ExpressRoute を使用したコール フローCall flow using ExpressRoute

この記事では、Skype for Business Online および ExpressRoute の核となるコール フローの原則について説明し、これらのサービスを正しく理解し計画できるよう詳細な例をいくつか示します。This article helps to explain the core call flow principles for Skype for Business Online and ExpressRoute, and gives you some detailed examples of call flows so you can understand and plan correctly.

Skype for Business Online を Microsoft 365 または Office 365、Skype for business Server ハイブリッド、または Skype for business Cloud Connector エディションの一部として展開している場合は、skype for Business のクライアントとサーバーの間の通信と、skype for Business Online サービスの計画、展開、操作、トラブルシューティングを効率的に行うことができます。If you are deploying Skype for Business Online as part of Microsoft 365 or Office 365, Skype for Business Server Hybrid, or Skype for Business Cloud Connector Edition, you will need to understand the communication between the Skype for Business client and servers and the call flow so you can effectively plan, deploy, operate, and troubleshoot your Skype for Business Online services.

コール フローの概要Call flow overview

このドキュメントでは、コール フロー用データを送信できるネットワーク セグメントについて説明し、インターネットまたは ExpressRoute を通るトラフィックと比較して、どのトラフィックがネットワークに対してローカルのままになるかを理解できるようにします。どのトラフィックで ExpressRoute が使用されるかを知ることは、ExpressRoute を使用することで企業が得るメリットを評価したり、ExpressRoute の使用を決定した後で展開の検証とトラブルシューティングを行うための ExpressRoute 展開のガイダンスを理解したりするのに役立ちます。This document describes the network segments that can carry data for these call flows and helps you to understand which traffic will remain local to your network compared to the traffic that will travel over the Internet or through ExpressRoute. Knowing which traffic uses ExpressRoute will help you to assess the benefits that your company will receive by using ExpressRoute, as well as help you understand the ExpressRoute deployment guidance to validate and troubleshoot your deployment once you've decided to use ExpressRoute.

ここで説明するコール フローは、管理されているさまざまな要素 (ファイアウォール ルール、NAT 構成、プロキシ、ルーター構成を含む) の影響を受ける可能性があります。このドキュメントでは、推奨される設定が適用されていることを前提としています。推奨される設定について以下に説明します。The call flows described here can be impacted by a variety of factors that are under your control, including firewall rules, NAT configuration, proxies, and router configuration. This document assumes that the recommended settings have been applied. These recommended settings are described in:

上記のドキュメントに記載の手順とは異なる手順でセットアップおよび構成を行った場合、コール フローはドキュメントのとおりにはならない場合があります。また、ネットワーク ルートが非対称で最適でない、あるいは転送プロコトルが最適でないなど、構成の問題が発生することがあります。ExpressRoute が関連する場合はいつでも、非対称のルーティングは重要な考慮事項となります。これは、ExpressRoute が Office 365 への 2 つ目のパスを導入するためです。すなわち、1 つの方向でインターネットを使用するルート、もう 1 つの方向で ExpressRoute を使用する別のルートが可能になります。これによって、ステートフル ファイアウォールをトラバースする場合に戻り方向のトラフィックがブロックされます。Setup and configurations that haven't followed the setup steps found in the documentation above can have different call flows than those we have documented here. Additionally, you may find yourself with configuration issues such as asymmetrical and non-optimal network routes, or non-optimal transport protocols. Asymmetrical routing is an important consideration whenever ExpressRoute is involved, because ExpressRoute introduces a second path to Office 365, which creates the possibility for a route that uses the Internet in one direction and another route that uses ExpressRoute in the other direction. This can result in traffic being blocked in the return direction if it traverses a stateful firewall.

ネットワーク セグメントとトラフィック タイプNetwork segments and traffic types

ネットワーク セグメントNetwork Segments

コール フローについて説明する前に、Skype for Business Online で使用されるネットワーク セグメントとメディアのタイプの理解に役立ついくつかの用語を定義する必要があります。Before we can explain the call flow, we need to define some terms that will help you understand the network segments and types of media that are used in Skype for Business Online.

以下のコール フローの図は、4 つの異なるネットワーク セグメントを示しています。それぞれがパフォーマンス特性が異なる、別々の組織 (内部ネットワーク、ネットワーク サービス プロバイダー、そのインターネット ピアリング パートナー、および Microsoft) によって管理されます。ネットワーク パフォーマンス ターゲットのガイドラインについては、「Skype for Business Online におけるメディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンス」を参照してください。The call flow diagrams below show you four different network segments, each of which are managed by different organizations (your internal network, your network service provider, and their Internet peering partners, and Microsoft) that have different performance characteristics. For guidelines on network performance targets, refer to Media Quality and Network Connectivity Performance in Skype for Business Online.

これから説明する各ネットワーク セグメントは、以下のとおりです。Below you can see each network segment that we will be talking about.

Call Flow Network Segments.

ネットワーク これは、制御および管理するネットワーク全体の一部であるネットワーク セグメントです。これには、オフィス内の接続、有線または無線、オフィスビル間の接続、オンプレミス データセンターへの接続、インターネット プロバイダーまたは ExpressRoute パートナーへの接続がすべて含まれています。Your network This is the network segment that is part of your overall network that you control and manage. This includes all of your connections within your offices, whether wired or wireless, between office buildings, to on-premises datacenters, and your connections to Internet providers or ExpressRoute partners.

