Power BI レポート ビルダー

適用対象: ✔️ Power BI Report Builder ✔️ Power BI service ❌ Power BI Desktop

Power BI Report Builder は、Power BI サービスに発行できるページ分割されたレポートを作成するためのツールです。 ページ分割されたレポートをデザインするときは、どのようなデータをどこから取得し、どのように表示するかの定義を作成します。 レポートを実行すると、指定したレポート定義がレポート プロセッサによって読み取られ、データが取得され、レポートのレイアウトと組み合わせることでレポートが生成されます。 レポート ビルダーでレポートをプレビューします。 その後、Power BI サービスにレポートを発行します。

作成を開始する準備ができましたか。 Microsoft ダウンロード センターから Power BI Report Builder をインストールしましょう

ビデオで学習する方がいいですか。 次のページを確認してください: ビデオベースのコース: Power BI のページ分割されたレポートの 1 日コース

次のページ分割されたレポートは、請求書のサンプルです。 これや、手紙、謄本、ラベルなど、その他のサンプルをダウンロードできます。 Power BI のページ分割されたレポートのサンプルについては、こちらをご覧ください。

Power BI Report Builder のページ分割されたレポートのサンプルのスクリーンショット。

前提条件

  • Microsoft ダウンロード センターからは、ライセンスがなくても無料で PowerBI Report Builder をダウンロードできます。
  • サービスにレポートを発行するには、Power BI Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスが必要です。
  • ワークスペースが Power BI Premium 容量に存在し、そのワークスペースへの書き込みアクセス権を所有している限り、マイ ワークスペースまたはその他のワークスペースにページ分割されたレポートを発行して共有できます。
  • Premium Gen1 容量の場合、Power BI 管理者は、Power BI 管理ポータルの Premium 容量セクションで、ページ分割されたレポートを有効にする必要があります。 Premium Gen2 容量の場合、ページ分割されたレポートは自動的に有効になります。

テーブル、マトリックス、またはグラフ ウィザードから開始する

データ ソース接続を作成し、フィールドをドラッグ アンド ドロップしてデータセット クエリを作成し、レイアウトとスタイルを選択して、レポートをカスタマイズします。

マップ ウィザードから開始する

地図や幾何図形を背景として集計データを表示するレポートを作成します。 マップ データには、Transact-SQL クエリまたは Environmental Systems Research Institute, Inc.(ESRI) シェープファイルの空間データを使用できます。 Microsoft Bing マップ タイルの背景を追加することもできます。

レポートをデザインする

  • 自由形式でレイアウトされたテーブル、マトリックス、グラフがあるページ分割されたレポートを作成する。 列ベースのデータ向けのテーブル レポート、概要データ向けのマトリックス レポート (クロス集計レポートやピボットテーブル レポートなど)、グラフィカル データ向けのグラフ レポート、およびそれ以外のすべて向けの自由形式レポートを作成します。 他のレポートやグラフを、リスト、グラフィック、および動的な Web ベースのアプリケーション用のコントロールと共に、レポートに埋め込むことができます。

  • さまざまなデータ ソースからのレポート。 SQL Server、Analysis Services、Oracle、Power BI データセット、およびその他のデータベースのリレーショナル データと多次元データを使用するレポートを作成できます。

  • 既存のレポートを変更する。 レポート ビルダーを使用して、SQL Server Data Tools (SSDT) レポート デザイナーで作成されたレポートをカスタマイズして更新できます。

  • データを変更する。 データのフィルター処理、グループ化、並べ替えを行ったり、数式や式を追加したりします。

  • グラフ、ゲージ、スパークライン、およびインジケーターを追加する。 データをビジュアル形式で要約し、大量の集計情報を一目で理解できるようにします。

  • ドキュメント マップ、表示/非表示ボタン、サブレポートと詳細レポートへのドリルスルー リンクなどの 対話機能を追加します。 パラメーターとフィルターを使用し、データをフィルター処理してビューをカスタマイズします。

  • 画像や外部コンテンツなどの他のリソースを 埋め込んだり参照したりします。

レポートを管理する

  • コンピューターまたはレポート サーバーに レポートの定義を保存 して、レポートの管理と他のユーザーとの共有を実行できます。

  • レポートを開くとき、またはレポートを開いた後で 表示形式を選択します。 Web 指向、ページ指向、およびデスクトップ アプリケーション形式を選択できます。 形式には、MHTML、PDF、XML、CSV、Word、および Excel が含まれます。

  • サブスクリプションを設定します。 Power BI サービスにレポートを発行した後、レポートを特定の時刻に実行し、電子メール サブスクリプションとして送信するように構成できます。

ページ分割されたレポートでの配置パイプラインの使用

Power BI サービスでは、ページ分割されたレポートで配置パイプライン ツールを使用できます。 配置パイプラインを使用すると、Power BI のページ分割されたレポートを、ユーザーにリリースする前に開発およびテストできます。 このツールは、次の 3 つのステージを含むパイプラインです。

  • 開発
  • テスト
  • Production

Power BI サービスで配置パイプラインの使用を開始する方法を参照してください。

次の手順