CopyRecord メソッド (ADO)CopyRecord Method (ADO)

によって表されるエンティティのコピーをレコード別の場所にします。Copies an entity represented by a record to another location.

構文Syntax

  
Record.CopyRecord (Source, Destination, UserName, Password, Options, Async)  

パラメーターParameters

SourceSource
任意。Optional. A文字列URL を含むエンティティを指定するコピーする (たとえば、ファイルまたはディレクトリ) の値。A String value that contains a URL specifying the entity to be copied (for example, a file or directory). 場合ソースを省略するか、空の文字列、ファイルまたはディレクトリが現在によって表される指定レコードがコピーされます。If Source is omitted or specifies an empty string, the file or directory represented by the current Record will be copied.

変換先Destination
任意。Optional. A文字列場所を指定する URL を含む値、ソースがコピーされます。A String value that contains a URL specifying the location where Source will be copied.

UserNameUserName
任意。Optional. A文字列値が必要な場合へのアクセスを承認するユーザー ID を含むします。A String value that contains the user ID that, if needed, authorizes access to Destination.

PasswordPassword
任意。Optional. A文字列値が必要な場合を検証するパスワードを含むUserNameします。A String value that contains the password that, if needed, verifies UserName.

[オプション]Options
任意。Optional. A CopyRecordOptionsEnumの既定値を持つ値adCopyUnspecifiedします。A CopyRecordOptionsEnum value that has a default value of adCopyUnspecified. このメソッドの動作を指定します。Specifies the behavior of this method.

AsyncAsync
任意。Optional. Aブール値とTrue、この操作を非同期にすることを指定します。A Boolean value that, when True, specifies that this operation should be asynchronous.

戻り値Return Value

A文字列を通常の値を返す値します。A String value that typically returns the value of Destination. ただし、返される正確な値は、プロバイダーによって異なります。However, the exact value returned is provider-dependent.

コメントRemarks

ソースすることはできませんと同じです。 それ以外の場合、実行時エラーが発生します。The values of Source and Destination must not be identical; otherwise, a run-time error occurs. 少なくとも 1 つのサーバー、パス、またはリソースの名前が異なる必要があります。At least one of the server, path, or resource names must differ.

すべての子 (たとえば、サブディレクトリ)ソースはないと、コピーされた再帰的にadCopyNonRecursiveを指定します。All children (for example, subdirectories) of Source are copied recursively, unless adCopyNonRecursive is specified. 再帰的な操作でのサブディレクトリではない必要がありますソース。 それ以外の操作を完了できません。In a recursive operation, Destination must not be a subdirectory of Source; otherwise, the operation will not complete.

このメソッドは失敗しない限り (たとえば、ファイルまたはディレクトリ)、既存のエンティティを識別するadCopyOverWriteが指定されて。This method fails if Destination identifies an existing entity (for example, a file or directory), unless adCopyOverWrite is specified.

重要

使用して、 adCopyOverWrite慎重オプションします。Use the adCopyOverWrite option judiciously. など、ファイルをディレクトリにコピーするときに、このオプションを指定する削除ディレクトリ、ファイルに置き換えます。For example, specifying this option when copying a file to a directory will delete the directory and replace it with the file.

注意

Http スキームを使用して Url が自動的に呼び出さ、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingします。URLs using the http scheme will automatically invoke the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. 詳細については、次を参照してください。絶対と相対 Urlします。For more information, see Absolute and Relative URLs.

適用対象Applies To

Record オブジェクト (ADO)Record Object (ADO)