Power BI Desktop でのデータの整形と結合Shape and combine data in Power BI Desktop

Power BI Desktop を使用すると、さまざまな種類のデータ ソースに接続してから、ニーズに合わせてデータを整形できます。With Power BI Desktop, you can connect to many different types of data sources, then shape the data to meet your needs. データの 整形 とは、データを変換することです。たとえば、列やテーブルの名前を変更したり、テキストを数値に変更したり、行を削除したり、最初の行をヘッダーとして設定したりします。Shaping data means transforming the data – such as renaming columns or tables, changing text to numbers, removing rows, setting the first row as headers, and so on. データの 結合 とは、複数のデータ ソースに接続して、必要に応じてそれらを整形してから、1 つの便利なクエリに統合することを意味します。Combining data means connecting to two or more data sources, shaping them as needed, then consolidating them into one useful query.

このドキュメントでは、いくつかの最も一般的なタスクに注目しながら、Power BI Desktop を使用したクエリの整形方法を示します。This document demonstrates how to shape a query using Power BI Desktop, highlighting some of the most common tasks. ここで使用するクエリは、クエリを最初から作成する方法も含めて、「Power BI Desktop の概要」でより詳しく説明しています。The query used here is described in more detail, including how to create the query from scratch, in Getting Started with Power BI Desktop.

Power BI Desktop の クエリ エディター では、リボンだけでなく右クリック メニューも広く使用することを知っておくと便利です。It’s useful to know that the Query Editor in Power BI Desktop makes ample use of right-click menus, as well as the ribbon. [変換] リボンで選択できるほとんどの項目は、(列などの) 項目を右クリックし、表示されるメニューからクリックして使用することもできます。Most of what you can select in the Transform ribbon is also available by right-clicking an item (such as a column) and choosing from the menu that appears.

データの整形Shape data

クエリ エディターでデータを整形する際は、(クエリ エディターが行う) 手順ごとの指示を与えて、クエリ エディターが読み込んで表示するデータを調整します。When you shape data in the Query Editor, you’re providing step-by-step instructions (that Query Editor carries out for you) to adjust the data as Query Editor loads and presents it. 元のデータ ソースに影響は及びません。この特定のデータ表示のみが調整または 整形 されます。The original data source is not affected; only this particular view of the data is adjusted, or shaped.

指定する手順 (テーブル名の変更、データ型の変換、または列の削除など) はクエリ エディターによって記録され、このクエリ エディターがデータ ソースに接続するたびにこれらの手順が実行されます。そうすることで、データは常に指定されたとおりに整形されます。The steps you specify (such as rename a table, transform a data type, or delete columns) are recorded by Query Editor, and each time this query connects to the data source those steps are carried out so that the data is always shaped the way you specify. 自分が Power BI Desktop でクエリ エディター機能を使用するたびに、あるいは別のユーザーが Power BI サービスなどで共有クエリを使用する場合に、このプロセスが実行されます。This process occurs whenever you use the Query Editor feature of Power BI Desktop, or for anyone who uses your shared query, such as on the Power BI service. これらの手順は、[クエリの設定] ウィンドウの [適用される手順] で順番にキャプチャされます。Those steps are captured, sequentially, in the Query Settings pane under Applied Steps.

次の図は、整形されたクエリを表示した [クエリの設定] ウィンドウを示しています。これらの各手順については、以降のいくつかの段落で説明します。The following image shows the Query Settings pane for a query that has been shaped – we’ll go through each of those steps in the next few paragraphs.

Power BI Desktop の概要」の退職後の生活のデータ (Web データ ソースに接続すると入手できます) を使って、このデータをニーズに合わせて整形しましょう。Using the retirement data from Getting Started with Power BI Desktop, which we found by connecting to a Web data source, let’s shape that data to fit our needs.