通常、ネットワークのエッジには、1 つ以上の境界ネットワークと、組織のセキュリティ ポリシーを強化し、セットアップおよび構成した特定のネットワーク トラフィックのみを可能にする、ファイアウォールまたはプロキシが含まれています。このネットワークを管理しているため、ネットワークのパフォーマンスを直接制御していることになります。また、ネットワーク評価を完了し、ネットワークのサイト内のパフォーマンス、およびネットワークから Skype for Business Online へのパフォーマンスを検証することをお勧めします。パフォーマンス要件を確認するには、「Skype for Business Online におけるメディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンス」を参照してください。Typically, the edge of your network has one or more DMZ with firewalls and/or proxy servers, which enforce your organization's security policies and that only allow certain network traffic that you have set up and configured. Because you manage this network, you have direct control over the performance of your network, and it is highly recommended that you complete network assessments to validate performance both within sites in your network and from your network to Skype for Business Online. To see the performance requirements, see Media Quality and Network Connectivity Performance in Skype for Business Online.

インターネット これは、ネットワーク全体の中で、組織のネットワークの外部から Skype for Business Online に接続しているユーザーが使用するネットワーク セグメントで、ExpressRoute が構成されていない場合にすべての接続に使用されます。インターネットおよびそのすべての接続は組織の管理者または Microsoft によって管理されないため、パフォーマンスおよびルーティング パスを決めることはできず、これは全体のコール フローと品質に最も大きく影響します。Internet This is the network segment that is part of your overall network that will be used by users who are connecting to Skype for Business Online from outside of your network, and is used for all connections when ExpressRoute isn't configured. The Internet and all of its connections aren't managed by you or Microsoft, so performance and routing paths can't be determined, and this will have the greatest impact on overall call flow and quality.

ExpressRouteこれは、Microsoft ネットワークに対する専用のプライベートな接続を提供する、ネットワーク全体の一部であるネットワークセグメントです。ExpressRoute This is the network segment that is part of your overall network that will give you a dedicated, private connection to the Microsoft network. このオプションは、Skype for Business Online のリアルタイム通信など、ネットワークの速度とパフォーマンスに依存するすべてのワークロードについて、お客様のネットワークを Microsoft network (Microsoft 365 または Office 365 データセンター) に接続する場合に推奨されます。This is the recommended option for connecting your network to the Microsoft network (Microsoft 365 or Office 365 datacenters) for all of the workloads that are dependent on network speed and performance, such as Skype for Business Online real-time communication. ExpressRoute 接続は、ネットワークと Microsoft ネットワークの間で確立されます。99.9% の稼働時間と QoS (Quality of Service (QoS) のサポートにより、ネットワークの輻輳が発生している間、リアルタイムのメディアのパフォーマンスが向上します。ExpressRoute connections are made between your network and the Microsoft network use ExpressRoute connectivity providers to provide a private and managed network, with 99.9% uptime and support for Quality of Service (QoS) that can improve performance for real-time media during periods of network congestion.

Microsoft ネットワークこれは、Microsoft 365 および Office 365 サービスをサポートする全体的なネットワークの一部であるネットワークセグメントです。Microsoft network This is the network segment that is part of your overall network that supports Microsoft 365 and Office 365 services. これには、Microsoft 365 または Office 365 のオンラインサーバー間のすべての通信が含まれます。This includes all of the communication between Online servers for Microsoft 365 or Office 365. Microsoft ネットワーク バックボーンをトラバースし、地理的地域間で送信されるトラフィックが含まれる可能性があります。This may include traffic that traverses the Microsoft network backbone and is transmitted between geographical regions.

トラフィックのタイプTypes of traffic

Skype for Business Online のネットワーク トラフィックは、大きく 2 つのカテゴリに分類され、コール フローの別のパスとして表示されます。The network traffic for Skype for Business Online falls into two broad categories, shown as separate paths in the call flow:

リアルタイム メディア は RTP (Real-time Transport Protocol) 内でカプセル化されたデータで、オーディオ、ビデオ、アプリケーション共有、およびファイル転送ワークロードをサポートします。一般的に、メディア トラフィックは待ち時間感度が高いため、このトラフィックが最短パスを通るようにし、UDP をトランスポート層プロトコルとして使用します。TCP を使用すると待ち時間が長くなるためです。Real-time media is data encapsulated within RTP (Real-time Transport Protocol) and supports audio, video, application sharing, and file transfer workloads. In general, media traffic is highly latency sensitive, so you would want this traffic to take the most direct path possible, and to use UDP as the transport layer protocol because using TCP introduces higher latency.

シグナリング は、クライアントとサーバー間、あるいはその他のクライアント間の通信リンクです。アクティビティ (呼び出しが開始される場合など) を制御し、IM を配信するために使用されます。一部のクライアントでは HTTP ベースの REST インターフェイスが使用されますが、ほとんどのシグナルリング トラフィックでは SIP プロトコルが使用されます。使いやすくするために、このタイプのトラフィックで HTTP および HTTPS または TLS 接続経由で通過可能なさまざまなシグナリングを検討中です。このトラフィックは待ち時間感度は低いですが、エンドポイント間の待ち時間が数秒を超えた場合はサービス停止や呼び出しタイムアウトが発生することがあります。Signaling is the communication link between the client and server, or other clients that are used to control activities (for example, when a call is initiated), and deliver IMs. Most signaling traffic uses the SIP protocol, though some clients use HTTP-based REST interfaces. To make it simple, we are considering a variety signaling that may travel over HTTP and HTTPS or TLS connections in this type of traffic. It's important to understand that this traffic is much less sensitive to latency, but may cause service outages or call timeouts if latency between the endpoints exceed several seconds.

