チュートリアル:Power BI Desktop でのデータの整形と結合Tutorial: Shape and combine data in Power BI Desktop

Power BI Desktop を使用すると、さまざまな種類のデータ ソースに接続し、ニーズに合わせてデータを整形し、他のユーザーと共有できるビジュアル レポートを作成できます。With Power BI Desktop, you can connect to many different types of data sources, then shape the data to meet your needs, enabling you to create visual reports to share with others. データの "整形" とは、データを変換することです。たとえば、列やテーブルの名前を変更したり、テキストを数値に変更したり、行を削除したり、最初の行をヘッダーとして設定したりします。Shaping data means transforming the data: renaming columns or tables, changing text to numbers, removing rows, setting the first row as headers, and so on. データの "結合" とは、複数のデータ ソースに接続して、必要に応じてそれらを整形してから、便利なクエリに統合することを意味します。Combining data means connecting to two or more data sources, shaping them as needed, then consolidating them into a useful query.

このチュートリアルで学習する内容は次のとおりです。In this tutorial, you'll learn how to:

  • クエリ エディターを使用してデータを整形します。Shape data by using Query Editor.
  • さまざまなデータ ソースに接続します。Connect to different data sources.
  • これらのデータ ソースを結合し、レポートで使用するデータ モデルを作成します。Combine those data sources, and create a data model to use in reports.

このチュートリアルでは、最も一般的なタスクに注目しながら、Power BI Desktop を使用したクエリの整形方法を示します。This tutorial demonstrates how to shape a query by using Power BI Desktop, highlighting the most common tasks. ここで使用するクエリは、クエリを最初から作成する方法も含めて、「Power BI Desktop の概要」でより詳しく説明しています。The query used here is described in more detail, including how to create the query from scratch, in Getting Started with Power BI Desktop.

Power BI Desktop のクエリ エディターでは、右クリック メニューと共に [変換] リボンも広く使用します。Query Editor in Power BI Desktop makes ample use of right-click menus, as well as the Transform ribbon. そのリボンで選択できるほとんどの項目は、項目 (列など) を右クリックし、表示されるメニューからクリックして使用することもできます。Most of what you can select in the ribbon is also available by right-clicking an item, such as a column, and choosing from the menu that appears.

データの整形Shape data

クエリ エディターでデータを整形するときは、データを読み込んで表示するときにクエリ エディターで行う調整の手順を指示します。When you shape data in Query Editor, you provide step-by-step instructions for Query Editor to carry out for you to adjust the data as it loads and presents it. 元のデータ ソースが影響を受けることはありません。この特定のデータ表示のみが調整つまり "整形" されます。The original data source isn't affected; only this particular view of the data is adjusted, or shaped.

指定した手順 (テーブル名の変更、データ型の変換、列の削除など) は、クエリ エディターによって記録されます。The steps you specify (such as rename a table, transform a data type, or delete a column) are recorded by Query Editor. このクエリがデータ ソースに接続されるたびに、クエリ エディターによってそれらの手順が実行されて、データは常に指定したとおりに整形されます。Each time this query connects to the data source, Query Editor carries out those steps so that the data is always shaped the way you specify. 自分がクエリ エディターを使用するたび、または別のユーザーが Power BI サービスなどで共有クエリを使用するときに、このプロセスが実行されます。This process occurs whenever you use Query Editor, or for anyone who uses your shared query, such as on the Power BI service. これらの手順は、 [クエリの設定] ウィンドウの [適用される手順] で順番にキャプチャされます。Those steps are captured, sequentially, in the Query Settings pane, under Applied Steps. 以下では、これらの各ステップについて説明します。We’ll go through each of those steps in the next few paragraphs.

[クエリの設定] の [適用したステップ]

Power BI Desktop の概要」の退職後の生活のデータ (Web データ ソースに接続すると入手できます) を使用して、このデータをニーズに合わせて整形しましょう。From Getting Started with Power BI Desktop, let's use the retirement data, which we found by connecting to a web data source, to shape that data to fit our needs. カスタム列を追加して等価の要素であるすべてのデータに基づいてランクを計算し、この列を既存の列 Rank と比較します。We'll add a custom column to calculate rank based on all data being equal factors, and compare this column to the existing column, Rank.