クエリ エディターがテーブルを読み込んだとき、テキストから数値に自動的に変換されなかった列が 1 つあったので、まずはこれを数値に変換する必要があります。For starters, one column's scores were not automatically transformed from text to numbers when Query Editor loaded the table, and we need them to be numbers. 列ヘッダーを右クリックして [型の変更] > [整数] の順に選ぶだけで変更できるので、心配は不要です。No problem – just right-click the column header, and select Change Type > Whole Number to change them. 複数の列を選ぶには、まず 1 つの列を選んでから、Shift キーを押したまま追加の隣接する列を選びます。その後、列ヘッダーを右クリックして選んだ列をすべて変更します。To choose more than one column, first select a column then hold down SHIFT, select additional adjacent columns, and then right-click a column header to change all selected columns. また、Ctrl キーを使用すると、隣接していない列を選ぶこともできます。You can also use the CTRL key to choose non-adjacent columns.

さらに、 [変換] リボンで、列をテキストからヘッダーに 変換 することもできます。You can also transform those columns from text to header from the Transform ribbon. [変換] リボンを次に示します。矢印は、現在のデータ型を別のデータ型に変換する [データ型] ボタンを指しています。Here’s the Transform ribbon, with an arrow pointing toward the Data Type button, which lets you transform the current data type to another.

データに適用されたすべての整形手順が [クエリの設定][適用される手順] に反映されていることにご注意ください。Note that in Query Settings, the Applied Steps reflect any shaping steps applied to the data. 整形プロセスからいずれかの手順を削除する場合は、手順の左側にある "X” を選びます。If I want to remove any step from the shaping process, I simply select the X to the left of the step. 次の図の [適用される手順] には、これまでの手順が反映されています。すなわち、Web サイトへの接続 ( ソース )、テーブルの選択 ( ナビゲーション )、およびテーブルの読み込み中にテキスト ベースの数値型の列がクエリ エディターによって テキスト型 から 整数型 に自動的に変更されたこと ( 型の変更 ) です。In the following image, Applied Steps reflects the steps so far: connecting to the website (Source); selecting the table (Navigation); and while loading the table, Query Editor automatically changed text-based number columns from Text to Whole Number (Changed Type). 順位付けの 1 つの列が自動的に数値ベースの型に変更されなかったので、その理由を次のいくつかの段落で確認します。One column of rankings was not automatically changed to a number-based type, and we'll find out why in the next few paragraphs.

このクエリを処理する前に、データにいくつかの変更を加えて、処理可能な状態にする必要があります。Before we can work with this query, we need to make a few changes to get its data where we want it:

  • 最初の列を削除する – この列は不要です。[お住まいの州の退職後の生活ランキングをチェック] という冗長な行が含まれているに過ぎません。これは、このデータ ソースが Web ベースのテーブルであることに伴う結果です。Remove the first column – we don’t need it, it just includes redundant rows that say “Check out how your state ranks for retirement” which is an artifact of this data source being a Web-based table
  • いくつかのエラーを修正する[医療品質] という列では、州のランクにいくつかの同順位が含まれています。これは、Web サイトでは番号の後に (同順位) というテキストが付いて記載されていました。Fix a few Errors – one of the columns, Health care quality, contains a few ties in states' rankings, which was noted on the website by having the text (tie) after their numbers. Web サイトでは適切に機能していますが、この列をテキスト型からデータ型に手動で変換する必要があります。That works well on the website, but it requires that we transform the column from text to data manually. Power BI Desktop を使えばこれを簡単に修正できます。そうすることで、クエリの [適用される手順] の優れた機能が実証されます。It's easy to fix this using Power BI Desktop, and doing so demonstrates a cool feature of Applied Steps in Query
  • テーブル名を変更するTable 0 は役立つ記述子ではありませんが、それを変更することは簡単です。Change the Table Name – that Table 0 is not a useful descriptor, but changing it simple

最初の列を削除するには、列を選んでからリボンの [ホーム] タブを選びます。その後、次の図に示すように、[列の削除] を選びます。To remove the first column, simply select the column and choose the Home tab from the ribbon, then Remove Columns as shown in the following figure.