このトラフィックの送信先は、すべての Microsoft 365 または Office 365 サービスのOffice 365 url と IP アドレス範囲に記載されています。The destinations for this traffic are found in Office 365 URLs and IP address ranges for all Microsoft 365 or Office 365 services. 各 URL について、そのトラフィック部分で Microsoft 365 または Office 365 の ExpressRoute を走査できるかどうかを示します。For each URL, it indicates whether that portion of traffic may traverse the ExpressRoute for Microsoft 365 or Office 365. ExpressRoute が有効になっているときに、インターネットが一部のトラフィックでまだ使用されていることを示す図については、「 Office 365 用 Azure ExpressRoute」を参照してください。For diagrams that show that the Internet is still used for some traffic when ExpressRoute is enabled, please see Azure ExpressRoute for Office 365. ExpressRoute 経由でルーティング可能としてリストされる URL がインターネット経由でもルーティング可能であることを理解することは重要です。It is important to understand that even URLs that are listed as being routable over ExpressRoute are also routable over the Internet. つまり、一部のシナリオでは、インターネットまたは ExpressRoute が使用されるかどうかに関する決定は、クライアントの場所と、プロキシ サーバーおよびファイアウォールの構成に依存します。This means that in some scenarios, the determination about whether the Internet or ExpressRoute will be used depends on location of client and configuration of proxy servers and firewalls. また、Microsoft 365 または Office 365 に関連付けられたすべての Url が ExpressRoute を使用できるわけではないため、expressroute パートナーから ExpressRoute を購入した場合でも、インターネット接続が必要であることを理解しておくことが重要です。It is also important to understand that since not all URLs associated with Microsoft 365 or Office 365 are able to use ExpressRoute, an Internet connection is required even if you purchase ExpressRoute from an ExpressRoute partner.

インターネット経由でのみ送信できるトラフィックには、証明書失効リスト (Crl)、DNS 参照と名前解決、共有された Microsoft 365 または Office 365 サービスの Url (Microsoft 365 管理センターなど)、および skype for Business Online の一部のリアルタイム通信機能 (Skype for business の相互運用のための相互運用のためのフェデレーションなど) があります。Skype 会議ブロードキャストのためにストリーミングされているメディアもあります。Traffic that can only be sent over the Internet includes common Internet dependencies, such as Certificate Revocation Lists (CRLs), DNS lookups and name resolution, URLs for shared Microsoft 365 or Office 365 services, such as for the Microsoft 365 admin center, and some non-real-time communication features of Skype for Business Online, such as telemetry and federation for interoperability with Skype consumer, as well media that is streamed for Skype Meeting Broadcast. 意思決定に役立てるため、ネットワーク ルーティング計画時の考慮事項について、「Office 365 向け ExpressRoute でのルーティング」を参照してください。To help you make decisions, see Routing with ExpressRoute for Office 365 for more considerations when you are planning your network routing.

Skype for Business によるコール フローの原則Principles for call flows with Skype for Business

特定のコール フロー シナリオの詳細を説明する前に、Skype for Business のコール フローを理解するのに役立つ 6 つの一般原則があります。Before we get into the details of specific call flow scenarios, there are six general principles that help you understand call flows for Skype for Business.

  1. Skype for Business 会議は、会議開催者の自宅がある場所と同じ地域でホストされます。A Skype for Business conference is hosted in the same region where the conference organizer is homed. これは、開催者がオンラインユーザーの場合、または会議の開催者がオンプレミスのユーザーである場合に、オンプレミスのデータセンターにある場合に、クラウドに含まれます。This is in the cloud if the organizer is an Online user, or in an on-premises datacenter if the meeting organizer is an on-premises user.

  2. クライアントからホストされている会議に送信されるメディア トラフィックは常に会議がホストされているサーバーに送信されます。Media traffic sent from a client to a hosted conference always goes to the server where the conference is hosted. これは、管理しているデータセンター内のオンプレミスサーバーでも、クラウド内のオンラインサーバーでもかまいません。This may be an on-premises server within a datacenter that you manage or an Online server within the cloud. ただし、エッジ サーバーは常にオンライン会議用のメディア フローに使用されます。However, an Edge server is always used for media flow for Online conferences.

  3. ピアツーピア通話用メディア トラフィックは、使用可能な最短のルートを取ります。優先されるルートは、リモートピア (クライアント) にダイレクトされますが、ファイアウォール ブロックなどのためにルートが使用できない場合は、1 つ以上のエッジ サーバーがトラフィックを中継します。Media traffic for peer-to-peer calls take the most direct route that is available. The preferred route is direct to the remote peer (client), but if that route isn't available due to firewall blocking the traffic or something like that, then one or more Edge servers will relay traffic.

  4. シグナリング トラフィックは常に、ユーザーが自宅で使用する、オンラインまたはオンプレミスのサーバーに送信されます。フロント エンド サーバーに直接接続できない場合は、エッジ サーバーが使用されます。Signaling traffic always goes to the server where the user is homed, either Online or on-premises. An Edge server will be used if the Front End server can't be connected to directly.

  5. オンラインでホストされる会議に参加しているユーザーは常にエッジ サーバー (クライアント ファイアウォール構成のために必要な場合は 2 つ) を使用します。Users joining a conference hosted Online will always use an Edge server (or two if required due to client firewall configurations).

  6. オンプレミスでホストされる会議に参加するユーザーは通常、オンプレミス展開を含む同じネットワーク内から接続する場合はエッジ サーバーを使用せず、ネットワーク外から接続する場合には 1 つまたは 2 つのエッジ サーバーを使用します。Users joining a conference hosted on-premises will typically not use an Edge server if connecting from within the same network that contains the on-premises deployment, and will use either one or two Edge servers when connecting from outside of your network.

選択されるメディア パスの詳細については、「ICE - エッジ メディア接続」を参照してください。このビデオは Lync Server 2013 に関するものですが、原則とプロトコルは Skype for Business にも適用されます。To learn more about the details on the media path that is chosen, please see ICE - Edge Media Connectivity. Although this video is about Lync Server 2013, the principles and protocols still apply to Skype for Business.

ExpressRoute を利用する Skype for Business コール フローSkype for Business call flows with ExpressRoute

4 つのネットワーク セグメントと、Skype for Business コール フローに関するいくつかの一般的なガイド原則について理解したら、ここではその情報を使用して、ExpressRoute ネットワーク セグメントをトラバースする Skype for Business トラフィックについて理解することができます。Now that you have an understanding of the four different network segments and some general guiding principles for Skype for Business call flows, you can use that information to help you understand which Skype for Business traffic will traverse an ExpressRoute network segment.