  1. [列の追加] リボンで、 [カスタム列] を選択します。これにより、カスタム列を追加できます。From the Add Column ribbon, select Custom Column, which lets you add a custom column.

    [カスタム列] を選択する

  2. [カスタム列] ウィンドウで、 [新しい列名] に「New Rank」と入力します。In the Custom Column window, in New column name, enter New Rank. [カスタム列の式] に、次のデータを入力します。In Custom column formula, enter the following data:

    ([Cost of living] + [Weather] + [Health care quality] + [Crime] + [Tax] + [Culture] + [Senior] + [#"Well-being"]) / 8
    
  3. ステータス メッセージが "構文エラーが検出されませんでした" であることを確認し、 [OK] を選択します。Make sure the status message is No syntax errors have been detected, and select OK.

    構文エラーのない [カスタム列] ページ

  4. 列のデータの一貫性を保つため、新しい列の値を整数に変換します。To keep column data consistent, transform the new column values to whole numbers. 変更するには、列ヘッダーを右クリックして、 [型の変更] > [整数] の順に選択します。To change them, right-click the column header, and then select Change Type > Whole Number.

    複数の列を選択する必要がある場合、1 つの列を選択し、Shift キーを押したまま追加の隣接する列を選択した後、列ヘッダーを右クリックします。If you need to choose more than one column, select a column, hold down SHIFT, select additional adjacent columns, and then right-click a column header. また、Ctrl キーを使用すると、隣接していない列を選ぶこともできます。You can also use the CTRL key to choose non-adjacent columns.

    整数列のデータを選択する

  5. 列のデータ型を "変換する" には (現在のデータ型を別のデータ型に変換します)、 [変換] リボンから [データ型: テキスト] を選択します。To transform column data types, in which you transform the current data type to another, select Data Type Text from the Transform ribbon.

    [データ型: テキスト] を選択する

  6. [クエリの設定][適用したステップ] の一覧に、データに適用したすべての整形手順が反映されます。In Query Settings, the Applied Steps list reflects any shaping steps applied to the data. 整形プロセスからステップを削除するには、ステップの左側にある [X] を選択します。To remove a step from the shaping process, select the X to the left of the step.

    次の図では、 [適用したステップ] の一覧に、これまでに追加した手順が反映されています。In the following image, the Applied Steps list reflects the added steps so far:

    • [ソース] : Web サイトへの接続。Source: Connecting to the website.

    • [ナビゲーション] : テーブルの選択。Navigation: Selecting the table.

    • [変更された型] : テキスト ベースの数値列を "テキスト" から "整数" に変更。Changed Type: Changing text-based number columns from Text to Whole Number.

    • [追加されたカスタム] : カスタム列の追加。Added Custom: Adding a custom column.

    • [変更された型 1] : 最後に適用されたステップ。Changed Type1: The last applied step.

      [適用したステップ] の一覧

データを調整するAdjust data

このクエリを処理する前に、データにいくつかの変更を行って調整する必要があります。Before we can work with this query, we need to make a few changes to adjust its data:

  • 列を削除してランキングを調整します。Adjust the rankings by removing a column.

    Cost of living をこの結果の要因にしないことを決定しました。We've decided Cost of living is a non-factor in our results. この列を削除しても、データは変更されないことがわかります。After removing this column, we find that the data remains unchanged.

  • いくつかのエラーを修正します。Fix a few errors.

    列を削除したので、New Rank 列の計算を再調整する必要があります。式の変更などが必要です。Because we removed a column, we need to readjust our calculations in the New Rank column, which involves changing a formula.

  • データを並べ替えます。Sort the data.

    New Rank 列と Rank 列に基づいて、データを並べ替えます。Sort the data based on the New Rank and Rank columns.

  • データを置き換えます。Replace the data.

    ここでは、特定の値を置き換える方法と、 [適用したステップ] を挿入する必要性について特に説明します。We'll highlight how to replace a specific value and the need of inserting an Applied Step.

  • テーブル名を変更します。Change the table name.

    Table 0 ではテーブルの記述子として不便なので、名前を変更します。Because Table 0 isn't a useful descriptor for the table, we'll change its name.

