SQL Server をインストール ウィザードからインストールする (セットアップ)Install SQL Server from the Installation Wizard (Setup)

適用対象: yesSQL Server (Windows only) noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (Windows only) noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

この記事では、インストール ウィザードを使用して SQL Server をインストールする方法について説明します。This article explains how to install SQL Server with the Installation Wizard. これは SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) および SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) に適用されます。It applies to SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x).

この記事では、SQL ServerSQL Server セットアップ インストール ウィザードを使って SQL ServerSQL Server の新しいインスタンスをインストールする手順について詳しく説明します。This article provides a step-by-step procedure for installing a new instance of SQL ServerSQL Server by using the SQL ServerSQL Server Setup Installation Wizard. インストール ウィザードでは、1 つの機能ツリーを使用してすべての SQL ServerSQL Server コンポーネントをインストールできるため、それらを個別にインストールする必要はありません。The Installation Wizard provides a single feature tree for installation of all SQL ServerSQL Server components so that you don't have to install them individually. SQL ServerSQL Server のコンポーネントを個別にインストールするには、「SQL Server をインストールする」を参照してください。To install the SQL ServerSQL Server components individually, see Install SQL Server.

SQL ServerSQL Server をインストールする他の方法については、以下を参照してください。For other ways to install SQL ServerSQL Server, see:

インストール メディアを入手するGet the installation media

SQL ServerSQL Server のダウンロード場所は、エディションによって異なります。The download location for SQL ServerSQL Server depends on the edition:

  • SQL Server Enterprise、Standard、Express の各エディション は、運用環境用にライセンスされます。SQL Server Enterprise, Standard, and Express Editions are licensed for production use. Enterprise および Standard エディションでは、インストール メディアには、ソフトウェア ベンダーに問い合わせてください。For the Enterprise and Standard Editions, contact your software vendor for the installation media. 購入に関する情報および Microsoft パートナーのディレクトリについては、 マイクロソフトの購入 Web サイトをご覧ください。You can find purchasing information and a directory of Microsoft partners on the Microsoft purchasing website.
  • 無料エディションは、「 SQL Server ダウンロードします。Free editions are available at SQL Server downloads.

PrerequisitesPrerequisites

SQL ServerSQL Server をインストールする前に、「SQL Server のインストール計画」を確認してください。Before you install SQL ServerSQL Server, review Planning a SQL Server installation.

注意

ローカル インストールの場合は、セットアップを管理者として実行する必要があります。For local installations, you must run Setup as an administrator. SQL ServerSQL Server をリモート共有からインストールする場合は、そのリモート共有に対する読み取り権限と実行権限を持つドメイン アカウントを使用する必要があります。If you install SQL ServerSQL Server from a remote share, you must use a domain account that has read and execute permissions on the remote share.

インストールのパッチ要件Install patch requirement

SQL Server 2016 および 2017 の前提条件としてインストールされる Microsoft Visual C++ 2013 ランタイム バイナリに問題が見つかりました。Microsoft has identified a problem with the Microsoft Visual C++ 2013 runtime binaries that are installed as a prerequisite by SQL Server 2016 and 2017. 更新プログラムを利用してこの問題を修正できます。An update is available to fix this problem. Visual C++ ランタイム バイナリに対するこの更新プログラムをインストールしないと、特定のシナリオにおいて、SQL Server で安定性の問題が発生する可能性があります。If this update to the Visual C++ runtime binaries isn't installed, SQL Server may experience stability issues in certain scenarios. SQL Server をインストールする前に、「SQL Server リリース ノート」にある手順に従って、ご使用のコンピューターに Visual C++ ランタイム バイナリのパッチが必要かどうかを確認してください。Before you install SQL Server, follow the instructions in the SQL Server release notes to see if your computer requires a patch for the Visual C++ runtime binaries.

これは、SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) には適用されません。This is not applicable to SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x).