次に、テキスト列を数値に変換する必要があります。Next we need to address the text column, and transform it into numbers. [医療品質] 列の型をテキスト型から数値型 ( 整数型 または 10 進数型 ) に変更するだけなので、最初は単純に見えます。At first it seems straightforward, that we can just change the type of the Health care quality column from text to number (such as Whole Number, or Decimal Number). しかし、テキスト型から整数型に変更するとき、その列の値をよく見てください。クエリ エディターがいくつかのエラーを報告していることが分かります。But when we change the type from Text to Whole Number, then look through the values in that column, we find that Query Editor reports a few errors.

各エラーに関する詳細を取得する方法はいくつかあります。There are a few ways to get more information about each error. (" エラー” という語をクリックせずに) セルを選択するか、" エラー ” という語を直接クリックできます。You can select the cell (without clicking on the word Error), or click the word Error directly. " エラー ” という語を直接クリック せずにセルを選択すると、クエリ エディターによってエラー情報がウィンドウの下部に表示されます。If you select the cell without clicking directly on the word Error, Query Editor displays the error information on the bottom of the window.

" エラー ” という語を直接クリックすると、クエリによって [クエリの設定] ウィンドウに [適用される手順] が作成され、エラーに関する情報が表示されます。If you click the word Error directly, Query creates an Applied Step in the Query Settings pane and displays information about the error.

クエリ エディターに戻るには、手順の隣にある " X ” をクリックしてその手順を削除する必要があります。To get back to the Query Editor, you have to remove that step by selecting the X next to it.

最新の [適用される手順]を選択すると、次の図のように、上記で説明したエラーが表示されます。When we select the most recent Applied Step, we see the error just described, as shown in the following image.

クエリ エディターは手順を順番に記録するため、 [適用される手順]で型を変更する前の手順を選択すると、次の図のように、変換前のそのセルの値を確認できます。Since Query Editor records steps sequentially, we can select the step prior to changing the type, in Applied Steps, and see what the value of that cell is prior to the transformation, as shown in the following image.

では、これらの値を修正して から 、型を変更します。Okay, now we can fix those values, and then change the type. クエリ エディターは手順を順番に記録しますが、互いに独立しているため、順番に並んだそれぞれの適用される手順を上下に移動することができます。Since Query Editor records the steps sequentially, yet independently of each other, you can move each Applied Step up or down in the sequence. いずれかの手順を右クリックすると、適用可能な操作のメニューが表示されます: 名前の変更削除最後まで削除 (現在の手順とそれ以降の手順もすべて削除する)、上へ移動、または下へ移動Just right-click any step, and Query Editor provides a menu that lets you do the following: Rename, Delete, Delete Until End (remove the current step, and all subsequent steps too), Move Up, or Move Down.

さらに、 [適用される手順] 一覧のどの位置にある手順でも選択でき、順番のその地点からデータの整形を続行できます。In addition, you can select an Applied Step anywhere in the list, and continue shaping the data at that point in the sequence. 新しい手順は、現在選択されている 適用される手順の直後に自動的に挿入されます。Query Editor will automatically insert a new step directly after the currently selected Applied Step. 試しに実行してみましょう。Let's give that a try.

最初に、 [適用される手順] で、 [医療品質] 列の型を変更する手順の直前にある手順をクリックします。First, we select the Applied Step prior to changing the type of the Health care quality column. 次に、セルに "(同順位)" というテキストがある値を、数値のみが残るように置き換えます。Then we replace the values that have the text "(tie)" in the cell so that only the number remains. "35 (同順位)" を含むセルを右クリックしてから、表示されるメニューで [値の置換...] をクリックします。Right-click the cell that contains "35 (tie)" and select Replace Values... from the menu that appears. [適用される手順] でどの手順が現在選択されているか (型の変更の前の手順) に注意してください。Note which Applied Step is currently selected (the step prior to changing the type).

