Power Apps を使用して SharePoint リストまたはライブラリのフォームをカスタマイズする

ブラウザーで Power Apps を開いて、SharePoint リストまたは SharePoint ドキュメント ライブラリのフォームを簡単にカスタマイズすることができます。 C# などの従来のコードを記述したり、InfoPath などの別のアプリをダウンロードしたりする必要はありません。 変更を公開すると、すべてのユーザーが使用できるように、SharePoint リスト内にフォームが埋め込まれます。 Power Apps では、分析レポートをレビューしたり、条件付き書式を簡単に作成したり、他のデータ ソースに接続することもできます。

このトピックの手順を行うには、カスタマイズがどのように機能しているかを確認できるように、簡易なリストを作成してから、同じ概念を独自のリストに適用します。

注意

  • 自分のリストでフォームのカスタマイズ オプションが使用できない、または正常に動作しない場合は、Power Apps がサポートしていないデータの種類が含まれている場合があります。 また、フォームを別のリストまたは環境に移動することはできません。
  • リストのカスタム フォームは、汎用リストと汎用ドキュメント ライブラリでのみサポートされています。 カスタム リストとライブラリ テンプレートは現在サポートされていません。お知らせ、連絡先、タスクなどのリストを含みますが、これらに限定されません。
  • ドキュメント ライブラリのカスタム フォームは、カスタム メタデータの編集のみをサポートしています。 ファイルの編集または管理はサポートされていません。
  • カスタム フォームを使用している SharePoint サイトのアドレスを変更する場合は、追加のアクションが必要となります。 詳しくは、Power Apps で SharePoint のサイト アドレスを変更した際の影響 を参照してください。

リストを作成する

SharePoint サイトでリストを作成し、そのリストに次の列を追加します。

  • 詳細 (はい/いいえ)
  • 価格 (通貨)
  • 使用可能性 (時刻なしの日付)
  • (選択)

サイトコンテンツ > 新規 > リストを選択し、リスト名を入力して、作成を選択します。 列ごとに、列の追加を選択し、リストの種類 (はい/いいえ、通貨、日付、選択) を指定し、リスト名 (詳細、価格、使用可能性、色) を指定して、保存を選択します。

フォームが開く

  1. コマンド バーで、PowerApps を選択し、次にフォームのカスタマイズを選択します。

    Power Apps Studio が同じブラウザー タブで開きます。

  2. Power Apps Studio へようこそのダイアログ ボックスが開いたら、スキップを選択します。

コマンド バーで Power Apps を選択し、フォームのカスタマイズを選択します。 Power Apps Studio が同じブラウザー タブで開きます。Power Apps Studio へようこそのダイアログ ボックスが開いたら、スキップを選択します。

フィールドを移動し削除する

  1. 使用可能性フィールドを、フィールド リストの一番下にドラッグします。

    フィールドは、指定した順序で表示されます。

  2. 添付ファイルのフィールドにカーソルを合わせ、表示される省略記号 (...) を選択してから、削除を選択します。

    指定したフィールドがフォームから消えます。

使用可能性フィールドを、フィールドリストの一番下にドラッグします。 添付ファイルのフィールドにカーソルを合わせ、表示される省略記号 (...) を選択してから削除を選択します。

条件付き書式を設定する

詳細をはいに設定した場合にのみ、価格使用可能性のフィールドが表示されるように構成できます。

  1. 左側のナビゲーション バーで Details_DataCard1 を展開し、DataCardValue の末尾に表示される数字を確認してください。

  2. 使用可能性、および価格カードの Visible プロパティをこの式に設定します (必要に応じて、前の手順で確認した数字に置き換えます)。

    If(DataCardValue2.Value = true, true)

  3. Alt キーを押しながら、詳細トグルをクリックまたはタップして、複数回選択します。

    構成した 3 つのフィールドが表示され、フォームから消えます。

左側のナビゲーション バーで DataCardValue の末尾に表示される数字を確認してください。 色、使用可能性、価格カードの Visibility プロパティをこの式に設定します。 Alt キーを押しながら、詳細コントロールを複数回選択します。

フォームを保存して公開する

  1. ファイル メニューを開き、保存を選択して SharePoint に公開を 2 回選択します。

  2. 左上隅で、戻る矢印を選択し、SharePoint に戻るを選択します。

ファイル メニューを開き、保存を選択して、SharePoint に公開を 2 回選択します。 左上隅で、戻る矢印を選択し、SharePoint に戻るを選択します。

フォームをさらにカスタマイズする

  1. リストを開き、コマンド バーで新規を選択して、フォームの上部にあるカスタマイズを選択します。

  2. これらのトピックで説明されている方法など、さまざまな方法でフォームをカスタマイズします。

    詳細: SharePoint フォームの統合について

既定のフォームを使用する

  1. SharePoint でリストから (右上隅の歯車アイコンを選択して) 設定ページを開き、リストの設定を選択します。

  2. 全般設定の下で、フォームの設定を選択します。

  3. フォームの設定ページで、これらのオプションのいずれかを選択し、OK を選択します。

    • 既定の SharePoint フォームを使用する - ユーザーがリストを開き、コマンド バーで新規を選択すると、そのリストの既定のフォームが表示されます。

    • Power Apps で作成されたカスタム フォームを使用する - ユーザーがリストを開き、コマンド バーで新規を選択すると、カスタム フォームが表示されます。 (または、Power Apps でフォームをもう一度発行することもできます。)