一般に、ネットワークトラフィックは、1つのエンドポイントがネットワーク内にあり、もう一方のエンドポイントが Microsoft 365 または Office 365 データセンターにある場合、ExpressRoute 接続を通過します。In general, network traffic will traverse the ExpressRoute connection if one endpoint is in your network and the other endpoint is in the Microsoft 365 or Office 365 datacenter. これには、クライアントとサーバー間のシグナリング トラフィック、電話会議中に使用されるメディア トラフィック、オンライン エッジ サーバーを使用するピアツーピア通話が含まれます。This will include signaling traffic between client and server, media traffic used during conference calls, or peer-to-peer calls that use an Online Edge server.

両方のエンドポイントがインターネットで直接通信可能である場合、またはネットワーク内に配置されている場合、トラフィックは ExpressRoute 接続をトラバースしません。Traffic won't traverse the ExpressRoute connection if both of the endpoints are able to communicate directly across the internet or are located within your network. これには、ピアツーピア通話のメディア、オンプレミスの展開に向かうインターネットからのトラフィック、またはインターネットと Microsoft 365 または Office 365 エッジサーバー間のすべてのトラフィックが含まれます。This will include media for peer-to-peer calls, traffic from the Internet destined to an on-premises deployment, or any traffic between the Internet and Microsoft 365 or Office 365 Edge Servers. この例としては、ホテルからオンライン会議に参加するユーザーが挙げられます。An example of this would be a user joining an Online conference from a hotel.

基本的な Skype for Business コール フローBasic Skype for Business call flow

上記で説明されている Skype for Business コール フローに関する一般原則を適用できるように、この記事の次のセクションには参照としていくつかの図が含まれています。これは可能なコール フローすべての完全リストではありませんが、上記で詳述されている原則の適用に役立ちます。また、図のシナリオは、オンライン、ハイブリッド、Cloud Connector、そして特殊なケースである Skype 会議ブロードキャストを含む、共通の展開タイプを網羅しています。To help you apply the general principals about the Skype for Business call flows that are described above, the next section of this article contains several diagrams for reference. This isn't an exhaustive list of all possible call flows, but is intended to help you apply the principles detailed above. Additionally, the scenarios in the diagrams have been selected to cover common deployment types including Online, Hybrid, Cloud Connector, and in one special case, Skype Meeting Broadcast.

注意

Skype for Business によって使用されるトラフィックのサブセットは ExpressRoute 経由でルーティング可能ではなく、常にインターネット パスを取ります。影響を受ける可能性がある URL を判断するには、「Office 365 URL および IP アドレス範囲」を参照してください。A subset of traffic used by Skype for Business isn't routable over ExpressRoute, and will always take an Internet path. Refer to the Office 365 URLs and IP address ranges to determine the URLs that can be affected.

Microsoft 365 または顧客ネットワーク内からの Office 365 ユーザーのピアツーピア通話Peer-to-peer call for Microsoft 365 or Office 365 user from within customer network

ピアツーピア通話の場合、メディア トラフィックは常にその宛先への最短ルートを取ります。For peer-to-peer calls, media traffic always takes the most direct route to its destination. ただし、シグナリングトラフィックは、オンラインユーザーが所属している Microsoft 365 または Office 365 データセンターに移動します。However, the signaling traffic goes to a Microsoft 365 or Office 365 datacenter where the Online user is homed. 両方のユーザーが同じ WAN 上で、クライアントが直接通信することを妨げるものは何もないため、メディアは両ユーザー間で直接やり取りします。Since both users are on the same WAN and nothing prevents the clients from communicating directly, the media flows directly between them. シグナリング トラフィックは、両方のユーザーに対し組織のデータセンターごとに送信される ExpressRoute 接続をトラバースします。Signaling traffic, for both users traverses the ExpressRoute connection that is destined for each organization's datacenter. このシナリオでのコール フローを確認するには、以下を参照してください。To show you the call flow in this scenario, see this.

ピアツーピアのコール フローPeer-to-peer call flow

Call Flow with Peer to Peer call.

オンラインでホストされている会議に参加しているネットワーク上のオンライン ユーザーOnline user on your network joining a conference that is hosted Online

ピアツーピアの例では、メディアトラフィックは常にその宛先への直接的なルートを取ります。In the peer-to-peer example, media traffic always takes the most direct route to its destination. ただし、オンライン会議の場合、送信先はクラウドにあります。However, for an Online conference, the destination is in the cloud. これは、ネットワーク内から会議に参加しているすべてのユーザーのメディアトラフィックは ExpressRoute 接続を通過し、シグナリングトラフィックはクラウドに転送されることを意味します。This means that media traffic for all users joining the conference from within your network will traverse the ExpressRoute connection and the signaling traffic travels to the cloud. 次の図は、メディアとシグナリングの両方がネットワーク内のユーザーに対して ExpressRoute 接続を走査することを示しています。また、喫茶店やホテルなど、ネットワークの外部からインターネットに接続されているユーザーをインターネット経由で直接移動します。The graphic below shows you that both media and signaling will traverse the ExpressRoute connection for a user within your network, and will directly traverse the Internet for users that are connected to the Internet from outside your network, such as from a coffee shop or hotel.

会議の場所は出席者ではなく、会議開催者によって定義されます。Remember that the location of a conference is defined by the meeting organizer and not by the participants. つまり、会議がオンプレミスの顧客によってスケジュールされている場合、メディアトラフィックは ExpressRoute 経由でクラウドに流れることはありませんが、代わりにインターネットを会議の開催者のオンプレミスデータセンターに移動します。This means that if the meeting were scheduled by an on-premises customer, the media traffic won't flow to the cloud over ExpressRoute, but would instead traverse the Internet to the on-premises datacenter of the meeting organizer.

