Excel Services の概要Excel Services Overview

Excel Services は、 Microsoft SharePoint で Microsoft Excel ブックを読み込み、計算、表示できるサービス アプリケーションです。Excel Services は Microsoft Office SharePoint Server 2007 で初めて導入されました。Excel Services is a service application that enables you to load, calculate, and display Microsoft Excel workbooks on Microsoft SharePoint. Excel Services was first introduced in Microsoft Office SharePoint Server 2007.

Excel Services を使用することにより、SharePoint ポータルおよびダッシュボードで Excel ブックを再利用し、共有できます。たとえば、財務アナリスト、事業プランナー、エンジニアは Excel でコンテンツを作成し、SharePoint ポータルとダッシュボードを使用して、カスタム コードを作成しないで、他の人とそれを共有できます。表示するデータを制御でき、また、Excel ブックの 1 つのバージョンを維持できます。 Excel Services には 4 つの主なインターフェイスがあります。By using Excel Services, you can reuse and share Excel workbooks on SharePoint portals and dashboards. For example, financial analysts, business planners, or engineers can create content in Excel and share it with others by using an SharePoint portal and dashboard—without writing custom code. You can control what data is displayed, and you can maintain a single version of your Excel workbook. There are four primary interfaces for Excel Services:

  • Excel Web Access Web パーツ。ブラウザーで実際のブックを表示して操作することができます。An Excel Web Access Web Part, which enables you to view and interact with a live workbook by using a browser

  • プログラムによるアクセス用の Excel Web ServicesExcel Web Services for programmatic access

  • ECMAScript (JavaScript, JScript) オブジェクト モデル。Excel Web Access の自動化とカスタマイズを行って駆動し、より強力な統合されたソリューションと、ECMAScript (JavaScript, JScript) オブジェクト モデルを拡張するユーザー定義関数を作成する機能をユーザーに与えます。An ECMAScript (JavaScript, JScript) object model for automating and customizing, and to drive the Excel Web Access control and help build more compelling, integrated solutions as well as the ability to user user-defined functions to extend the ECMAScript (JavaScript, JScript) object model

  • URL 経由でブック パーツに直接アクセスするための Representational State Transfer (REST) APIA Representational State Transfer (REST) API for accessing workbook parts directly through a URL

注意

Excel 対話型ビュー機能は使用できなくなりました。The Excel Interactive View feature has been disabled. Web サイトからこの機能を削除する方法の詳細については、「Web ページから Excel の対話型のビューを削除する」を参照してください。For information about removing this feature from your website, see Removing Excel Interactive View from a webpage.

ユーザー定義関数 (UDF) を使用して Excel Calculation Services を拡張することもできます。You can also extend Excel Calculation Services by using user-defined functions (UDFs).

注意

Excel Calculation Services の詳細については、「Excel Services のアーキテクチャ」を参照してください。For more information about Excel Calculation Services, see Excel Services Architecture.

Excel Services を使用すると、ブラウザーのみを使用してライブのインタラクティブ ブックを表示できます。つまり、ポータル サイト内から Excel ブックを保存したり、操作したりできます。ピボットテーブルの並べ替え、フィルター処理、展開、または縮小を行い、パラメーターを渡すことで、Excel ベースのデータを操作することもできます。これにより、発行されたブック上で分析を実行できます。発行されたブックを変更しなくても、ブックを操作できます。これは、レポートの作成者とコンシューマーにとって役に立つ機能です。Excel Services は、外部データ ソースに接続されているブックをサポートします。外部データ ソースへの接続文字列は、ブックに埋め込むか、データ接続ライブラリ ファイルに集中的に保存できます。名前付き範囲 (パラメーター) にすることによって、ワークシート内の選択したセルを編集可能にすることもできます。表示可能にするように選択したアイテムは、Excel Services に保存するときに、Excel Web Access の [パラメーター] ウィンドウに表示されます。[パラメーター] ウィンドウでこれらの名前付き範囲の値を変更し、ブックを更新することができます。ポータルのフィルター Web パーツを使用して、いくつかの Web パーツ (Excel Web Access およびその他の種類の Web パーツ) に共にフィルターを適用することもできます。ただし、Excel Services を使用して新しいブックを作成したり、既存のブックを編集したりすることはできません。Excel Services で使用できるブックを作成するには、Microsoft Excel 2013 を使用します。By using Excel Services, you can view live, interactive workbooks by using only a browser. This means that you can save Excel workbooks and interact with them from within portal sites.You can also interact with Excel-based data by sorting, filtering, expanding, or collapsing PivotTables, and by passing in parameters; this provides the ability to perform analysis on published workbooks. You can interact with a workbook without changing the published workbook—which is valuable for report authors and report consumers.Excel Services supports workbooks that are connected to external data sources. You can embed connection strings to external data sources in the workbook or save them centrally in a data connection library file.You can also make selected cells in worksheets editable by making them named ranges (parameters). Items that you choose to make viewable, when you save to Excel Services, appear in the Parameters pane in Excel Web Access. You can change the values of these named ranges in the Parameters pane and refresh the workbook. You can also use the portal's filter Web Part to filter several Web Parts (Excel Web Access and other types of Web Parts) together.However, you cannot use Excel Services to create new workbooks or to edit existing workbooks. To author a workbook for use with Excel Services, you can use Microsoft Excel 2013.

