トランスポート プロバイダーを再構成します。Reconfiguring a Transport Provider

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

プロバイダーのプロパティの一部を変更するのには、トランスポート プロバイダーの状態のオブジェクトを使用できます。You can use a transport provider's status object to change some of the properties of the provider. 変更可能なプロパティの範囲は、プロバイダーのプロパティ シートとプロパティを定義する方法に含まれているプロパティに依存します。The range of properties that can be changed depends on the properties that are included with the provider's property sheet and how those properties are defined.

トランスポート プロバイダーを再設定するにはTo reconfigure an active transport provider

  1. ステータス テーブルにアクセスするのにはIMAPISession::GetStatusTableを呼び出します。Call IMAPISession::GetStatusTable to access the status table.

  2. ターゲット プロバイダーの名前のPR_DISPLAY_NAME (PidTagDisplayName) に一致するプロパティの制限を作成することで再構成するトランスポート プロバイダーの行を探します。Locate the row for the transport provider to be reconfigured by creating a property restriction that matches PR_DISPLAY_NAME (PidTagDisplayName) with the name of the target provider.

  3. 適切な行を取得するためにIMAPITable::FindRowを呼び出します。Call IMAPITable::FindRow to retrieve the appropriate row.

  4. ターゲット トランスポート プロバイダーのPR_RESOURCE_METHODS (PidTagResourceMethods) のプロパティで、STATUS_SETTINGS_DIALOG と STATUS_VALIDATE_STATE のフラグが設定されていることを確認します。Check that the STATUS_SETTINGS_DIALOG and STATUS_VALIDATE_STATE flags are set in the target transport provider's PR_RESOURCE_METHODS (PidTagResourceMethods) property. STATUS_SETTINGS_DIALOG が設定されていない場合トランスポート プロバイダーは、[設定] プロパティ シートを表示されません。If STATUS_SETTINGS_DIALOG is not set, the transport provider does not display a configuration property sheet. STATUS_VALIDATE_STATE が設定されていない場合は、動的再構成を行うことはできません。If STATUS_VALIDATE_STATE is not set, you cannot perform dynamic reconfiguration.

  5. STATUS_SETTINGS_DIALOG が設定されている場合は、トランスポート プロバイダーのプロパティ シートを表示し、ユーザーが変更できるようにIMAPIStatus::SettingsDialogを呼び出します。If STATUS_SETTINGS_DIALOG is set, call IMAPIStatus::SettingsDialog to display the transport provider's property sheet and allow the user to make changes.

  6. 再構成とともに、ユーザーが完了した後は、STATUS_VALIDATE_STATE を設定すると、CONFIG_CHANGED を渡す場合にIMAPIStatus::ValidateStateを呼び出します。After the user has finished with the reconfiguration, call IMAPIStatus::ValidateState if STATUS_VALIDATE_STATE is set, passing CONFIG_CHANGED.