ActiveConnection プロパティ (ADO)ActiveConnection Property (ADO)

先を示します接続オブジェクトの指定したコマンドRecordset、またはレコードオブジェクトが現在属しています。Indicates to which Connection object the specified Command, Recordset, or Record object currently belongs.

設定と戻り値Settings and Return Values

設定または取得を文字列場合は、接続を終了すると、接続の定義を含む値バリアント現在を含む接続オブジェクトの場合、接続は開いています。Sets or returns a String value that contains a definition for a connection if the connection is closed, or a Variant containing the current Connection object if the connection is open. 既定では、null オブジェクト参照です。Default is a null object reference. 参照してください、 ConnectionStringプロパティ。See the ConnectionString property.

コメントRemarks

使用して、 ActiveConnectionプロパティの接続オブジェクトを指定したコマンドオブジェクトが実行されますか、指定されたレコード セットが開きます。Use the ActiveConnection property to determine the Connection object over which the specified Command object will execute or the specified Recordset will be opened.

コマンドCommand

コマンド、オブジェクト、 ActiveConnection読み取り/書き込みプロパティです。For Command objects, the ActiveConnection property is read/write.

呼び出すしようとした場合、 Executeメソッドをコマンド、オープンにこのプロパティを設定する前にオブジェクト接続オブジェクトか、有効な接続文字列、エラーが発生します。If you attempt to call the Execute method on a Command object before setting this property to an open Connection object or valid connection string, an error occurs.

場合、接続に割り当てられているオブジェクト、 ActiveConnectionプロパティ、オブジェクトを開く必要があります。If a Connection object is assigned to the ActiveConnection property, the object must be opened. 閉じた接続オブジェクトを割り当てると、エラーが発生します。Assigning a closed Connection object causes an error.

注意Note

Microsoft Visual Basic設定、 ActiveConnectionプロパティをNothingの関連付けを解除、コマンドオブジェクトから現在接続と、データ ソースに関連付けられているリソースを解放するプロバイダー。Microsoft Visual Basic Setting the ActiveConnection property to Nothing disassociates the Command object from the current Connection and causes the provider to release any associated resources on the data source. 関連付けることができますし、コマンド同一または別のオブジェクト接続オブジェクト。You can then associate the Command object with the same or another Connection object. 一部のプロバイダーでは、いずれかから、プロパティの設定を変更できます。接続を最初に、プロパティを設定することなく別Nothingします。Some providers allow you to change the property setting from one Connection to another, without having to first set the property to Nothing.

場合、パラメーターのコレクション、コマンドオブジェクトには、プロバイダーによって指定されたパラメーターが含まれています、設定した場合、コレクションの消去、 ActiveConnectionプロパティをNothingまたは別接続オブジェクト。If the Parameters collection of the Command object contains parameters supplied by the provider, the collection is cleared if you set the ActiveConnection property to Nothing or to another Connection object. 手動で作成する場合パラメーターオブジェクトし、入力して、パラメーターのコレクション、コマンドオブジェクト、設定、 ActiveConnectionプロパティをNothingまたは別接続リーフ オブジェクト、パラメーターコレクションをそのまま残ります。If you manually create Parameter objects and use them to fill the Parameters collection of the Command object, setting the ActiveConnection property to Nothing or to another Connection object leaves the Parameters collection intact.

閉じる、接続オブジェクトをコマンドオブジェクトが関連付けられているセット、 ActiveConnectionプロパティをNothingします。Closing the Connection object with which a Command object is associated sets the ActiveConnection property to Nothing. このプロパティの設定を閉じている接続オブジェクト、エラーが発生します。Setting this property to a closed Connection object generates an error.

レコードセットRecordset

オープンのレコード セットオブジェクトまたはレコード セットオブジェクトソースプロパティが有効なコマンドオブジェクト、 ActiveConnectionプロパティは読み取り専用です。For open Recordset objects or for Recordset objects whose Source property is set to a valid Command object, the ActiveConnection property is read-only. それ以外の場合、読み取り/書き込みになります。Otherwise, it is read/write.