オンライン会議のためのメディアの送信先は、Microsoft 365 または Office 365 クラウド内のデータセンターになりますが、データセンターは、会議に参加しているユーザーとは別の地理的地域に存在する可能性があります。The destination for media for Online conferences will be a datacenter within the Microsoft 365 or Office 365 cloud, but the datacenter may be in a different geographical region than the users that are joining the conference. これは、次のいずれかの場合に発生する可能性があります。This can happen in one of two ways:

  • 会議開催者が出席者または参加者とは異なる会社の従業員であり、開催者の組織が別の地理的場所または国/地域でホストされている場合。If the meeting organizer is from a different company than the attendees or participants, and the organization for the organizer is hosted in a different geographic location or country/region.

  • ユーザーがその会社の組織がある国/地域とは異なる国/地域から参加している場合 (会社が多国籍企業である、またはユーザーが出張中であるなど)。If a user is joining from a different country/region than where the company's organization is located, either due to the company being multinational, or the user is traveling.

このシナリオでの ExpressRoute を使用する利点は、ExpressRoute Premium アドオンによって、会議組織のデータセンターの開催者の地理的領域に関係なく、ExpressRoute パスをたどるデータが Microsoft のバックボーンを自動的に通過することです。The good news about using ExpressRoute in this scenario is that with ExpressRoute premium add-on, data that follows the ExpressRoute path will pass automatically across Microsoft's backbone regardless of geographical region of the organizer of the meeting organization's datacenter.

オンライン ユーザーとオンライン会議コール フローOnline user with Online meeting call flow

Call flow for an online hosted conference call.

ハイブリッド展開のオンプレミス ユーザーによってホストされる会議の参加Joining a conference hosted by on-premises user in Hybrid deployment

ホストされている会議をサポートする会議サーバーは、会議開催者の自宅がある場所によって決定されます。Remember that the conferencing servers that support hosted conferences are determined by where the meeting organizer is homed. このシナリオでは、ハイブリッド展開のオンプレミス ユーザーによってスケジュールされた会議に参加しているすべてのユーザーのメディアは、オンプレミス データセンターに向かいます。In this scenario, media for all users joining a conference scheduled by an on-premises user in a Hybrid deployment will flow to an on-premises datacenter. オンラインのホームユーザーのシグナリングは、クラウドで組織を通じて確立され、メディアは直接接続を試みます。Signaling for Online homed users will be established through their organization in the cloud, while media will attempt a direct connection. このシナリオでは両方のユーザーがネットワーク内から接続し、直接メディア通信が可能なため、ExpressRoute はオンライン自宅ユーザー用のシグナリング トラフィックにのみ使用されます。In this scenario, since both users are connecting from within your network, a direct media connection is possible, so ExpressRoute is used only for signaling traffic for the Online homed user. オンライン自宅ユーザーがインターネットから接続する場合、接続にオンライン エッジ サーバーが使用される場合はメディアは ExpressRoute をトラバースできます。If an Online homed user connects from the Internet, the media could traverse ExpressRoute if an Online Edge server is used to connect.

ハイブリッド ユーザー コール フローによってホストされる会議Conference hosted by a Hybrid user call flow

Call flow hosted onprem.

オンプレミスエッジサーバーと Microsoft 365 または Office 365 でホストされた会議On-premises Edge server with Microsoft 365 or Office 365 hosted conferences

ハイブリッドユーザーがオンラインでホストされている会議に参加している場合、シグナリングとメディアは Microsoft 365 または Office 365 クラウド用に提供されます。ユーザーはインターネットから参加しているため、通常は直接インターネットパスが取得されます。When a Hybrid user joins an Online hosted conference, we know that signaling and media will be destined for the Microsoft 365 or Office 365 cloud, and since the user is joining from the Internet, normally a direct internet path would be taken. ただし、場合によっては、ファイアウォール制限などのために直接インターネット パスが使用できないことがあります。However, in some cases, such as due to firewall restrictions, a direct Internet path isn't available. この場合は、オンプレミスエッジサーバーがメディアトラフィックを中継することができます。これにより、メディアトラフィックは、クラウドへの ExpressRoute 回線の移動前にオンプレミスネットワークに戻ります。In this case, an on-premises Edge server can relay the media traffic, which causes the media traffic to return to your on-premises network before traversing the ExpressRoute circuit to the cloud.

オンプレミス エッジ サーバーを使用してオンライン会議に参加しているオンプレミス ユーザーOn-premises user joining an online conference call using an on-premises Edge server

Call flow for a conference call going through an edge server.

Skype for Business Cloud Connector エディションを使用した PSTN 通話PSTN call using Skype for Business Cloud Connector Edition

Skype for Business Online Cloud Connector エディション を使用すると、SIP トランク、PSTN ゲートウェイなどのオンプレミス リソース、または Skype for Business と統合するための最小ハードウェア デバイスを使用した PSTN 接続が提供されます。Using the Skype for Business Online Cloud Connector Edition provides PSTN connectivity using on-premises resources such as a SIP trunk, or a PSTN gateway, or using a minimal hardware device to integrate with Skype for Business. Cloud Connector エディションを使用して、ユーザーは自宅オンラインとなり、通話プランを利用しない場合は通常のオンライン ユーザーとなります。With Cloud Connector Edition, users are homed Online and act as normal Online users when they don't involve Calling Plans. PSTN シナリオのシグナリングは利用できる場合は ExpressRoute 接続でクライアントとクラウド間を通過し、メディア トラフィックは WAN 内にとどまります。Signaling for PSTN scenarios will travel between the client and the cloud across an ExpressRoute connection if available, and the media traffic stays within your WAN. この場合、シグナリングは Microsoft 365 または Office 365 クラウドで回避され、クラウドコネクタで終了します。In this case, signaling turns around at the Microsoft 365 or Office 365 cloud, and terminates at the Cloud Connector.