  1. Cost of living 列を削除するには、列を選択し、リボンの [ホーム] タブを選択してから、 [列の削除] を選択します。To remove the Cost of living column, select the column, choose the Home tab from the ribbon, and then select Remove Columns.

    [列の削除] を選択する

    New Rank の値が変わっていないことに注意してください。これはステップの順序によるものです。Notice the New Rank values haven't changed, due to the ordering of the steps. クエリ エディターでは手順は順番に記録されますが、互いに独立しているため、順番に並んだ各適用したステップを上下に移動することができます。Because Query Editor records the steps sequentially, yet independently, of each other, you can move each Applied Step up or down in the sequence.

  2. ステップを右クリックします。Right-click a step. 表示されるメニューでは、次のタスクを行うことができます。Query Editor provides a menu that lets you do the following tasks:

    • [名前の変更] : ステップの名前を変更します。Rename; Rename the step.
    • [削除] : ステップを削除します。Delete: Delete the step.
    • [最後まで 削除] : 現在のステップとそれ以降のすべてのステップを削除します。Delete Until End: Remove the current step, and all subsequent steps.
    • [上へ移動] : 一覧のステップを上に移動します。Move Up: Move the step up in the list.
    • [下へ移動] : 一覧のステップを下に移動します。Move Down: Move the step down in the list.
  3. 最後のステップ [削除された列][追加されたカスタム] ステップのすぐ上に移動します。Move up the last step, Removed Columns, to just above the Added Custom step.

    [適用したステップ] でステップを上に移動する

  4. [追加されたカスタム] ステップを選択します。Select the Added Custom step.

    データに "エラー" が表示されていることに注意してください。これに対処する必要があるます。Notice the data now shows Error, which we'll need to address.

    列データのエラー結果

    各エラーに関する詳細を取得する方法はいくつかあります。There are a few ways to get more information about each error. "エラー" という語をクリックせずにセルを選択すると、クエリ エディターによってエラー情報がウィンドウの下部に表示されます。If you select the cell without clicking on the word Error, Query Editor displays the error information on the bottom of the window.

    クエリ エディターでのエラー情報

    "エラー" という単語を選択すると、クエリ エディターによって [クエリの設定] ウィンドウに適用したステップが作成され、エラーに関する情報が表示されます。If you select the word Error directly, Query Editor creates an Applied Step in the Query Settings pane and displays information about the error.

  5. エラーに関する情報を表示する必要はないため、 [キャンセル] を選択ます。Because we don't need to display information about the errors, select Cancel.

  6. エラーを修正するには、New Rank 列を選択し、 [表示] タブで [数式バー] チェック ボックスをオンにして、列のデータ数式を表示します。To fix the errors, select the New Rank column, then display the column's data formula by selecting the Formula Bar checkbox from the View tab.

    [数式バー] を選択する

  7. Cost of living パラメーターを削除し、数式を次のように変更して除数を減らします。Remove the Cost of living parameter and decrement the divisor, by changing the formula as follows:

     Table.AddColumn(#"Removed Columns", "New Rank", each ([Weather] + [Health care quality] + [Crime] + [Tax] + [Culture] + [Senior] + [#"Well-being"]) / 7)
    
  8. 数式ボックスの左側にある緑色のチェックマークをオンにするか、Enter キーを押します。Select the green checkmark to the left of the formula box or press Enter.

クエリ エディターによってデータが変更された値に置き換えられ、 [追加されたカスタム] ステップのエラーがなくなります。Query Editor replaces the data with the revised values and the Added Custom step completes with no errors.

注意

リボンまたは右クリック メニューを使用して [エラーの削除] を選択し、エラーのある行を削除することもできます。You can also select Remove Errors, by using the ribbon or the right-click menu, which removes any rows that have errors. ただし、このチュートリアルでは、データをテーブルに保持することにしたため、この操作を行う必要はありませんでした。However, we didn't want to do so in this tutorial because we wanted to preserve the data in the table.

  1. New Rank 列を基にして、データを並べ替えます。Sort the data based on the New Rank column. まず、最後に適用されたステップ [変更された型 1] を選択して、最新のデータを表示します。First, select the last applied step, Changed Type1 to display the most recent data. 次に、New Rank 列見出しの横にあるドロップダウンを選択し、 [昇順で並べ替え] を選択します。Then, select the drop-down located next to the New Rank column header and select Sort Ascending.