手順を挿入しているので、これ以降の手順によってクエリ エディターが中断する危険があることを示す警告が表示されます。Since we're inserting a step, Query Editor warns us about the danger of doing so - subsequent steps could cause the query to break. 注意して慎重に操作する必要があります。We need to be careful, and thoughtful! これは、手順の作成、削除、挿入、および順序の変更の方法を示してクエリ エディターの非常に優れた機能を強調するためのチュートリアルなので、このまま先に進んで [挿入]を選択します。Since this is a tutorial, and we're highlighting a really cool feature of Query Editor to demonstrate how you can create, delete, insert, and reorder steps, we'll push ahead and select Insert.

同順位が 3 つあるため、それぞれの値を置き換えます。There are three ties, so we replace the values for each. 適用される手順を新規作成すると、クエリ エディターは操作に基づいて手順に名前を付けます。このケースでは "置換された値” です。When you create a new Applied Step, Query Editor names it based on the action - in this case, Replaced Value. クエリに同じ名前の手順が複数存在する場合、クエリ エディターは、それらを区別するために、後続の適用される手順のそれぞれに対して (順番に) 番号を追加します。When you have more than one step with the same name in your query, Query Editor adds a number (in sequence) to each subsequent Applied Step to differentiate between them.

次の図は、 [クエリの設定] における 3 つの " 置換された値 " 手順を示していますが、より興味深いことも示しています。 [医療品質] 列からテキスト "(同順位)" の各インスタンスを削除したので、 型の変更 手順が エラーなし で完了しているということです。The following screen shows the three Replaced Value steps in Query Settings, but it also shows something else that's even more interesting: since we removed each instance of the text "(tie)" from the Health care quality column, the Changed Type step now completes with no errors.

注意

エラーの削除も行えます (リボンまたは右クリック メニューを使用します)。これにより、エラーを含む行がすべて削除されます。You can also Remove Errors (using the ribbon or the right-click menu), which removes any rows that have errors. このケースでは、データから "(同順位)" を含む州がすべて削除されることになりますが、それは意図する処理ではありません。希望する処理は、すべての州をテーブルに保持することです。In this case it would’ve removed all the states that had "(tie)" from our data, and we didn’t want to do that – we like all the states, and want to keep them in the table.

さて、少し深入りしましたが、これはクエリ エディターがいかに強力で多目的に使えるかを示す良い一例でした。Okay that was a little involved, but it was a good example of how powerful and versatile Query Editor can be.

最後に、このテーブルの名前を分かりやすい名前に変更したいと思います。Lastly, we want to change the name of that table to something descriptive. レポートを作成することになった場合は、分かりやすいテーブル名を付けると特に役立ちます。とりわけ、複数のデータ ソースに接続し、レポート ビューの [フィールド] ウィンドウにそれらがすべて一覧表示される場合に役立ちます。When we get to creating reports, it’s especially useful to have descriptive table names, especially when we connect to multiple data sources, and they’re all listed in the Fields pane of the Report view.

テーブル名の変更は簡単です。次の図のように、[クエリの設定] ウィンドウの [プロパティ] で、テーブルの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。Changing the table name is easy: in the Query Settings pane, under Properties, simply type in the new name of the table, as shown in the following image, and hit Enter. このテーブルの名前を RetirementStats としましょう。Let’s call this table RetirementStats.

これで、データを必要な範囲まで整形しました。Okay, we’ve shaped that data to the extent we need to. 次に、別のデータ ソースに接続し、データを結合しましょう。Next let’s connect to another data source, and combine data.

データの結合Combine data

さまざまな州に関するこのデータは興味深く、追加の分析作業とクエリの構築に役立ちます。That data about various states is interesting, and will be useful for building additional analysis efforts and queries. ただし、1 つ問題があります。ここにあるほとんどのデータでは、州コードの 2 文字の省略形を使用し、州の完全名を使用していません。But there’s one problem: most data out there uses a two-letter abbreviation for state codes, not the full name of the state. 何らかの方法により、州名をその省略形に関連付ける必要があります。We need some way to associate state names with their abbreviations.

