User Profile Service アーキテクチャの概要 (SharePoint Server)User Profile service overview

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online .

User Profile Service では、ユーザーに関する情報が、一元管理できる場所に格納されます。これにより、個人用サイト、ソーシャル タグやニュースフィードなどのソーシャル コンピューティング機能、および複数のサイトとファーム間でのプロファイルの作成と配布が可能になります。これはほとんどの SharePoint ハイブリッド シナリオでも必要です。The User Profile service stores information about users in a central location. It enables My Sites, social computing features such as social tagging and newsfeeds, and creating and distributing profiles across multiple sites and farms. It is also required by most SharePoint hybrid scenarios.

User Profile サービス アプリケーションThe User Profile service application

SharePoint Server の User Profile Service アプリケーションは、サービス管理者が以下の機能を一元的に構成および管理できる場所を提供します。The User Profile service application in SharePoint Server provides a central location where service administrators configure and administer the following features:

  • ユーザー プロファイル - 組織内のユーザーに関する詳細な情報を格納します。ユーザー プロファイルでは、各ユーザーに関連するすべてのプロパティと、そのユーザーに関連するソーシャル タグ、ドキュメント、およびその他の項目を整理して表示します。User profiles - contain detailed information about people in an organization. A user profile organizes and displays all of the properties related to each user, together with social tags, documents, and other items related to that user.

  • プロファイルの同期 - SharePoint Server のプロファイル データベースに格納されているグループおよびユーザーのプロファイル情報と Active Directory ディレクトリ サービスに格納されている情報を確実に同期できます。Profile synchronization - provides a reliable way to synchronize groups and user profile information that is stored in the SharePoint Server profile database together with information that is stored in Active Directory Directory Services.

    SharePoint Server 2013 では企業全体で他のディレクトリに直接同期することができます。In SharePoint Server 2013, you can synchronize directly with other directories across the enterprise.

    SharePoint Server 2016 では、Microsoft Identity Manager 2016 などの外部の ID マネージャーを使用して他のディレクトリと同期できます。In SharePoint Server 2016, you can synchronize with other directories by using an external identity manager such as Microsoft Identity Manager 2016.

  • 対象ユーザー - コンテンツの対象ユーザーを組織が設定できるようにします。対象は、ユーザーの業務やタスクに基づくこと、SharePoint Server グループまたは配布リストのメンバーシップで定義されているとおりにすること、組織の報告上の構造別にすること、またはユーザー プロファイルのパブリック プロパティ別にすることができます。Audiences - enables organizations to target content to users based on their job or task, as defined by their membership in a SharePoint Server group or distribution list, by the organizational reporting structure, or by the public properties in their user profiles.

  • 個人用サイトのホスト - 個人用サイトをホストすることのみを目的としたサイトです。個人用サイトのホストは、SharePoint Server のソーシャル機能を展開するときに必要です。My Site Host - a dedicated site for hosting My Sites. A My Site Host is needed in order to deploy the social features of SharePoint Server.

  • 個人用サイト - 組織内のユーザーに、ドキュメント、リンク、および仕事仲間に関する情報を一元的に管理および保存する場所を提供する個人用サイトです。My Site - a personal site that gives users in your organization a central location to manage and store documents, links, and information about colleagues.

  • ソーシャル タグとメモ: ドキュメント、他の SharePoint Server アイテム、および外部 Web ページ、ブログの投稿など、他の項目に、ユーザーがソーシャル タグを追加できるようにします。ユーザーは個人用サイトのプロファイル ページまたは任意の SharePoint Server ページにメモを残すこともできます。管理者は、従業員が退職したときにその従業員のタグをすべて削除したり、不要なタグを削除したりできます。Social tags and notes - enables users to add social tags to documents, to other SharePoint Server items, and to other items, such as external web pages and blog posts. Users can also leave notes on profile pages of a My Site or any SharePoint Server page. Administrators can delete all tags for employees when they leave the company or remove a tag they do not want.

これらの機能によって、組織内のユーザーは情報を共有し、組織内で起きている事柄を常に把握することができます。たとえば、ソーシャル タグを利用すると、興味のある情報にタグを付け、それらを追跡できます。共同作業をしているユーザーが新しいブログの投稿を作成したときや、組織のメタデータに変更があるときに、ユーザーに警告を送信できます。These features make it possible for users in an organization to share information and to stay informed about what happens within the organization. Social tags, for example, enable users to tag and track the information in which they are most interested. Users can be alerted when people with which they work author new blog posts or when there is a change in organizational metadata.

SharePoint Server のその他のサービス アプリケーションと同様、ファーム管理者は、1 人または複数のサービス アプリケーション管理者に User Profile Service アプリケーションの管理のすべてまたは一部を委任できます。これにより、User Profile Service アプリケーションを適切なビジネス グループが管理できるようになります。1 人の管理者が User Profile Service アプリケーションのすべての領域を管理することも、各領域を切り離し、別の管理者が管理することもできます。たとえば、ある管理者が 個人用サイト を管理し、別の管理者がソーシャル タグとメモを管理するようにできます。User Profile Service アプリケーションは、業務上のニーズ、セキュリティの制限、および予算に基づいて、特定の部門や一連のサイトでのみ使用できるように制限できます。Like other service applications in SharePoint Server, farm administrators can delegate the administration of all or part of the User Profile service application to one or more service application administrators. This enables the User Profile service application to be managed by the appropriate business group. One administrator can manage all areas of the User Profile service application or areas can be isolated and managed by different administrators. For example, one administrator can manage My Sites while a different administrator manages social tags and notes. The User Profile service application can be restricted and made available only to certain departments or sets of sites based on business need, security restrictions, and budgets.

ユーザー プロファイル データベースUser profile databases

User Profile Service アプリケーションを作成するときは、ユーザー プロファイル情報と関連データを保存する目的で、SharePoint Server によって 3 つのデータベースが作成されます。When you create a User Profile service application, SharePoint Server creates three databases for storing user profile information and associated data:

  • プロファイル データベース - ユーザー プロファイル情報の保存に使用されます。Profile database - used to store user profile information.

  • 同期データベース - Active Directory ドメイン サービス (AD DS) などの外部ソースから取得する、プロファイル データ同期用の構成およびステージング情報を保存する目的で使用されます。Synchronization database - used to store configuration and staging information for synchronizing profile data from external sources such as the Active Directory Domain Services (AD DS).

  • ソーシャル タグ データベース - ユーザーが作成したソーシャル タグとメモを保存する目的で使用されます。それぞれのソーシャル タグとメモには、プロファイル ID が関連付けられます。Social tagging database - used to store social tags and notes created by users. Each social tag and note is associated with a profile ID.

User Profile Service アプリケーションは、他のサービス アプリケーションを使用して、SharePoint Server の広範囲にわたるソーシャル コンピューティング機能を実装しています。このような関連があるサービス アプリケーションには、以下のサービスが含まれます。The User Profile service application relies on other service applications to implement the full range of social computing features in SharePoint Server. These related service applications include the following:

  • Managed Metadata Service - サイト コレクションと Web アプリケーションの全体で、管理メタデータを使用してコンテンツ タイプを共有できるようにします。User Profiles Service アプリケーションを構成する前に Managed Metadata Service を構成します。Managed metadata service - makes it possible to use managed metadata and share content types across site collections and web applications. Configure the managed metadata service before you configure the User Profiles service application.

  • Search service アプリケーション - 人の検索機能を有効にするために必要です。Search Service application - needed to enable the People Search feature.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server で User Profile Service を管理するAdminister the User Profile service in SharePoint Server