Microsoft 365 または Office 365 および Cloud Connector の電話システムによる PSTN 通話PSTN call via the Phone System in Microsoft 365 or Office 365 and Cloud Connector

Call flow for a PSTN call using Cloud PBX Cloud Connector.

ユーザーが顧客ネットワークから参加している Skype 会議ブロードキャストSkype Meeting Broadcast with users joining from customer network

Skype 会議ブロードキャストは特殊なユースケースであり、各パーツに異なるネットワークトランスポートプロファイルがある2部の会議で構成されます。Skype Meeting Broadcast is a special use case, which consists of a two-part meeting with each part having different network transport profiles. 最初の部分は、ネットワークパフォーマンスの観点から最も重要なものであり、内部会議です。The first part, and the one that is most important from a network performance point of view, is the inner meeting. これは、会議のリアルタイムの部分であり、1つ以上のクライアントエンドポイントがクラウドの会議サーバーに接続されます。This is the real-time portion of the meeting that includes one or more client endpoints connecting to the conferencing server in the cloud. 会議のこの部分を使用して送信されるデータは、上の例のようになり、ユーザーはオンライン会議に参加します。Data transmitted using this portion of the meeting is exactly like the example above, with a user joining an Online conference.

Skype 会議ブロードキャストが独特である理由は、会議がブロードキャスト ストリーミング サービスを使用して多くの会議出席者に配信されるためです。このブロードキャスト ストリーミング サービスは ExpressRoute 経由ではティングできませんが、代わりに Content Delivery Network (CDN) サービスをオプションでサポートするインターネットが使用されます。ブロードキャスト ストリーミングが一方向のメディア フローであることを認識することは有用です。出席者は相手の話を聴きますが、自分では話さず、バッファリングをサポートするため、待ち時間、パケット損失、ジッターなどのネットワーク パフォーマンスの問題に敏感でないためです。こうした問題に対しブロードキャスト トラフィックを最適化する代わりに、非常に多くの出席者がストリーム メディアを受信しているため、バンド幅利用に向けて最適化されます。What makes Skype Meeting Broadcast unique is that the meeting is distributed to a large number of conference attendees using a broadcast streaming service. This broadcast streaming service isn't routable over ExpressRoute, but instead uses the Internet with the optional support of Content Delivery Network (CDN) services. It is helpful to recognize that the broadcast streaming is a unidirectional media flow because the attendees listen but don't talk and supports buffering, so it is much less sensitive to network performance issues such as latency, packet loss, and jitter. Instead of optimizing broadcast traffic for these issues, it is optimized for bandwidth utilization because there is potentially a very large number of attendees receiving the streamed media.

ユーザーが顧客ネットワークから参加している Skype 会議ブロードキャストSkype Meeting Broadcast with users from customer network

Call flow for Skype Meeting Broadcast.

展開タイプ別のコール フロー パターンCall flow patterns by deployment type

上記に示した共通のコール フローの例と、トラフィック パターンを制御する一般原則に関する理解を基に、以下の表に展開と使用シナリオの大規模な組み合わせに対するトラフィック パターンの概要を示します。これらの表にはコール フローの可能な組み合わせがすべて網羅されているわけではありませんが、コール フローの一般原則について理解するために役立つはずです。With the common call flow examples above, and an understanding of the general principles that control traffic patterns, the tables below provide a summary of the traffic patterns for a large combination of deployment and usage scenarios. These tables do not capture all possible combinations of call flows, but should help you to further understand the general principles of call flow.

データは送信され、組織のローカルとしてリストされ、顧客ネットワーク、インターネット、または ExpressRoute を離れることはありません。上記にリストされているパターンは、ファイアウォール、フェデレーション、インターネットなどの最も一般的なネットワーク設定に基づいており、マルチパーティまたはフェデレーション フローに関連するすべての組織に ExpressRoute があることを想定します。実際には、設定が異なると、トラフィック パターンは以下にリストされるものと異なります。Data is transmitted and is listed as being local to the organization; it doesn't leave the customer network, Internet, or ExpressRoute. The patterns listed below are based on the most common network settings, such as firewalls, federation, and Internet, and assume that all organizations involved in multi-party or federated flows have ExpressRoute. In practice, having different settings could result in different traffic patterns than those that are listed below.

Skype for Business Online のコール フローCall flows for Skype for Business Online

Skype for Business Online の使用シナリオには、オンラインになっているユーザーが含まれており、内部ネットワークまたはインターネットから通話を発信している可能性があります。Skype for Business Online usage scenarios involve users who are homed Online, and may be calling from either your internal network or the Internet. オンプレミスサーバーは、これらのシナリオの一部ではないため、すべての会議または PSTN 関連メディアはクラウドに送信され、オンラインユーザーの Edge server はクラウドにも含まれます。On-premises servers aren't part of these scenarios, so all conferencing or PSTN related media will flow to the cloud, and the Online users Edge server will also be in the cloud.

