キャンバス アプリにレコードを表示、編集、または追加する

キャンバス アプリで、表示 フォーム コントロールを追加および構成して、レコード内のすべてのフィールドを表示します。編集 フォーム コントロールを追加および構成して、レコード内のフィールドを編集し、レコードを追加し、変更内容をデータ ソースに保存することもできます。

前提条件

フォームを追加し、データを表示する

  1. 空白のスクリーンで、ドロップ ダウン コントロールを追加して、ChooseProduct と名前を付けます。

    注意

    コントロールの追加、コントロールの名前変更、およびプロパティの設定の方法がわからない場合は、コントロールの追加および構成 を参照してください。

  2. 右側のウィンドウの プロパティ タブで、ItemsFlooringEstimates に、ValueName に設定します。

    フォームの Items プロパティを設定する。

    一覧に、データ ソースから取得したフローリング製品の名前が表示されます。

  3. 編集 フォーム コントロールを追加し、それを ChooseProduct の下に移動して、フォームがスクリーンの大部分を占めるようにサイズ変更します。

    フォームを追加する。

    注意

    このトピックでは 編集 フォーム コントロールについて説明していますが、同様の原則が 表示 フォーム コントロールにも当てはまります。

  4. フォームの DataSource プロパティを FlooringEstimates に設定し、フォームの Item プロパティを次の数式に設定します。

    ChooseProduct.Selected

    この式では、フォームの構成が完了した後、ChooseProduct でユーザーが選択したレコードが表示されるように指定しています。

  5. 右側のウィンドウの プロパティ タブで フィールドの編集 を選択します。

    フィールドを編集する。

  6. フィールド ウィンドウで フィールドの追加 を選択し、各フィールドのチェック ボックスをオンにしてから、追加 を選択します。

    フィールドを追加します。

  7. フィールドを追加 の隣の省略記号 (...) を選択し、すべて折りたたむ を選択してから、名前 を一覧の一番上にドラッグします。

    フィールドを移動する。

    編集 フォーム コントロールに変更内容が反映されます。

    フォームを表示する。

フィールドにカードの種類を設定する

  1. フィールド ウィンドウで、価格 フィールドの下矢印を選択して展開します。

  2. コントロールの種類 の一覧を開き、スライダーを編集 を選択します。

    スライダーを編集する。

    フォームでは、価格 フィールドは テキスト入力 コントロールの代わりに スライダー コントロールを表示します。

  3. (オプション) 同じプロセスに従って、概観 フィールドのコントロールを 複数行テキストの編集 コントロールに変更します。

(編集フォームのみ) 変更を保存する

  1. フォームの名前を EditForm に変更します。

  2. ボタン コントロールを追加し、OnSelect プロパティに次の式を設定します。

    SubmitForm(EditForm)

  3. F5 キーを押してプレビューを開き、製品の名前を変更してから、作成したボタンを選択します。

    SubmitForm 関数は変更をデータ ソースに保存します。

  4. (オプション) Esc キーを押して (または右上隅の閉じるアイコンを選んで)、プレビューを閉じます。

次の手順

フォーム数式 の操作についてさらに説明します。