    New Rank 列でデータを並べ替える

    データが、New Rank に従って並べ替えられます。The data is now sorted according to New Rank. ただし、Rank 列を見ると、New Rank の値が同順の場合にデータが正しく並べ替えられていないことがわかります。However, if you look at the Rank column, you'll notice the data isn't sorted properly in cases where the New Rank value is a tie. 次のステップで修正します。We'll fix it in the next step.

  2. データの並べ替えの問題を修正するには、New Rank 列を選択し、数式バーの数式を次のように変更します。To fix the data sorting issue, select the New Rank column and change the formula in the Formula Bar to the following formula:

     = Table.Sort(#"Changed Type1",{{"New Rank", Order.Ascending},{"Rank", Order.Ascending}})
    
  3. 数式ボックスの左側にある緑色のチェックマークをオンにするか、Enter キーを押します。Select the green checkmark to the left of the formula box or press Enter.

    行が、New RankRank の両方に従って並べ替えられました。The rows are now ordered in accordance with both New Rank and Rank. さらに、 [適用される手順] 一覧のどの位置にある手順でも選択でき、順番のその地点からデータの整形を続行できます。In addition, you can select an Applied Step anywhere in the list, and continue shaping the data at that point in the sequence. 新しいステップは、現在選択されている適用したステップの直後に自動的に挿入されます。Query Editor automatically inserts a new step directly after the currently selected Applied Step.

  4. [適用したステップ] で、カスタム列の前のステップを選択します。これは [削除された列] ステップです。In Applied Step, select the step preceding the custom column, which is the Removed Columns step. ここでは、アリゾナ州の Weather ランキングの値を置き換えます。Here we'll replace the value of the Weather ranking in Arizona. アリゾナ州の Weather ランキングが含まれる適切なセルを右クリックし、 [値の置換] を選択します。Right-click the appropriate cell that contains Arizona's Weather ranking, and then select Replace Values. 現在選択されている適用したステップを確認します。Note which Applied Step is currently selected.

    列の [値の置換] を選択する

  5. [挿入] を選択します。Select Insert.

    ステップを挿入しているので、以降の手順によってクエリが中断する危険があることを示す警告が表示されます。Because we're inserting a step, Query Editor warns us about the danger of doing so; subsequent steps could cause the query to break.

    ステップ挿入の検証

  6. データ値を 51 に変更します。Change the data value to 51.

    クエリ エディターにより、アリゾナのデータが置き換えられます。Query Editor replaces the data for Arizona. 新しい適用したステップを作成すると、クエリ エディターにより操作に基づいて名前が付けられます (このケースでは [置き換えられた値] )。When you create a new Applied Step, Query Editor names it based on the action; in this case, Replaced Value. クエリに同じ名前のステップが複数存在する場合、クエリ エディターでは、それらを区別するために、後続の各適用したステップに対して (順番に) 番号が追加されます。If you have more than one step with the same name in your query, Query Editor adds a number (in sequence) to each subsequent Applied Step to differentiate between them.

  7. 最後の適用したステップである [並べ替えられた行] を選択します。Select the last Applied Step, Sorted Rows.

    アリゾナ州の新しいランク付けに関するデータが変更されていることに注意してください。Notice the data has changed regarding Arizona's new ranking. このように変更されるのは、 [置き換えられた値] ステップを適切な位置 ( [追加されたカスタム] ステップの前) に挿入したためです。This change occurs because we inserted the Replaced Value step in the correct location, before the Added Custom step.

  8. 最後に、このテーブルの名前を分かりやすい名前に変更したいと思います。Lastly, we want to change the name of that table to something descriptive. [クエリの設定] ペインの [プロパティ] の下にテーブルの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。In the Query Settings pane, under Properties, enter the new name of the table, and then select Enter. このテーブルには RetirementStats という名前を付けます。Name this table RetirementStats.