SQL Server 2016 および 2017 をインストールするにはTo install SQL Server 2016 and 2017

  1. SQL ServerSQL Server のインストール メディアを挿入します。Insert the SQL ServerSQL Server installation media. ルート フォルダーの Setup.exeをダブルクリックします。From the root folder, double-click Setup.exe. ネットワーク共有からインストールするには、ネットワーク共有上のルート フォルダーに移動し、Setup.exe をダブルクリックします。To install from a network share, locate the root folder on the share, and then double-click Setup.exe.

  2. インストール ウィザードで SQL ServerSQL Server インストール センターが実行されます。The Installation Wizard runs the SQL ServerSQL Server Installation Center. SQL ServerSQL Server の新しいインストールを作成するには、左側のナビゲーション領域の [インストール] を選択し、 [SQL ServerSQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加] を選択します。To create a new installation of SQL ServerSQL Server, select Installation in the left navigation area, and then select New SQL ServerSQL Server standalone installation or add features to an existing installation.

  3. [プロダクト キー] ページで、オプションを選択して、SQL ServerSQL Server の無償のエディション、または PID キーを持つ製品版のどちらをインストールするかを指定します。On the Product Key page, select an option to indicate whether you're installing a free edition of SQL ServerSQL Server or a production version that has a PID key. 詳しくは、「SQL Server 2017 の各エディションとサポートされている機能」をご覧ください。For more information, see Editions and supported features of SQL Server 2017.

    続けるには、 [次へ] を選択します。To continue, select Next.

  4. [ライセンス条項] ページで、ライセンス条項を確認します。On the License Terms page, review the license agreement. 同意する場合は、 [ライセンス条項に同意します] チェック ボックスをオンして、 [次へ] を選択します。If you agree, select the I accept the license terms check box, and then select Next.

    注意

    SQL Server は、インストールの状態に関する情報および製品の機能向上に役立つその他の利用状況データとパフォーマンス データを送信します。SQL Server transmits information about your installation experience, as well as other usage and performance data to help Microsoft improve the product. SQL Server のデータ処理とプライバシー管理の詳細については、「プライバシーに関する声明」および「SQL Server を構成して Microsoft にフィードバックを送信する」を参照してください。To learn more about SQL Server data processing and privacy controls, see the privacy statement and Configure SQL Server to send feedback to Microsoft.

  5. [グローバル ルール] ウィンドウでは、ルール エラーがない場合は、セットアップは自動的に [製品の更新プログラム] ページに進みます。In the Global Rules page, Setup will automatically advance to the Product Updates page if there are no rule errors.

  6. [コントロール パネル] > [すべてのコントロール パネル項目] > [Windows Update] > [設定の変更][Microsoft Update] チェック ボックスがオフになっている場合は、次に [Microsoft Update] ページが表示されます。The Microsoft Update page will appear next if the Microsoft Update check box in Control Panel > All Control Panel Items > Windows Update > Change settings isn't selected. [Microsoft Update] チェック ボックスをオンにすると、Windows 更新プログラムをスキャンするときに、すべての Microsoft 製品の最新の更新プログラムを含めるように、コンピューターの設定が変更されます。Selecting the Microsoft Update check box changes the computer settings to include the latest updates for all Microsoft products when you scan for Windows updates.

  7. [製品の更新プログラム] ページに、使用できる最新の SQL ServerSQL Server 製品の更新プログラムが表示されます。On the Product Updates page, the latest available SQL ServerSQL Server product updates are displayed. 製品の更新プログラムが検出されない場合、セットアップではこのページは表示されず、 [セットアップ ファイルのインストール] ページに自動的に移動します。If no product updates are discovered, Setup doesn't display this page and automatically advances to the Install Setup Files page.

  8. [セットアップ ファイルのインストール] ページのセットアップには、セットアップ ファイルのダウンロード、抽出、およびインストールの進行状況が表示されます。On the Install Setup Files page, Setup provides the progress of downloading, extracting, and installing the Setup files. セットアップの更新プログラムが検出され、それを含むように指定してある場合は、その更新プログラムもインストールされます。If an update for Setup is found and you specify to include it, that update will also be installed. 更新プログラムが見つからない場合、セットアップが自動的に進行します。If no update is found, Setup will automatically advance.

