特定のインセンティブプログラムの顧客関連付けを行うには、これらのリソースを使用します。

対象ロール: インセンティブ管理者 |インセンティブ ユーザー

この記事では、次の条件を満たす Microsoft パートナーのリソースを共有します。

  • オンライン サービス アドバイザリ (OSA) の販売、オンライン サービスの使用状況 (OSU)-Microsoft 365、および OSU-Business アプリケーション インセンティブの一部です。

  • あなたは、Microsoft 365 Dynamics 365 の顧客と一緒に作業し、上記のインセンティブ プログラムでこの作業の一部を参照または要求しようとしています。

条件を満たす場合は、指名パートナーの指定 (CPOR) モデルを使用して、これらのインセンティブ プログラムの顧客の関連付けを作成および管理する必要があります。

顧客指名パートナーの指定 (CPOR) の説明

CPOR を使用すると、Microsoft は、顧客がビジネス目標を達成し、クラウドで価値を実現するのに役立つパートナーを特定し、認識することができます。 パートナーがワークロードまたはサブスクリプションに関連付けた後、使用量と販売済みシートのデータにアクセスできます。 このようなデータにアクセスすると、パートナーは、使用量を最大化する方法に関する推奨事項を顧客に提供しながら、アクティブな使用状況を監視できます。 パートナーは、他の顧客データにアクセスできます。 CPOR の関連付けは、Microsoft がサービス プロバイダーのエコシステムを理解するのにも役立ちます。 Microsoft にとっては、共通の顧客を最もよくサポートするために必要なツールとプログラムをどのように洗練させるかの判断にも役立ちます。 顧客のアクションは必要ありません。 顧客は CPOR 関連付けをオプトアウトすることができます。 顧客は、パートナーからの関連付け要求を通知する通知を受け取ります。 顧客がパートナーとの関連付けを拒否した場合、パートナーはレコードのパートナーとして認識されません。

顧客の関連付けと CPOR はインセンティブとどのように関連していますか?

Microsoft では現在、指名パートナーの指定 (CPOR) モデルを使用して、顧客の Microsoft 365 および Dynamics 365 の顧客との関連付けを管理しています。

このモデルは、オンライン サービス アドバイザリ (OSA) 販売、オンライン サービス使用量 (OSU)-Microsoft 365、および OSU-Business アプリケーション インセンティブ) の顧客との作業に適用されます。

Microsoft は、すべてのインセンティブ要求を検証します。

この時点で、詳細を求める場合があります。 また、関連付け要求を顧客に通知します。 顧客はオプトアウトする 5 営業日を持っています。オプトアウトしない場合、この特定のテナントとワークロードとの関連付けは公式になります。

関連付け要求に同意することで、顧客は一部のデータにアクセスして、管理サービスを提供することができます。

顧客の関連付けを作成および管理するのに役立つリソース

目的 参照先
顧客の関連付けを作成する方法を確認する CPOR モデルを使用して顧客の関連付けを作成する
顧客の関連付けを管理する方法を理解する 顧客の関連付けを管理する
顧客の関連付けに関する問題のトラブルシューティング 顧客の関連付けに関する問題

次のステップ