Power BI Premium とはWhat is Power BI Premium?

Power BI Premium を使用すると、Premium でのみ利用可能な機能にアクセスできます。また、組織内の Power BI コンテンツのスケーリングとパフォーマンスが向上します。You can use Power BI Premium to access features and capabilities only available in Premium, and offer greater scale and performance for Power BI content in your organization. Power BI Premium を使用すると、組織内のより多くのユーザーが Power BI を最大限に活用し、パフォーマンスと応答性を向上させることができます。Power BI Premium enables more users in your organization to get the most out of Power BI with better performance and responsiveness. たとえば、Power BI Premium を使用すると、お客様とお客様のユーザーは次の機能を手に入れることができます。For example, with Power BI Premium, you and your organization's users get the following capabilities:

  • Power BI レポートのスケーリングとパフォーマンスの向上Greater scale and performance for your Power BI reports
  • 容量別にライセンスされる柔軟性Flexibility to license by capacity
  • AI による分析、コンポーザブルで再利用可能なデータフロー、ページ分割されたレポートなど、データの視覚化と分析情報の抽出のためのクラス最高の機能Best-in-class features for data visualization and insight-extraction such as AI-driven analysis, composable and reusable dataflows, and paginated reports
  • 高負荷のワークロードをサポートし、エンタープライズ規模を必要とするさまざまな Premium 専用機能をセルフサービスおよびエンタープライズ BI に統合Unify self-service and enterprise BI with a variety of Premium-only capabilities that support heavier workloads and require enterprise scale
  • Power BI Report Server を使用してオンプレミスの BI を拡張するための組み込みライセンスBuilt-in license to extend on-premises BI with Power BI Report Server
  • リージョン別のデータ所在地 (Multi-Geo) と、お客様が管理する保存データ用暗号化キー (BYOK) のサポートSupport for data residency by region (Multi-Geo) and customer-managed encryption keys for data at rest (BYOK)
  • ユーザーごとのライセンスを購入することなく、Power BI コンテンツを (組織外でも) だれとでも共有できるAbility to share Power BI content with anyone (even outside your organization) without purchasing a per-user license

Power BI 管理者ポータルのスクリーンショット。

この記事では、Power BI Premium の主要な機能を紹介します。This article introduces key features in Power BI Premium. 必要に応じて、より詳細な情報が記載されているその他の記事へのリンクが提供されています。Where necessary, links to additional articles with more detailed information are provided. Power BI Pro と Power BI Premium の詳細については、「Power BI の価格」の「Power BI 機能の比較」セクションを参照してください。For more information about Power BI Pro and Power BI Premium, see the Power BI features comparison section of Power BI pricing.

Power BI Premium Generation 2 (プレビュー)Power BI Premium Generation 2 (preview)

Power BI Premium の新しいバージョンである Power BI Premium Generation 2 が最近リリースされ、これは便宜上 Premium Gen2 と呼ばれています。Power BI Premium recently released a new version of Power BI Premium, Power BI Premium Generation 2, referred to as Premium Gen2 for convenience. Premium Gen2 は現在プレビュー段階であり、Premium サブスクライバーがプレビュー期間中に使用できます。Premium Gen2 is currently in preview, and is available for Premium subscribers to use during the preview period. 元のバージョンの Premium を使用することも、Premium Gen2 を使用するように切り替えることもできます。You can select to use the original version of Premium, or switch to using Premium Gen2. Premium 容量の場合は、どちらか一方のみを使用できます。You can only use one or the other for your Premium capacity.

Premium Gen2 では、次の更新または改善されたエクスペリエンスが提供されます。Premium Gen2 provides the following updates or improved experiences:

  • 容量単位に加えて、ユーザーごとに Premium のライセンスを付与できます。Ability to license Premium Per User in addition to by capacity.

  • どのような場合でも、あらゆる容量サイズで パフォーマンス が向上します。Premium Gen2 では、分析操作が最大 16 倍の速さで実行されます。Enhanced performance on any capacity size, anytime: Analytics operations run up to 16X faster on Premium Gen2. 操作は常に最高速度で実行され、容量に対する負荷が容量の上限に近づいても、速度が低下しません。Operations will always perform at top speed and won't slow down when the load on the capacity approaches the capacity limits.

  • スケーリングの向上:Greater scale:

    • 更新コンカレンシーに 制限なし。容量に対して更新されるデータセットのスケジュールの追跡が不要にNo limits on refresh concurrency, no longer requiring you to track schedules for datasets being refreshed on your capacity
    • メモリ制限の緩和Fewer memory restrictions
    • レポートの操作とスケジュールされた更新の完全な分離Complete separation between report interaction and scheduled refreshes
  • 明確で正規化された容量使用率データを使用して、メトリックが改善 されました。これは、容積によって実行される分析操作の複雑さによるものであり、そのサイズ、分析実行中のシステムにかかる負荷のレベル、またはその他の要因によるものではありません。Improved metrics with clear and normalized capacity utilization data, that's dependent only on the complexity of analytics operations the capacity performs, and not on its size, the level of load on the system while performing analytics, or other factors. 改善されたメトリックにより、使用率分析、予算計画、配賦、およびアップグレードの必要性を組み込みレポートで明確に表示できます。With the improved metrics, utilization analysis, budget planning, chargebacks, and the need to upgrade are clearly visible with built-in reporting. 改善されたメトリックはその後、プレビュー期間中に使用できるようになります。Improved metrics will be made available later in the preview period. 過去 7 日間の使用状況メトリックへのアクセスを希望するお客様は、カスタマー サポートにお問い合わせください。Customers seeking access to utilization metrics for past 7 days can do so by contacting customer support.

  • 容量の負荷が制限を超えると、自動スケーリング により 24 時間中に 1 回、1 仮想コアを "自動的に追加" できるため、過負荷による速度低下を防ぐことができます。Autoscale allows for automatically adding one v-core at a time for 24-hour periods when the load on the capacity exceeds its limits, preventing slowdowns caused by overload. アイドル時間が検出されると、仮想コアは自動的に削除されます。V-cores are automatically removed when idle time is detected. 追加の仮想コアは、従量課金制で Azure サブスクリプションに課金されます。Additional v-cores are charged to your Azure subscription on a pay-as-you-go basis. 自動スケーリングは、プレビュー期間中に使用できるようになります。Autoscale will be made available during the course of the preview period.

  • 容量使用率レベルと負荷の増加に関する構成可能な事前の管理者通知を使用することで、管理オーバーヘッドが削減 されます。Reduced management overhead with proactive and configurable admin notifications about capacity utilization level and load increasing.

Premium Gen2 の使用Using Premium Gen2

Premium Gen2 を有効にして、その更新を利用します。Enable Premium Gen2 to take advantage of its updates. Premium Gen2 を有効にするには、次の手順に従います。To enable Premium Gen2, take the following steps:

  1. 管理ポータルで、 [容量の設定] に移動します。In the admin portal, navigate to Capacity settings.
  2. [Power BI Premium] を選択します。Select Power BI Premium.
  3. [Premium Generation 2 (プレビュー)] というセクションが表示されます。このセクションには、Premium Generation 2 (プレビュー) を有効にするためのスライダーがあります。A section appears titled Premium Generation 2 (preview), and in that section is a slider to enable Premium Generation 2 (preview).
  4. スライダーを [有効] に移動します。Move the slider to Enabled.

次の図は、Premium Gen2 を有効にする方法を示しています。The following image shows how to enable Premium Gen2.

Premium Generation 2 の有効化

Premium Gen2 の既知の制限Known limitations in Premium Gen2

現在、Premium Gen2 には次の既知の制限があります。The following known limitations currently apply to Premium Gen2:

  1. Premium Gen2 の容量使用率をメトリック アプリで追跡できません。Premium Gen2 capacity utilization can't be tracked in the metrics app.

  2. 特定のワークロードの Premium Gen2 容量設定は、管理ポータルの Premium Gen2 容量設定ページにまだ表示されません。Premium Gen2 capacity settings for specific workloads aren't yet visible in the Premium Gen2 capacity settings page in the admin portal. 設定を変更するには、容量を元のバージョンの Premium に切り替え、設定を変更してから、再び Premium Gen2 を使用するように容量を設定します。To change settings, transition the capacity to the original version of Premium, change the settings, then set the capacity to using Premium Gen2 once again. メモリ割り当ての設定は、Premium Gen2 容量に適用されません。Memory allocation settings don't apply to Premium Gen2 capacities.

  3. Premium Gen2 で XMLA を使用する場合は、最新バージョンのデータ モデリングおよび管理ツールを使用していることを確認してください。If you're using XMLA on Premium Gen2, make sure you're using the most recent versions of the data modeling and management tools.

  4. Premium Gen2 の Analysis Services の機能は、最新のクライアント ライブラリでのみサポートされています。Analysis services features in Premium Gen2 are only supported on the latest client libraries. この要件をサポートするための依存ツールのリリース予定日は次のとおりです。Estimated release dates for dependent tools to support this requirement are:

    ツールTool 最小バージョンが必要Minimum version required リリース予定日Estimated release date
    SQL Server Management Studio (SSMS)SQL Server Management Studio (SSMS) 18.818.8 2020 年 12 月 8 日December 8, 2020
    SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) 2.9.152.9.15 一般提供 2020 年 11 月 30 日General availability November 30, 2020
    AS PowerShellAS PowerShell 21.1.18229 より後Greater than 21.1.18229 2020 年 11 月 26 日November 26, 2020
  5. ある Premium Gen2 容量から異なるリージョン内の別の Premium 容量へのデータフローが含まれるワークスペースの再割り当ては、サポートされていません。Re-assigning a workspace containing dataflows from one Premium Gen2 Capacity to another Premium capacity in a different region is not supported. また、Premium 容量間で大規模なストレージ形式モデルを移動することもサポートされていません。Also unsupported is moving a large-storage format models from one Premium capacity to another. 異なるリージョン内の容量に既に移行してある場合は、次のいずれかの手順を行って機能を復元してください。If you've already migrated to a capacity in a different region, take one of the following steps to restore functionality:

    1. 新しいワークスペースを作成し、データフローをコピーしますCreate a new workspace and copy the dataflows
    2. 以前のリージョン内の容量にワークスペースを戻しますMigrate the workspace back to the capacity in previous region
    3. Premium Gen 1 に戻しますSwitch back to Premium Gen 1

この制限は、Premium Gen 2 の一般提供 (GA) 時に削除される可能性があります。This limitation may be removed upon General Availability (GA) of Premium Gen 2.

サブスクリプションとライセンスSubscriptions and licensing

Power BI Premium は、2 つの SKU (Stock Keeping Unit) ファミリで利用可能なテナントレベルの Microsoft 365 サブスクリプションです。Power BI Premium is a tenant-level Microsoft 365 subscription available in two SKU (Stock-Keeping Unit) families:

  • P SKU (P1 から P5) - 埋め込みおよびエンタープライズ機能、月間契約または年間契約が必要、1 か月単位での課金。オンプレミスの Power BI Report Server をインストールするライセンスも含まれている。P SKUs (P1-P5) for embedding and enterprise features, requiring a monthly or yearly commitment, billed monthly, and includes a license to install Power BI Report Server on-premises.

  • EM SKU (EM1 から EM3) - "組織的な" 埋め込み、年間契約が必要、1 か月単位での課金。EM SKUs (EM1-EM3) for organizational embedding, requiring a yearly commitment, billed monthly. EM1 および EM2 SKU は、ボリューム ライセンス プランを通してのみ利用できます。EM1 and EM2 SKUs are available only through volume licensing plans. 直接購入することはできません。You can't purchase them directly.

購入Purchasing

Power BI Premium サブスクリプションは、Microsoft 365 管理センター内の管理者によって購入されます。Power BI Premium subscriptions are purchased by administrators in the Microsoft 365 admin center. 具体的には、グローバル管理者または課金管理者のみが SKU を購入できます。Specifically, only Global administrators or Billing Administrators can purchase SKUs. 購入すると、"仮想コア プール" と呼ばれる容量に割り当てられる対応した数の仮想コアがテナントに届きます。When purchased, the tenant receives a corresponding number of v-cores to assign to capacities, known as v-core pooling. たとえば、P3 SKU を購入すると、32 個の仮想コアがテナントに提供されます。For example, purchasing a P3 SKU provides the tenant with 32 v-cores. 詳細については、「How to purchase Power BI Premium」(Power BI Premium の購入方法) を参照してください。To learn more, see How to purchase Power BI Premium.

Power BI Premium Per User (プレビュー)Power BI Premium Per User (preview)

Power BI Premium Per User を使用することで、組織はユーザーごとに Premium 機能のライセンスを付与できます。Power BI Premium Per User allows organizations to license Premium features on a per-user basis. Premium Per User (PPU) には、Power BI Pro ライセンスのすべての機能が含まれており、ページ分割されたレポート、AI、Premium サブスクライバーのみが利用できるその他の機能などの機能が追加されています。Premium Per User (PPU) includes all Power BI Pro license capabilities, and adds features such as paginated reports, AI, and other capabilities that are only available to Premium subscribers. Premium Per User は現在、プレビュー段階です。Premium Per User is currently in preview. 機能の比較やプレビュー リリースに関するその他の情報など、Premium Per User の詳細については、「Power BI Premium Per User に関する FAQ (プレビュー)」を参照してください。For more information about Premium per user, including a feature comparison and other information about its preview release, see the Power BI Premium Per User FAQ (preview) article.

予約容量Reserved capacities

Power BI Premium では、"予約容量" が提供されます。With Power BI Premium, you get reserved capacities. 他の顧客と共有された計算リソース上でワークロードの分析処理が実行される共有された容量とは対照的に、予約容量は組織によって排他的に使用されます。In contrast to a shared capacity where workloads' analytics processing run on computational resources shared with other customers, a reserved capacity is for exclusive use by an organization. これは、ホストされるコンテンツに対して信頼性が高く一貫したパフォーマンスを提供する予約計算リソースを使用して隔離されます。It's isolated with reserved computational resources, which provide dependable and consistent performance for hosted content. 次の種類の Power BI コンテンツの処理は、予約容量ではなく共有容量に格納されることにご注意ください。Note that the processing of the following types of Power BI content is stored in shared capacity rather than your reserved capacity:

ワークスペースは容量内に存在します。Workspaces reside within capacities. 各 Power BI ユーザーには、マイ ワークスペース と呼ばれる個人用のワークスペースが用意されます。Each Power BI user has a personal workspace known as My Workspace. ワークスペース と呼ばれる追加のワークスペースを作成して、コラボレーションを有効にすることができます。Additional workspaces known as workspaces can be created to enable collaboration. 既定では、ワークスペース (個人用のワークスペースも含む) は、共有容量内に作成されます。By default, workspaces, including personal workspaces, are created in the shared capacity. Premium 容量をお持ちの場合は、マイ ワークスペースとワークスペースの両方を Premium 容量に割り当てることができます。When you have Premium capacities, both My Workspaces and workspaces can be assigned to Premium capacities.

容量管理者は、自分のマイ ワークスペースが Premium 容量に自動的に割り当てられます。Capacity administrators automatically have their my workspaces assigned to Premium capacities.

Premium Gen2 (プレビュー) の更新Updates for Premium Gen2 (Preview)

Premium Gen 2 ノードでは予約されたインフラストラクチャが使用されなくなりました。Premium Gen 2 nodes no longer use reserved infrastructure. 代わりに、このサービスでは、非常に高機能なコンピューティング ノードの共有プールから十分なリソースを割り当てることで、実行中の各ワークロードで十分なコンピューティング能力を利用できるようにします。Instead, the service makes sure enough computing power is available to each workload running by allocating enough resources out of a shared pool of very-capable computing nodes.

容量ノードCapacity nodes

サブスクリプションとライセンス」セクションで説明したように、Power BI Premium SKU ファミリには次の 2 つがあります: EMP。Power BI Premium SKU はすべて、容量 "ノード" として利用でき、それぞれは、プロセッサ、メモリ、およびストレージから成る一定量のリソースを表しています。As described in the Subscriptions and Licensing section, there are two Power BI Premium SKU families: EM and P. All Power BI Premium SKUs are available as capacity nodes, each representing a set amount of resources consisting of processor, memory, and storage. リソースの他に、各 SKU には、1 秒あたりの DirectQuery 接続および Live Connection 接続の数と並列モデル更新の数についても運用上の制限があります。In addition to resources, each SKU has operational limits on the number of DirectQuery and Live Connection connections per second, and the number of parallel model refreshes.

処理は、バックエンドとフロントエンドの間で均等に分割された設定された数の仮想コアによって実現されます。Processing is achieved by a set number of v-cores, divided equally between backend and frontend.

バックエンド仮想コア は、Power BI の中心的な機能を担います。これには、クエリ処理、キャッシュ管理、R サービスの実行、モデルの更新、サーバー側でのレポートと画像のレンダリングなどがあります。Backend v-cores are responsible for core Power BI functionality, including query processing, cache management, running R services, model refresh, and server-side rendering of reports and images. バックエンド仮想コアには、アクティブ データセットとも呼ばれるモデルを主にホストするのに使用される固定量のメモリが割り当てられています。Backend v-cores are assigned a fixed amount of memory that is primarily used to host models, also known as active datasets.

フロントエンド仮想コア は、Web サービス、ダッシュボードとレポート ドキュメントの管理、アクセス権の管理、スケジューリング、API、アップロードとダウンロード、および一般にユーザー エクスペリエンスに関連するすべてのことを担当します。Frontend v-cores are responsible for the web service, dashboard and report document management, access rights management, scheduling, APIs, uploads and downloads, and generally for everything related to the user experiences.

ストレージは、容量ノードごとに 100 TB に設定されます。Storage is set to 100 TB per capacity node.

次の表に、各 Premium SKU (および同等にサイズ指定された A SKU) のリソースと制限を示します。The resources and limits of each Premium SKU (and equivalently sized A SKU) are described in the following table:

容量ノードCapacity Nodes 合計 v コア数Total v-cores バックエンド v コア数Backend v-cores RAM (GB)RAM (GB) フロントエンド v コア数Frontend v-cores DirectQuery/ライブ接続 (秒あたり)DirectQuery/Live Connection (per sec) モデル更新並列処理Model Refresh Parallelism
EM1/A1EM1/A1 11 0.50.5 33 0.50.5 3.753.75 11
EM2/A2EM2/A2 22 11 55 11 7.57.5 22
EM3/A3EM3/A3 44 22 1010 22 1515 33
P1P1 88 44 2525 44 3030 66
P2P2 1616 88 5050 88 6060 1212
P3P3 3232 1616 100100 1616 120120 2424
P4 1P4 1 6464 3232 200200 3232 240240 4848
P5 1P5 1 128128 6464 400400 6464 480480 9696

1 - 特別な要求の場合のみ。1 - By special request only. 100 GB を超える非常に大きなモデルの場合。For very large models greater than 100 GB.

注意

小さな SKU (たとえば 2 つの P1 SKU) を組み合わせるよりも、単一の大きな SKU (たとえば、1 つの P2 SKU) を使用することをお勧めします。Using a single larger SKU (e.g. one P2 SKU) can be preferable to combining smaller SKUs (e.g. two P1 SKUs). たとえば、大規模なモデルを使用して、P2 での並列処理を向上させることができます。For example, you can use larger models and achieve better parallelism with the P2.

Premium Gen2 (プレビュー) の更新Updates for Premium Gen2 (Preview)

Premium Gen2 では、各ノード サイズで使用できるメモリ量は、メモリの累積消費量ではなく、1 つのアーティファクトのメモリ占有領域の制限に設定されます。With Premium Gen2 the amount of memory available on each node size is set to the limit of memory footprint of a single artifact, and not to the cumulative consumption of memory. たとえば、Premium Gen2 では、1 つのデータセットのみのサイズが 25 GB に制限されています。一方、元の Premium では、同時に処理されるデータセットの合計メモリ占有領域が 25 GB に制限されていました。For example, in Premium Gen2, only a single dataset size is limited to 25 GB, in comparison to the original Premium, where the total memory footprint of the datasets being handled at the same time was limited to 25 GB.

容量のワークロードCapacity workloads

容量のワークロードは、ユーザーが利用できるようにされているサービスです。Capacity workloads are services made available to users. 既定で、Premium 容量および Azure 容量によってサポートされるのは、Power BI クエリの実行に関連付けられるデータセット ワークロードのみです。By default, Premium and Azure capacities support only a dataset workload associated with running Power BI queries. データセット ワークロードを無効にすることはできません。The dataset workload cannot be disabled. AI (Cognitive Services)データフロー、およびページ分割されたレポートに対する追加のワークロードを有効にすることができます。Additional workloads can be enabled for AI (Cognitive Services), Dataflows, and Paginated reports. これらのワークロードは、Premium のサブスクリプションのみでサポートされます。These workloads are supported in Premium subscriptions only.

各追加のワークロードでは、ワークロードで使用できる最大メモリを (容量の合計メモリの割合として) 構成できます。Each additional workload allows configuring the maximum memory (as a percentage of total capacity memory) that can be used by the workload. 最大メモリの既定値は、SKU によって決定されます。Default values for maximum memory are determined by SKU. 使用する場合にのみそれらの追加のワークロードを有効にすることで、ご利用の容量の使用可能なリソースを最大限に活用することができます。You can maximize your capacity's available resources by enabling only those additional workloads when they're used. そして、メモリ設定を変更するのは、既定の設定では容量のリソース要件が満たされないことが判明した場合のみにしてください。And you can change memory settings only when you have determined default settings aren't meeting your capacity resource requirements. 管理ポータル[容量の設定] を使用するか、または Capacities REST API を使用して、容量管理者は容量に対してワークロードを有効にしたり構成したりすることができます。Workloads can be enabled and configured for a capacity by capacity admins using Capacity settings in the Admin portal or using the Capacities REST APIs.

ワークロードの有効化

詳細については、「Premium 容量でワークロードを構成する」を参照してください。To learn more, see Configure workloads in a Premium capacity.

容量はどのように機能するのかHow capacities function

Power BI サービスでは常に、容量に課されている制限を超えることなく、容量リソースが最大限に活用されます。At all times, the Power BI service makes the best use of capacity resources while not exceeding limits imposed on the capacity.

容量の操作は、"対話型" または "バックグラウンド" のいずれかに分類されます。Capacity operations are classified as either interactive or background. 対話型の操作には、要求のレンダリング、ユーザーとのやりとりでの応答 (フィルター処理、Q&A クエリなど) などが含まれます。Interactive operations include rendering requests and responding to user interactions (filtering, Q&A querying, etc.). バックグラウンド操作には、データフローおよびインポート モデルの更新や、ダッシュボード クエリのキャッシングなどがあります。Background operations include dataflow and import model refreshes, and dashboard query caching.

可能な限り最適なユーザー エクスペリエンスを確保するために対話型の操作が常にバックグラウンド操作よりも優先されることを理解するのが重要です。It's important to understand that interactive operations are always prioritized over background operations to ensure the best possible user experience. リソースが不足している場合、バックグラウンド操作はリソースが解放されるまで待機キューに追加されます。If there are insufficient resources, background operations are added to a waiting queue until resources free up. データセットの更新などのバックグラウンド操作は、Power BI サービスによってプロセスの途中で中断され、キューに追加されて、後で再試行される場合があります。Background operations, like dataset refreshes, can be interrupted mid-process by the Power BI service, added to a queue, and retried later on.

インポート モデルは、クエリまたは更新のいずれも行えるように、メモリに完全に読み込む必要があります。Import models must be fully loaded into memory so they can be queried or refreshed. Power BI サービスでは、高度なアルゴリズムを使用してメモリ使用量が公平に管理されますが、まれに、お客様のリアルタイム要求を満たすリソースが不足している場合に容量の上限を超えることがあります。The Power BI service uses sophisticated algorithms to manage memory usage fairly, but in rare cases, the capacity can get overloaded if there are insufficient resources to meet customers' real-time demands. 容量では、永続的なストレージに多数のインポート モデル (Premium 容量あたり最大 100 TB) を格納することができますが、すべてのモデルを同時にメモリ内に存在させる必要はありません。そうでないと、メモリ内のデータセットのサイズが容量メモリの上限を簡単に超えてしまいます。While it's possible for a capacity to store many import models in persistent storage (up to 100 TB per Premium capacity), not all the models necessarily reside in memory at the same time, otherwise their in-memory dataset size can easily exceed the capacity memory limit. データセットの読み込みに必要なメモリ以外に、クエリと更新操作の実行のために追加のメモリが必要です。Besides the memory required to load the datasets, additional memory is needed for execution of queries and refresh operations.

したがって、インポート モデルは使用量に応じてメモリに読み込まれたり、削除されたりします。Import models are therefore loaded and removed from memory according to usage. インポート モデルは、クエリ実行の対象となった場合 (対話型の操作)、または更新する必要がある場合 (バックグラウンド操作) に読み込まれます。An import model is loaded when it is queried (interactive operation), or if it needs to be refreshed (background operation).

モデルをメモリから除去することは、"削除" と呼ばれています。The removal of a model from memory is known as eviction. これは、Power BI がモデルのサイズに応じて迅速に実行できる操作です。It's an operation Power BI can perform quickly depending on the size of the models. 容量にメモリ不足が発生しておらず、モデルがアイドル状態でない場合 (つまり、アクティブに使用中である場合)、モデルは削除されずにメモリ内に存在する可能性があります。If the capacity isn't experiencing any memory pressure and the model isn't idle (i.e., actively in-used), the model can reside in memory without being evicted. モデルを読み込むためのメモリが不足していると Power BI によって判断された場合、Power BI サービスによって、非アクティブなモデルを削除することでメモリの解放が試みられます。それは通常、過去 3 分間に使用されていない、対話型操作のために読み込まれたモデルとして定義されます [1]。When Power BI determines there is insufficient memory to load a model, the Power BI service will attempt to free up memory by evicting inactive models, typically defined as models loaded for interactive operations which have not been used in the last three minutes [1]. 削除できる非アクティブ モデルが存在しない場合、Power BI サービスではバックグラウンド操作用に読み込まれたモデルの削除が試みられます。If there are no inactive models to evict, the Power BI service attempts to evict models loaded for background operations. 試行が失敗してから 30 秒後 [1] に行われる最終手段は、対話型の操作を失敗させるというものです。A last resort, after 30 seconds of failed attempts [1], is to fail the interactive operation. この場合、レポート ユーザーには、エラーと共に、しばらくしてから再試行することを促す提案が通知されます。In this case, the report user is notified of failure with a suggestion to try again shortly. 場合によっては、サービスの操作のせいでモデルがメモリからアンロードされることがあります。In some cases, models may be unloaded from memory due to service operations.

データセットの削除は、容量に対する通常の動作であることを強調しておく必要があります。It's important to stress that dataset eviction is a normal behavior on the capacity. 容量ではメモリ使用量のバランスを取ることが試みられ、そのために、ユーザーに対して透過的な方法でモデルのメモリ内のライフサイクルが管理されます。The capacity strives to balance memory usage by managing the in-memory lifecycle of models in a way that is transparent to users. 高い削除レートは、必ずしも容量に配分されているリソースの不足を意味するものではありません。A high eviction rate does not necessarily mean the capacity is insufficiently resourced. ただし、短期間にモデルの読み込みと削除を繰り返すことによるオーバーヘッドが原因で、クエリや更新のパフォーマンスが低下している場合は、問題になることがあります。It can, however, become a concern if the performance of queries or refreshes degrades due to the overhead of loading and evicting models repeatedly within a short span of time.

インポート モデルの更新では、モデルをメモリに読み込む必要があるため、常にメモリの使用率が高くなります。Refreshes of import models are always memory intensive as models must be loaded into memory. 処理には追加の中間メモリも必要になります。Additional intermediate memory is also required for processing. 完全更新では、モデルに必要なメモリ量の約 2 倍が使用される可能性があります。これは、Power BI によって、処理操作が完了するまでモデルの既存のスナップショットがメモリ内に保持されるためです。A full refresh can use approximately double the amount of memory required by the model because Power BI maintains an existing snapshot of the model in memory until the processing operation is completed. これにより、処理中であってもモデルにクエリを実行できるようになります。This allows the model to be queried even when it's being processed. 更新が完了して新しいモデル データを使用できるようになるまで、クエリはモデルの既存のスナップショットに対して送信できます。Queries can be sent to the existing snapshot of the model until the refresh has completed and the new model data is available.

増分更新では、モデルの完全な更新ではなく、パーティションの更新が実行されます。通常はより高速で、必要なメモリも少なくなり、容量のリソース使用量を大幅に削減できます。Incremental refresh performs partition refresh instead of a full model refresh, and will typically be faster and require less memory, and can substantially reduce the capacity's resource usage. モデルの更新では CPU が集中的に使用されます。複雑な Power Query 変換を含むモデルや、複雑であったり大量のデータを基にしていたりする計算テーブルや列を含むモデルの場合は特にそうです。Refreshes can also be CPU-intensive for models, especially those with complex Power Query transformations, or calculated tables or columns that are complex or are based on a large volume of data.

クエリ値と同様に更新でも、モデルをメモリに読み込む必要があります。Refreshes, like queries, require the model be loaded into memory. メモリが不足している場合は、Power BI サービスによって非アクティブなモデルの削除が試みられ、これが不可能な場合 (すべてのモデルがアクティブであるため) は、更新ジョブがキューに入れられます。If there is insufficient memory, the Power BI service will attempt to evict inactive models, and if this isn't possible (as all models are active), the refresh job is queued. 更新では、通常、CPU が集中的に使用されます。それはクエリの場合よりもさらに高くなります。Refreshes are typically CPU-intensive, even more so than queries. このため、同時更新の数には、1.5 x バックエンドの仮想コア数の切り上げ値として計算される上限が課せられます。For this reason, a limit on the number of concurrent refreshes, calculated as the ceiling of 1.5 x the number of backend v-cores, is imposed. 同時更新の数が多すぎる場合は、更新スロットが使用可能になるまでスケジュールされた更新はキューに登録されます。そのため、操作の完了により時間がかかります。If there are too many concurrent refreshes, the scheduled refresh is queued until a refresh slot is available, resulting in the operation taking longer to complete. ユーザー要求または API 呼び出しによってトリガーされる更新などのオンデマンド更新は、3 回再試行されます [1]。On-demand refreshes such as those triggered by a user request or an API call will retry three times [1]. それでも十分なリソースがない場合、更新は失敗します。If there still aren't enough resources, the refresh will then fail.

Premium Gen2 (プレビュー) の更新Updates for Premium Gen2 (Preview)

Premium Gen2 は累積メモリ制限を必要としないため、データセットの同時更新はリソースの制約の一因となりません。Premium Gen2 doesn't require cumulative memory limits, and therefore concurrent dataset refreshes don't contribute to resource constraints. 仮想コアあたりの更新の実行数に上限はありません。There is no limit on the number of refreshes running per v-core. ただし、個々のデータセットの更新は、引き続き既存の容量メモリおよび CPU の制限の影響を受けます。However, the refresh of individual datasets continues to be governed by existing capacity memory and CPU limits. 任意の時点で必要に応じて何度でも更新をスケジュールして実行できます。また、Power BI サービスでは、ベスト エフォートとしてスケジュールされた時間にこれらの更新が実行されます。You can schedule and run as many refreshes as required at any given time, and the Power BI service will run those refreshes at the time scheduled as a best effort.

セクションに関する注意事項:Section notes:
[1] 変更される可能性があります。[1] Subject to change.

地域のサポートRegional support

新しい容量を作成するときに、グローバル管理者と Power BI サービス管理者は、容量に割り当てられたワークスペースを置く地域を指定することができます。When creating a new capacity, global administrators and Power BI service administrators can specify a region where workspaces assigned to the capacity will reside. これは、Multi-Geo と呼ばれています。This is known as Multi-Geo. Multi-Geo を使用すると、組織は、Microsoft 365 サブスクリプションが存在する地域とは異なる場合でも、特定の地域にあるデータセンターにコンテンツを配置することで、データ所在地の要件を満たすことができます。With Multi-Geo, organizations can meet data residency requirements by deploying content to datacenters in a specific region, even if it's different than the region where the Microsoft 365 subscription resides. 詳細については、「Multi-Geo support for Power BI Premium」 (Power BI Premium の Multi-Geo のサポート) を参照してください。To learn more, see Multi-Geo support for Power BI Premium.

容量管理Capacity management

Premium 容量の管理では、容量の作成または削除、管理者の割り当て、ワークスペースの割り当て、ワークロードの構成、監視、容量パフォーマンスを最適化するための調整を行う必要があります。Managing Premium capacities involves creating or deleting capacities, assigning admins, assigning workspaces, configuring workloads, monitoring, and making adjustments to optimize capacity performance.

グローバル管理者および Power BI サービス管理者は、利用可能な仮想コアから Premium 容量を作成することも、既存の Premium 容量を変更することもできます。Global administrators and Power BI service administrators can create Premium capacities from available v-cores, or modify existing Premium capacities. 容量を作成するときには、容量のサイズと地理的な地域を指定し、少なくとも 1 人の容量管理者を割り当てます。When a capacity is created, capacity size and geographic region are specified, and at least one capacity admin is assigned.

容量が作成されると、管理ポータルでの管理タスクの大部分は完了します。When capacities are created, most administrative tasks are completed in the Admin portal.

Power BI 管理者ポータルのスクリーンショット。マイ ワークスペースが選択されています。

容量管理者は、容量へのワークスペースの割り当て、ユーザーのアクセス許可の管理、他の管理者の割り当てを行うことができます。Capacity admins can assign workspaces to the capacity, manage user permissions, and assign other admins. また、容量管理者は、ワークロードの構成、メモリ割り当ての調整、さらに必要に応じて容量の再起動を行い、容量の上限を超えた場合に操作をリセットすることもできます。Capacity admins can also configure workloads, adjust memory allocations, and if necessary, restart a capacity, resetting operations if a capacity becomes overloaded.

Power BI 管理ポータルの容量管理のスクリーンショット。

容量管理者は、容量が円滑に運用されているかどうかを確認することもできます。Capacity admins can also make sure a capacity is running smoothly. 管理者ポータルですぐに容量の健全性を監視することも、Premium 容量メトリク アプリを使用して監視することもできます。They can monitor capacity health right in the Admin portal or by using the Premium capacity metrics app.

容量の作成、管理者の割り当て、およびワークスペースの割り当ての詳細については、「Premium 容量を管理する」を参照してください。To learn more about creating capacities, assigning admins, and assigning workspaces, see Managing Premium capacities. ロールの詳細については、「Power BI に関連する管理者ロール」をご覧ください。To learn more about roles, see Administrator roles related to Power BI.

監視Monitoring

Premium 容量を監視することで、容量がどのように実行されているかを管理者は把握することができます。Monitoring Premium capacities provides administrators with an understanding of how capacities are performing. 管理ポータルおよび Power BI Premium 容量メトリック アプリを使用することで、容量は監視できます。Capacities can be monitored by using the Admin portal and the Power BI Premium Capacity Metrics app.

ポータルによる監視では、大まかなメトリックに関するクイック ビューが表示され、過去 7 日間にわたりかけられた負荷および使用している容量によって利用されたリソースの平均が示されます。Monitoring in the portal provides a quick view with high-level metrics indicating loads placed and the resources utilized by your capacity, averaged, over the past seven days.

Power BI 管理者ポータルの容量の健全性のスクリーンショット。

注意

Premium Gen2 (プレビュー) の更新 - Premium Gen2 では、負荷を処理するために容量でどの程度の CPU 時間が常時必要かという 1 つの側面を監視するだけで済みます。Updates for Premium Gen2 (Preview) - Premium Gen2 only requires monitoring a single aspect: how much CPU time your capacity requires to serve the load at any moment. 購入した SKU サイズあたりの CPU 時間を超過した場合は、必要に応じて容量が自動スケーリングされるか、または構成設定に基づいて対話操作が調整されます。If you exceed your CPU time per the SKU size you purchased, your capacity either autoscales to accommodate the need, or throttles your interactive operations, based on your configuration settings.

Power BI Premium 容量メトリック アプリからは、ご利用の容量がどのように実行されているかについてかなり詳細な情報が提供されます。The Power BI Premium Capacity Metrics app provides the most in-depth information into how your capacities are performing. このアプリには、大まかなダッシュボードとより詳細なレポートが用意されています。The app provides a high-level dashboard and more detailed reports.

トリック アプリ ダッシュボード

アプリのダッシュボードでメトリック セルをクリックすると、詳細なレポートが開きます。From the app's dashboard, you can click a metric cell to open an in-depth report. レポートには、詳細なメトリックと、容量の円滑な運用を維持するのに必要となる最も重要な情報にドリルダウンするためのフィルタリング機能があります。Reports provide in-depth metrics and filtering capability to drill down on the most important information you need to keep your capacities running smoothly.

定期的に発生するクエリ待機時間カウントのピークは潜在的な CPU 飽和を示します

容量の監視方法の詳細については、Power BI 管理ポータルでの監視およびPower BI Premium 容量メトリック アプリを使用した監視に関するページを参照してください。To learn more about monitoring capacities, see Monitoring in the Power BI Admin portal and Monitoring with the Power BI Premium Capacity Metrics app.

Premium Gen2 (プレビュー) の更新Updates for Premium Gen2 (Preview)

Premium Gen2 容量ではメトリック アプリが使用されず、容量使用率アプリが使用されます。これはプレビュー期間中に利用可能になります。Premium Gen2 capacities don't use the Metrics app, they use the Capacity Utilization App, which will be made available during the preview. 使用率の確認を希望するお客様には、カスタマー サポートにご依頼いただければ、過去 7 日間の使用状況レポートのコピーが与えられます。Customers wanting to review their utilization can receive a copy of their utilization report for the past 7 days by requesting one from customer support. レポートは依頼後、72 時間以内に提供されます。The report will be supplied within 72 hours of the request. 容量使用率アプリは、管理ポータル の容量管理ページから、各容量に対して起動され、30 日分以上のデータを分析できます。The Capacity Utilization App will be launched from your capacity management page in the Admin portal for each capacity, and will allow anlayis of 30 days of data and more.

容量の最適化Optimizing capacities

ご利用の容量を最大限に活用することは、ユーザーに対して確実にパフォーマンスを発揮し、Premium への投資に見合う最大限の価値を確実に得る上で重要です。Making the best use of your capacities is critical to assuring users get the performance and you're getting the most value for your Premium investment. 主要なメトリックを監視することにより、管理者はボトルネックをトラブルシューティングして必要な措置を取るために最適な方法を判断することができます。By monitoring key metrics, administrators can determine how best to troubleshoot bottlenecks and take necessary action. 詳細については、「Premium 容量を最適化する」と「Premium 容量のシナリオ」を参照してください。To learn more, see Optimizing Premium capacities and Premium capacity scenarios.

Capacities REST APICapacities REST APIs

Power BI REST API には、Capacities API のコレクションが含まれています。The Power BI REST APIs include a collection of Capacities APIs. API を使用すれば、管理者は、ワークロードの有効化および無効化、容量へのワークスペースの割り当てなど、ご利用の Premium 容量のさまざまな側面をプログラムで管理できます。With the APIs, admins can programmatically manage many aspects of your Premium capacities, including enabling and disabling workloads, assigning workspaces to a capacity, and more.

大規模なデータセットLarge datasets

SKU に応じて、Power BI Premium では、Power BI Desktop (.pbix) モデル ファイルのアップロードが最大で 10 GB のサイズまでサポートされています。Depending on the SKU, Power BI Premium supports uploading Power BI Desktop (.pbix) model files up to a maximum of 10 GB in size. 読み込まれたら、モデルは Premium 容量に割り当てられたワークスペースに公開することができます。When loaded, the model can then be published to a workspace assigned to a Premium capacity. さらに、データセットのサイズは、最大 12 GB まで更新することができます。The dataset can then be refreshed to up to 12 GB in size.

サイズに関する考慮事項Size considerations

データセットの規模が大きいと、リソースが集中的に使用される可能性があります。Large datasets can be resource-intensive. 1 GB を超えるデータセットには少なくとも P1 または A4 SKU を用意する必要があります。You should have at least a P1 or an A4 SKU for any datasets larger than 1 GB. 最大 A3 までの A SKU に支えられたワークスペースへの大規模なデータセットの発行は機能するでしょうが、それらの更新については機能しません。Although publishing large datasets to workspaces backed by A SKUs up to A3 could work, refreshing them will not.

次の表は、Power BI サービスへの .pbix ファイルのアップロードまたは発行に関して推奨される SKU を示しています。The following table shows the recommended SKUs for .pbix file upload or publish to the Power BI service:

SKUSKU .pbix のサイズSize of .pbix
P1P1 < 3 GB< 3 GB
P2P2 < 6 GB< 6 GB
P3、P4、P5P3, P4, P5 最大 10 GBup to 10 GB

Power BI Embedded の A4 SKU は P1 SKU と、A5 は P2 と、A6 は P3 とそれぞれ同等です。The Power BI Embedded A4 SKU is equal to the P1 SKU, A5 = P2 and A6 = P3.

大規模なデータセットのストレージ形式Large dataset storage format

データセットに対して大規模なデータセットのストレージ形式の設定を有効にする場合、.pbix ファイルのサイズ制限は、ファイルのアップロードまたは発行に適用されます。If you enable the Large dataset storage format setting for a dataset, the .pbix file size limitations still apply to file upload or publish. アップロードのサイズ制限は、大規模なデータセットのストレージ形式の影響を受けません。The upload size limit is unaffected by the large dataset storage format. ただし、増分更新および大規模なデータセットのストレージ形式が有効になっている状態でサービスに発行された場合、データセットは、これらの制限よりもさらに大規模になる場合があります。However, when published to the service, with incremental refresh and large dataset storage format enabled, datasets can grow much larger than these limits. 大規模なデータセットのストレージ形式では、データセットのサイズは、Power BI Premium 容量のサイズによってのみ制限されます。With large dataset storage format, the dataset size is limited only by the Power BI Premium capacity size.