  9. [インストール ルール] ページでは、セットアップの実行中に発生する可能性がある潜在的な問題に関するチェックが行われます。On the Install Rules page, Setup checks for potential problems that might occur while running Setup. エラーが発生した場合、詳細な情報を見るには、 [状態] 列の項目を選択します。If failures occur, select an item in the Status column for more information. その以外の場合は、 [次へ] を選択します。Otherwise, select Next.

  10. コンピューターに SQL ServerSQL Server を初めてインストールする場合は、 [インストールの種類] ページがスキップされて、直接 [機能の選択] ページに移動します。If this is the first installation of SQL ServerSQL Server on the machine, Setup skips the Installation Type page and goes directly to the Feature Selection page. SQL ServerSQL Server がシステムに既にインストールされている場合は、 [インストールの種類] ページで、新規インストールを実行するか、既存のインストール環境に機能を追加するかを選択できます。If SQL ServerSQL Server is already installed on the system, you can use the Installation Type page to select either to perform a new installation or to add features to an existing installation. 続けるには、 [次へ] を選択します。To continue, select Next.

  11. [機能の選択] ページで、インストールするコンポーネントを選択します。On the Feature Selection page, select the components for your installation. たとえば、SQL ServerSQL Server データベース エンジンDatabase Engineの新しいインスタンスをインストールするには、 [データベース エンジン サービス] を選択します。For example, to install a new instance of SQL ServerSQL Server データベース エンジンDatabase Engine, select Database Engine Services.

    機能名を選択すると、 [機能の説明] ペインに各コンポーネント グループの説明が表示されます。A description for each component group appears in the Feature description pane after you select the feature name. チェック ボックスはいくつでもオンにできます。You can select any combination of check boxes. 詳細については、SQL Server 2016 のエディションとコンポーネントに関するセクション、または SQL Server 2017 のエディションとコンポーネントに関するセクションを参照してください。For more information, see Editions and components of SQL Server 2016 or Editions and components of SQL Server 2017.

    選択した機能の必須コンポーネントが、 [選択した機能に必要なコンポーネント] ペインに表示されます。The prerequisites for the selected features are displayed in the Prerequisites for selected features pane. セットアップでは、この手順の後半で説明するインストール手順の間に、まだインストールされていない必須コンポーネントがインストールされます。Setup installs the prerequisites that aren't already installed during the installation step described later in this procedure.

    [機能の選択] ページの下部にあるフィールドを使用して、共有コンポーネントのカスタム ディレクトリを指定することもできます。You can also specify a custom directory for shared components by using the field at the bottom of the Feature Selection page. 共有コンポーネントのインストール パスを変更するには、ダイアログ ボックスの下部にあるフィールドのパスを更新するか、 [参照] を選択してインストール ディレクトリに移動します。To change the installation path for shared components, either update the path in the field at the bottom of the dialog box or select Browse to go to an installation directory. 既定のインストール パスは C:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnnC:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\です。The default installation path is C:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnnC:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\.

    注意

    共有コンポーネントには絶対パスを指定する必要があります。The path specified for the shared components must be an absolute path. フォルダーを圧縮または暗号化しないでください。The folder must not be compressed or encrypted. マップされたドライブはサポートされていません。Mapped drives aren't supported.

    SQL Server は、共有機能の 2 つのディレクトリを使用します。SQL Server uses two directories for shared features:

    • 共有機能ディレクトリShared feature directory
    • 共有機能ディレクトリ (x86)Shared feature directory (x86)

    注意

    前の各オプションには異なるパスを指定する必要があります。The path specified for each of the above options must be different.

  12. すべてのルールに合格した場合、 [機能ルール] ページは自動的に進行します。The Feature Rules page automatically advances if all rules pass.

  13. [インスタンスの構成] ページで、既定のインスタンスまたは名前付きインスタンスをインストールするかどうかを指定します。On the Instance Configuration page, specify whether to install a default instance or a named instance. 詳細については、「インスタンスの構成」を参照してください。For more information, see Instance configuration.

