Power BI でテンプレート コンテンツ パックを作成するAuthor template content packs in Power BI

Power BI Desktop と PowerBI.com を使用するテンプレート コンテンツ パックをオーサリングします。コンテンツ パックには 4 つのコンポーネントがあります。Authoring a template content pack uses the Power BI Desktop and PowerBI.com. There are four components to your content pack:

既存の Power BI 機能など、各部分について精通しているかもしれません。You may be familiar with each piece as existing Power BI features. コンテンツ パックを構築する場合に、各側面について考慮すべき追加事項があるなら、詳細については以下の各セクションを参照してください。When building a content pack, there are additional things to consider for each aspect, see each section below for more details.

クエリQueries

テンプレート コンテンツ パックの場合、Power BI Desktop で開発されたクエリは、データ ソースへの接続とデータのインポートのために使用されます。For template content packs, queries developed in the Power BI Desktop are used to connect to your data source and import data. これらのクエリは一貫したスキーマを返すために必要とされ、スケジュールされたデータ更新のためにサポートされています (直接クエリはサポートされていません)。These queries are required to return a consistent schema and are supported for Scheduled Data refresh (direct query is not supported).

テンプレート コンテンツ パックは、コンテンツ パックごとに 1 つのデータ ソースをサポートするだけなので、クエリを慎重に定義します。Template content packs only support one data source per content pack so define your queries carefully. 1 つのデータ ソースは、同じ認証を必要とするソースとして定義されます。A single data source is defined as a source that requires the same authentication. すべて同じ API エンドポイントを呼び出し、同じ認証を使用する場合、複数の API を異なるクエリで呼び出すことができます。You can make multiple API calls in different queries if all the calls are to the same API endpoint and use the same authentication. Power BI コンテンツ パックは、異なる認証を必要とする複数のソースをサポートしません。Power BI content packs do not support multiple sources that require different authentications.

API に接続するConnect to your API

始めに、Power BI Desktop から API に接続し、クエリの構築を開始できます。To get started, you will need to connect to your API from Power BI Desktop to start building your queries.

Power BI Desktop の難しい設定のいらないデータ コネクタを利用し、API に接続できます。You can use the Data Connectors that are available out of the box in Power BI Desktop to connect to your API. Web データ コネクタ ([データの取得]、[Web]) を利用して Rest API に接続するか、OData コネクタ ([データの取得]、[OData]) を利用して OData フィードに接続できます。You can use the Web Data Connector (Get Data -> Web) to connect to your Rest API or the OData connector (Get Data -> OData feed) to connect to your OData feed. API が基本認証に対応している場合にのみ、これらのコネクタは難しい設定なしで使用できます。Please note that these connectors will work out of the box only if your API supports Basic Authentication.

注意

API で OAuth 2.0 や Web API キーなど、その他の種類の認証が利用される場合、Power BI Desktop が API に接続され、認証されるように、独自のデータ コネクタを作成する必要があります。If your API uses any other authentication types, like OAuth 2.0 or Web API Key, then you will need to develop your own Data Connector to allow Power BI Desktop to successfully connects and authenticates to your API. コンテンツ パックに独自のデータ コネクタを作成する方法については、ここにあるデータ コネクタ ドキュメントを参照してください。For details on how to develop your own Data Connector for your Content Pack, check the Data Connectors documentation here.

ソースを検討するConsider the source

クエリは、データ モデルに含まれるデータを定義します。The queries define the data that will be included in the data model. システムのサイズに応じて、顧客がビジネス シナリオに合った管理可能なサイズを扱っていることを確認するために、これらのクエリにフィルターを含める必要があります。Depending on the size of your system, these queries should also include filters to ensure your customers are dealing with a manageable size that fits your business scenario.

Power BI コンテンツ パックは、同時に複数のユーザーに対して複数のクエリを実行できます。Power BI content packs can execute multiple queries in parallel and for multiple users concurrently. 先にスロットリングと同時実行ストラテジーを計画し、コンテンツ パック フォールト トレランスを行う方法を尋ねます。Plan ahead your throttling and concurrency strategy and ask us how to make your content pack fault tolerant.