    [クエリの設定] でテーブルの名前を変更する

    レポートの作成を始めるときは、分かりやすいテーブル名を付けると役立ちます。特に、複数のデータ ソースに接続し、 [レポート] ビューの [フィールド] ペインにそれらがすべて一覧表示される場合に役立ちます。When we start creating reports, it’s useful to have descriptive table names, especially when we connect to multiple data sources, which are listed in the Fields pane of the Report view.

    これで、データを必要な範囲で整形できました。We’ve now shaped our data to the extent we need to. 次に、別のデータ ソースに接続し、データを結合しましょう。Next let’s connect to another data source, and combine data.

データの結合Combine data

さまざまな州に関するこのデータは興味深く、追加の分析作業とクエリの構築に役立ちます。The data about various states is interesting, and will be useful for building additional analysis efforts and queries. ただし、1 つ問題があります。ここにあるほとんどのデータでは、州コードの 2 文字の省略形を使用し、州の完全名を使用していません。But there’s one problem: most data out there uses a two-letter abbreviation for state codes, not the full name of the state. 何らかの方法により、州名をその省略形に関連付ける必要があります。We need a way to associate state names with their abbreviations.

幸運にも、ぴったりな別の公共データ ソースがあります。しかし、この退職者テーブルに接続する前に、いくらかの整形を行う必要があります。We’re in luck; there’s another public data source that does just that, but it needs a fair amount of shaping before we can connect it to our retirement table. データを整形するには、次の手順のようにします。TO shape the data, follow these steps:

  1. クエリ エディターの [ホーム] リボンで、 [新しいソース] > [Web] を選択します。From the Home ribbon in Query Editor, select New Source > Web.

  2. 州の略称の Web サイトのアドレス https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_U.S._state_abbreviations を入力し、 [接続] を選択します。Enter the address of the website for state abbreviations, https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_U.S._state_abbreviations, and then select Connect.

    [ナビゲーター] に、Web サイトのコンテンツが表示されます。The Navigator displays the content of the website.

    [ナビゲーター] ページ

  3. Codes and abbreviations を選択します。Select Codes and abbreviations.

    ヒント

    このテーブルのデータを必要に応じて整形するには、かなりの時間がかかります。It will take quite a bit of shaping to pare this table’s data down to what we want. 次の手順を、より迅速にまたはより簡単に実行する方法はありますか?Is there a faster or easier way to accomplish the steps below? はい。2 つのテーブル間に リレーションシップ を作成し、そのリレーションシップに基づいてデータを整形するという方法があります。Yes, we could create a relationship between the two tables, and shape the data based on that relationship. 次の手順は、テーブルの操作について学習するのに適しています。ただし、リレーションシップにより、複数のテーブルからのデータをすばやく使用できるようになることを理解してください。The following steps are still good to learn for working with tables; however, relationships can help you quickly use data from multiple tables.

データ整形するには、次の手順のようにします。To get the data into shape, follow these steps:

  1. 先頭の行を削除します。Remove the top row. それは Web ページのテーブルを作成した方法のために作成されたものであり、不要です。Because it's a result of the way that the web page’s table was created, we don’t need it. [ホーム] リボンで、 [行の削減] > [行の削除] > [上位行の削除] を選びます。From the Home ribbon, select Reduce Rows > Remove Rows > Remove Top Rows.

    [上位の行の削除] を選択する

    [上位行の削除] ウィンドウが表示され、削除する行数を指定できます。The Remove Top Rows window appears, letting you specify how many rows you want to remove.

    注意

    Power BI で誤ってテーブル ヘッダーがデータ テーブルの行としてインポートされた場合は、 [ホーム] タブまたはリボンの [変換] タブから [先頭の行を見出しとして使用] を選択してテーブルを修正します。If Power BI accidentally imports the table headers as a row in your data table, you can select Use First Row As Headers from the Home tab, or from the Transform tab in the ribbon, to fix your table.

  2. 下位の 26 行を削除します。Remove the bottom 26 rows. これらの行は米国の準州であり、含める必要はありません。These rows are U.S. territories, which we don’t need to include. [ホーム] リボンで、 [行の削減] > [行の削除] > [下位行の削除] を選びます。From the Home ribbon, select Reduce Rows > Remove Rows > Remove Bottom Rows.