    • [インスタンス ID] : 既定では、インスタンス名がインスタンス ID として使用されます。Instance ID: By default, the instance name is used as the instance ID. この ID は、SQL ServerSQL Server のインスタンスのインストール ディレクトリとレジストリ キーを識別するために使用されます。This ID is used to identify the installation directories and registry keys for your instance of SQL ServerSQL Server. 既定のインスタンスの場合も名前付きインスタンスの場合も、同じ動作が発生します。The same behavior occurs for default instances and named instances. 既定のインスタンスの場合、インスタンス名とインスタンス ID は、MSSQLSERVER になります。For a default instance, the instance name and instance ID are MSSQLSERVER. 既定以外のインスタンス ID を使用するには、 [インスタンス ID] テキスト ボックスで異なる値を指定します。To use a nondefault instance ID, specify a different value in the Instance ID text box.

      注意

      SQL ServerSQL Server の標準的なスタンドアロン インスタンスでは、既定のインスタンスの場合も名前付きインスタンスの場合も、インスタンス ID の値として既定値以外は使用しないでください。Typical standalone instances of SQL ServerSQL Server, whether default or named instances, don't use a nondefault value for the instance ID.

      すべての SQL ServerSQL Server Service Pack とアップグレードが、SQL ServerSQL Server のインスタンスの各コンポーネントに適用されます。All SQL ServerSQL Server service packs and upgrades apply to every component of an instance of SQL ServerSQL Server.

    • [インストール済みのインスタンス] : セットアップが実行されているコンピューター上にある SQL ServerSQL Server のインスタンスが、グリッドに表示されます。Installed instances: The grid shows the instances of SQL ServerSQL Server that are on the computer where Setup is running. 既定のインスタンスが既にコンピューターにインストールされている場合、 SQL ServerSQL Serverの名前付きインスタンスをインストールする必要があります。If a default instance is already installed on the computer, you must install a named instance of SQL ServerSQL Server.

    インストールの残りの部分のワークフローは、インストールするように指定した機能に応じて異なります。The workflow for the rest of the installation depends on the features that you've specified for your installation. 選択によっては、表示されないページもあります。Depending on your selections, you might not see all the pages.

  14. Polybase 機能をインストールすることを選択すると、 [インスタンスの構成] ページの後に表示される SQL Server の設定に [PolyBase の構成] ページが追加されます。Selecting to install the Polybase feature will add the PolyBase Configuration page to the SQL Server setup, displayed after the Instance Configuration page. PolyBase には、Oracle JRE 7 更新プログラム 51 (少なくとも) が必要です。これがまだインストールされていない場合、インストールはブロックされます。PolyBase requires the Oracle JRE 7 Update 51 (at least), and if this hasn't already been installed, your installation will be blocked. [PolyBase の構成] ページでは、SQL Server をスタンドアロンの Polybase 対応インスタンスとして使用するか、それともこの SQL Server を PolyBase スケールアウト グループの一部として使用するかを選択できます。On the Polybase Configuration page, you can choose to use the SQL Server as a standalone Polybase-enabled instance, or you can use this SQL Server as part of a PolyBase scale-out group. スケールアウト グループを使用することを選択した場合は、最大 6 つ以上のポートのポート範囲を指定する必要があります。If you choose to use the scale-out group, you will need to specify a port range of up to 6 or more ports.

  15. [サーバーの構成] - [サービス アカウント] ページを使用して、SQL ServerSQL Server サービスのログイン アカウントを指定します。Use the Server Configuration - Service Accounts page to specify the logon accounts for SQL ServerSQL Server services. このページで構成する実際のサービスは、インストール時に選択した機能によって異なります。The actual services that you configure on this page depend on the features that you selected to install. 構成設定の詳細については、「インストール ウィザードのヘルプ」を参照してください。For more information about configuration settings, see Installation Wizard help.