    これらのオプションは、必要に応じて切り替えることができます。

    フォームの設定オプション

カスタム フォームの削除

  1. SharePoint でリストから (右上隅の歯車アイコンを選択して) 設定ページを開き、リストの設定を選択します。

  2. 全般設定の下で、フォームの設定を選択します。

  3. フォームの設定ページで、既存の SharePoint フォームを使用するを選択し、カスタム フォームの削除を選択します。

    カスタム フォームの削除

Q & A

フォームとアプリ

Q: カスタマイズしたフォームは、SharePoint または Power Apps から作成したスタンドアロンのアプリとどう違いますか。

A: SharePoint リストのフォームをカスタマイズする場合、Power Apps Studio または Power Apps Mobile ではフォームがアプリとして表示されません。 フォームは、それを作成したリストからのみ開くことができます。

Q: SharePoint リスト内のデータを管理するためのフォームをカスタマイズする必要があるのは、どのような場合ですか。また、スタンドアロン アプリを作成する必要があるのはどのような場合ですか。

A: ユーザーが SharePoint を離れることなく、(たとえばデスクトップ ブラウザーなどで) データを管理できるようにする場合は、フォームをカスタマイズします。 ユーザーが SharePoint の外部で (たとえばモバイル デバイスなどで) データを管理できるようにする場合は、アプリを作成します。

Q: フォームをカスタマイズして、同じリストのアプリを作成することはできますか?

A: はい。

Q: リストをカスタマイズして、同じ機能のアプリを作成できますか?

A: はい。

Q: 組織の既定環境以外の環境でフォームをカスタマイズできますか?

A: いいえ。

カスタム フォームを管理する

Q: 自分のフォームを他のユーザーと簡単に共有するにはどうすればよいですか?

A: フォームを開き、リンクのコピーを選択し、フォームを使用するユーザーにリンクを送信します。

Q: 他のユーザーに対して変更を可視にせずに、フォームを更新できますか?

A: はい。 フォームの変更と保存は何度でもできますが、変更内容は SharePoint に公開を 2 回選択するまで他のユーザーには表示されません。

Q: リスト フォームのカスタマイズを間違えた場合は、以前のバージョンに戻すことができますか?

A: はい。

  1. リストを開き、コマンド バーで PowerApps を選択し、フォームをカスタマイズを選択します。

  2. Power Apps Studio で、ファイルすべてのバージョンの表示の順に選択します。 バージョン ページが新しいブラウザー タブに表示されます。

    注意

    すべてのバージョンの表示ボタンが表示されていない場合は、保存を選択します。 ボタンが表示されます。

  3. バージョン ページまたはブラウザー タブを閉じずに、他のブラウザー タブの保存ページに戻って、左側のナビゲーション ウィンドウの上部にある矢印をクリックまたはタップします。次に、SharePoint に戻るをクリックまたはタップしてフォームのロックを解除し、Power Apps Studio を閉じます。

  4. ブラウザー タブのバージョン ページに戻り、復元するバージョンを見つけて、復元 を選択します。

    注意

    フォームが別のユーザーによってロックされているために復元が失敗したというエラー メッセージが表示された場合は、そのユーザーがフォームのロックを解除するまで待機してからやり直してください。

Q: リスト間でフォームを移動できますか?

A: いいえ。

カスタム フォームを管理する

Q: フォームを共有する方法を教えてください。

A: フォームを共有する必要はありません。フォームは、SharePoint リストからアクセス許可を継承します。 フォームのカスタマイズが完了したら、他のユーザーが使用できるようにそのフォームを SharePoint に公開するだけです。

Q: 誰がフォームをカスタマイズできますか?

A: 関連リストを管理、設計、または編集する SharePoint アクセス許可を持つ任意のユーザーです。

Q: カスタム リスト フォームの作成や使用に、Power Apps のライセンスは必要ですか?

A: ゲスト ユーザーはカスタム フォームを使用できます。 カスタム フォームを 作成 するには、Power Apps を含む Office 365 プランが必要となります。

Q: ゲスト ユーザーがカスタム フォームを含むリストにアクセスするとどうなりますか?

A: ゲストユーザーがリストへのアクセス権限を持っている限りは、カスタム フォームにアクセスできます。

Q: 管理者が、組織のすべてのカスタマイズされたフォーム一覧を取得する方法を教えてください。

A: Power Apps のテナント管理者であるか、組織の既定の Power Apps 環境に対する環境管理者アクセス許可を持っている場合は、次のように操作します。

  1. Power Platform 管理センターで、環境のリストから、組織の既定の環境を選択します。

  2. 既定の環境のページ上部で、リソースを選択します。

  3. アプリのリストから、アプリの種類が SharePoint フォームのアプリを探します。これらは、カスタマイズされたフォームです。

    カスタマイズされたフォームのリスト