    [下位の行の削除] を選択する

  3. RetirementStats テーブルには Washington DC の情報がないため、一覧からフィルター処理する必要があります。Because the RetirementStats table doesn't have information for Washington DC, we need to filter it from our list. Region Status ドロップダウンを選択し、Federal district の隣にあるチェック ボックスをオフにします。Select the Region Status drop-down, then clear the checkbox beside Federal district.

    Federal district のチェック ボックスをオフにする

  4. 必要のない列をいくつか削除します。Remove a few unneeded columns. 各州と公式の 2 文字の省略形のマッピングのみが必要であるため、次の列は削除できます: Column1Column3Column4Column6 から Column11Because we need only the mapping of each state to its official two-letter abbreviation, we can remove the following columns: Column1, Column3, Column4, and Column6 through Column11. まず Column1 を選択し、Ctrl キー を押したまま削除する他の列をクリックします。First select Column1, then hold down the CTRL key and select each of the other columns to be removed. リボンの [ホーム] タブで、 [列の削除] > [列の削除] を選択します。From the Home tab on the ribbon, select Remove Columns > Remove Columns.

    列を削除する

    注意

    ここで、クエリ エディターにおいて適用される手順の順番は重要であり、データの整形方法に影響を与えることを指摘しておきます。This is a good time to point out that the sequence of applied steps in Query Editor is important, and can affect how the data is shaped. また、1 つの手順がこれ以降の別の手順にどのような影響を与える可能性があるかを検討することも重要です。適用される手順から手順を削除すると、クエリの手順の順番による影響のため、これ以降のステップは最初に意図したとおりに動作しない可能性があります。It’s also important to consider how one step may impact another subsequent step; if you remove a step from the Applied Steps, subsequent steps may not behave as originally intended, because of the impact of the query’s sequence of steps.

    注意

    クエリ エディター ウィンドウのサイズを変更して幅を狭くすると、表示スペースを最大限利用するようにリボン項目の一部が小さくなります。When you resize the Query Editor window to make the width smaller, some ribbon items are condensed to make the best use of visible space. クエリ エディター ウィンドウの幅を広げると、広くなったリボン領域を最大限活用するようにリボン項目が拡大されます。When you increase the width of the Query Editor window, the ribbon items expand to make the most use of the increased ribbon area.

  5. 列とテーブルの名前を変更します。Rename the columns and the table. 列の名前を変更するには、いくつかの方法があります。まず、列を選択し、リボンの [変換] タブで [名前の変更] を選択するか、右クリックして [名前の変更] を選択します。There are a few ways to rename a column: First, select the column, then either select Rename from the Transform tab on the ribbon, or right-click and select Rename. 次の図では両方のオプションに矢印が付いていますが、選択するのは一方だけです。The following image has arrows pointing to both options; you only need to choose one.

    クエリ エディターで列の名前を変更する

  6. 列の名前を、State Name および State Code に変更します。Rename the columns to State Name and State Code. テーブルの名前を変更するには、 [クエリの設定] ペインの [名前] に入力します。To rename the table, enter the Name in the Query Settings pane. このテーブルの名前は StateCodes にします。Name this table StateCodes.

クエリを結合するCombine queries

StateCodes テーブルを希望どおりに整形したので、これら 2 つのテーブルつまりクエリを 1 つに結合してみましょう。Now that we’ve shaped the StateCodes table the way we want, let’s combine these two tables, or queries, into one. 現在のテーブルはデータに適用したクエリの結果であるため、多くの場合、"クエリ" と呼ばれます。Because the tables we now have are a result of the queries we applied to the data, they’re often referred to as queries.

クエリの結合には、"マージ" と "追加" という主な 2 つの方法があります。There are two primary ways of combining queries: merging and appending.

  • 別のクエリに追加する 1 つ以上の列がある場合は、クエリを マージ します。When you have one or more columns that you’d like to add to another query, you merge the queries.
  • 既存のクエリに追加するデータの追加の行がある場合は、クエリを 追加 します。When you have additional rows of data that you’d like to add to an existing query, you append the query.