    すべての SQL ServerSQL Server サービスに同じログオン アカウントを割り当てることも、各サービス アカウントを個々に構成することもできます。You can assign the same logon account to all SQL ServerSQL Server services, or you can configure each service account individually. サービスを自動的に開始するか、手動で開始するか、または無効にするかを指定することもできます。You can also specify whether services start automatically, start manually, or are disabled. サービス アカウントを個別に構成し、各サービスに最低限の特権を提供することをお勧めします。We recommend you configure service accounts individually to provide the least privileges for each service. SQL ServerSQL Server サービスに、タスクの実行に必要な最小値のアクセス許可を付与します。Make sure SQL ServerSQL Server services are granted the minimum permissions they must have to complete their tasks. 詳細については、「Windows サービス アカウントと権限の構成」を参照してください。For more information, see Configure Windows service accounts and permissions.

    SQL ServerSQL Server のこのインスタンスに含まれるすべてのサービス アカウントに同じログオン アカウントを指定する場合は、ページの下部にあるフィールドに資格情報を指定します。To specify the same logon account for all service accounts in this instance of SQL ServerSQL Server, provide the credentials in the fields at the bottom of the page.

    重要

    空白のパスワードは使用しないでください。Do not use a blank password. 強力なパスワードを使用してください。Use a strong password.

    注意

    SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降では、SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine サービス アカウントでデータベースのファイル瞬時初期化を使用するには、 [SQL Server データベース エンジン サービスにボリューム メンテナンス タスクを実行する特権を付与する] チェック ボックスをオンにします。Starting with SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x), select the Grant Perform Volume Maintenance Task privilege to SQL Server Database Engine Service check box to allow the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine service account to use database instant file initialization.

  16. [サーバーの構成 - 照合順序] ページを使用して、データベース エンジンDatabase EngineAnalysis ServicesAnalysis Services に既定以外の照合順序を指定します。Use the Server Configuration - Collation page to specify non-default collations for the データベース エンジンDatabase Engine and Analysis ServicesAnalysis Services.

    既定のインストール設定はオペレーティング システム (OS) ロケールによって決定されます。The default installation setting is determined by the operating system (OS) locale. サーバーレベルの照合順序はセットアップ中に変更するか、インストール前に OS ロケールを変更することで変更できます。The server-level collation can either be changed during setup, or by changing the OS locale before installation. 既定の照合順序は、特定のロケール別に関連付けられている中で最も古いバージョンに設定されます。The default collation is set to the oldest available version that is associated with each specific locale. これは下位互換性によるものです。This is due to backwards compatibility reasons. そのため、これが常に推奨される照合順序になるとは限りません。Therefore, this is not always the recommended collation. SQL ServerSQL Server の機能を活用するには、Windows 照合順序を使用するように既定のインストール設定を変更します。To take full advantage of SQL ServerSQL Server features, change the default installation settings to use Windows collations. たとえば、OS のロケールが英語 (米国) (コード ページ 1252) の場合、セットアップ中、既定の照合順序は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS になります。これは Windows 照合順序でそれに最も近い Latin1_General_100_CI_AS_SC に変更できます。For example, for the OS locale English (United States) (code page 1252), the default collation during setup is SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS and can be changed to its closest Windows collation counterpart Latin1_General_100_CI_AS_SC.

    詳細については、「照合順序と Unicode のサポート」を参照してください。For more information, see Collations and Unicode support.

  17. [データベース エンジンの構成 - サーバーの構成] ページを使用して、次のオプションを指定します。Use the Database Engine Configuration - Server Configuration page to specify the following options:

    • セキュリティ モード: SQL ServerSQL Server のインスタンスに対して Windows 認証または混合モード認証を選択します。Security Mode: Select Windows Authentication or Mixed Mode Authentication for your instance of SQL ServerSQL Server. 混合モード認証を選択した場合は、組み込みの SQL ServerSQL Server システム管理者アカウントの強力なパスワードを入力する必要があります。If you select Mixed Mode Authentication, you must provide a strong password for the built-in SQL ServerSQL Server system administrator account.