このプロパティを設定するには有効な接続オブジェクトまたは有効な接続文字列にします。You can set this property to a valid Connection object or to a valid connection string. この場合、プロバイダーを作成、新しい接続オブジェクトのこの定義を使用して、接続が開かれます。In this case, the provider creates a new Connection object using this definition and opens the connection. さらに、プロバイダーはこのプロパティの新しいに設定が接続にアクセスする方法を提供するオブジェクト、接続オブジェクトの拡張エラー情報またはその他のコマンドを実行します。Additionally, the provider may set this property to the new Connection object to give you a way to access the Connection object for extended error information or to execute other commands.

使用する場合、 ActiveConnectionの引数、開くメソッドを開き、レコード セットオブジェクト、 ActiveConnectionプロパティは引数の値を継承します。If you use the ActiveConnection argument of the Open method to open a Recordset object, the ActiveConnection property will inherit the value of the argument.

設定した場合、ソースのプロパティ、レコード セットを有効なオブジェクトコマンドオブジェクト変数をActiveConnectionのプロパティRecordsetの設定を継承、コマンドオブジェクトのActiveConnectionプロパティ。If you set the Source property of the Recordset object to a valid Command object variable, the ActiveConnection property of the Recordset inherits the setting of the Command object's ActiveConnection property.

注意

リモート データ サービスの使用状況クライアント側で使用するとRecordsetオブジェクト、または (Microsoft Visual Basic または Visual Basic Scripting Edition) で接続文字列にのみ、このプロパティを設定できますNothing.Remote Data Service Usage When used on a client-side Recordset object, this property can be set only to a connection string or (in Microsoft Visual Basic or Visual Basic, Scripting Edition) to Nothing.

レコードRecord

このプロパティは読み取り/書き込み時に、レコードオブジェクトが閉じられるし、接続文字列または開いているへの参照を含めることができます接続オブジェクト。This property is read/write when the Record object is closed, and may contain a connection string or reference to an open Connection object. このプロパティは読み取り専用ときに、レコードオブジェクトを開くと、および開いているへの参照が含まれています接続オブジェクト。This property is read-only when the Record object is open, and contains a reference to an open Connection object.

A接続オブジェクトが暗黙的に作成されるときに、レコードオブジェクトは、URL から開きます。A Connection object is created implicitly when the Record object is opened from a URL. 開く、レコード開き、既存の接続オブジェクトを割り当てることによって、接続オブジェクトをこのプロパティは、またはを使用して、 の接続オブジェクト内のパラメーターとして、オープンメソッドの呼び出し。Open the Record with an existing, open Connection object by assigning the Connection object to this property, or using the Connection object as a parameter in the Open method call. 場合、レコードを既存の開いたレコードまたはRecordsetが自動的に関連付けられているレコードまたはレコード セットオブジェクトの接続オブジェクト。If the Record is opened from an existing Record or Recordset, then it is automatically associated with that Record or Recordset object's Connection object.

注意

Http スキームを使用して Url が自動的に呼び出さ、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingします。URLs using the http scheme will automatically invoke the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. 詳細については、次を参照してください。絶対と相対 Urlします。For more information, see Absolute and Relative URLs.

適用対象Applies To

Command オブジェクト (ADO)Command Object (ADO) Record オブジェクト (ADO)Record Object (ADO) Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)

参照See Also

ActiveConnection、CommandText、CommandTimeout、CommandType、サイズ、および方向プロパティの例 (VB) ActiveConnection, CommandText, CommandTimeout, CommandType, Size, and Direction Properties Example (VB)
ActiveConnection、CommandText、CommandTimeout、CommandType、サイズ、および方向プロパティの例 (vc++) ActiveConnection, CommandText, CommandTimeout, CommandType, Size, and Direction Properties Example (VC++)
ActiveConnection、CommandText、CommandTimeout、CommandType、サイズ、および方向プロパティの例 (JScript) ActiveConnection, CommandText, CommandTimeout, CommandType, Size, and Direction Properties Example (JScript)
接続オブジェクト (ADO) Connection Object (ADO)
ConnectionString プロパティ (ADO)ConnectionString Property (ADO)