Record オブジェクト (ADO)Record Object (ADO)

レコードセットまたはデータプロバイダーの行、またはファイルやディレクトリなどの半構造化データプロバイダーによって返されるオブジェクトを表します。Represents a row from a Recordset or the data provider, or an object returned by a semi-structured data provider, such as a file or directory.

RemarksRemarks

レコードオブジェクトは1行のデータを表し、1行のレコードセットと概念的に似ています。A Record object represents one row of data, and has some conceptual similarities with a one-row Recordset. プロバイダーの機能によっては、レコードオブジェクトが1行のレコードセットではなく、プロバイダーから直接返される場合があります。たとえば、1つの行のみを選択する SQL クエリが実行された場合などです。Depending on the capabilities of your provider, Record objects may be returned directly from your provider instead of a one-row Recordset, for example when an SQL query that selects only one row is executed. または、レコードオブジェクトをレコードセットオブジェクトから直接取得することもできます。Or, a Record object can be obtained directly from a Recordset object. または、レコードをプロバイダーから、Microsoft Exchange OLE DB プロバイダーなどの半構造化データに直接返すことができます。Or, a Record can be returned directly from a provider to semi-structured data, such as the Microsoft Exchange OLE DB provider.

レコードオブジェクトに関連付けられているフィールドは、レコードオブジェクトのフィールドコレクションを使用して表示できます。You can view the fields associated with the Record object by way of the Fields collection on the Record object. ADO では、レコードオブジェクトのFieldsコレクションで、レコードセットSafeArray、スカラー値を含むオブジェクト値列を使用できます。ADO allows object-valued columns including Recordset, SafeArray, and scalar values in the Fields collection of Record objects.

レコードオブジェクトがレコードセット内の行を表している場合、 Sourceプロパティを使用して元のレコードセットに戻ることができます。If the Record object represents a row in a Recordset, it is possible to return to that original Recordset with the Source property.

レコードオブジェクトは、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingなどの半構造化データプロバイダーが、ツリー構造の名前空間をモデル化するために使用することもできます。The Record object can also be used by semi-structured data providers such as the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing, to model tree-structured namespaces. ツリー内の各ノードは、関連付けられた列を持つレコードオブジェクトです。Each node in the tree is a Record object with associated columns. 列は、そのノードの属性とその他の関連情報を表すことができます。The columns can represent the attributes of that node and other relevant information. レコードオブジェクトは、リーフノードと、ツリー構造内の非リーフノードの両方を表すことができます。The Record object can represent both a leaf node and a non-leaf node in the tree structure. 非リーフノードには、そのコンテンツとして他のノードがありますが、リーフノードにはそのような内容が含まれていません。Non-leaf nodes have other nodes as their contents, but leaf nodes do not have such contents. リーフノードには通常、バイナリストリームのデータが含まれており、非リーフノードには既定のバイナリストリームが関連付けられている場合もあります。Leaf nodes typically contain binary streams of data and non-leaf nodes may also have a default binary stream associated with them. レコードオブジェクトのプロパティは、ノードの種類を識別します。Properties on the Record object identify the type of node.

また、レコードオブジェクトは、階層的に整理されたデータを移動するための別の方法も表します。The Record object also represents an alternative way for navigating hierarchically organized data. 大きなツリー構造内の特定のサブツリーのルートを表すレコードオブジェクトを作成し、新しいレコードオブジェクトを開いて子ノードを表すことができます。A Record object may be created to represent the root of a specific sub-tree in a large tree structure and new Record objects may be opened to represent child nodes.

リソース (ファイルやディレクトリなど) は絶対 URL で一意に識別できます。A resource (for example, a file or directory) can be uniquely identified by an absolute URL. 絶対 URL を使用してレコードを開くと、接続オブジェクトが暗黙的に作成され、レコードオブジェクトに設定されます。A Connection object is implicitly created and set to the Record object when the Record is opened by using an absolute URL. Connectionオブジェクトは、 ActiveConnectionプロパティを使用してRecordオブジェクトに明示的に設定できます。A Connection object may explicitly be set to the Record object via the ActiveConnection property. 接続オブジェクトを使用してアクセスできるファイルとディレクトリは、レコード操作が発生するコンテキストを定義します。The files and directories that can be accessed by using the Connection object define the context in which Record operations may occur.

