絶対 URL と相対 URLAbsolute and Relative URLs

URL には、ローカルまたはネットワーク コンピューターに格納されているターゲットの場所を指定します。A URL specifies the location of a target stored on a local or networked computer. ターゲットは、ファイル、ディレクトリ、HTML ページ、画像、プログラム、およびなどを使用できます。The target can be a file, directory, HTML page, image, program, and so on.

絶対 URLリソースを特定するために必要なすべての情報が含まれています。An absolute URL contains all the information necessary to locate a resource.

A相対 URL開始点として絶対 URL を使用してリソースを検索します。A relative URL locates a resource using an absolute URL as a starting point. 実際には、ターゲットの「完全 URL」は、絶対と相対 Url を連結することによって指定されます。In effect, the "complete URL" of the target is specified by concatenating the absolute and relative URLs.

絶対 URLは次の形式を使用: scheme://server/path/resourceAn absolute URL uses the following format: scheme://server/path/resource

相対 URL は通常ののみで構成されます、パス、し、必要に応じて、リソーススキームまたはserverします。A relative URL typically consists only of the path, and optionally, the resource, but no scheme or server. 次の表では、完全な URL の形式の個々 の部分を定義します。The following tables define the individual parts of the complete URL format.

schemescheme
指定する方法、リソースへのアクセスします。Specifies how the resource is to be accessed.

serverserver
コンピューターの名前を指定する場所、リソースが配置されています。Specifies the name of the computer where the resource is located.

pathpath
先頭のターゲット ディレクトリのシーケンスを指定します。Specifies the sequence of directories leading to the target. 場合リソースは省略すると、ターゲットは、最後のディレクトリでパスします。If resource is omitted, the target is the last directory in path.

resourceresource
含まれる場合、リソースターゲットは、通常、ファイルの名前です。If included, resource is the target, and is typically the name of a file. 可能性がある、単純なファイルは、 (バイト単位) の 1 つのバイナリ ストリームを格納している、または構造化ドキュメント、 1 つ以上の記憶域とのバイトのバイナリ ストリームを格納しています。It may be a simple file, containing a single binary stream of bytes, or a structured document, containing one or more storages and binary streams of bytes.

URL スキームを登録します。URL Scheme Registration

プロバイダーは、Url をサポートする場合、プロバイダーは 1 つまたは複数の URL スキームを登録します。If a provider supports URLs, the provider will register one or more URL schemes. 登録は、スキームを使用する Url の登録済みのプロバイダーを自動的に呼び出すことを意味します。Registration means that any URLs using the scheme will automatically invoke the registered provider. たとえば、 httpにスキームが登録されている、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingします。For example, the http scheme is registered to the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. ADO では、"http"の付いたすべての Url を表す Web フォルダーまたはインターネット発行プロバイダーで使用するファイルを前提としています。ADO assumes all URLs prefixed with "http" represent Web folders or files to be used with the Internet Publishing Provider. プロバイダーが登録されているスキーマの詳細については、プロバイダーのマニュアルを参照してください。For information about the schemes registered by your provider, see your provider documentation.

URL を使用してコンテキストを定義します。Defining Context with a URL

によって表される、開いている接続の 1 つの関数を接続オブジェクト、その接続で表されるデータ ソースへの後続の操作を制限するです。One function of an open connection, represented by a Connection object, is to restrict subsequent operations to the data source represented by that connection. つまり、接続は、後続の操作のコンテキストを定義します。That is, the connection defines the context for subsequent operations.

Ado 2.7 以降では、絶対 URL をコンテキストを定義できます。With ADO 2.7 or later, an absolute URL can also define a context. たとえばときに、レコード、絶対 URL でオブジェクトを開く、接続オブジェクトは、URL で指定されたリソースを表すために暗黙的に作成します。For example, when a Record object is opened with an absolute URL, a Connection object is implicitly created to represent the resource specified by the URL.

コンテキストを定義する絶対 URL を指定することができます、 ActiveConnectionのパラメーター、レコードオブジェクトオープンメソッド。An absolute URL that defines a context can be specified in the ActiveConnection parameter of the Record object Open method. 値として絶対 URL を指定することも、"URL ="キーワード、接続オブジェクトオープンメソッドConnectionStringパラメーター、および、 RecordsetオブジェクトオープンメソッドActiveConnectionパラメーター。An absolute URL can also be specified as the value of the "URL=" keyword in the Connection object Open method ConnectionString parameter, and the Recordset object Open method ActiveConnection parameter.

開くことでコンテキストを定義することも、レコードまたはRecordsetこれらのオブジェクトが既にある、暗黙的または明示的に宣言されたため、ディレクトリを表すオブジェクトを接続コンテキストを指定するオブジェクト。Context can also be defined by opening a Record or Recordset object that represents a directory, because these objects already have an implicitly or explicitly declared Connection object that specifies context.

スコープの操作Scoped Operations

コンテキストでは、スコープも定義します-つまり、ディレクトリとそのサブディレクトリ後続の操作に参加できます。The context also defines scope-that is, the directory and its subdirectories that can participate in subsequent operations. レコードオブジェクトのディレクトリを操作するいくつかのスコープを持つメソッドとそのすべてのサブディレクトリがあります。The Record object has several scoped methods that operate on a directory and all its subdirectories. これらのメソッドを含めるCopyRecordMoveRecord、およびDeleteRecordします。These methods include CopyRecord, MoveRecord, and DeleteRecord.

コマンド テキストと相対 UrlRelative URLs as Command Text

内の文字列を入力して、データ ソースで実行するコマンドを指定することができます、 CommandTextのパラメーター、接続オブジェクトのExecuteメソッドをおよび、 ソースのパラメーター、 Recordsetオブジェクトのオープンメソッド。You can specify a command to be executed on the data source by typing a string in the CommandText parameter of the Connection object's Execute method, and in the Source parameter of the Recordset object's Open method.

相対 URL で指定できます、 CommandTextまたはソースパラメーター。A relative URL can be specified in the CommandText or Source parameter. 相対 URL が、SQL コマンドなどのコマンドを実際に表していませんパラメーターだけを指定します。The relative URL does not actually represent a command, such as an SQL command; it merely specifies the parameters. アクティブな接続のコンテキストは、絶対 URL である必要があります、オプションにパラメーターを設定する必要がありますadCmdTableDirectします。The context of the active connection must be an absolute URL, and the Option parameter must be set to adCmdTableDirect.

たとえば、次のコード サンプルを開く方法を示しています。、 Recordset /Winnt system32 ディレクトリの Readme25.txt ファイル。For example, the following code sample shows how to open a Recordset on the Readme25.txt file of the Winnt/system32 directory:

recordset.Open "system32/Readme25.txt", "URL=https://YourServer/Winnt/",,,adCmdTableDirect  

接続文字列で絶対 URL は、サーバーを指定します (YourServer) と、パス (Winnt)。The absolute URL in the connection string specifies the server (YourServer) and the path (Winnt). この URL には、コンテキストも定義します。This URL also defines the context.

コマンド テキスト内の相対 URL を出発点として絶対 URL を使用し、パスの残りの部分を指定します (system32) と、ファイルを開く (Readme25.txt)。The relative URL in the command text uses the absolute URL as a starting point and specifies the remainder of the path (system32) and the file to open (Readme25.txt).

オプション フィールド (adCmdTableDirect) コマンドの種類の相対 URL であることを示します。The options field (adCmdTableDirect) indicates that the command type is a relative URL.

次のコードを開く別の例として、 Recordsetの内容に、Winntディレクトリ。As another example, the following code will open a Recordset on the contents of the Winnt directory:

recordset.Open "", "URL=https://YourServer/Winnt/",,,adCmdTableDirect  

OLE DB プロバイダーが指定した URL スキームOLE DB Provider-Supplied URL Schemes

完全修飾 URL の先頭部分は、スキームURL の残りの部分で識別されるリソースにアクセスするために使用されます。The leading part of a fully-qualified URL is the scheme that is used to access the resource identified by the remainder of the URL. 例は、HTTP (ハイパー テキスト転送プロトコル) および FTP (ファイル転送プロトコル) です。Examples are HTTP (Hypertext Transfer Protocol) and FTP (File Transfer Protocol).

ADO では、独自の URL スキームを認識する OLE DB プロバイダーをサポートします。ADO supports OLE DB providers that recognize their own URL schemes. たとえば、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing 「公開」の Windows 2000 ファイルにアクセスする既存の HTTP スキームを認識します。For example, the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing, which accesses "published" Windows 2000 files, recognizes the existing HTTP scheme.

関連項目See Also

接続オブジェクト (ADO) Connection Object (ADO)
Record オブジェクト (ADO) Record Object (ADO)
Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)