幸運にも、ぴったりな別の公共データ ソースがあります。しかし、この退職者テーブルに接続する前に、いくらかの整形を行う必要があります。We’re in luck: there’s another public data source that does just that, but it needs a fair amount of shaping before we can connect it to our retirement table. 州の省略形の Web リソースを次に示します。Here’s the Web resource for state abbreviations:

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_U.S._state_abbreviationshttp://en.wikipedia.org/wiki/List_of_U.S._state_abbreviations

クエリ エディターの [ホーム] リボンで、[新しいソース] > [Web] の順に選び、アドレスを入力して [OK] を選びます。その Web ページの内容がナビゲーターに表示されます。From the Home ribbon in Query Editor, we select New Source > Web and type the address, select OK, and the Navigator shows what it found on that Web page.

ここでは "Table[edit]” を選びました。このテーブルには必要なデータが含まれているためです。しかし、テーブルのデータから余分なものを省いて、必要なものにするにはかなりの作業が必要です。We select Table[edit] because that includes the data we want, but it’s going to take quite a bit of shaping to pare that table’s data down to what we want.

ヒント

次の手順を、より迅速にまたはより簡単に実行する方法はありますか?Is there a faster or easier way to accomplish the steps below? はい。2 つのテーブル間に リレーションシップ を作成し、そのリレーションシップに基づいてデータを整形するという方法があります。Yes, we could create a relationship between the two tables, and shape the data based on that relationship. 次の手順は、テーブルの操作について学習するのに適しています。リレーションシップにより、複数のテーブルからのデータをすばやく使用できるようになることを理解してください。The following steps are still good to learn for working with tables, just know that relationships can help you quickly use data from multiple tables.

このデータを整形するには、次の手順を実行します。To get this data into shape, we take the following steps:

  • 先頭の 2 行を削除する – これらは Web ページのテーブルを作成した方法のために生じたものであり、不要です。Remove the top two rows – they’re a result of the way that Web page’s table was created, and we don’t need them. [ホーム] リボンで、[行の削減] > [行の削除] > [上位行の削除] を選びます。From the Home ribbon, select Reduce Rows > Remove Rows > Remove Top Rows.

[上位行の削除] ウィンドウが表示され、削除する行数を指定できます。The Remove Top Rows window appears, letting you specify how many rows you want to remove.

  • 末尾の 26 行を削除する – これらはすべて準州であり、含める必要はありません。Remove the bottom 26 rows – they’re all the territories, which we don’t need to include. [ホーム] リボンで、[行の削減] > [行の削除] > [下位行の削除] を選びます。From the Home ribbon, select Reduce Rows > Remove Rows > Remove Bottom Rows.

  • RetirementStats テーブルには Washington DC の情報がないため、一覧からフィルター処理する必要があります。Since the RetirementStats table doesn't have information for Washington DC, we need to filter it from our list. [地域ステータス] 列の隣にあるドロップダウン矢印を選択し、 [連邦地区]の隣にあるチェックボックスの選択を解除します。Select the drop-down arrow beside the Region Status column, then clear the checkbox beside Federal district.

  • いくつかの不要な列を削除する – 州と公式の 2 文字の省略形のマッピングのみが必要であるため、 [列 2][列 3]、および [列 5][列 10]は削除できます。Remove a few unneeded columns – we only need the mapping of state to its official two-letter abbreviation, so we can remove the following columns: Column2, Column3, and then Column5 through Column10. まず [列 2] を選択してから、 Ctrl キー を押したまま削除する他の列をクリックします (これにより、複数の連続していない列を選択できます)。First select Column2, then hold down the CTRL key and select the other columns to be removed (this lets you select multiple, non-contiguous columns). リボンの [ホーム] タブで、[列の削除] > [列の削除] を選びます。From the Home tab on the ribbon, select Remove Columns > Remove Columns.

