リソースのエクスポートとインポートExport and import resources

データベースとアプリケーションの開発をサポートするために複数の環境を作成した場合は、1 つの環境から別の環境に変更を移動する必要があります。If you've created multiple environments to support the development of your database and apps, you must move changes from one environment to another environment. [リソースのエクスポート] および [リソースのインポート] を使用して、環境間でリソースを移動できます。You can use Export resources and Import resources to move resources between environments.

複数の環境を使用する理由Why use multiple environments?

各環境には、開発プロセス中に作成または変更する、エンティティ、フロー、アプリなどのリソースが含まれています。Each environment contains resources, such as entities, flows, and apps, that you create or modify during the development process.

通常、開発は、組織のエンドユーザーが使用する、同じ環境内で行われます。Typically, development is done in the same environment that is used by the organization's end users. この環境は、既定の環境と呼ばれます。This environment is known as the default environment. 同じ環境内でリソースの変更を管理するのは比較的簡単です。It's relatively easy to manage resource changes in the same environment. すべての重要なビジネス プロセスとアプリケーションが機能していることを確認してから、アプリをリリースします。You validate the changes to make sure that all critical business processes and applications are functional, and then you release the app.

場合によっては、開発とテストが個別の環境で行われ、エンドユーザーが使用する準備ができてから、変更が既定の環境に移動されることもあります。Sometimes, development and testing are done in separate environments, and changes are moved to the default environment when they are ready to be used by end users. 独立した環境を使用する理由は、いくつか考えられます。There are several reasons why you might use separate environments. たとえば、最初にシステムを評価したときに個別の環境を使用していた可能性があります。For example, you might have used a separate environment when you initially evaluated the system. または、既定の環境に変更が行われたときに起こりうるリスクを、最小限に抑えることができます。Alternatively, you might want to minimize the risk that is involved when changes are made to the default environment. 個別の環境では、既定の環境ではない環境で変更を行うため、分離が生じます。Separate environments provide isolation, because you make your changes in an environment that isn't the default environment. リスクの程度に応じて、追加のステージング環境を作成できます。Depending on the extent of the risks, you might create an additional staging environment. この場合、開発環境、ステージング環境、および既定の環境があります。In this case, you have a development environment, a staging environment, and a default environment.

リソースの変更の移動Moving resource changes

パッケージ (.zip) ファイルを使用して、個別のエクスポートおよびインポート プロセスでリソースを移動します。You move resources through separate export and import processes, by using a package (.zip) file. パッケージ ファイルはエクスポートされ、ローカル ストレージに保存され、ターゲット環境の管理者に送信されて、その後ターゲット環境にインポートされます。The package file is exported, saved to local storage, sent to the administrator of the target environment, and then imported into the target environment. インポート プロセスの後には、重要なビジネス プロセスに悪影響を及ぼしていないことを確認するため、検証テストが行われることがあります。The import process is often followed by validation testing to help guarantee that no critical business processes have been adversely affected.

リソースのインポートとエクスポートの両方の機能が、管理センターの [環境] セクションで利用できます。The functionality for both resource import and resource export is available in the Environments section of the admin center. エクスポートとインポートはいずれも、選択されている環境のコンテキストで発生します。Both export and import occur in the context of a selected environment.

リソースのエクスポートExport resources

エクスポート パッケージには、エンティティおよび候補リストへの変更がすべて含まれます。The export package will contain all changes to entities, and picklists. アプリ、フロー、コネクタ、ロールなど、より多くのリソースの種類をエクスポートできるよう取り組んでいます。We are working to enable the export of more resource types such as apps, flows, connectors, roles and others. このオプションにより、1 つの環境の内容を別の環境に移動することができます。This option lets you move contents of one environment to another environment.