スキーマの施行Schema enforcement

クエリがシステム内の変更や、モデルを分割できる更新時のスキーマでの変更に対して弾力があることを確認します。Ensure your queries are resilient to changes in your system, changes in schema on refresh can break the model. ソースがいくつかのクエリに対して Null または欠落したスキーマの結果を返すことができる場合、空の表を返すことを考慮するか、ユーザーにとって意味のあるカスタム エラー メッセージをスローします。If the source could return null/missing schema result for some queries, consider returning an empty table or throw a custom error messages that is meaningful to your user.

パラメーターParameters

Power BI Desktop のパラメーターにより、ユーザーは入力値の提供が可能になります。その入力値は、ユーザーによって取得されるデータをカスタマイズするものです。Parameters in Power BI Desktop allow your users to provide input values that customize the data retrieved by the user. 事前のパラメーターにより、詳細なクエリやレポートを構築する時間を費やした後での修正作業を回避できると考えられます。Think of the parameters upfront to avoid rework after investing time to build detailed queries or reports.

注意

テンプレート コンテンツ パックは現在、テキスト パラメーターのみをサポートします。Template content packs only support text parameters currently. 開発中に他のパラメーター型を使用できますが、テスト部分の間にユーザーによって提供されるすべての値はリテラルとなります。Other parameter types can be used during development but during the testing portion all values provided by the users will be literal.

追加のクエリ ヒントAdditional query tips

  • すべての列が適切に入力されたことを確認するEnsure all columns are typed appropriately
  • 列にわかりやすい名前をつける (Q&A を参照してください)Columns have informative names (see Q&A)
  • 共有ロジックについては、関数またはクエリの使用を検討するFor shared logic, consider using functions or queries
  • プライバシーのレベルは現在サービスでサポートされていない - プライバシーのレベルについてプロンプトが表示される場合、相対パスを使用するようクエリを再作成する必要が生じることがありますPrivacy levels are not currently supported in the service - if you get a prompt about privacy levels, you may need to re-write the query to use relative paths

データ モデルData Model

適切に定義されたデータ モデルにより、顧客は簡単かつ直感的にコンテンツ パックと対話できるようになります。A well-defined data model will ensure your customers can easily and intuitively interact with the content pack. Power BI Desktop で、データ モデルを作成します。Create the data model in the Power BI Desktop.

注意

基本的なモデリング (型指定と列名) の多くは、クエリで作業する必要があります。Much of the basic modelling (typing, column names) should be done in the queries.

Q&AQ&A

モデリングはまた、Q&A が顧客に対してどれほど結果を提供できるかに影響します。The modelling will also affect how well Q&A can provide results for your customers. 一般的に使用される列にシノニムを追加し、列がクエリで適切に命名されていることを確認します。Ensure you add synonyms to commonly used columns and that your columns are properly named in the queries.

追加のデータ モデルのヒントAdditional data model tips

  • すべての値の列に適用される書式設定があるAll value columns have formatting applied >[!NOTE] >種類はクエリで適用する必要があります。Types should be applied in the query.
  • すべてのメジャーに適用される書式設定があるAll measures have formatting applied
  • 既定の概要作成が設定されています。Default Summarization is set. 特に該当する場合には、「概要作成しない」 (例えば一意の値の場合など)Especially "Do Not Summarize", when applicable (for unique values for example)
  • 該当する場合、データのカテゴリが設定されているData Category has been set, when applicable
  • 必要に応じて、リレーションシップが設定されるRelationships are set, as necessary

レポートReports

レポートのページでは、コンテンツ パックに含まれるデータへの追加の洞察を提供します。The report pages offer additional insight into the data included in your content pack. レポートのページを使用して、コンテンツ パックが処理しようとしている主要なビジネス上の質問に回答します。Use the pages of the reports to answer the key business questions your content pack is trying to address. Power BI Desktop を使用して、レポートを作成します。Create the report using the Power BI Desktop.

注意

コンテンツ パックにただ 1 つのレポートしか含まれていない場合、シナリオの特定のセクションを呼び出すためにさまざまなページを利用することができます。Only one report may be included in a content pack, take advantage of the different pages to call out particular sections of your scenario.