Skype for Business Online のコール フローの概要Call flow summary for Skype for Business Online

使用シナリオUsage scenario
エンドポイントEndpoints
シグナリング パスSignaling path
メディア パスMedia path
サンプル フローExample flow
メモNotes
ピアツーピア通話Peer-to-peer call
2 つのクライアント、両方ともにネットワーク上。Two clients, both on your network.
ExpressRouteExpressRoute
ローカルlocal
Microsoft 365 または顧客ネットワーク内からの Office 365 ユーザーのピアツーピア通話Peer-to-peer call for Microsoft 365 or Office 365 user from within customer network
ピアツーピア通話Peer-to-peer call
2 つのクライアント、1 つはネットワーク上 (内部)、もう 1 つはインターネット上 (外部)。Two clients, one on your network (internal) and the other client on the Internet (external).
内部ユーザー: ExpressRouteInternal user: ExpressRoute
外部ユーザー: インターネットExternal user: Internet
内部ユーザー: ExpressRouteInternal user: ExpressRoute
外部ユーザー: インターネットから Microsoft 365 または Office 365 Edge server。External user: Internet to Microsoft 365 or Office 365 Edge server.
Microsoft 365 または顧客ネットワーク内からの Office 365 ユーザーのピアツーピア通話Peer-to-peer call for Microsoft 365 or Office 365 users from within customer network
ファイアウォールがクライアント間の直接接続をブロックするとします。これにはオンライン エッジ サーバーが必要です。内部ユーザーからオンライン エッジ サーバーへのトラフィックは、電話会議用の会議サーバーへのパスと似たパスをたどります。Assumes that firewall blocks direct connections between clients, that requires an Online Edge server. Traffic from internal user to Online Edge server follows similar path as that to conferencing server for conference call.
フェデレーション関係にある組織のユーザーへのピアツーピア通話Peer-to-peer call to a user in a federated organization
2 つのクライアント、1 つはネットワーク上 (内部)、もう 1 つはフェデレーション関係にある組織のネットワーク上のオンライン ユーザー (フェデレーション)Two clients, on your network (internal) and at Online user on federated organization's network (federated).
ExpressRouteExpressRoute
ExpressRouteExpressRoute
オンラインでホストされている会議に参加しているネットワーク上のオンライン ユーザーOnline user on your network joining a conference that is hosted Online
ファイアウォールがクライアント間の直接接続をブロックし、オンライン エッジ サーバーが必要であるとします。内部ユーザーからオンライン エッジ サーバーへのトラフィックは、電話会議用の会議サーバーのパスと似たパスをたどります。Assumes a firewall blocks direct connections between clients, requiring Online Edge server. Traffic from the internal user to Online Edge server follows a similar path as that of a conferencing server for conference call.
顧客ネットワークのユーザーによる電話会議の参加Join conference call by user in customer network
ネットワーク上のクライアントとクラウドの会議サーバー。Client on your network and conferencing server in the cloud.
ExpressRouteExpressRoute
ExpressRouteExpressRoute
オンラインでホストされている会議に参加しているネットワーク上のオンライン ユーザーOnline user on your network joining a conference that is hosted Online
インターネットのユーザーによる電話会議への参加Join conference call by user in Internet
クライアントはインターネットおよびクラウドの会議サーバー上にあります。Client is on the Internet and conferencing server in the cloud.
インターネットInternet
インターネットInternet
オンラインでホストされている会議に参加しているネットワーク上のオンライン ユーザーOnline user on your network joining a conference that is hosted Online
別の会社のオンプレミス サーバーによってホストされる会議の参加Join conference hosted by another company's on-prem Server
ネットワーク上およびサードパーティー データセンターの会議サーバー上のクライアント。Client on your network and conferencing server in third-party datacenter.
インターネットInternet
インターネットInternet
該当しないNot applicable
会議をホストする会議サーバーが異なる顧客オンプレミス ネットワーク上にあるため、データは Microsoft クラウドを通過しません。Since the conferencing server that hosts the conference is on an on-premises network of a different customer, no data would pass through the Microsoft cloud.
PSTN 通話PSTN call
顧客ネットワークおよびクラウド内の電話システムサーバーのクライアントClient in customer network and Phone System servers in the cloud
ExpressRouteExpressRoute
ExpressRouteExpressRoute
オンラインでホストされている会議に参加しているネットワーク上のオンライン ユーザーOnline user on your network joining a conference that is hosted Online
PSTN 通話PSTN call
インターネット上のクライアントとクラウド内の電話システムサーバーClient on the Internet and Phone System servers in the cloud
インターネットInternet
インターネットInternet
該当しないNot applicable
メディアとシグナリングは、Microsoft 365 または Office 365 datacenter に流し込まれます。The media and signaling will flow to the Microsoft 365 or Office 365 datacenter. クライアント エンドポイントがインターネット上にあるため、すべてのデータはインターネットで Microsoft データセンターに向かいます (オンライン エッジ サーバーが接続に必要な場合でも)。Since the client endpoint is on the Internet, all data will flow to the Microsoft datacenter across the Internet (even if an Online Edge server is needed for connectivity).

注意

ExpressRoute は、会社のネットワークに配置されているユーザーからオンライン エッジ サーバーへのメディア パスで使用され、別の顧客のオンプレミス配置用エッジ サーバーが使用される場合は使用されません。ExpressRoute will be used on the media path from a user located on the corporate network to an online Edge Server, but won't be used if the Edge server for another customer's on-premises deployment is used.

Skype for Business ハイブリッドのコール フローCall flows for Skype for Business Hybrid

ハイブリッドのコール フローは、自宅オンプレミスの少なくとも一部のユーザーが含まれる Skype for Business 展開があるときに適用されます。このセクションのコール フローには、両方のオンプレミス会議、および少なくとも 1 人のオンプレミス自宅ユーザーを含むピアツーピアまたは PSTN 通話が含まれます。Hybrid call flows apply when you have a Skype for Business deployment that includes at least some users that are homed on-premises. The call flows in this section include both on-premises conferences and peer-to-peer or PSTN calls with at least one on-premises homed user.