  • 最初の行をヘッダーとして使用する – 先頭の 3 行を削除したため、現在の先頭の行が必要なヘッダーになります。Use the first row as headers – since we removed the top three rows, the current top row is the header we want. リボンの [ホーム] タブまたは [変換] タブで、 [最初の行をヘッダーとして使用する] を選択します。You can select Use First Row As Headers from the Home tab, or from the Transform tab in the ribbon.

注意

ここで、クエリ エディターにおいて適用される手順の順番は重要であり、データの整形方法に影響を与えることを指摘しておきます。This is a good time to point out that the sequence of applied steps in Query Editor is important, and can affect how the data is shaped. また、1 つの手順がこれ以降の別の手順にどのような影響を与える可能性があるかを検討することも重要です。適用される手順から手順を削除すると、クエリの手順の順番による影響のため、これ以降のステップは最初に意図したとおりに動作しない可能性があります。It’s also important to consider how one step may impact another subsequent step; if you remove a step from the Applied Steps, subsequent steps may not behave as originally intended, because of the impact of the query’s sequence of steps.

注意

クエリ エディター ウィンドウのサイズを変更して幅を狭くすると、表示スペースを最大限利用するようにリボン項目の一部が小さくなります。When you resize the Query Editor window to make the width smaller, some ribbon items are condensed to make the best use of visible space. クエリ エディター ウィンドウの幅を広げると、広くなったリボン領域を最大限活用するようにリボン項目が拡大されます。When you increase the width of the Query Editor window, the ribbon items expand to make the most use of the increased ribbon area.

  • 列およびテーブル自体の名前を変更する – 通常どおり、列の名前を変更するには 2 つの方法があります。まず列を選んでからリボンの [変換] タブで [名前の変更] を選ぶか、右クリックしてから表示されるメニューで [名前の変更...]Rename the columns, and the table itself – as usual, there are a few ways to rename a column; first select the column, then either select Rename from the Transform tab on the ribbon, or right-click and select Rename… を選びます。from the menu that appears. 次の図では両方のオプションに矢印が付いていますが、選択するのは一方だけです。The following image has arrows pointing to both options; you only need to choose one.

名前を " 州名 ” と " 州コード ” に変更します。Let’s rename them to State Name and State Code. テーブルの名前を変更するには、 [クエリの設定] ウィンドウの [名前] ボックスに名前を入力します。To rename the table, just type the name into the Name box in the Query Settings pane. このテーブルの名前を " StateCodes ” としましょう。Let’s call this table StateCodes.

StateCodes テーブルを希望どおりに整形したので、これらの 2 つのテーブルまたはクエリを 1 つに結合します。現在あるテーブルはデータに適用したクエリの結果であるため、"クエリ" と呼ばれることがあります。Now that we’ve shaped the StateCodes table the way we want, let’s combine these two tables, or queries, into one; since the tables we now have are a result of the queries we applied to the data, they’re often referred to as queries.

クエリの結合には、 マージ追加 という主な 2 つの方法があります。There are two primary ways of combining queries – merging and appending.

別のクエリに追加する 1 つ以上の列がある場合は、クエリを マージ します。When you have one or more columns that you’d like to add to another query, you merge the queries. 既存のクエリに追加するデータの追加の行がある場合は、クエリを 追加 します。When you have additional rows of data that you’d like to add to an existing query, you append the query.

ここではクエリをマージします。In this case we want to merge queries. 最初に、クエリ エディターの左ウィンドウから、 他のクエリとマージする クエリを選びます。この場合、「 RetirementStats 」です。To get started, from the left pane of Query Editor we select the query into which we want the other query to merge, which in this case is RetirementStats. 次に、リボンの [ホーム] タブから [結合] > [クエリの結合] を選びます。Then select Combine > Merge Queries from the Home tab on the ribbon.

転送対象外のデータを含めたり転送したりせずにデータを結合するため、プライバシー レベルを設定するように求められます。You may be prompted to set the privacy levels, to ensure the data is combined without including or transferring data you didn't want transferred.