注意

Office Online の一部である Microsoft Excel Online も、ブラウザーで Excel ブックをサポートしています。Microsoft Excel Online, part of Office Online, also supports Excel workbooks in the browser. Excel Online の詳細については、「新しい Office の概要」を参照してください。For more information about Excel Online, see Get started with the new Office.

Excel Services には Web サービスもあります。Excel Web Services を使用してブックを読み込み、セルと範囲に値を設定し、外部データ接続を更新し、ワークシートを計算し、計算結果 (セルの値、計算済みブック全体、ブックのスナップショットを含む) を抽出できます。SharePoint では Excel Web Services を使用して保存、コピーの保存、共同の編集セッションへの参加も可能です。Excel Services also has a Web service. You can use Excel Web Services to load workbooks, set values in cells and ranges, refresh external data connections, calculate worksheets, and extract calculated results (including cell values, the entire calculated workbook, or a snapshot of the workbook). In SharePoint, you can also save, save a copy, and participate in collaborative editing sessions by using Excel Web Services.

注意

スナップショットの詳細については、「方法: ブック全体またはスナップショットを取得する」を参照してください。or more information about snapshots, see How to: Get an Entire Workbook or a Snapshot.

Excel Services は UDF をサポートします。UDF を使用して、Excel Calculation Services の機能を拡張することができます (たとえば、カスタム計算ライブラリを実装したり、Excel Services によってネイティブでサポートされていない Web サービスおよびデータ ソースからデータを読み取ったりします)。Excel Services は、Excel との機能および計算の再現性を提供する、拡張性と堅牢性を備えたエンタープライズ クラスのサーバーになるように設計されています。Excel Services supports UDFs, which you can use to extend the capabilities of Excel Calculation Services—for example, to implement custom calculation libraries or to read data from Web services and data sources that are not natively supported by Excel Services.Excel Services is designed to be a scalable, robust, enterprise-class server that provides feature and calculation fidelity with Excel.

シナリオおよび機能Scenarios and Features

Excel Services は多数の異なるシナリオをサポートとします。このセクションでは、そのうちのいくつかについて説明します。Excel Services supports many different scenarios and features, some of which are described in this section.

ビジネス インテリジェンス ポータルおよびブック分析Business Intelligence Portal and Workbook Analysis

ビジネス インテリジェンス ポータルは、スコアカードおよびレポートを表示し、ユーザーがブラウザーのみを使用してデータを探索できるようにします。SharePoint Server の BI センター機能には、ビジネス インテリジェンス ポータルおよびダッシュボード機能が含まれています。図 1 は、レポートのライブラリ、グラフ、および主要業績評価指標 (KPI) が既にセットアップされているレポート センター ダッシュボードを示しています。A business intelligence portal displays scorecards and reports, and enables users to explore data by using only a browser. The BI Center feature in SharePoint Server includes a business intelligence portal and dashboard functionalities. Figure 1 shows a report center dashboard with a library of reports, a chart, and Key Performance Indicators (KPIs) already set up.

Excel Services には、サーバー上のデータを計算する機能もあります。Excel Services は、Excel ベースのコンテンツを統合された BI ダッシュボード上で計算および公開できるようにすることで、BI センターに参加します。Excel Web Access Web パーツを使用して Excel ブックを表示し、外部データ ソースに接続し、ブック内のデータをさらに操作することができます。Excel Services also enables you to calculate data on the server. Excel Services participates in the BI Center by providing the ability to calculate and expose Excel-based content on integrated BI dashboards.You can display an Excel workbook by using the Excel Web Access Web Part, connect to external data sources, and further interact with the data in the workbook.

図 1 は、フィルター Web パーツを含むダッシュボード、および Excel Web Access Web パーツを使用して表示される Excel ブックを示しています。Figure 1 shows a dashboard with a filter Web Part, and Excel workbooks displayed by using Excel Web Access Web Parts.

図 1. フィルター処理と Excel コンテンツを含むダッシュボードFigure 1. Dashboard with filtering and Excel content

フィルター機能と Excel コンテンツを含むダッシュボード

統合ダッシュボードへの参加に加えて、Excel Services を使用すると、Excel ブックのすべてまたは一部を表示できるため、ユーザーはそのコンテンツを使い慣れた Excel ユーザー インターフェイスで操作できます。図 2 は、表示される範囲、およびパラメーターの入力として表示されるセルを示しています。特定のセルをパラメーターとして指定すると、ユーザーは右側のウィンドウの編集ボックスを使用して、ワークシート内のこれらのセルの値を変更できます。Excel Services は、新しい値に基づいてワークシートを再計算します。In addition to participating in integrated dashboards, Excel Services can also be used to display all or part of Excel workbooks to enable users to interact with that content in the familiar Excel user interface. Figure 2 shows a range being displayed, and cells being exposed for user input through parameters. Designating specific cells as parameters enables users to change values in those cells in a worksheet by using the edit boxes in the right pane. Excel Services then recalculates the worksheet based on the new values.

Excel の特定の機能を使用する必要がある場合や、すべての Excel 機能を使用してブックを分析する必要がある場合は、[ Excel で開く] をクリックしてブックを Excel で開くことができます。また、印刷やオフライン作業を行うために、Excel でブックを開くこともできます。If you want to use certain functionalities in Excel or if you want to analyze a workbook by using all Excel functionalities, you can open a workbook in Excel by clicking Open in Excel. You can also open a workbook in Excel to print it and to work offline.

注意

[Excel で開く] コマンドを使用してブックを開くには、"開く" 権限を持っている必要があります。To open a workbook by using the Open in Excel command, you must have "open" rights. 詳細については、次のセクションの「ブックの管理」と、TechNet の「ユーザー権限とアクセス許可レベル」を参照してください。For more information, see the next section, Managing Workbooks, and User Permissions and Permission Levels on TechNet. "開く" 権限を持っていないユーザーも、Excel でスナップショットを開くことができます。Users who do not have "open" rights can still open a snapshot in Excel.

図 2. [パラメーター] ウィンドウの使用Figure 2. Using the Parameters pane

[パラメーター] ウィンドウの使用

Excel Web Access を使用してデータの分析、ピボット、および操作を行うこともできます。You can also analyze, pivot, and interact with data by using Excel Web Access.

Excel Services について、および SharePoint のビジネス インテリジェンスについて詳しくは、SharePoint Server のヘルプのビジネス インテリジェンス文書を参照してください。For more information about Excel Services and business intelligence capability in SharePoint, see the business intelligence documentation in SharePoint Server Help.

ブックを管理するManaging Workbooks

Excel Services のブック管理およびロックダウン機能により、次のことを行うことができます。The workbook management and lockdown capabilities of Excel Services enable you to:

  • 各ユーザーのコンピューターに複数のコピーを保持するのではなく、セキュリティで保護された中心的な場所に、信頼できる作成者によって作成および変更されるブックのコピーを 1 つだけ保持します。ワークシートの正しいバージョンを、Excel、SharePoint、その他のアプリケーション内から、より簡単に検索、共有、および使用することができます。Maintain only one copy of a workbook, that is created and changed by a trusted author in a central, secure place, instead of maintaining multiple copies on each user's computer. The correct version of the worksheet is easier to find, share, and use from within Excel, SharePoint, and other applications.

