Action 要素 (WorkflowInfo)Action element (WorkflowInfo)

適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

ワークフロー エンジンは、Microsoft SharePoint Foundation 2010 での操作と呼ばれるワークフロー アクティビティの処理に必要な情報が含まれています。Contains the information that is needed for the workflow engine to process a workflow activity, which is called an action in Microsoft SharePoint Foundation 2010. ワークフローアクション要素では、SharePoint Foundation 2010 のリストの項目、タスクの作成と割り当て、およびその他の多くのアクティビティの更新の電子メール通知を送信するなど、ワークフローのアクティビティを表します。A workflow Action element represents a workflow activity, such as sending email notifications, updating SharePoint Foundation 2010 list items, creating and assigning tasks, and many other activities.

既定では、SharePoint Foundation 2010 は、23 の組み込みのワークフロー アクションを提供します。By default, SharePoint Foundation 2010 provides 23 built-in workflow actions. これらは、WSS で定義されます。アクション ファイル。These are defined in the WSS.ACTIONS file.

定義Definition

<Actions>
    <Action>
        <Parameters>
        </Parameters>
        <RuleDesigner>
        </RuleDesigner>
        <DataSources>
        </DataSources>
        <Modifications>
            <Modification>
            </Modification>
        </Modifications>
        <ActionVariables>
        </ActionVariables>
        <ActionBody>
        </ActionBody>
        <ActionConditions>
        </ActionConditions>
    </Action>
</Actions>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute

説明Description

NameName

必須のテキストです。Required text. ワークフロー エディターに表示されるワークフロー アクションの説明を表します。Represents the description of the workflow action that is displayed to the workflow editor.

クラス名ClassName

必須のテキストです。Required text. ワークフロー アクションを実装するクラスの完全修飾名たとえば、 Microsoft.SharePoint.WorkflowActions.EmailActivityです。Fully qualified name of the class that implements the workflow action; for example, Microsoft.SharePoint.WorkflowActions.EmailActivity.

アセンブリAssembly

必須のテキストです。Required text. Action要素を実装する手順について説明する Microsoft .NET アセンブリの名前です。The Microsoft .NET assembly name that contains instructions to implement the Action element. テキストには、最中、バージョン、およびカルチャを含める必要があります。The text should include the PublicKeyToken, Version, and Culture.

FunctionNameFunctionName

テキストを指定します。Optional text. サンド ボックス ソリューションは、呼び出される関数の名前を指定します。For sandboxed solutions, specifies the name of a function to call.

分類Category

テキストを指定します。Optional text. ワークフロー アクションのカテゴリが用意されています。Provides a category for the workflow action. このテキストは、使用可能なアクションの一覧をフィルター処理に使用されます。This text is used to filter the list of available actions.

CreatesTaskCreatesTask

省略可能なブール値です。Optional Boolean. 場合は、ワークフロー内に設定する場合は true、タスク一覧の項目が作成されます。If set to true, a task list item is created in the workflow. 空白の場合という前提はfalse、およびタスク リストの項目は作成されません。If left blank, the assumption is false, and no task list items are created.

CreatesInListCreatesInList

テキストを指定します。Optional text. この属性の値を設定すると、ワークフローは、ボックスの一覧で項目を作成します。If a value is set for this attribute, the workflow creates an item in a list. 値は、リストまたはドキュメント ライブラリのIDを含むパラメーター名にマップする必要があります。Values must map to a parameter name that contains the ID of the list or document library.

AppliesToAppliesTo

必須のテキストです。Required text. このワークフロー アクションをリスト、ドキュメント ライブラリ、またはその両方を使用するかどうかを示します。Indicates whether this workflow action should be available for lists, document libraries, or both. 有効な値には、リストドキュメント ライブラリ、およびすべてが含まれます。Valid values include list, doclib, and all.

IsErrorIsError

省略可能なブール値です。Optional Boolean. に設定する場合は true。このアクションの要素のインスタンスは、クライアント アプリケーションで、エラーと見なされるとは。If set to true, instances of this Action element are considered an error by the client application.