次に、[マージ] ウィンドウが表示されて、選んだテーブルにマージするテーブルを選んでから、マージに使用する一致する列を選ぶよう求めるメッセージが表示されます。Next the Merge window appears, prompting us to select which table we’d like merged into the selected table, and then, the matching columns to use for the merge. RetirementStats テーブル (クエリ) から州を選びます。次に、StateCodes クエリを選びます (この場合は、他のクエリが 1 つのみであるため簡単です。多数のデータ ソースに接続する場合、選択対象のクエリが多数になります)。Select State from the RetirementStats table (query), then select the StateCodes query (easy in this case, since there’s only one other query – when you connect to many data sources, there are many queries to choose from). 一致する列を正しく選ぶと (RetirementStats[州]StateCodes[州名])、[マージ] ウィンドウは次のようになり、[OK] ボタンが有効になります。When we select the correct matching columns – State from RetirementStats, and State Name from StateCodes – the Merge window looks like the following, and the OK button is enabled.

クエリの末尾に NewColumn が作成されます。これは、既存のクエリとマージされたテーブル (クエリ) のコンテンツです。A NewColumn is created at the end of the query, which is the contents of the table (query) that was merged with the existing query. マージされたクエリのすべての列が NewColumn に凝縮されますが、テーブルの [展開] を選ぶと、必要な列をどれでも含めることができます。All columns from the merged query are condensed into the NewColumn, but you can select to Expand the table, and include whichever columns you want.

マージされたテーブルを展開して含める列を選ぶには、展開アイコンを選びます (展開)。To Expand the merged table, and select which columns to include, select the expand icon (Expand). [展開] ウィンドウが表示されます。The Expand window appears.

このケースでは、[州コード] 列のみが必要であるため、この列のみを選んで [OK] を選びます。In this case, we only want the State Code column, so we select only that column and then select OK. [元の列名をプレフィックスとして使用する] のチェックボックスは、不要なためチェックを外します。選んだままにすると、マージされた列の名前は NewColumn.州コード (元の列名、または NewColumn とドットの後にクエリに含める列の名前を続けたもの) になります。We clear the checkbox from Use original column name as prefix because we don’t need or want that; if we leave that selected, the merged column would be named NewColumn.State Code (the original column name, or NewColumn, then a dot, then the name of the column being brought into the query).

注意

NewColumn テーブルの導入操作を試してみることができます。Want to play around with how to bring in that NewColumn table? 少し実験してみてください。結果に満足できない場合は、[クエリの設定] ウィンドウの [適用される手順] の一覧からその手順を削除してください。クエリは、[展開] の手順を適用する前の状態に戻ります。You can experiment a bit, and if you don’t like the results, just delete that step from the Applied Steps list in the Query Settings pane; your query returns to the state prior to applying that Expand step. これは、展開プロセスが希望どおりになるまで何回でも好きなだけ実行できる無料のやり直しのようなものです。It’s like a free do-over, which you can do as many times as you like until the expand process looks the way you want it.

2 つのデータ ソースを結合した 1 つのクエリ (テーブル) ができました。それぞれがニーズに合わせて整形されています。We now have a single query (table) that combined two data sources, each of which has been shaped to meet our needs. このクエリは、いずれかの州の住宅費の統計、人口統計、または求人情報など、その他の多くの興味深いデータ接続の基礎となっています。This query can serve as a basis for lots of additional, interesting data connections – such as housing cost statistics, demographics, or job opportunities in any state.

変更を適用し、クエリ エディターを閉じるには、[ホーム] リボン タブから [閉じて適用する] を選びます。変換されたデータセットが Power BI Desktop に表示されます。レポートの作成に利用できます。To apply changes and close Query Editor, select Close & Apply from the Home ribbon tab. The transformed dataset appears in Power BI Desktop, ready to be used for creating reports.

次の手順Next steps

Power BI Desktop を使用すると、さまざまなことを行えます。There are all sorts of things you can do with Power BI Desktop. そのような機能について詳しくは、次のリソースをご覧ください。For more information on its capabilities, check out the following resources: