Execute メソッド (ADO Connection)Execute Method (ADO Connection)

指定されたクエリ、SQL ステートメント、ストアド プロシージャ、またはプロバイダー固有のテキストを実行します。Executes the specified query, SQL statement, stored procedure, or provider-specific text.

構文Syntax

  
Set recordset = connection.Execute (CommandText, RecordsAffected, Options)  
Set recordset = connection.Execute (CommandText, RecordsAffected, Options)  

戻り値Return Value

返します、レコード セット オブジェクト (ADO)オブジェクト参照。Returns a Recordset Object (ADO) object reference.

パラメーターParameters

CommandTextCommandText
A文字列値を含む SQL ステートメント、ストアド プロシージャ、URL、またはプロバイダー固有のテキストを実行します。A String value that contains the SQL statement, stored procedure, a URL, or provider-specific text to execute. 必要に応じてテーブル名は、プロバイダーが SQL 対応である場合にのみ使用できます。Optionally, table names can be used but only if the provider is SQL aware. 「顧客」の場合、テーブル名の例を使用すると、ADO は自動的に先頭に追加を形成し、"SELECT * FROM Customers"を渡す標準の SQL Select 構文として、Transact-SQLTransact-SQLプロバイダーにステートメント。For example if a table name of "Customers" is used, ADO will automatically prepend the standard SQL Select syntax to form and pass "SELECT * FROM Customers" as a Transact-SQLTransact-SQL statement to the provider.

RecordsAffectedRecordsAffected
任意。Optional. A長い変数を操作の影響を受けるレコードの数はプロバイダーに返されます。A Long variable to which the provider returns the number of records that the operation affected.

[オプション]Options
任意。Optional. A長いプロバイダーが CommandText 引数を評価する方法を示す値です。A Long value that indicates how the provider should evaluate the CommandText argument. 1 つ以上のビットマスクを指定できますCommandTypeEnumまたはExecuteOptionEnum値。Can be a bitmask of one or more CommandTypeEnum or ExecuteOptionEnum values.

使用、 ExecuteOptionEnumadExecuteNoRecords内部処理を最小限に抑えることで、Visual Basic 6.0 から移植するアプリケーションのパフォーマンスを向上させる。Note Use the ExecuteOptionEnum value adExecuteNoRecords to improve performance by minimizing internal processing and for applications that you are porting from Visual Basic 6.0.

使用しないadExecuteStreamで、 Executeのメソッド、接続オブジェクト。Do not use adExecuteStream with the Execute method of a Connection object.

Execute を使用 adCmdFile または adCmdTableDirect CommandTypeEnum 値を使わないでください。Do not use the CommandTypeEnum values of adCmdFile or adCmdTableDirect with Execute. これらの値は、オプションとしてのみ使用できます、 Open メソッド (ADO Recordset)Requery メソッドのメソッド、 Recordsetします。These values can only be used as options with the Open Method (ADO Recordset) and Requery Method methods of a Recordset.

コメントRemarks

使用して、 Executeメソッドを接続オブジェクト (ADO)オブジェクトは、指定した接続で CommandText 引数でメソッドに渡す任意のクエリを実行します。Using the Execute method on a Connection Object (ADO) object executes whatever query you pass to the method in the CommandText argument on the specified connection. 新しい実行によって生成される結果を格納 CommandText 引数は、行を返すクエリを指定する場合Recordsetオブジェクト。If the CommandText argument specifies a row-returning query, any results that the execution generates are stored in a new Recordset object. プロバイダーが返すかどうか、コマンドを (たとえば、SQL UPDATE クエリ) の結果を返すことはありませんNothingオプション限りadExecuteNoRecordsが指定されて; 実行それ以外の場合、閉じられたRecordsetします。If the command is not intended to return results (for example, an SQL UPDATE query) the provider returns Nothing as long as the option adExecuteNoRecords is specified; otherwise Execute returns a closed Recordset.

返されたRecordsetオブジェクトが読み取り専用、順方向専用カーソルでは常にします。The returned Recordset object is always a read-only, forward-only cursor. 必要がある場合、 Recordsetオブジェクトの多くの機能では、まず作成、レコード セット必要なプロパティの設定を持つオブジェクトを使用して、レコード セットオブジェクトOpen メソッド (ADO Recordset)をクエリを実行し、目的のカーソルの種類を返すメソッド。If you need a Recordset object with more functionality, first create a Recordset object with the desired property settings, then use the Recordset object's Open Method (ADO Recordset) method to execute the query and return the desired cursor type.

内容、 CommandText引数は、プロバイダーに固有と標準の SQL 構文またはプロバイダーがサポートする任意の特殊なコマンド形式を指定できます。The contents of the CommandText argument are specific to the provider and can be standard SQL syntax or any special command format that the provider supports.

ExecuteComplete イベントは、この操作の終了時に発行されます。An ExecuteComplete event will be issued when this operation concludes.

注意

Http スキームを使用して Url が自動的に呼び出さ、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingします。URLs using the http scheme will automatically invoke the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. 詳細については、次を参照してください。絶対と相対 Urlします。For more information, see Absolute and Relative URLs.

適用対象Applies To

Connection オブジェクト (ADO)Connection Object (ADO)