Image オブジェクト (Outlook フォーム スクリプト)

フォーム上に画像を表示するコントロールです。

解説

イメージ ( Image) コントロールを使用すると、フォーム上にデータとして、画像を表示できます。 たとえば社員名簿で、イメージ ( Image) コントロール上に社員の写真を表示することができます。

イメージ ( Image) コントロールでは、画像のトリミングやサイズ変更、拡大縮小は可能ですが、画像の内容を編集することはできません。 たとえば、イメージ ( Image) コントロール上で画像の色を変えたり、画像を透明にしたり、画像に手を加えることはできません。 これらの処理を行うには、ペイントなどの画像編集用のアプリケーションが必要です。

Image オブジェクトは、次のファイル形式をサポートしています。

  • *.bmp
  • *.cur
  • *.gif
  • *.ico
  • *.jpg
  • *.wmf

ラベル ( Label ) コントロールに画像を表示することもできます。 ただし、ラベル ( Label) コントロールでは、画像のトリミングやサイズ変更、拡大縮小はできません。

イベント

名前 説明
Click ユーザーがコントロール内部をクリックしたときに発生します。

プロパティ

名前 説明
AutoSize オブジェクトのサイズを自動的に変更して内容全体を表示するかどうかを指定するブール型 ( Boolean) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
BackColor オブジェクトの背景色を指定する長整数型 ( Long) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
BackStyle オブジェクトの背景スタイルを指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
BorderColor オブジェクトの境界線の色を指定する長整数型 ( Long) を設定します。 値の取得および設定が可能です。
BorderStyle コントロールの境界線の種類を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
Enabled コントロールがフォーカスを受信し、ユーザーが生成するイベントに対応できるようにするかどうかを指定するブール型 ( Boolean) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
MouseIcon コントロールに割り当てられるカスタム アイコンの完全パス名を表す文字列型 ( String) の値を返します。 値の取得のみ可能です。
MousePointer ユーザーがマウスを特定のオブジェクトに重ねたときに表示するポインターの種類を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
Picture コントロールに表示するビットマップの完全パス名を表す文字列型 ( String) の値を返します。 値の取得のみ可能です。
PictureAlignment 背景ピクチャの場所を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
PictureSizeMode コントロールにおいて背景ピクチャの表示方法を指定する整数型 ( Integer) の値を取得または設定します。 値の取得および設定が可能です。
PictureTiling オブジェクトの背景にピクチャを繰り返し表示するかどうかを指定するブール型 ( Boolean) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
SpecialEffect オブジェクトの外観を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。