ここではクエリをマージします。In this case, we want to merge the queries. これを行うには、次の手順に従います。To do so, follow these steps:

  1. クエリ エディターの左側のペインで、他のクエリを "その中に" マージするクエリを選択します。From the left pane of Query Editor, select the query into which you want the other query to merge. この例では RetirementStats です。In this case, it's RetirementStats.

  2. リボンの [ホーム] タブから [結合] > [クエリのマージ] を選択します。Select Combine > Merge Queries from the Home tab on the ribbon.

    [クエリのマージ] を選択する

    転送対象外のデータを含めたり転送したりせずにデータを結合するため、プライバシー レベルを設定するように求められます。You may be prompted to set the privacy levels, to ensure the data is combined without including or transferring data you don't want transferred.

    [マージ] ウィンドウが表示されます。The Merge window appears. 選択したテーブルにマージするテーブルの選択と、マージに使用する一致する列の選択を求めるメッセージが表示されます。It prompts you to select which table you'd like merged into the selected table, and the matching columns to use for the merge.

  3. RetirementStats テーブルから State を選択し、StateCodes クエリを選択します。Select State from the RetirementStats table, then select the StateCodes query.

    一致する正しい列を選択すると、 [OK] ボタンが有効になります。When you select the correct matching columns, the OK button is enabled.

    [マージ] ウィンドウ

  4. [OK] を選択します。Select OK.

    クエリ エディターで、クエリの末尾に NewColumn 列が作成されます。この列には、既存のクエリとマージされたテーブル (クエリ) の内容が格納されます。Query Editor creates a NewColumn column at the end of the query, which contains the contents of the table (query) that was merged with the existing query. マージされたクエリのすべての列が NewColumn に凝縮されますが、テーブルを [展開] し、必要な列をどれでも含めることができます。All columns from the merged query are condensed into the NewColumn column, but you can Expand the table and include whichever columns you want.

    NewColumn 列

  5. マージされたテーブルを展開して含める列を選択するには、展開アイコンを選択します (To expand the merged table, and select which columns to include, select the expand icon (展開アイコン)。).

    [展開] ウィンドウが表示されます。The Expand window appears.

    クエリ内の NewColumn

  6. この例では、State Code 列のみが必要です。In this case, we want only the State Code column. その列を選択し、 [元の列名をプレフィックスとして使用します] をオフにして、 [OK] を選択します。Select that column, clear Use original column name as prefix, and then select OK.

    [元の列名をプレフィックスとして使用します] チェック ボックスをオンのままにした場合は、マージされた列の名前が NewColumn.State Code になります。If we had left the checkbox selected for Use original column name as prefix, the merged column would be named NewColumn.State Code.

    注意

    NewColumn テーブルを取り込む方法を調べてみたいですか。Want to explore how to bring in the NewColumn table? 少し実験してみてください。結果に満足できない場合は、 [クエリの設定] ウィンドウの [適用される手順] の一覧からその手順を削除してください。クエリは、 [展開] の手順を適用する前の状態に戻ります。You can experiment a bit, and if you don’t like the results, just delete that step from the Applied Steps list in the Query Settings pane; your query returns to the state prior to applying that Expand step. 展開プロセスが希望どおりになるまで、何回でも好きなだけ実行できます。You can do this as many times as you like until the expand process looks the way you want it.

    2 つのデータ ソースを結合した 1 つのクエリ (テーブル) ができました。それぞれがニーズに合わせて整形されています。We now have a single query (table) that combines two data sources, each of which has been shaped to meet our needs. このクエリは、いずれかの州の住宅費の統計、人口統計、または求人情報など、その他の多くの興味深いデータ接続の基礎となっています。This query can serve as a basis for many additional and interesting data connections, such as housing cost statistics, demographics, or job opportunities in any state.

  7. 変更を適用し、クエリ エディターを閉じるには、 [ホーム] リボン タブから [閉じて適用] を選択します。To apply your changes and close Query Editor, select Close & Apply from the Home ribbon tab.

    変換されたデータセットが Power BI Desktop に表示されます。レポートの作成に利用できます。The transformed dataset appears in Power BI Desktop, ready to be used for creating reports.

    [閉じて適用] を選択する

次の手順Next steps

Power BI Desktop とその機能について詳しくは、次のリソースを参照してください。For more information on Power BI Desktop and its capabilities, see the following resources: