Power BI で新しいワークスペースを作成するCreate the new workspaces in Power BI

この記事では "クラシック" ワークスペースではなく、"新しいワークスペース" のいずれかを作成する方法について説明します。This article explains how to create one of the new workspaces instead of a classic workspace. どちらの種類のワークスペースも、同僚と共同作業を行う場所です。Both kinds of workspaces are places to collaborate with colleagues. そこで、ダッシュボード、レポート、およびページ分割されたレポートのコレクションを作成します。In them, you create collections of dashboards, reports, and paginated reports. 必要に応じて、そのコレクションを "アプリ" にバンドルし、より広範な対象ユーザーに配布することもできます。If you want, you can also bundle that collection into an app and distribute it to a broader audience. 詳細については、新しいワークスペースに関する記事を参照してください。For more background, see the new workspaces article.

クラシック ワークスペースを移行する場合、Ready to migrate your classic workspace? 詳細については、「Power BI でクラシック ワークスペースを新しいワークスペースにアップグレードする」を参照してください。See Upgrade classic workspaces to the new workspaces in Power BI for details.

注意

ワークスペースでコンテンツを参照する Power BI Pro ユーザーに対して行レベル セキュリティ (RLS) を適用するには、ユーザーにビューアー ロールを割り当てます。To enforce row-level security (RLS) for Power BI Pro users browsing content in a workspace, assign the users the Viewer Role. さまざまなロールの説明については、「新しいワークスペースのロール」を参照してください。See Roles in the new workspaces for an explanation of the different roles.

新しいワークスペースのいずれかを作成するCreate one of the new workspaces

  1. 最初に、ワークスペースを作成します。Start by creating the workspace. [ワークスペース] > [ワークスペースの作成] を選択します。Select Workspaces > Create workspace.

    [ワークスペースの作成] のスクリーンショット。

  2. [クラシックに戻す] を選択しない限り、アップグレードされたワークスペースが自動的に作成されます。You're automatically creating an upgraded workspace, unless you opt to Revert to classic.

    新しいワークスペース エクスペリエンスのスクリーンショット。

    [クラシックに戻す] を選択した場合は、Microsoft 365 グループに基づいてクラシック ワークスペースを作成します。If you select Revert to classic, you create a classic workspace based on a Microsoft 365 group.

  3. ワークスペースに一意の名前を付けます。Give the workspace a unique name. 名前が使用できない場合は、一意の名前になるように編集します。If the name isn't available, edit it to come up with a unique name.

    ワークスペースから作成するアプリには、そのワークスペースと同じ名前とアイコンが設定されます。The app you create from the workspace will have the same name and icon as the workspace.

  4. ワークスペースに対しては次のオプション項目を設定できます。Here are some optional items you can set for your workspace:

  5. [保存] を選択します。Select Save.

    Power BI でワークスペースが作成され、開きます。Power BI creates the workspace and opens it. 自分が所属するワークスペースの一覧が表示されます。You see it in the list of workspaces you’re a member of.

ワークスペースへのアクセスを許可するGive access to your workspace

ワークスペースの管理者ロールを持つすべてのユーザーが、ユーザーを他のロールに追加することでワークスペースへのアクセス権を付与することができます。Anyone who has an admin role in a workspace can give others access to the workspace by adding them to the different roles. ワークスペースの作成者は、自動的に管理者になります。Workspace creators are automatically admins. ロールの説明については、「新しいワークスペースのロール」を参照してください。See Roles in the new workspaces for an explanation of the roles.

  1. 管理者であるため、ワークスペースのコンテンツ一覧ページには [アクセス] が表示されます。Because you're an admin, on the workspace content list page, you see Access.

    ワークスペースのコンテンツ一覧のスクリーンショット。

  2. セキュリティ グループ、配布リスト、Microsoft 365 グループ、または個人を、これらのワークスペースに管理者、メンバー、共同作成者、またはビューアーとして追加します。Add security groups, distribution lists, Microsoft 365 groups, or individuals to these workspaces as admins, members, contributors, or viewers.

    ワークスペースでのメンバー、管理者、共同作成者の追加のスクリーンショット。

  3. [追加] > [閉じる] の順に選択します。Select Add > Close.

ワークスペース OneDrive を設定するSet a workspace OneDrive

ワークスペース OneDrive 機能を使用すると、SharePoint ドキュメント ライブラリ ファイル ストレージをワークスペース ユーザーが使用できる Microsoft 365 グループを構成できます。The Workspace OneDrive feature allows you to configure a Microsoft 365 group whose SharePoint Document Library file storage is available to workspace users. 最初に Power BI の外部にグループを作成します。You create the group outside of Power BI first.

Microsoft 365 グループ メンバーシップを使用してワークスペースにアクセスできるように構成されたユーザーまたはグループのアクセス許可は、Power BI では同期されません。Power BI doesn't synchronize permissions of users or groups who are configured to have workspace access with the Microsoft 365 group membership. ベスト プラクティスは、ファイル ストレージをこの Microsoft 365 グループ設定で構成するのと同じ Microsoft 365 グループに、ワークスペースへのアクセス権を付与することです。The best practice is to give access to the workspace to the same Microsoft 365 group whose file storage you configure in this setting Microsoft 365 group. 次に、Microsoft 365 グループのメンバーシップを管理して、ワークスペースへのアクセスを管理します。Then manage workspace access by managing membership of the Microsoft 365 group.

  1. 新しいワークスペース OneDrive の設定には、次の 2 つの方法のいずれかでアクセスします。Access the new Workspace OneDrive setting in one of two ways:

    最初に作成するときに [ワークスペースの作成] ウィンドウで。In the Create a workspace pane when you first create it.

    ナビ ペインで、 [ワークスペース] の横にある矢印を選択し、ワークスペース名の横にある [その他のオプション] (...) を選択して、 [ワークスペースの設定] を選択します。In the nav pane, select the arrow next to Workspaces, select More options (...) next to the workspace name > Workspace settings. [設定] ウィンドウが開きます。The Settings pane opens.

    ワークスペースの設定のスクリーンショット。

  2. [詳細設定] > [ワークスペース OneDrive] で、前に作成した Microsoft 365 グループの名前を入力します。Under Advanced > Workspace OneDrive, type the name of the Microsoft 365 group that you created earlier. URL ではなく、名前のみを入力してください。Type just the name, not the URL. Power BI によって、グループの OneDrive が自動的に取得されます。Power BI automatically picks up the OneDrive for the group.

    OneDrive の場所の指定のスクリーンショット。

  3. [保存] を選択します。Select Save.

ワークスペースの OneDrive の場所にアクセスするAccess the workspace OneDrive location

OneDrive の場所を構成した後、Power BI サービスの他のデータ ソースにアクセスするのと同じ方法で、そこにアクセスできます。After you've configured the OneDrive location, you get to it in the same way you get to other data sources in the Power BI service.

  1. ナビ ペインで、 [データの取得] を選択して、 [ファイル] ボックスで [取得] を選択します。In the nav pane, select Get Data, then in the Files box select Get.

    [データの取得] でのファイル取得のスクリーンショット。

  2. [OneDrive – Business] エントリは、個人用の OneDrive for Business です。The OneDrive – Business entry is your own personal OneDrive for Business. 2 番目の OneDrive は、追加したものです。The second OneDrive is the one you added.

    ワークスペースのファイルの場所の、[データを取得] スクリーンショット。

連絡先リストを作成するCreate a contact list

ワークスペースで発生している問題に関する通知を受け取るユーザーを指定できます。You can specify which users receive notification about issues occurring in the workspace. 既定では、ワークスペース管理者として指定された任意のユーザーまたはグループに通知されますが、"連絡先リスト" に他のユーザーを追加することができます。By default, any user or group specified as a workspace admin is notified, but you can add others to the contact list. 連絡先リストのユーザーまたはグループはユーザー インターフェイス (UI) に一覧表示され、ユーザーがワークスペースに関連するヘルプを取得するのに役立ちます。Users or groups in the contact list are listed in the user interface (UI) to help users get help related to the workspace.

  1. 新しい [連絡先リスト] の設定にアクセスするには、次の 2 つの方法があります。Access the new Contact list setting in one of two ways:

    最初に作成するときに [ワークスペースの作成] ウィンドウで。In the Create a workspace pane when you first create it.

