既存のオンライン サポート コンテンツからトピックを作成する

Power Virtual Agents ボット作成時に、既存の Web ページとオンライン ファイルのコンテンツを使用できます。 これは、FAQ ページなどのヘルプまたはサポート コンテンツが既にある場合に役立ちます。

このコンテンツをコピーして貼り付けるか、手動で再作成する代わりに、AI 支援による作成を使用して、既存のオンライン リソースから関連コンテンツを自動的に抽出してボットに挿入できます。

基盤となる機能は、Web ページまたはオンライン ファイルの構造とコンテンツを識別し、サポートの問題や質問に関連するコンテンツ ブロックを分離して、対応するトリガー フレーズ ノードとメッセージ ノード にトピックごとに分類します。

この機能を使用するには、主に 3 つの手順があります:

  1. トピックページでトピックの提案を選択し、FAQ/サポート ページまたはオンライン ファイルからコンテンツを抽出します。
  2. 提案されたトピックをボットに追加します。
  3. トピックを有効にします。

テスト チャットでトピックをテスト は可能ですが、ボットを顧客に公開 を実行して最新の変更を確認する必要があります。

前提条件

Web ページまたはオンライン ファイルからコンテンツを抽出する

まず、コンテンツを抽出する Web ページまたはオンライン ファイルをポイントする必要があります。

抽出が完了すると、推奨されるトピックが表示され、さらに確認することができます。 提案されたトピックは、ボットに自動的に追加されませんが、簡単に追加 を実行できます。

重要

トピックの提案コマンドは、オンライン FAQ またはサポート コンテンツで実行するように構築されています。 構造が異なる他のタイプのコンテンツは、予想どおりに機能しない可能性があります。

既存の Web ページまたはオンライン ファイルからコンテンツを抽出するには

  1. サイド ナビゲーションのウィンドウで、トピックを選択します。

    ナビゲーション ウィンドウのトピック メニュー項目

  2. 提案タブに移動します。

  3. 初めて提案を取得した場合、提案されたトピックのリストは空白になります。 開始するまたはもっと詳しく知るのリンクが代わりに表示されます。

    開始する、または詳細へのリンクがある空のトピック ページ

  4. 開始するまたはトピックを提案するを選択します。

  5. コンテンツを抽出する各 Web ページまたはオンライン ファイルへのリンクを入力して、追加を選択します。 リンクを誤って追加した場合は、削除 削除 を選択して削除できます。

    提案トピックを抽出する URL を入力する提案トピック ページ

重要

  • URL は安全でなければなりません (https:// から始める必要があります)。
  • URL は公開されている必要があります。つまり、ユーザーがログインする必要はありません。
  • オンライン ファイルの場合、ファイルのアップロードはサポートされていません。 例 https://www.microsoft.com/thisisafile.pdf のように、ファイルの場所への完全な URL を提供する必要があります。
  • オンライン ファイルについては、現在、PDF ファイル、DOCX ファイル、PPTX ファイル、TXT ファイル、および TSV、XLSX (最初のシートのみ)、CSV の 2 列形式をサポートしています。
  1. Web ページやオンライン ファイルへのリンクの追加が完了したら、開始を選択します。 追加する Web ページまたはファイルの複雑さと数によっては、このプロセスに数分かかる場合があります。 「提案を取得しています。 これに数分かかる場合があります」というメッセージが抽出が進行している間、画面の上部に表示されます。

    「提案を取得しています。これには数分かかる場合があります」という通知がページ上部に表示されます

ヒント

複数の Web ページとリンクをオンライン ファイルに追加できますが、提案のリストを管理しやすくするために、一度にごく少数を含めることをお勧めします。

重要

トピックを提案するコマンドの実行中は、URL を追加することはできません。

このツールは、エラーに関する明示的なフィードバックを提供するため、ユーザーは問題を理解して対処できます。 たとえば、参照しているサイトがダウンしているか、SharePoint ページのようにユーザー ログインの背後でゲートで管理されているため、コンテンツを抽出できない場合があります。

ページ上部に、提案の取得で問題が発生したことを示す、赤色のバナーの通知と詳細情報へのリンクが表示されます。

Web ページから提案の取得を試みたときに発生するエラーについて説明するポップアップ ウィンドウ。

コンテンツを正常に抽出すると、いくつかの候補が表示されます。 これらの提案を確認して、ボットに追加する提案を確認できます。

トピック ページの提案タブには、各トピックが名前、トリガー フレーズ、ソース、および受信日ごとに一覧表示されます

提案されたトピックを既存のボットに追加する

抽出プロセスが完了すると、トピック提案が提案タブに表示されます。それらを個別に確認して、ボットに含めるものを決定します。 確認せずに提案を追加することもできます。

提案を確認してボットに追加するには

  1. 提案トピックの名前を選択します。

  2. トリガー フレーズと推奨されるメッセージ ノードを確認します。 (各トピックはアンケートで終了するため、顧客はそれが役に立ったかどうかを知らせることができます。) トピックを処理するには、次の 3 つのオプションがあります:

    a. トピックを編集するには、トピックに追加して編集を選択します。 トピックを開き、トリガー フレーズを編集またはオーサリング キャンバスを入力 を実行して会話フローを変更します。 トピックも提案リストから削除されます。

    b. 変更を加えずに提案されたトピックを追加するには、トピックに追加を選択します。 トピックは追加および保存されますが、提案されたトピックのリストには残ります。 トピックも提案されたトピック リストから削除されます。

    c. 提案を完全に削除するには、提案を削除を選択します。 トピックは提案されたトピック リストから削除されます。 復元したい場合は、トピックの提案コマンドをもう一度実行します。

    トピック レイアウトのスナップショットを表示する編集ウィンドウ

  3. 提案されたトピックのリストで、追加または削除を実行したい提案されたトピック名にカーソルを合わせます。

    1. トピックをボットに追加するには、トピックに追加トピックに追加 を選択します。 トピックのプレビューは表示されず、トピックは推奨トピックから既存のトピックに移動されます。

    トピックのタイトルの横にある上矢印アイコン

  4. 複数のトピック提案を一度に追加または削除することもできます。 複数の行を選択すると、トピックに追加または削除にオプションが表示されます。

    リストには 3 つのアイテムが選択されています

ボットでトピックを有効にする

提案されたトピックは、オフに設定されたステータスで既存に追加されます。 このようにして、トピックが途中でボットに追加されることはありません。

トピックを使用できるようにするには

  1. サイド ナビゲーションのウィンドウで、トピックを選択します。

  2. 既存タブに移動します。

  3. 有効にするピックごとに、ステータスの下のトグルをオンにします。

    既存トピックをリストする表には、各トピックごとにステータス列でオフとオンを切り替えるトグルがあります

関連項目

初めてのボットの作成
トピックの作成および編集
基礎 - ボットを公開する