Excel Services のアーキテクチャExcel Services Architecture

Excel Services は Microsoft SharePoint Server 2010 の一部です。Excel Services は ASP.NET および SharePoint Foundation テクノロジ上に構築されています。Excel Services の中心となるコンポーネントは次のとおりです。Excel Services is part of Microsoft SharePoint Server 2010. Excel Services is built on ASP.NET and SharePoint Foundation technologies. Following are the core components in Excel Services:

  • Excel Web AccessExcel Web Access

  • Excel Web ServicesExcel Web Services

  • ユーザー定義関数 (UDF)User-defined functions (UDFs)

  • ECMAScript (JavaScript, JScript)ECMAScript (JavaScript, JScript)

  • REST (Representational State Transfer) サービスRepresentational State Transfer (REST) service

  • Excel Calculation ServicesExcel Calculation Services

注意

Office Online の一部である Microsoft Excel Online も、ブラウザーで Excel ブックをサポートしています。Microsoft Excel Online, part of Office Online, also supports Excel workbooks in the browser. Excel Online の詳細については、Office Web Apps に関するドキュメントを参照してください。For more information about Excel Online, see documentation about Office Web Apps.

Excel Web Access、Excel Web Services、UDF、JavaScript、REST サービス、Excel Calculation Services コンポーネントは、主に 2 つのグループ、フロントエンド サーバー (「Web フロント エンド」としても知られる) 上のコンポーネントおよびバックエンド アプリケーション サーバー上のコンポーネントに分かれます。 Web フロント エンドおよびバックエンド アプリケーション サーバーのコンポーネントThe Excel Web Access, Excel Web Services, UDFs, JavaScript, the REST service, and Excel Calculation Services components can be divided into two major groups: the components on a front-end server (also known as the "Web front end") and the component on a back-end application server. Components of a Web front end and a back-end application server

Web のフロントエンドおよびバックエンド アプリケーション サーバー

Web フロントエンド サーバーとバックエンド アプリケーション サーバーWeb Front-End Servers and Back-End Application Servers

Excel Web Access、Excel Web Services、UDF、JavaScript、REST サービス、Excel Calculation Services コンポーネントは、Web フロントエンド サーバー上のコンポーネントと、バックエンド アプリケーション サーバー上のコンポーネントに分かれます。Web フロント エンドには、Excel Web Access、JavaScript、REST サービス、Excel Web Services などがあります。Excel Calculation Services コンポーネントは、管理者が追加した UDF アセンブリと共に、バックエンド アプリケーション サーバー上にあります。The Excel Web Access, Excel Web Services, UDFs, JavaScript, the REST service, and Excel Calculation Services components can be divided into components on the Web front-end server and components that live on a back-end application server. The Web front end includes Excel Web Access, JavaScript, the REST service, and Excel Web Services. The Excel Calculation Services component resides on the back-end application server, alongside any UDF assemblies that an administrator has added.

SharePoint Server 2010 の最も簡単な構成、つまり、スタンドアロンのインストールとして SharePoint Server 2010 を実行する 1 台のコンピューターでは、5 つのコンポーネントすべてが同じコンピューターにインストールされます。しかし、多数のユーザーがいる一般的な企業環境では、Web フロントエンド サーバー上のコンポーネントとバックエンド アプリケーション サーバー上のコンポーネントは、ファーム構成になった別のコンピューターにあります。Web フロントエンド サーバーをバックエンド アプリケーション サーバーから独立させてスケール アウトすることが可能です。たとえば、組織のニーズによって、Web フロントエンド サーバーを追加したり、バックエンド サーバーを追加することができます。In the simplest configuration in SharePoint Server 2010—that is, a single computer running SharePoint Server 2010 as a stand-alone installation—all five components are installed on the same computer. However, in a typical enterprise environment with a large number of users, the components on the Web front-end server and the components on the back-end application server are on different computers in a farm configuration. It is possible to scale out the Web front-end server independently from the back-end application server. For example, you can have more Web front-end servers or more back-end application servers, depending on your organizational needs.

Excel Services トポロジ、スケーラビリティ、パフォーマンス、セキュリティについて詳しくは、 TechNet の SharePoint Server 2010 ドキュメントをご覧ください。For information about Excel Services topology, scalability, performance, and security, see the SharePoint Server 2010 documentation on TechNet.