    ナビ ペインで、 [ワークスペース] の横にある矢印を選択し、ワークスペース名の横にある [その他のオプション] (...) を選択して、 [ワークスペースの設定] を選択します。In the nav pane, select the arrow next to Workspaces, select More options (...) next to the workspace name > Workspace settings. [設定] ウィンドウが開きます。The Settings pane opens.

    ワークスペースの設定のスクリーンショット。

  2. [詳細設定][連絡先リスト] で、既定の [ワークスペース管理者] のままにするか、または [特定のユーザーやグループ] の独自のリストを追加します。Under Advanced, Contact list, accept the default, Workspace admins, or add your own list of Specific users or groups.

    ワークスペースの連絡先のスクリーンショット。

  3. [保存] を選択します。Select Save.

共同作成者にアプリの更新を許可するAllow contributors to update the app

ワークスペース管理者は、 [共同作成者にこのワークスペースのアプリの更新を許可する] 設定を使用して、共同作成者ロールのユーザーにワークスペース用のアプリを更新する機能を委任できます。The Allow contributors to update the app for this workspace setting allows workspace Admins to delegate to users in the Contributor role the ability to update the app for the workspace. 既定では、ワークスペース用のアプリの発行と更新を実行できるのは、ワークスペースの管理者とメンバーだけです。By default, only workspace Admins and Members can publish and update the app for the workspace.

  1. この設定にアクセスするには、ナビゲーション ウィンドウで [ワークスペース] の横にある矢印を選択し、ワークスペース名の横にある [その他のオプション] (...) を選択して、 [ワークスペースの設定] を選択します。To access this setting, in the nav pane, select the arrow next to Workspaces, select More options (...) next to the workspace name > Workspace settings. [設定] ウィンドウが開きます。The Settings pane opens.

    ワークスペースの設定のスクリーンショット。

  2. [詳細設定] で、 [セキュリティ設定] を展開します。Under Advanced, expand Security settings. [共同作成者にこのワークスペースのアプリの更新を許可する] を選択します。Select Allow contributors to update the app for this workspace.

有効にすると、共同作成者は次のことができます。When enabled, contributors can:

  • 名前、アイコン、説明、サポート サイト、色などのアプリのメタデータを更新するUpdate app metadata like name, icon, description, support site, and color
  • アプリに含まれる項目を追加または削除する (レポートやデータセットの追加など)Add or remove items included in the app, like adding reports or datasets
  • アプリが開いたときのアプリのナビゲーションや既定の項目を変更するChange the app navigation or default item the app opens on

ただし、共同作成者は次のことができません。However, contributors can't:

  • アプリを初めて発行するPublish the app for the first time
  • アプリへのアクセス権を所有するユーザーを変更するChange who has permission to the app

新しいワークスペースのアプリApps in the new workspaces

新しいワークスペース エクスペリエンスでは、コンテンツ パックではなく、"アプリ" を作成して使用します。You can create and consume apps the new workspace experiences, instead of content packs. アプリは、サードパーティ サービスおよび組織データに接続するダッシュボード、レポート、およびデータセットのコレクションです。Apps are collections of dashboards, reports, and datasets that connect to third-party services and organizational data. アプリを使用すると、Microsoft Dynamics CRM、Salesforce、Google Analytics などのサービスからデータを簡単に取得できます。Apps make it easy to get data from the services such as Microsoft Dynamics CRM, Salesforce, and Google Analytics.

新しいワークスペース エクスペリエンスでは、組織のコンテンツ パックを作成したり、利用したりすることはできません。In the new workspace experience, you can't create or consume organizational content packs. 内部チームに、現在使用しているコンテンツ パックのアプリを提供するよう依頼してください。Ask your internal teams to provide apps for any content packs you’re currently using.

アプリを配布するDistribute an app

組織内の多くの対象ユーザーに公式コンテンツを配布する場合は、ワークスペースから "アプリ" を発行できます。If you want to distribute official content to a large audience in your organization, you can publish an app from your workspace. コンテンツが用意できたら、発行するダッシュボードやレポートを選択し、それをアプリとして発行します。When your content is ready, you choose which dashboards and reports you want to publish, and publish them as an app. 各ワークスペースから 1 つのアプリを作成できます。You can create one app from each workspace.

新しいワークスペースからアプリを発行する方法については、こちらを参照してください。Read about how to publish an app from the new workspaces.

次の手順Next steps