  • ブック モデルおよびバックエンド データをセキュリティで保護します。ユーザーには "参照のみ" の権限を与えて、ブックへのアクセスを制限することができます。たとえば、ユーザーが Excel を使用してブックを開くことができないようにしたり、ユーザーが表示することを許可されるブック内の項目を制御したりすることができます。ユーザーは、作成者が共有することを望むブックのコンテンツにブラウザー ベースでアクセスできますが、ブックを Excel クライアントで開いたり、式を表示したり、ブックに含まれる場合のあるサポート コンテンツや他の知的財産を表示したりできません。Secure and protect workbook models and back-end data. You can give users view-only rights to limit access to the workbook. For example, you can prevent users from opening a workbook by using Excel or you can control what they are allowed to view in a workbook. Users can have browser-based access to the content in a workbook that the author wants to share, but no ability to open the workbook in the Excel client, view formulas, or view supporting content or other intellectual property that may be in the workbook.

  • ブックのスナップショットを作成します。Create snapshots of a workbook.

Excel Services は、多くのユーザーおよび多くのブックに応じて最適化されます。また、サーバー ファーム間で計算を負荷分散することもできます。Excel Services is optimized for many users and many workbooks. It can also help load-balance calculation across the server farm.

Excel Services を使用したブックの管理について詳しくは、 TechNet の SharePoint Server に関するドキュメントや SharePoint Server ヘルプを参照してください。For more information about managing workbooks by using Excel Services, see the SharePoint Server documentation on TechNet or SharePoint Server Help.

カスタムの .NET アプリケーションによるプログラムのアクセスProgrammatic Access through Custom .NET Applications

次の処理を行うカスタム アプリケーション (ASP.NET アプリケーションなど) を作成できます。You can create custom applications—for example, ASP.NET applications—that:

  • Excel Web Services を呼び出してブックのアクセス、パラメータ化、および計算を行います。Call Excel Web Services to access, parameterize, and calculate workbooks.

  • 開く、外部データを更新する、セルまたは範囲を設定する、再計算する、他のアプリケーションまたはユーザーとのグループ作業による編集セッションに参加する、保存する、名前を付けて保存する、などの処理を行います。Open, refresh external data, set cells or ranges, recalculate, participate in collaborative editing sessions with other applications or people, save, and save as.

  • カスタム ワークフローを使用して、計算操作のスケジュールや電子メール通知の送信を行います (これには、SharePoint 機能が使用されます。これは、Excel Services のネイティブな部分ではありません)。Use custom workflows to schedule calculation operations or send e-mail notifications. (This uses SharePoint capabilities and is not a native part of Excel Services.)

ユーザー定義関数 (UDF)User-Defined Functions (UDFs)

Excel Services UDF を使用することもできます。これにより、セル内の式を使用して、マネージ コードで作成され SharePoint Server に展開されたカスタム関数を呼び出せます。You can also use Excel Services UDFs, which enable you to use formulas in a cell to call custom functions that are written in managed code and deployed to SharePoint Server.

Excel Services の UDF の詳細については、「 Excel Services UDF の理解」を参照してください。For more information about UDFs in Excel Services, see Understanding Excel Services UDFs.

ECMAScript (JavaScript, JScript)ECMAScript (JavaScript, JScript)

Excel Services の JavaScript オブジェクト モデルを使用して、Excel Web Access Web パーツ コントロールを自動化、カスタマイズ、および実行することもできます。JavaScript オブジェクト モデルを使用して、より魅力的な統合ソリューションを構築できます。You can also use the JavaScript object model in Excel Services to automate, customize, and drive the Excel Web Access Web Part control. You can use the JavaScript object model to build more compelling and integrated solutions.

JavaScript のユーザー定義関数 (UDF)JavaScript user-defined functions (UDFs)

Microsoft Excel Services および Microsoft SharePoint の新機能である ECMAScript (JavaScript, JScript) UDF により、OneDrive または SharePoint の Excel Web AccessExcel Web Access Web パーツで埋め込みの Excel ブックを使用しているときに、カスタム関数を Excel に追加できます。Excel で使用する組み込み関数のほかに、JavaScript UDF を使用して、式内から直接呼び出せる、独自のカスタム関数を追加できます。New in Microsoft Excel Services and Microsoft SharePoint, ECMAScript (JavaScript, JScript) UDFs enable you to add custom functions to Excel when you are using an embedded Excel workbook with OneDrive or an Excel Web AccessExcel Web Access Web Part in SharePoint. Besides the built-in functions that you use in Excel, you can add your own, custom functions using JavaScript UDFs that you can call from inside formulas in .