  1. 管理センターで、左側のナビゲーション ウィンドウの [環境] をクリックします。In the admin center, in the left navigation pane, click Environments.
  2. ソース環境を選択します。Select the source environment.
  3. 右上にある [リソースのエクスポート] をクリックします。In the upper right, click Export resources.
  4. 最初に目的のリソースを選択します。Choose the resources you want to start with:
    1. エンティティなどの選択するリソースの種類に対応するタブを選択します。Select the tab corresponding to a resource type you want to select, such as Entities.
    2. ヘッダーのチェック ボックスをクリックして、その種類に属するすべてのリソースを選択するか、リソースを個別に選択します。Select all resources under the type by clicking the header checkbox, or select resources individually.
    3. [次へ] をクリックします。Click Next.
  5. 適切な場合には、関連するリソースを含めます。Include related resources if appropriate:
    1. 関連するリソースが見つかれば、事前に選択した一覧が表示されます。If we discover any related resources, we will show you a pre-selected list.
    2. ヘッダーのチェック ボックスをクリックして関連するリソースをすべて除外するか、リソースの選択を個別に解除します。Exclude all related resources by clicking the header checkbox, or unselect resources individually.
    3. [次へ] をクリックします。Click Next.
  6. エクスポートされたパッケージに、名前を追加します。Add a Name for the exported package.
  7. 必要に応じて、リソースのインポート時に実行するセットアップ アクションをカスタマイズできます。Optionally, you can customize setup actions to be performed upon import of resources:
    1. 各リソースで、[インポートの設定] をクリックしてダイアログを表示します。For each resource, click the Import setup to see a dialog.
    2. このパッケージのインポート時に、既定で実行するセットアップ アクションを選択しますSelect the setup action you want performed by default when this package is imported
    3. [保存] をクリックします。Click Save.
  8. [エクスポート] をクリックします。Click Export.
  9. エクスポートが完了したら、ローカル ストレージにパッケージ ファイルを保存します。When export is completed, save the package file in local storage.

別の方法として、リソース選択ページの [すべてのリソースを選択する] をクリックし、サポートされているすべての種類のすべてのリソースを最終的なパッケージに含めたあと、最後のエクスポート ページに直接移動することもできます。Alternatively, you can click Select all resources in the resource selection page to include all resources of all supported types in the final package, and go directly to the final export page.

リソースのインポートImport resources

最初の手順では、ソース環境からエクスポートされたパッケージ ファイルを選択します。The first step is to select a package file that was exported from the source environment. インポート プロセスによってパッケージの検証、分析、およびインポートの試行が行われます。The import process validates, analyzes, and tries to import the package.

  1. 管理センターで、ナビゲーション ウィンドウの [環境] をクリックします。In the admin center, in the navigation pane, click Environments.
  2. ターゲット環境を選択します。Select the target environment.
  3. 右上にある [リソースのインポート] をクリックします。In the upper right, click Import resources.
  4. [アップロード] をクリックして、ローカル ストレージのパッケージ ファイルを参照します。Click Upload, and browse to a package file in local storage.
  5. [次へ] をクリックして、最終的なインポート ページに移動します。Click Next to go to the final import page.
  6. インポートの検証エラーと警告を解消します。Resolve import validation errors and warnings:
    1. リソースの名前の左側に、アイコンで示される警告またはエラーを探します。Look for warnings or errors, as indicated by the icon to the left of a resource Name.
    2. 詳細については、[インポートの設定] フィールドまたは [アクション] の下のアイコンをクリックします。Click the Import setup field or the icon under Action for more information.
    3. 適切なインポート セットアップ アクションを選択します。Select an appropriate import setup action.
    4. インポートされているパッケージが自動的にもう一度検証されます。The package being imported is automatically validated again.
  7. エラーがない場合、[インポート]に進みます。Proceed to Import if there are no errors.

パッケージが部分的にしか適用されていない場合は、何がインポートされ、何がインポートされていないかを説明するエラー メッセージを受信します。If the package is only partially applied, you receive an error message that describes what was imported and what wasn't imported.

リソースの種類Resource types

開発プロセスには、さまざまな種類のリソースへの変更が含まれます。The development process can involve changes to many types of resources. たとえば、アプリを更新する場合、いくつかのエンティティまたは接続を追加、削除、または更新する可能性があります。For example, if you update an app, you might add, remove, or update several entities or connections. すべてではなく、一部のリソースの種類への変更を、環境間で移動することができます。Changes to some, and not all, resource types can be moved across environments. 次のセクションでは、移動できるリソースの種類について説明します。The following sections describe the types of resources that you can move.

エンティティ, 候補リストEntities, picklists

エンティティおよび候補リストは、次のようにエクスポートおよびインポートできます。You can export and import entities, and picklists as follows:

  • 標準エンティティ – カスタマイズだけが環境間で移動されます。Standard entities – Only customizations are moved across environments. (標準的なエンティティの既定のフィールドを変更することはできません。)(You can't modify the out-of-box fields of standard entities.)
  • カスタム エンティティ – カスタム エンティティは環境間で移動されます。Custom entities – Custom entities are moved across environments.
  • カスタム候補リスト – カスタム候補リストは環境間で移動されます。Custom picklists – Custom picklists are moved across environments.

データData

リソースのインポートおよびエクスポートの一部としてデータベースのデータを移動することはできません。You can't move database data as part of the export and import of resources. データの移動には、Microsoft Excel を使用できます。To move data, you can use Microsoft Excel. 詳細については、「データのインポートまたはエクスポート」を参照してください。For more information, see Import or export data.