ListModerationListModeration

省略可能なブール値です。Optional Boolean. 場合はに設定する場合は true、このアクションの要素は、コンテンツ承認が有効になっているリストまたはドキュメント ライブラリに適用されます。If set to true, this Action element applies to a list or document library that has content approval enabled. 空白の場合、前提データはfalseです。If left blank, the assumption is false.

UsesCurrentItemUsesCurrentItem

省略可能なブール値です。Optional Boolean. 場合にtrueを設定、現在の項目を使用または変更することを示します。If set to true, indicates that the current item should be used or modified. 空白または左の場合は falseに設定、このアクションの要素を使用して SharePoint のリストまたはドキュメント ライブラリの項目を指定します。If set to false or left blank, this Action element uses only the SharePoint list or document library item that is specified.

CreatedTaskFormTypeCreatedTaskFormType

テキストを指定します。Optional text. 作成されたタスクの種類を指定します 1 つのユーザーからデータを収集するタスクを作成するDataCollectTask 。1 つまたは複数のユーザーからデータを収集するタスクを作成するGroupAssignedTaskユーザーからデータを収集しませんが、のみ、あるユーザーは何かを実行したことを検証するためにタスクを作成するTodoItemTaskまたはアドホック コラボレーションには、1 つまたは複数のユーザーからデータを収集する場合がありますフォームのタスクを作成するTaskProcessです。Specifies the type of a created task: DataCollectTask to create a task that collects data from one user; GroupAssignedTask to create a task that collects data from one or more users; TodoItemTask to create a task that does not collect data from users but only exists for a user to validate that they have done something; or TaskProcess to create a task that has a form that allows for ad-hoc collaboration and might collect data from one or more users.

__SolutionId__SolutionId

テキストを指定します。Optional text. 実装に固有のアクションをクライアント アプリケーションが書き込まれる GUID を指定します。Specifies a GUID that the client application writes to the implementation-specific action. サーバーは、ワークフローの実行時にアセンブリを探すために役立つ、GUID を使用します。The server uses the GUID to help locate the assembly at run time of the workflow.

SandboxedFunctionSandboxedFunction

省略可能なブール値です。Optional Boolean. このアクションを選択するとに設定する場合は true、クライアント アプリケーションは、実装固有のアクションを挿入します。 場合、If set to true, the client application inserts an implementation-specific action when this action is selected. AssemblyNameクラス名関数名の組み合わせによって定義された関数を呼び出すには、アクションを設定してください。The action should be configured to call a function defined by the conjunction of AssemblyName, ClassName, and FunctionName. 場合は、 AssemblyNameクラス名関数名、および __SolutionIdも設定する必要があります。If set, AssemblyName, ClassName, FunctionName, and __SolutionId must also be set.

子要素Child elements

パラメーターParameters

RuleDesignerRuleDesigner

データ ソースDataSources

変更Modifications

ActionVariablesActionVariables

ActionBodyActionBody

ActionConditionsActionConditions

親要素Parent elements

アクションActions

Example

ワークフロー エディターで表示されるようにAction要素を構築する方法のコード例を次に示します。The following code example demonstrates how to construct an Action element so that it is displayed in the workflow editor. 読みやすくするため、この XML が変更されたことに注意してください。Note that this XML has been modified for readability.

    <WorkflowInfo>
      <Conditions>…</Conditions>
      <Actions Sequential="then" Parallel="and">
        <Action Name="Update my custom SharePoint list"
                ClassName="CustomActivities.OrderListFunctions"
                Assembly="CustomActivities,      
                          PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a, 
                          Version=1.0.0.0, 
                          Culture=neutral"
                Category="My Custom Actions"
                CreatesTask="true"
                CreatesInList="UpdateList"
                AppliesTo="all"
                ListModeration="false"
                UsesCurrentItem="true">
          <RuleDesigner Sentence="Update %1">
            <FieldBind Field="UpdateList"
                       Function="UpdateOrderList"
                       DesignerType="ChooseListItem"
                       ID="1"
                       Text="My Custom List">
            </FieldBind>
          </RuleDesigner>
          <Parameters>
            <Parameter Type="System.String, mscorlib"
                       Direction="In"
                       Name="UpdateList"
            </Parameters>
        </Action>
      </Actions>
    </WorkflowInfo>

関連項目See also