使用シナリオUsage scenario
エンドポイントEndpoints
シグナリング パスSignaling path
メディア パスMedia path
サンプル フローExample flow
メモNotes
ピアツーピア通話Peer-to-peer call
2 つのクライアント、顧客ネットワーク上および自宅オンプレミス上Two clients, both on customer network and homed on-premises
LocalLocal
ローカルlocal
Microsoft 365 または顧客ネットワーク内からの Office 365 ユーザーのピアツーピア通話Peer-to-peer call for Microsoft 365 or Office 365 user from within customer network
ユーザーはホームオンプレミスであるため、シグナルフローは、クラウドではなくオンプレミスのデータセンターにローカルに流れるようになります。Since users are homed on-premises, signaling flows locally to the on-premises datacenter instead of the cloud.
ピアツーピア通話Peer-to-peer call
2 つのクライアント、両方が顧客ネットワークから接続 1 つは自宅オンライン、もう 1 つは自宅オンプレミスTwo clients, both connecting from customer network. One is homed online, the other is homed on-premises.
オンライン ユーザー: ExpressRouteOnline user: ExpressRoute
オンプレミス ユーザー: ローカルOn-premises user: local
ローカルlocal
Microsoft 365 または顧客ネットワーク内からの Office 365 ユーザーのピアツーピア通話Peer-to-peer call for Microsoft 365 or Office 365 users from within customer network
オンラインのホームユーザーだけが、シグナリングトラフィックをクラウドに送信します。Only the Online homed user sends signaling traffic to the cloud.
フェデレーション関係にある組織のユーザーへのピアツーピア通話Peer-to-peer call to a user in a federated organization
2 つのクライアント、1 つは顧客ネットワークのオンプレミス ユーザー (内部)、もう 1 つはフェデレーション関係にある会社のネットワークのオンライン ユーザー (フェデレーション)Two clients, on premise-user in customer network (internal) and online user at federated company's network (Federated).
内部ユーザー: ローカルInternal user: local
フェデレーション関係にあるユーザー1:ExpressRouteFederated user: ExpressRoute
インターネットまたは ExpressRoute (オンラインまたはオンプレミス エッジ サーバーが使用されているかどうかに依存)Internet or ExpressRoute (depends whether online or on-premises edge server is used)
オンラインでホストされている会議に参加しているネットワーク上のオンラインユーザーMicrosoft 365 または Office 365 でホストされている会議 (メディアトラフィック) でオンプレミスエッジサーバーの一部です。Online user on your network joining a conference that is hosted Online and part of On-premises Edge server with Microsoft 365 or Office 365 hosted conferences (for media traffic).
ファイアウォールがクライアント間の直接接続をブロックしていて、オンライン エッジ サーバーが必要であるとします。ICE ネゴシエーションにより接続に対してオンライン (オンライン ユーザーによる) およびオンプレミス エッジサーバ (オンプレミス ユーザーによる) が提供されます。Assumes a firewall blocks direct connections between clients, requiring Online Edge server. ICE negotiation will offer both Online (by the online user) and on-premises Edge servers (by the on-premises user) for connectivity.
顧客ネットワークのユーザーによる会議の参加 (オンライン ユーザーによってスケジュールされた会議)Join conference call by user in customer network (conference scheduled by Online user)
ネットワーク上とクラウドの会議サーバー上のオンプレミスユーザー。On-premises user on your network and conferencing server in the cloud.
ExpressRouteExpressRoute
ExpressRouteExpressRoute
オンラインでホストされている会議に参加しているネットワーク上のオンライン ユーザーOnline user on your network joining a conference that is hosted Online
電話会議のサーバー リソースは、会議開催者によって定義されます。Server resources for conference call are defined by the meeting organizer. この場合は、オンラインユーザーによってスケジュールされているため、リソースがクラウドに含まれています。In this case, it was scheduled by an Online user, so resources are in the cloud.
PSTN 通話PSTN call
ネットワーク上およびオンプレミス Skype for Business データセンター上のオンプレミス ユーザー。On-premises user on your network and on-premises Skype for Business datacenter.
LocalLocal
ローカルLocal
Skype for Business Cloud Connector エディションを使用した PSTN 通話PSTN call using Skype for Business Cloud Connector Edition
Cloud Connector エディションの使用に似たシナリオ。ユーザーが自宅オンプレミスの場合を除くため、シグナリングはネットワーク内にとどまります。Similar scenario to use of Cloud Connector Edition, except that user is homed on-premises, so the signaling stays within your network.

Cloud Connector による Skype for Business のコール フローCall flows for Skype for Business with Cloud Connector

Cloud Connector に接続するユーザーはすべて自宅オンラインです。つまり、会議はオンラインとなり、シグナリングはオンライン ユーザーと同じパターンをたどります。PSTN 通話以外のシナリオの場合、コール フローは Skype for Business Online について上記で説明されているとおりです。Users that will connect to Cloud Connector Edition are all homed Online. This means that conferences will be online, and signaling follows the same patterns as for Online users. For scenarios other than PSTN calls, the call flow will be exactly as described above for Skype for Business Online.

使用シナリオUsage scenario
エンドポイントEndpoints
シグナリング パスSignaling path
メディア パスMedia path
サンプル フローExample flow
メモNotes
PSTN 通話PSTN call
Cloud Connector エディションを使用したネットワーク上のオンライン ユーザー。Online user on your network using Cloud Connector Edition.
ローカルlocal
ローカルlocal
Skype for Business Cloud Connector エディションを使用した PSTN 通話PSTN call using Skype for Business Cloud Connector Edition
PSTN 通話PSTN call
Cloud Connector エディションを使用したインターネットを使用したオンライン ユーザー。Online user using the internet using Cloud Connector Edition.
インターネットInternet
インターネットInternet
Skype For Business Cloud Connector エディションを使用た、Microsoft 365 または Office 365 でホストされた会議と PSTN 通話を使用したオンプレミスエッジサーバーの組み合わせ。Combination of On-premises Edge server with Microsoft 365 or Office 365 hosted conferences and PSTN call using Skype for Business Cloud Connector Edition.
インターネット ユーザーは Cloud Connector に含まれているエッジサーバー経由で接続し、Cloud Connector は PSTN ネットワークに接続します。Internet users will connect via the Edge server that is included in Cloud Connector, and Cloud Connector will connect to the PSTN network.

ExpressRoute ドキュメントExpressRoute documentation