      デバイスが SQL ServerSQL Server との接続を正常に確立した後のセキュリティ メカニズムは、Windows 認証モードでも混合モード認証でも同じです。After a device establishes a successful connection to SQL ServerSQL Server, the security mechanism is the same for both Windows authentication and mixed mode authentication. 詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [サーバー構成] ページ」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - Server Configuration page.

    • SQL サーバー管理者: SQL ServerSQL Server のインスタンスの 1 人以上のシステム管理者を指定する必要があります。SQL Server Administrators: You must specify at least one system administrator for the instance of SQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Server のセットアップを実行しているアカウントを追加するには、 [現在のユーザーの追加] を選択します。To add the account under which SQL ServerSQL Server Setup is running, select Add Current User. システム管理者の一覧に対してアカウントを追加または削除するには、 [追加] または [削除] を選択し、SQL ServerSQL Server のインスタンスについて管理者特権を持っているユーザー、グループ、またはコンピューターの一覧を編集します。To add or remove accounts from the list of system administrators, select Add or Remove, and then edit the list of users, groups, or computers that have administrator privileges for the instance of SQL ServerSQL Server.

    [データベース エンジンの構成] - [データ ディレクトリ] ページを使用して、既定以外のインストール ディレクトリを指定します。Use the Database Engine Configuration - Data Directories page to specify nondefault installation directories. 既定のディレクトリにインストールする場合は、 [次へ] を選択します。To install to the default directories, select Next.

    重要

    既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、個々のインストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Server インスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify nondefault installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリは、 SQL ServerSQL Serverの他のインスタンスのディレクトリと共有できません。None of the directories in this dialog box should be shared with directories from other instances of SQL ServerSQL Server.

    詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [データ ディレクトリ] ページ」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - Data Directories page.

    [データベース エンジンの構成] - [TempDB] ページを使用して、ファイル サイズ、ファイルの数、既定以外のインストール ディレクトリ、および tempdb のファイル拡張設定を構成します。Use the Database Engine Configuration - TempDB page to configure the file size, number of files, nondefault installation directories, and file-growth settings for tempdb. 詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [TempDB] ページ」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - TempDB page.

    [データベース エンジンの構成] - [FILESTREAM] ページを使用して、SQL ServerSQL Server のインスタンスに対する FILESTREAM を有効にします。Use the Database Engine Configuration - FILESTREAM page to enable FILESTREAM for your instance of SQL ServerSQL Server. 詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [FILESTREAM] ページ」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - FILESTREAM page.

  18. [Analysis Services の構成] - [アカウントの準備] ページを使用して、サーバー モードと Analysis ServicesAnalysis Services の管理者権限を持つユーザーまたはアカウントを指定します。Use the Analysis Services Configuration - Account Provisioning page to specify the server mode and the users or accounts that have administrator permissions for Analysis ServicesAnalysis Services. サーバー モードによって、サーバーで使用されるメモリとストレージ サブシステムが決まります。The server mode determines which memory and storage subsystems are used on the server. サーバー モードによって、実行されるソリューションの種類も異なります。Different solution types run in different server modes. サーバーで多次元キューブ データベースを実行する場合は、既定のサーバー モード オプション [多次元およびデータ マイニング モード] を選択します。If you plan to run multidimensional cube databases on the server, select the default server mode option, Multidimensional and Data Mining.

    Analysis ServicesAnalysis Services のシステム管理者を少なくとも 1 人指定する必要があります。You must specify at least one system administrator for Analysis ServicesAnalysis Services:

    • SQL Server セットアップを実行しているアカウントを追加するには、 [現在のユーザーの追加] を選択します。To add the account under which SQL Server Setup is running, select Add Current User.

    • システム管理者の一覧に対してアカウントを追加または削除するには、 [追加] または [削除] を選択し、Analysis ServicesAnalysis Services の管理者特権を持っているユーザー、グループ、またはコンピューターの一覧を編集します。To add or remove accounts from the list of system administrators, select Add or Remove, and then edit the list of users, groups, or computers that have administrator privileges for Analysis ServicesAnalysis Services.

    サーバー モードと管理者権限の詳細については、「[Analysis Services の構成] - [アカウントの準備] ページ」を参照してください。For more information about server mode and administrator permissions, see Analysis Services Configuration - Account Provisioning page.

