LBound 関数

配列の指定ディメンションに対して使用できる最小下付き文字が含まれる長整数型 (Long) の値を返します。

構文

LBound(arrayname, [ dimension ])

LBound 関数構文には、次の指定項目があります。

パーツ 説明
arrayname 必須です。 配列変数の 名前。標準の変数の名前付け規則に従います。
dimension 省略可能。Variant (Long)。 返されるディメンションの下限を示す数値です。 最初の次元には 1、2 は 2 を使用します。 ディメンション 省略すると、1 と見なされます。

解説

LBound 関数は、配列のサイズを決定するために UBound 関数と一緒に使用されます。 UBound 関数は、配列のディメンションの上限を確認する目的で使用します。

LBound は、次のディメンションの配列に対して、次の表に示す値を返します。

Statement 戻り値
LBound(A, 1) 1
LBound(A, 2) 0
LBound(A, 3) -3

Option Base ステートメントの設定に応じて、任意のディメンションの既定の下限は 0 または 1 です。 Array 関数で作成された配列の基数は 0 です。オプション ベースの影響 を受けません

Dim、Private、PublicReDimまたは Static ステートメントの To 句を使用して次元を設定する配列には、任意の整数値を下限として指定できます。

次の例では、LBound 関数を使用して、配列の指定ディメンションに対して使用できる最小下付き文字を決定します。 また、Option Base ステートメントを使用して、既定のベース配列の下付き文字の値 0 を上書きします。

Dim Lower
Dim MyArray(1 To 10, 5 To 15, 10 To 20)     ' Declare array variables.
Dim AnyArray(10)
Lower = Lbound(MyArray, 1)     ' Returns 1.
Lower = Lbound(MyArray, 3)    ' Returns 10.
Lower = Lbound(AnyArray)    ' Returns 0 or 1, depending on
    ' setting of Option Base.


関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。