レコードオブジェクトのデータ変更およびナビゲーションメソッドは、相対 url も受け入れます。これは、絶対 url または接続オブジェクトコンテキストを使用してリソースを開始点として検索します。Data modification and navigation methods on the Record object also accept a relative URL, which locates a resource using an absolute URL or the Connection object context as a starting point.

注意

Http スキームを使用する Url は、インターネット公開のために Microsoft OLE DB プロバイダーを自動的に呼び出します。URLs using the http scheme will automatically invoke the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. 詳細については、「絶対 url と相対 url」を参照してください。For more information, see Absolute and Relative URLs.

接続オブジェクトは、各レコードオブジェクトに関連付けられています。A Connection object is associated with each Record object. そのため、レコードオブジェクトの操作は、接続オブジェクトのトランザクションメソッドを呼び出すことによって、トランザクションの一部にすることができます。Therefore, Record object operations can be part of a transaction by invoking Connection object transaction methods.

レコードオブジェクトは ADO イベントをサポートしていないため、通知に応答しません。The Record object does not support ADO events, and therefore will not respond to notifications.

レコードオブジェクトのメソッドとプロパティを使用して、次の操作を実行できます。With the methods and properties of a Record object, you can do the following:

  • ActiveConnectionプロパティを使用して、関連付けられている接続オブジェクトを設定または返します。Set or return the associated Connection object with the ActiveConnection property.

  • Modeプロパティを使用してアクセス許可を指定します。Indicate access permissions with the Mode property.

  • レコードによって表されるリソースが存在する場合、そのディレクトリの Url をparenturlプロパティと共に返します。Return the URL of the directory, if any, that contains the resource represented by the Record with the ParentURL property.

  • ソースプロパティを使用してレコードを派生させる絶対 url、相対 Url、またはレコードセットを指定します。Indicate the absolute URL, relative URL, or Recordset from which the Record is derived with the Source property.

  • Stateプロパティを使用して、レコードの現在の状態を示します。Indicate the current status of the Record with the State property.

  • Record - RecordTypeプロパティを使用して、単純コレクション、または構造化ドキュメントのレコードの種類を示します。Indicate the type of Record - simple, collection, or structured document - with the RecordTypeproperty.

  • Cancelメソッドを使用して非同期操作の実行を停止します。Stop execution of an asynchronous operation with the Cancel method.

  • Closeメソッドを使用して、データソースのレコードの関連付けを解除します。Disassociate the Record from a data source with the Close method.

  • レコードで表されるファイルまたはディレクトリを、 copyrecordメソッドを使用して別の場所にコピーします。Copy the file or directory represented by a Record to another location with the CopyRecord method.

  • DeleteRecordメソッドを使用して、レコードで表されるファイル、またはディレクトリとサブディレクトリを削除します。Delete the file, or directory and subdirectories, represented by a Record with the DeleteRecord method.

  • レコードによって表されるエンティティのサブディレクトリとファイルを表す行を含むレコードセットを、 getchildrenメソッドを使用して開きます。Open a Recordset that contains rows that represent the subdirectories and files of the entity represented by the Record with the GetChildren method.

  • MoveRecordメソッドを使用して、レコードで表されるファイルまたはディレクトリとサブディレクトリを別の場所に移動 (名前変更) します。Move (rename) the file, or directory and subdirectories, represented by a Record to another location with the MoveRecord method.

  • レコードを既存のデータソースに関連付けるか、 Openメソッドを使用して新しいファイルまたはディレクトリを作成します。Associate the Record with an existing data source, or create a new file or directory with the Open method.

レコードオブジェクトは、スクリプトに対して安全です。The Record object is safe for scripting.

ここでは、次のトピックについて説明します。This section contains the following topic.

参照See Also

Fields コレクション (ADO) Fields Collection (ADO)
Properties コレクション (ADO) Properties Collection (ADO)
レコードとストリーム Records and Streams
Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)