Excel Web AccessExcel Web Access

Excel Web Access はビューアー ページであり、SharePoint Server 2010 の Web パーツ ページに追加できる Excel Services Web パーツです。Excel Web Access は、Web ページ上にライブの Excel ブックを表示 (言い換えると、HTML を作成) して、ユーザーがブックを操作し、探索できるようにします。Excel Web Access は、ユーザーに表示可能な Excel Services のコンポーネントです。Excel Web Access は、SharePoint Server 2010 にあるその他すべての Web パーツと同じように使用することができます。Excel Web Access を使用するためにクライアント コンピューターにインストールしなければならないものは何もありません。Excel Web Access is a viewer page and an Excel Services web part that you can add to any web parts page in SharePoint Server 2010. Excel Web Access renders (in other words, creates the HTML for) live Excel workbooks on a webpage, and enables the user to interact with those workbooks and explore them. Excel Web Access is the visible Excel Services component for the user. You can use Excel Web Access like any other web part in SharePoint Server 2010. Excel Web Access does not require the user to install anything on the client computer.

Excel Web Access Web パーツのプロパティもカスタマイズ可能です。The Excel Web Access web part properties are also customizable. 詳細については、Microsoft.Office.Excel.Server.WebUI 名前空間のリファレンス ドキュメントを参照してください。For more information, see the Microsoft.Office.Excel.Server.WebUI namespace reference documentation.

Excel Web ServicesExcel Web Services

Excel Web Services は、Web サービスにプログラムを使用してアクセスできるようにする Excel Services のコンポーネントです。Excel Web Services を呼び出して、ブックから値の計算、設定、抽出を行うとともに、外部のデータ接続を更新できるアプリケーションを開発することができます。Excel Web Services を使用すると、サーバー側のブックのロジックをアプリケーションに組み込み、Excel ブックの更新を自動化できるとともに、サーバー側の Excel の計算に関連するアプリケーション固有のユーザー インターフェイスを作成することができます。Excel Web Services is the Excel Services component that provides programmatic access to its Web service. You can develop applications that call Excel Web Services to calculate, set, and extract values from workbooks, and to refresh external data connections. By using Excel Web Services, you can incorporate server-side workbook logic into an application, automate the updating of Excel workbooks, and create application-specific user interfaces around server-side Excel calculation.

注意

ブックに変更を加えたときに (たとえば、Excel Web Services を使用して範囲に値を設定したときに)、ブックに対する変更内容は、そのセッションでのみ保持されます。When you make changes to a workbook—for example, by setting values to a range by using Excel Web Services—the changes to the workbook are preserved only for that session. 変更は保存されず、元のブックが維持されます。The changes are not saved or persisted back to the original workbook. 現在のブックのセッションが終了すると (たとえば、CloseWorkbook メソッドを呼び出したときや、セッションがタイムアウトになったとき)、変更内容は失われます。ブックに加えた変更内容を保存するには、GetWorkbook メソッドを使用してからブックを保存します。When the current workbook session ends (for example, when you call the CloseWorkbook method, or when the session times out), the changes that you made are lost.> If you want to save changes that you make to a workbook, you can use the GetWorkbook method, and then save the workbook. 詳細については、「Microsoft.Office.Excel.Server.WebServices」を参照してください。For more information, see Microsoft.Office.Excel.Server.WebServices . 編集モードでブックを開いて、変更内容を保存することもできます。You can also open the workbook in edit mode and save the changes.

Excel Web Services の詳細については、「Excel Services の開発ロードマップ」を参照してください。For more information about Excel Web Services, see Excel Services Development Roadmap.

ユーザー定義関数 (UDF)User-Defined Functions (UDFs)

Excel Services の UDF では、セル内で数式を使用して、マネージ コードで記述され、SharePoint Server 2010 に配置されたカスタム機能を呼び出すことができます。Excel Services における UDF について、詳細は「 Excel Services UDF の理解」を参照してください。Excel Services UDFs enable you to use formulas in a cell to call custom functions that are written in managed code and deployed to SharePoint Server 2010. For more information about UDFs in Excel Services, see Understanding Excel Services UDFs.

ECMAScript (JavaScript, JScript)ECMAScript (JavaScript, JScript)

Excel Services に含まれる JavaScript オブジェクト モデルにより、開発者はページ上で Excel Web Access Web パーツ コントロールをカスタマイズ、自動化、操作することができます。JavaScript オブジェクト モデルを使用すると、ページ上の 1 つ以上の Excel Web Access Web パーツ コントロール、またはページ上のスクリプト付き iframe で操作する、マッシュアップおよびその他の統合ソリューションを作成できます。また、ブックの機能および関連するコードをさらに追加することもできます。The JavaScript object model in Excel Services enables developers to customize, automate, and drive the Excel Web Access web part control on a page. By using the JavaScript object model, you can build mashups and other integrated solutions that interact with one or more Excel Web Access web part controls on a page or an iframe with script on the page. It also enables you to add more capabilities to your workbooks and code around them.

Excel Services の JavaScript オブジェクト モデルについて、詳細は Ewa 名前空間のリファレンス ドキュメントを参照してください。For more information about the JavaScript object model in Excel Services, see the Ewa namespace reference documentation.

REST APIREST API

Excel Services の REST API では、URL を介して直接ブックのパーツや要素にアクセスできます。URL には「マーカー」パスがあります。これは, .aspx ページ、ブックのファイルの場所、ブック内の要求された要素へのパスに対するエントリ ポイントです。The REST API in Excel Services enables you to access workbook parts or elements directly through a URL. The URL contains a "marker" path, which is the entry point to an .aspx page, to the workbook file location, and to the path to the requested element inside the workbook.

Excel Services の REST API に組み込まれた探索メカニズムにより、開発者とユーザーは、手動で、またはプログラムを使用してブックの内容を探索できます。The discovery mechanisms built into the Excel Services REST API enables developers and users to explore the content of a workbook manually or programmatically.

Excel Services の REST API について、詳細は「 Excel Services の REST API」を参照してください。For more information about the REST API in Excel Services, see Excel Services REST API.

Excel Calculation ServicesExcel Calculation Services

Excel Calculation Services の役割は、ブックの読み込み、ブックの計算、カスタム コード (UDF) の呼び出し、外部データの更新です。また、対話機能のためのセッション状態も維持します。Excel Calculation Services は、ユーザーまたは呼び出し元が同じブックで対話する期間セッションを維持します。セッションは、呼び出し元が明示的に終了したり、サーバー上でセッションがタイム アウトになると終了します。複数のユーザーが同じ一連のブックにアクセスする場合、パフォーマンス向上のため、Excel Services は、開かれた Excel ブック、計算状態、外部データのクエリ結果をキャッシュに入れます。The role of Excel Calculation Services is to load workbooks, calculate workbooks, call custom code (UDFs), and refresh external data. It also maintains the session state for interactivity. Excel Calculation Services maintains a session for the duration of interactions with the same workbook by a user or caller. A session is closed when the caller explicitly closes it or when the session times out on the server. Excel Services caches the opened Excel workbooks, calculation states, and external data query results, for improved performance when multiple users access the same set of workbooks.

負荷分散Load-Balancing

複数サーバーの構成では、Excel Services は、ファーム構成における複数の Excel Calculation Services の発生全体で要求の負荷分散を行います。インストールに複数のアプリケーション サーバーが含まれる場合、Excel Services は、要求によって過負荷になるアプリケーション サーバーがないように負荷を分散します。In multiple-server configurations, Excel Services load-balances requests across multiple Excel Calculation Services occurrences in a farm configuration. If your installation includes multiple application servers, Excel Services will balance the load in an attempt to help ensure that no single application server is overloaded by requests.

管理者は、負荷分散の動作を構成できます。Administrators can configure the load-balancing behavior.

関連項目See also

概念Concepts

Excel Services の概要Excel Services Overview

Excel Services の開発ロードマップExcel Services Development Roadmap

サポートされる機能とサポートされない機能Supported and Unsupported Features

その他のリソースOther resources

チュートリアル: Excel Web Services を使用してカスタム アプリケーションを開発するWalkthrough: Developing a Custom Application Using Excel Web Services