PowerApps のシェイプ コントロールとアイコン コントロールShape controls and Icon controls in PowerApps

見た目と動作のプロパティが構成できるグラフィックスです。Graphics for which you can configure appearance and behavior properties.


これらのコントロールには、矢印、幾何学的図形、アクション アイコン、記号などがあり、塗りつぶし、サイズ、位置などのプロパティを構成できます。These controls include arrows, geometric shapes, action icons, and symbols for which you can configure properties such as fill, size, and location. また、OnSelect プロパティを構成すると、ユーザーがコントロールをクリックまたはタップした場合にアプリが反応するようにできます。You can also configure their OnSelect property so that the app responds if the user clicks or taps the control.

主要なプロパティKey properties

Fill – コントロールの背景色です。Fill – The background color of a control.

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。OnSelect – How the app responds when the user taps or clicks a control.

その他のプロパティAdditional properties

DisplayMode – コントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を設定します。DisplayMode – Whether the control allows user input (Edit), only displays data (View), or is disabled (Disabled).

Height – コントロールの上端と下端の距離です。Height – The distance between a control's top and bottom edges.

HoverFill – コントロールにユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの背景色です。HoverFill – The background color of a control when the user keeps the mouse pointer on it.

PressedBorderColor – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色です。PressedBorderColor – The color of a control's border when the user taps or clicks that control.

FocusedBorderThickness – キーボードでフォーカスした場合のコントロールの境界線の太さです。FocusedBorderThickness – The thickness of the control's border when it has keyboard focus.

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。Visible – Whether a control appears or is hidden.

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。Width – The distance between a control's left and right edges.

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。X – The distance between the left edge of a control and the left edge of its parent container (screen if no parent container).

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。Y – The distance between the top edge of a control and the top edge of the parent container (screen if no parent container).

Navigate( ScreenName, ScreenTransition )Navigate( ScreenName, ScreenTransition )


  1. 既定のスクリーン コントロールに Target という名前を付け、ラベル コントロールを追加して Target を表示するように Text プロパティを設定します。Name the default Screen control Target, add a Label control, and set its Text property to show Target.

    コントロールの追加および構成についてはこちらをご覧ください。Don't know how to add and configure a control?

  2. スクリーン コントロールを追加し、Source という名前を付けます。Add a Screen control, and name it Source.
  3. Sourceシェイプ コントロールを追加し、OnSelect プロパティに次の式を設定します。In Source, add a Shape control, and set its OnSelect property to this formula:
    Navigate(Target, ScreenTransition.Fade)Navigate(Target, ScreenTransition.Fade)
  4. F5 キーを押してから、シェイプ コントロールをクリックまたはタップします。Press F5, and then click or tap the Shape control.

    [Target](ターゲット) 画面が表示されます。The Target screen appears.

  5. (省略可能) Esc キーを押して既定のワークスペースに戻り、Targetシェイプ コントロールを追加して、シェイプ コントロールの OnSelect プロパティに次の式を設定します。(optional) Press Esc to return to the default workspace, add a Shape control to Target, and set the OnSelect property of the Shape control to this formula:
    Navigate(Source, ScreenTransition.Fade)Navigate(Source, ScreenTransition.Fade)