Power BI データセットでは、クエリ パフォーマンスが最適化されるように、データを圧縮率の高い、メモリ内キャッシュに格納できます。これにより、ユーザーは大規模なデータセットと高速に対話できるようになります。Power BI datasets can store data in a highly compressed, in-memory cache for optimized query performance enabling fast user interactivity over large datasets. 以前は、Power BI Premium のデータセットは、圧縮後、10 GB に制限されていました。Previously, datasets in Power BI Premium have been limited to 10 GB after compression. 大規模なモデルでは、制限が削除され、データセットのサイズ上限は容量サイズか、管理者が設定した最大サイズのみになります。With large models, the limitation is removed and dataset sizes are limited only by the capacity size, or a maximum size set by the administrator. そのような大規模なデータセット サイズを可能にすると、Power BI データセットのサイズを Azure Analysis Services モデルのサイズに合わせて調整することが簡単になります。Enabling such large dataset sizes enables Power BI dataset sizes to align better to Azure Analysis Services model sizes.

.pbix ファイルは、"圧縮率の高い状態" のデータを表しています。Your .pbix files represent data in a highly compressed state. データはメモリに読み込まれるときに展開されることが多く、また、データの更新中に、そこからさらに数回展開される場合があります。The data will likely expand when loaded in memory, and from there it may expand several more times during data refresh.

大規模なデータセットのスケジュールされた更新には時間がかかることがあり、リソースが集中的に使用される場合があります。Scheduled refresh of large datasets can take a long time and be resource-intensive. あまり多くの更新が重複しないようにスケジュールすることが重要です。It's important to not schedule too many overlapping refreshes. より高速で、信頼性がより高く、消費リソースがより少ないことから、増分更新を構成することをお勧めします。It's recommended incremental refresh is configured, because it's faster, more reliable, and consumes fewer resources.

前回のデータセットの使用から時間が経っている場合、大規模なデータセットの最初のレポートの読み込みに時間がかかる場合があります。The initial report load of large datasets can take a long time if it has been a while since the last time the dataset was used. 読み込みに時間がかかるレポートの読み込みバーには、読み込みの進行状況が表示されます。A loading bar for longer-loading reports displays the load progress.

Premium 容量ではクエリごとのメモリと時間の制約値は大幅に高くなりますが、フィルターとスライサーを使用して、必要なビジュアルだけを表示することをお勧めします。While the per-query memory and time constraints are much higher in Premium capacity, it's recommended you use filters and slicers to limit visuals to display only what is necessary.

増分更新Incremental refresh

増分更新は、Power BI Premium と Power BI Pro で大規模なデータセットを保持して管理する上で、不可欠な要素です。Incremental refresh provides an integral part of having and maintaining large datasets in Power BI Premium and Power BI Pro. 増分更新には多くの利点があります。たとえば、変更されたデータを更新するだけで済むので、更新がより迅速に行われます。Incremental refresh has many benefits, for example, Refreshes are faster because only data that has changed needs to be refreshed. 揮発性のソース システムに対して長時間の接続を維持する必要がないため、更新の信頼性が高くなります。Refreshes are more reliable because it's unnecessary to maintain long-running connections to volatile data sources. 更新するデータが少ないと、メモリや他のリソースの全体的な消費量が減少するので、リソースの消費量が減ります。Resource consumption is reduced because less data to refresh reduces overall consumption of memory and other resources. 増分更新ポリシーは、Power BI Desktop で定義し、Premium 容量内のワークスペースに発行すると適用されます。Incremental refresh policies are defined in Power BI Desktop, and applied when published to a workspace in a Premium capacity.

更新の詳細

詳細については、「Power BI Premium での増分更新」を参照してください。To learn more, see Incremental refresh in Power BI Premium.

ページ分割されたレポートPaginated reports

P1 から P3 の SKU および A4 から A6 の SKU でサポートされているページ分割されたレポートは、SQL Server Reporting Services のレポート定義言語 (RDL) テクノロジに基づいています。Paginated reports, supported on P1-P3 and A4_A6 SKUs, are based on Report Definition Language (RDL) technology in SQL Server Reporting Services. RDL テクノロジをベースにしてはいますが、これは、オンプレミスにインストールできるダウンロード可能なレポート プラットフォームである Power BI Report Server (これも Power BI Premium にも含まれている) と同じではありません。While based on RDL technology, it's not the same as Power BI Report Server, which is a downloadable reporting platform you can install on-premises, also included with Power BI Premium. ページ分割されたレポートは、印刷または共有することができるページ上にうまく収まるように書式設定されます。Paginated reports are formatted to fit well on a page that can be printed or shared. テーブルが複数のページにまたがる場合でも、データはテーブル内に表示されます。Data is displayed in a table, even if the table spans multiple pages. 無料の Power BI レポート ビルダー Windows デスクトップ アプリケーションを使用して、ユーザーはページ分割されたレポートを作成し、サービスに公開することができます。By using the free Power BI Report Builder Windows Desktop application, users author paginated reports and publish them to the service.

Power BI Premium では、ページ分割されたレポートは管理ポータルを使用して容量に対して有効にする必要があるワークロードです。In Power BI Premium, Paginated reports are a workload that must be enabled for a capacity by using the Admin portal. 容量管理者は、有効にしてから、容量のメモリ リソース全体に対するパーセンテージとしてメモリ量を指定することができます。Capacity admins can enable and then specify the amount of memory as a percentage of the capacity's overall memory resources. 他の種類のワークロードとは異なり、ページ分割されたレポートは容量内に含まれる領域で Premium によって実行されます。Unlike other types of workloads, Premium runs paginated reports in a contained space within the capacity. ワークロードがアクティブかどうかに関係なく、この領域に指定した最大メモリが使用されます。The maximum memory specified for this space is used whether or not the workload is active. 既定値は 20% です。The default is 20%.

注意

Premium Gen2 (プレビュー) には、ページ分割されたレポート用のメモリ管理は備わっていません。In Premium Gen2 (preview) there is no memory management for Paginated reports. Premium Gen2 では、ページ分割されたレポートが EM1-EM3 SKU でサポートされています。With Premium Gen2 Paginated reports are supported on the EM1-EM3 SKUs.

ページ分割されたレポートと Premium Gen2Paginated reports and Premium Gen2

Premium Gen2 を使用する場合、Power BI のページ分割されたレポートは、Premium Gen2 に反映されたアーキテクチャとエンジニアリングの機能強化の恩恵を受けられます。When using Premium Gen2, Paginated reports in Power BI benefit from the architectural and engineering improvements reflected in Premium Gen2. 次のセクションでは、ページ分割されたレポートに対する Premium Gen2 のベネフィットについて説明します。The following sections describe the benefits of Premium Gen2 for Paginated reports.

SKU の可用性の拡大 - Premium Gen2 で実行されるページ分割されたレポートでは、使用可能なすべての埋め込み SKU および Premium SKU に対してレポートを実行できます。Broader SKU availability - Paginated reports running on Premium Gen2 can run reports across all available embedded and Premium SKUs. 課金は、24 時間にわたって CPU 時間ごとに計算されます。Billing is calculated per CPU hour, across a 24-hour period. これにより、ページ分割されたレポートをサポートする SKU が大幅に拡張されます。This greatly expands the SKUs that support Paginated reports.

