセージ サービス プロバイダーの使用できることを id を指定するを示すために設定する必要があります。The service level flag that should be set to indicate that none of the providers in the message service can be used to supply an identity. セットは、このフラグまたは SERVICE_PRIMARY_IDENTITY 必要があります。Either this flag or SERVICE_PRIMARY_IDENTITY should be set, but not both.

SERVICE_PRIMARY_IDENTITYSERVICE_PRIMARY_IDENTITY

変更可能です。Modifiable. 対応するメッセージ サービスには、このセッションのプライマリ id に使用されるプロバイダーが含まれています。The corresponding message service contains the provider used for the primary identity for this session. IMsgServiceAdmin::SetPrimaryIdentityを使用すると、このフラグを設定できます。Use IMsgServiceAdmin::SetPrimaryIdentity to set this flag. セットは、このフラグまたは SERVICE_NO_PRIMARY_IDENTITY 必要があります。Either this flag or SERVICE_NO_PRIMARY_IDENTITY should be set, but not both.

SERVICE_SINGLE_COPYSERVICE_SINGLE_COPY

静的です。Static. 作成するか、このメッセージ サービスをサービスが既に存在するプロファイルにコピーしようが失敗します。Any attempt to create or copy this message service into a profile where the service already exists will fail. 1 つのコピーを作成するのには、メッセージ サービスは、MAPISVC でのサービスのセクションにPR_RESOURCE_FLAGSプロパティを追加します。INF、このフラグを設定します。To create a single copy message service add the PR_RESOURCE_FLAGS property to the service's section in MAPISVC.INF and set this flag.

サービス プロバイダーには、次のフラグの 1 つ以上設定できますでPR_RESOURCE_FLAGSFor a service provider, one or more of the following flags can be set in PR_RESOURCE_FLAGS:

HOOK_INBOUNDHOOK_INBOUND

静的です。Static. スプーラーのフックは、受信メッセージを処理する必要があります。The spooler hook needs to process inbound messages.

HOOK_OUTBOUNDHOOK_OUTBOUND

静的です。Static. スプーラーのフックは、送信メッセージを処理する必要があります。The spooler hook needs to process outbound messages.

STATUS_DEFAULT_OUTBOUNDSTATUS_DEFAULT_OUTBOUND

変更可能です。Modifiable. プロファイルには、このトランスポート プロバイダーの複数のインスタンスが含まれている場合、この id を送信メッセージに適用する必要があります。This identity should be applied to outbound messages if the profile contains multiple instances of this transport provider. これは、プロファイルに 1 つのトランスポート プロバイダーの複数のインスタンスが表示される場合に発生します。This can happen if multiple instances of a single transport provider appear in the profile.

STATUS_DEFAULT_STORESTATUS_DEFAULT_STORE

変更可能です。Modifiable. このメッセージ ・ ストアは、プロファイルの既定のストアです。This message store is the default store for the profile.

STATUS_NEED_IPM_TREESTATUS_NEED_IPM_TREE

動的です。Dynamic. 個人間メッセージ (IPM) のルート フォルダーを含めて、このメッセージ ストア内の標準のフォルダーは、まだ確認されていません。The standard folders in this message store, including the interpersonal message (IPM) root folder, have not yet been verified. MAPI では、設定し、このフラグをクリアします。MAPI sets and clears this flag.

STATUS_NO_DEFAULT_STORESTATUS_NO_DEFAULT_STORE

静的です。Static. このメッセージ ・ ストアは、プロファイルの既定のメッセージ ストアになることはありません。This message store is incapable of becoming the default message store for the profile.

STATUS_NO_PRIMARY_IDENTITYSTATUS_NO_PRIMARY_IDENTITY

静的です。Static. このプロバイダーは、その [状態] 行の id を提供していません。This provider does not furnish an identity in its status row. このフラグまたは STATUS_PRIMARY_IDENTITY のいずれかを設定する必要があります。Either this flag or STATUS_PRIMARY_IDENTITY must be set.

STATUS_OWN_STORESTATUS_OWN_STORE

静的です。Static. このトランスポート プロバイダーは、メッセージ ストアと密接に関連し、のステータス行に、 PR_OWN_STORE_ENTRYID (PidTagOwnStoreEntryId) のプロパティを提供します。This transport provider is tightly coupled with a message store and furnishes the PR_OWN_STORE_ENTRYID (PidTagOwnStoreEntryId) property in its status row.

STATUS_PRIMARY_IDENTITYSTATUS_PRIMARY_IDENTITY

変更可能です。Modifiable. このプロバイダーがセッションのプライマリ id を提供します。IMAPISession::QueryIdentityから id を使用する際のオブジェクトのエントリ id が返されます。This provider furnishes the primary identity for the session; the entry identifier for the object furnishing the identity is returned from IMAPISession::QueryIdentity. このフラグまたはSTATUS_NO_PRIMARY_IDENTITYのいずれかを設定する必要があります。Either this flag or STATUS_NO_PRIMARY_IDENTITY must be set.

STATUS_PRIMARY_STORESTATUS_PRIMARY_STORE

変更可能です。Modifiable. このメッセージ ストアは、クライアント アプリケーションがログオンするときに使用します。This message store is to be used when a client application logs on. 開くと、このストアは、プロファイルの既定のストアとして設定してください。Once opened, this store should be set as the default store for the profile.

STATUS_SECONDARY_STORESTATUS_SECONDARY_STORE

変更可能です。Modifiable. このメッセージ ストアは、クライアント アプリケーションがログオンすると、プライマリ ストアが使用できない場合に使用します。This message store is to be used if the primary store is not available when a client application logs on. 開くと、このストアは、プロファイルの既定のストアとして設定してください。Once opened, this store should be set as the default store for the profile.

STATUS_SIMPLE_STORESTATUS_SIMPLE_STORE

動的です。Dynamic. このメッセージ ・ ストアは、簡易 MAPI での既定のメッセージ ストアとして使用されます。This message store will be used by Simple MAPI as its default message store.

STATUS_TEMP_SECTIONSTATUS_TEMP_SECTION

動的です。Dynamic. このメッセージ ・ ストアは、メッセージ ストアの表には公開しないようにし、ログオフ後、プロファイルから削除されます。This message store should not be published in the message store table and will be deleted from the profile after logoff.

STATUS_XP_PREFER_LASTSTATUS_XP_PREFER_LAST

静的です。Static. このトランスポートは、複数のトランスポート プロバイダーは、メッセージを送信できなかったときにメッセージを送信する選択されている最後のトランスポートを期待しています。This transport expects to be the last transport selected to send a message when multiple transport providers are able to transmit the message.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

代替名として記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as alternate names.

関連項目See also

IMsgServiceAdmin::MsgServiceTransportOrderIMsgServiceAdmin::MsgServiceTransportOrder

PidTagIdentityEntryId の標準的なプロパティPidTagIdentityEntryId Canonical Property

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names