JavaScript UDF は、Microsoft Excel に作成できる UDF に似ています。違いは、JavaScript UDF は Web ページに埋め込まれたブックでのみ使用され、その Web ページだけに存在することです。JavaScript UDFs are similar to UDFs that you can create for Microsoft Excel. The difference is that JavaScript UDFs are only used in workbooks embedded in a webpage and only exist on that web page.

JavaScript オブジェクト モデルJavaScript Object Model

Excel Services JSOM API では次の機能がサポートされました。The Excel Services JSOM API now includes the following:

  • 埋め込まれたブックの再読み込み機能。埋め込まれたブックを基になるブック ファイルのデータにリセットできます。The ability to reload the embedded workbook. Now you can reset the embedded workbook to the data in the underlying workbook file.

  • ユーザー作成の浮動オブジェクト。EwaControl オブジェクトに、ユーザーが作成した浮動オブジェクトを追加/削除する新しいメソッドが追加されました。User-created floating objects. The EwaControl object has new methods that let you add/remove floating objects that you create.

  • Ewa コントロールの表示領域のより詳細な制御。More control over viewable area of the Ewa control.

  • SheetChanged イベント。このイベントは、セルの更新、セルの削除または消去、範囲のコピー/カット/貼り付け、元に戻す/やり直し操作など、シートが何か変更されたときに発生します。SheetChanged Event. This event raises when something changes on a sheet, such as updating cells, deleting or clearing cells, copying, cutting or pasting ranges, and undo/redo actions.

  • データの入力規則のサポート。ユーザーが入力したデータを検証できます。Enabling data validation. You can now validate data that is entered by a user.

REST APIREST API

Excel Services の REST API を使用して、ブック パーツまたは要素に URL 経由で直接アクセスできます。Excel Services REST API に組み込まれた検出メカニズムを使用すると、開発者とユーザーは手動またはプログラムによってブックのコンテンツを探査できます。You can use the REST API in Excel Services to access workbook parts or elements directly through a URL. The discovery mechanisms built into the Excel Services REST API enable developers and users to explore the content of the workbook manually or programmatically.

Excel Services の REST API の詳細については、「 Excel Services REST API」を参照してください。For more information about the REST API in Excel Services, see Excel Services REST API.

REST ODATAREST ODATA

Microsoft Excel Services および Microsoft SharePoint の新機能で、Excel Services REST API の新しい OData 機能を使用することにより、Excel ブック内のテーブルを OData として要求できます。たとえば REST 呼び出しを使用して SampleWorkbook.xlsx ブック内の使用可能なリソースに関する Excel メタデータを要求するには、次の構文を使用します。New in Microsoft Excel Services and Microsoft SharePoint, by using the new OData functionality in the Excel Services REST API, you can request the tables inside an Excel workbook as OData. For example, to request Excel metadata about available resources in the SampleWorkbook.xlsx workbook using a REST call, you use the following syntax.

http://<ServerName>/_vti_bin/ExcelRest.aspx/Docs/Documents/SampleWorkbook.xlsx/model REST API の詳細については、http://<ServerName>/_vti_bin/ExcelRest.aspx/Docs/Documents/SampleWorkbook.xlsx/model For more information about the REST API, see the

SharePoint SDK ドキュメントの Excel Services 2010 REST API ドキュメントを参照してください。Excel Services 2010 REST API documentation in the SharePoint SDK documentation.

OData を使用して SampleWorkbook.xlsx ブック内の利用可能なリソースについてのメタデータを要求するには、次の要求のように同じ REST 構文を使用しますが、/Model を /Odata に置き換えます。To request metadata about available resources in the SampleWorkbook.xlsx workbook using OData, use the same REST syntax, except replace /Model with /Odata as in the following request.

http://<ServerName>/_vti_bin/ExcelRest.aspx/Docs/Documents/sampleWorkbook.xlsx/ODatahttp://<ServerName>/_vti_bin/ExcelRest.aspx/Docs/Documents/sampleWorkbook.xlsx/OData

その後、OData システム クエリ オプションを使用して、ブック内のテーブルに関する特定の情報を取得できます。From there you can use OData system query options to get specific information about tables inside the workbook.

関連項目See also