動的スケーリング - Premium Gen2 を使用すると、アクティビティの急増やリソースのニーズに関連する課題を、必要に応じて動的に処理できます。Dynamic scaling - With Premium Gen2, challenges associated with spikes in activity, or need for resources, can be handled dynamically as need arises.

キャッシュの向上 - Premium Gen2 より前では、ワークロード用に容量に割り当てられたメモリのコンテキストでさまざまな操作を実行するために、ページ分割されたレポートが必要でした。Improved caching - Prior to Premium Gen2, Paginated reports were required to perform many operations in the context of memory allocated on the capacity for the workload. 現在、Premium Gen2 を使用すると、さまざまな操作に必要なメモリを削減することで、他のユーザー セッションに影響を与えることなく、実行時間の長い操作を容易に実行できるようになります。Now, using Premium Gen2, reductions in the required memory for many operations enhance customers' ability to perform long-running operations without impacting other user sessions.

セキュリティとコードの分離の強化 - Premium Gen2 では、元の Premium オファリングの場合と同様に、コードの分離は容量単位ではなくユーザーごとに実行できます。Enhanced security and code isolation - With Premium Gen2, code isolation can occur at a per-user level rather than at per-capacity, as was the case in the original Premium offering.

詳細については、Power BI Premium のページ分割されたレポートに関するページを参照してください。To learn more, see Paginated reports in Power BI Premium. ページ分割されたレポート ワークロードを有効にする方法の詳細については、ワークロードの構成に関するページを参照してください。To learn more about enabling the Paginated reports workload, see Configure workloads.

Power BI Report ServerPower BI Report Server

Power BI Premium に含まれている Power BI Report Server は Web ポータルを備えた "オンプレミス" レポート サーバーです。Included with Power BI Premium, Power BI Report Server is an on-premises report server with a web portal. オンプレミスで BI 環境を構築し、組織のファイアウォールの内側でレポートを配布することができます。You can build your BI environment on-premises and distribute reports behind your organization's firewall. Report Server により、ユーザーは SQL Server Reporting Services の豊富な対話型エンタープライズ レポート作成機能にアクセスすることができます。Report Server gives users access to rich, interactive, and enterprise reporting capabilities of SQL Server Reporting Services. ユーザーは、ビジュアル データを調査してすばやくパターンを発見し、より良い決定をより迅速に行うことができます。Users can explore visual data and quickly discover patterns to make better, faster decisions. Report Server では、ご自分のペースでガバナンスを適用できます。Report Server provides governance on your own terms. その時が来れば、Power BI Report Server はクラウドに容易に移行できるようになります。そうなれば、組織はすべての Power BI Premium 機能を最大限に活用することができます。If and when the time comes, Power BI Report Server makes it easy to migrate to the cloud, where your organization can take full advantage of all Power BI Premium functionality.

詳細については、Power BI Report Server に関するページを参照してください。To learn more, see Power BI Report Server.

無制限のコンテンツの共有Unlimited content sharing

Premium を使用すれば、組織内外いずれのユーザーも、個別ライセンスを購入することなく、ページ分割されたレポートや対話式のレポートなど、お客様の Power BI コンテンツを表示できます。With Premium, anyone, whether they're inside or outside your organization can view your Power BI content including paginated and interactive reports without purchasing individual licenses.

コンテンツの共有

Premium では、コンテンツを表示する受信者に Pro ライセンスを要求することなく、Pro ユーザーによるコンテンツの広範囲な配信が可能になります。Premium enables widespread distribution of content by Pro users without requiring Pro licenses for recipients who view the content. コンテンツ作成者の場合は Pro ライセンスが必要です。Pro licenses are required for content creators. 作成者は、データ ソースに接続し、データをモデル化し、ワークスペースのアプリとしてパッケージ化されたレポートおよびダッシュボードを作成できます。Creators connect to data sources, model data, and create reports and dashboards that are packaged as workspace apps. Pro ライセンスを持たないユーザーは、閲覧者ロールを持っている限り、Power BI Premium 容量内のワークスペースにアクセスできます。User without a Pro license can still access a workspace that's in Power BI Premium capacity, as long as they have a Viewer role.

詳細については、Power BI ライセンスに関するページを参照してください。To learn more, see Power BI licensing.

Power BI Premium での Analysis ServicesAnalysis Services in Power BI Premium

内部では、企業で実証済みの Microsoft Analysis Services Vertipaq エンジン によって Power BI Premium ワークスペースとデータセットが強化されます。Under the hood, the enterprise proven Microsoft Analysis Services Vertipaq engine powers Power BI Premium workspaces and datasets. Analysis Services では、オープンスタンダードの XMLA プロトコルをサポートするクライアント ライブラリと API を介して、プログラミング機能やクライアント アプリケーションおよびツールがサポートされます。Analysis Services provides programmability and client application and tool support through client libraries and APIs that support the open-standard XMLA protocol. 既定では、Power BI Premium 容量データセット ワークロードでは、Microsoft およびサードパーティのクライアント アプリケーションおよびツールから XMLA エンドポイント を経由して行う "読み取り専用" 操作がサポートされています。By default, Power BI Premium capacity dataset workloads support read-only operations from Microsoft and third-party client applications and tools through an XMLA endpoint. また、容量管理者は、エンドポイントを経由した "読み取り/書き込み" 操作を無効にすることも、許可することもできます。Capacity admins can also choose to disable or allow read/write operations through the endpoint.

読み取り専用アクセスの場合、SQL Server Management Studio (SSMS) や SQL Server Profiler などの Microsoft のツール、および DAX Studio やデータ視覚化アプリケーションなどのサードパーティ アプリでは、XMLA、DAX、MDX、DMV、および Trace イベントを使用して Premium データセットに接続し、それに対してクエリを実行することができます。With read-only access, Microsoft tools like SQL Server Management Studio (SSMS) and SQL Server Profiler, and third-party apps such as DAX Studio and data visualization applications, can connect to and query Premium datasets by using XMLA, DAX, MDX, DMVs, and Trace events. 読み取り/書き込みアクセスの場合、Visual Studio と Analysis Services プロジェクト拡張機能や、オープン ソースの表形式エディターなどのエンタープライズ データ モデリング ツールで、表形式モデルをデータセットとして Premium ワークスペースに配置できます。With read/write access, enterprise data modeling tools like Visual Studio with Analysis Services projects extension or the open source Tabular Editor can deploy tabular models as a dataset to a Premium workspace. また、SSMS などのツールを使用すると、管理者は表形式モデルのスクリプト言語 (TMSL) を使用して、メタデータの変更や高度なデータ更新のシナリオをスクリプト化することができます。And with tools like SSMS, admins can use Tabular Model Scripting Language (TMSL) to script metadata changes and advanced data refresh scenarios.

詳細については、XMLA エンドポイントを使用したデータセット接続に関するページを参照してください。To learn more, see Dataset connectivity with the XMLA endpoint.

SSMS

次の手順Next steps

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティで質問してみてくださいTry asking the Power BI Community