追加のレポートに関するヒントAdditional report tips

  • クロス フィルター処理のために、1 ページあたり 1 つ以上のビジュアルを使用するUse more than one visual per page for cross-filtering
  • ビジュアルを慎重に揃える (重複しない)Align the visuals carefully (no overlapping)
  • ページは「4:3」または「16:9」モードのレイアウトに設定するPage is set to "4:3" or "16:9" mode for layout
  • 表示されるすべての集計は合理的な数値 (平均値、一意の値)All of the aggregations presented make numeric sense (averages, unique values)
  • スライシングは合理的な結果を生成するSlicing produces rational results
  • ロゴは、少なくとも上位のレポートに存在するLogo is present on at least the top report
  • 要素は可能な限り、クライアントのカラー スキームにあるElements are in the client's color scheme to the extent possible

ダッシュボードDashboard

ダッシュボードは、顧客にとってコンテンツ パックとの対話の主なポイントです。The dashboard is the main point of interaction with your content pack for your customers. これにはコンテンツの概要が含まれるはずですが、特にビジネス シナリオにとって重要なメトリックが含まれます。It should include an overview of the content included, especially the important metrics for your business scenario.

テンプレート コンテンツ パックのためのダッシュボードを作成するには、[データを取得] から [ファイル] を介して PBIX をアップロードするだけ、または Power BI Desktop から直接発行するだけです。To create a dashboard for your template content pack, simply upload your PBIX through Get Data > Files or publish directly from the Power BI Desktop.

注意

テンプレート コンテンツ パックには現在、コンテンツ パックごとに 1 つのレポートとデータセットが必要です。Template content packs currently require a single report and dataset per content pack. コンテンツ パックで使用されるダッシュボードに複数のレポートまたはデータセットからのコンテンツをピン留めしないでください。Do not pin content from multiple reports/datasets onto the dashboard used in the content pack.

追加のダッシュボードのヒントAdditional dashboard tips

  • ダッシュボード上のタイルが一貫性のあるようにピン留めされた場合に、同じテーマを保持するMaintain the same theme when pinning so that the tiles on your dashboard are consistent
  • テーマにロゴをピン留めすることで、顧客はどこからのパックかがわかるPin a logo to the theme so consumers know where the pack is from
  • ほとんどの画面解像度で動作する推奨のレイアウトは、5 ~ 6 の小タイル幅であるSuggested layout to work with most screen resolutions is 5-6 small tiles wide
  • すべてのダッシュボード タイルには適切なタイトルおよびサブタイトルが必要All dashboard tiles should have appropriate titles/subtitles
  • 垂直または水平方向など、さまざまなシナリオに対応するダッシュボードのグループ化を検討するConsider groupings in the dashboard for different scenarios, either vertically or horizontally

制限事項のまとめSummary of restrictions

上記のセクションに記載されているように、現在テンプレート コンテンツ パックには、一連の制限があります。As listed in the above sections, currently the template content packs have a set of restrictions:

サポートされているSupported "サポートされていない"Not Supported
PBI のデスクトップに組み込まれているデータセットDatasets built in PBI Desktop "他のコンテンツ パックまたは Excel ファイルなどの入力からのデータセット"Datasets from other content packs or inputs such as Excel files
クラウドの [スケジュールされたデータ更新] がサポートされているデータ ソースData source supported for cloud Scheduled Data refresh "直接クエリまたはオンプレム接続はサポートされていない"Direct query or on-prem connecitivty is not supported
適切な場所に一貫したスキーマまたはエラーを返すクエリQueries returning consistent schema or errors where appropriate "動的スキーマまたはカスタム スキーマ"Dynamic or custom schemas
データセットごとに 1 つのデータ ソースOne data source per dataset "マッシュアップなどの複数のデータ ソースや、複数のデータ ソースとして検出された URL"Multiple data sources such as mashups or URLs that are detected as mutliple data sources
テキスト タイプのパラメーターParameters of type text "その他のパラメーターの型 (date など) または "値の許可リスト""Other parameter types (such as date) or "list allowed of values"
1 つのダッシュボード、レポートおよびデータセットOne dashboard, report and dataset "複数のダッシュボード、レポート、またはデータセット"Multiple dashboards, reports or datasets

次の手順Next step

コンテンツ パックのテストと提出Content Pack Testing and Submission