LBound 関数LBound function

配列の指定ディメンションに対して使用できる最小下付き文字が含まれる長整数型 (Long) の値を返します。Returns a Long containing the smallest available subscript for the indicated dimension of an array.

構文Syntax

LBound(arrayname, [ dimension ])LBound(arrayname, [ dimension ])


LBound 関数構文には、次の指定項目があります。The LBound function syntax has these parts:

パーツPart 説明Description
arraynamearrayname 必須です。Required. 配列変数の名前を指定します。標準の変数の名前付け規則に従います。Name of the array variable; follows standard variable naming conventions.
dimensiondimension 省略可能。Variant (Long)。Optional; Variant (Long). どの次元の下限が返されるかを示す整数。Whole number indicating which dimension's lower bound is returned. 最初の次元には1、2番目の次元では2というように使用します。Use 1 for the first dimension, 2 for the second, and so on. _次元_を省略すると、1が想定されます。If dimension is omitted, 1 is assumed.

注釈Remarks

LBound関数を使用して、 配列のサイズを決定します。The LBound function is used with the UBound function to determine the size of an array. UBound 関数は、配列のディメンションの上限を確認する目的で使用します。Use the UBound function to find the upper limit of an array dimension.

LBound は、次のディメンションの配列に対して、次の表に示す値を返します。LBound returns the values in the following table for an array with the following dimensions:

StatementStatement 戻り値Return value
LBound(A, 1) 1-d1
LBound(A, 2) .00
LBound(A, 3) -3-3

任意の次元の下限の既定値は、 Option Base ステートメントの設定に応じて0または1のいずれかになります。The default lower bound for any dimension is either 0 or 1, depending on the setting of the Option Base statement. Array 関数を使用して作成された配列のベースが0です。Option Baseによる影響はありません。The base of an array created with the Array function is zero; it is unaffected by Option Base.

DimPrivatePublicReDim、またはStaticステートメントでTo句を使用してディメンションが設定されている配列は、下限として任意の整数値を持つことができます。Arrays for which dimensions are set by using the To clause in a Dim, Private, Public, ReDim, or Static statement can have any integer value as a lower bound.

Example

次の例では、LBound 関数を使用して、配列の指定ディメンションに対して使用できる最小下付き文字を決定します。This example uses the LBound function to determine the smallest available subscript for the indicated dimension of an array. また、Option Base ステートメントを使用して、既定のベース配列の下付き文字の値 0 を上書きします。Use the Option Base statement to override the default base array subscript value of 0.

Dim Lower
Dim MyArray(1 To 10, 5 To 15, 10 To 20)     ' Declare array variables.
Dim AnyArray(10)
Lower = Lbound(MyArray, 1)     ' Returns 1.
Lower = Lbound(MyArray, 3)    ' Returns 10.
Lower = Lbound(AnyArray)    ' Returns 0 or 1, depending on
    ' setting of Option Base.


関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.