Source プロパティ (ADO Recordset)Source Property (ADO Recordset)

データ ソースを示す、 Recordsetオブジェクト。Indicates the data source for a Recordset object.

設定と戻り値Settings and Return Values

セットを文字列値またはコマンドオブジェクト参照; のみを返します、文字列のソースを示す値、レコード セットします。Sets a String value or Command object reference; returns only a String value that indicates the source of the Recordset.

コメントRemarks

使用して、ソースのデータ ソースを指定するプロパティをレコード セットオブジェクトを使用して、次のいずれか:コマンドオブジェクト変数、SQL ステートメント、ストアド プロシージャでは、または、テーブル名。Use the Source property to specify a data source for a Recordset object using one of the following: a Command object variable, an SQL statement, a stored procedure, or a table name.

設定した場合、ソースプロパティをコマンドオブジェクト、 ActiveConnectionのプロパティ、レコード セットオブジェクトは継承、値、 ActiveConnection 、指定されたプロパティコマンドオブジェクト。If you set the Source property to a Command object, the ActiveConnection property of the Recordset object will inherit the value of the ActiveConnection property for the specified Command object. ただし、読み取り、ソースプロパティは返されません、コマンドオブジェクトは、代わりを返します、 CommandTextのプロパティ、 コマンドオブジェクトを設定する、ソースプロパティ。However, reading the Source property does not return a Command object; instead, it returns the CommandText property of the Command object to which you set the Source property.

場合、ソースプロパティは、SQL ステートメント、ストアド プロシージャ、またはテーブル名、パフォーマンスを最適化するには、適切なを渡すことによってオプション引数と、 を開くメソッドの呼び出し。If the Source property is an SQL statement, a stored procedure, or a table name, you can optimize performance by passing the appropriate Options argument with the Open method call.

ソースプロパティは読み取り/書き込み終了レコード セットオブジェクトおよび読み取り専用のオープンレコード セットオブジェクト。The Source property is read/write for closed Recordset objects and read-only for open Recordset objects.

適用対象Applies To

Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)

関連項目See Also

Source プロパティの例 (VB) Source Property Example (VB)
ソースのプロパティ (ADO Error) Source Property (ADO Error)
Source プロパティ (ADO Record)Source Property (ADO Record)