Flush メソッド (ADO)Flush Method (ADO)

内容を強制的、 Streamを基になるオブジェクトへの ADO のバッファーに残っている、 Streamが関連付けられています。Forces the contents of the Stream remaining in the ADO buffer to the underlying object with which the Stream is associated.

構文Syntax

  
Stream.Flush  

コメントRemarks

基になるオブジェクトにストリーム バッファーの内容を送信するこのメソッドを使用できます。 ノードまたはのソースでは、URL で表されるファイルなど、 Streamオブジェクト。This method can be used to send the contents of the stream buffer to the underlying object: for example, the node or file represented by the URL that is the source of the Stream object. すべての変更することを確認する場合、このメソッドを呼び出す必要がありますの内容に加え、 Stream書き込まれています。This method should be called when you want to ensure that all changes that were made to the contents of a Stream have been written. ただし、ADO を使用した必要はありませんは、通常を呼び出すフラッシュADO は継続的にバック グラウンドで可能な限り、バッファーをフラッシュします。However, with ADO it is not usually necessary to call Flush, as ADO continuously flushes its buffer as much as possible in the background. コンテンツの変更、 Streamキャッシュされないまでに、自動的に行われるフラッシュが呼び出されます。Changes to the content of a Stream are made automatically, not cached until Flush is called.

閉じる、 Streamで、閉じるメソッドの内容をフラッシュ、 Streamは自動的に明示的に呼び出す必要はありませんをフラッシュ直前閉じるします。Closing a Stream with the Close method flushes the contents of a Stream automatically; there is no need to explicitly call Flush immediately before Close.

適用対象Applies To

Stream オブジェクト (ADO)Stream Object (ADO)