    一覧の編集が完了したら、 [OK] を選択します。When you're finished editing the list, select OK. 構成ダイアログ ボックスの管理者の一覧を確認します。Verify the list of administrators in the configuration dialog box. 一覧が完成したら、 [次へ] を選択します。After the list is complete, select Next.

    [Analysis Services の構成] - [データ ディレクトリ] ページを使用して、既定以外のインストール ディレクトリを指定します。Use the Analysis Services Configuration - Data Directories page to specify nondefault installation directories. 既定のディレクトリにインストールする場合は、 [次へ] を選択します。To install to the default directories, select Next.

    重要

    SQL ServerSQL Server をインストールするときに、INSTANCEDIR と SQLUSERDBDIR に同じディレクトリ パスを指定した場合、SQL Server エージェントとフルテキスト検索は、アクセス許可がないために開始されません。When installing SQL ServerSQL Server, if you specify the same directory path for INSTANCEDIR and SQLUSERDBDIR, SQL Server Agent and Full Text Search won't start due to missing permissions.

    既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、個々のインストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Server インスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify nondefault installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリは、 SQL ServerSQL Serverの他のインスタンスのディレクトリと共有できません。None of the directories in this dialog box should be shared with directories from other instances of SQL ServerSQL Server.

    詳細については、「[Analysis Service の構成] - [データ ディレクトリ] ページ」を参照してください。For more information, see Analysis Services Configuration - Data Directories page.

  19. [Distributed Replay Controller Configuration](分散再生コントローラーの構成) ページを使用して、分散再生コントローラー サービスに対する管理権限を付与するユーザーを指定します。Use the Distributed Replay Controller Configuration page to specify the users you want to grant administrative permissions to for the Distributed Replay controller service. 管理権限を持つユーザーには、分散再生コントローラー サービスへの無制限のアクセス許可が与えられます。Users that have administrative permissions have unlimited access to the Distributed Replay controller service.

    • SQL Server のセットアップを実行しているユーザーに、分散再生コントローラー サービスに対するアクセス許可を付与するには、 [現在のユーザーの追加] ボタンを選択します。To grant access permissions for the Distributed Replay controller service to the user who's running SQL Server Setup, select the Add Current User button.

    • 他のユーザーに、分散再生コントローラー サービスに対するアクセス許可を付与するには、 [追加] ボタンを選択します。To grant access permissions for the Distributed Replay controller service to other users, select the Add button.

    • 分散再生コントローラー サービスからアクセス許可を削除するには、 [削除] ボタンを選択します。To remove access permissions from the Distributed Replay controller service, select the Remove button.

    • 続けるには、 [次へ] を選択します。To continue, select Next.

  20. [Distributed Replay Client Configuration](分散再生クライアントの構成) ページを使用して、分散再生クライアント サービスに対する管理権限を付与するユーザーを指定します。Use the Distributed Replay Client Configuration page to specify the users you want to grant administrative permissions to for the Distributed Replay client service. 管理権限を持つユーザーには、分散再生クライアント サービスへの無制限のアクセス許可が与えられます。Users that have administrative permissions have unlimited access to the Distributed Replay client service.

    • [コントローラー名] は省略可能です。Controller Name is optional. 既定値は <空白> です。The default value is <blank>. 分散再生クライアント サービスと通信するクライアント コンピューターであるコントローラーの名前を入力します。Enter the name of the controller that the client computer will communicate with for the Distributed Replay client service:

      • コントローラーを既にセットアップしてある場合は、各クライアントを構成するときにコントローラーの名前を入力します。If you've already set up a controller, enter the name of the controller while configuring each client.

      • コントローラーをまだセットアップしていない場合は、コントローラー名を空白にしておくことができます。If you haven't yet set up a controller, you can leave the controller name blank. ただし、コントローラー名を クライアント構成 ファイルに手動で入力する必要があります。However, you must manually enter the controller name in the client configuration file.

    • 分散再生クライアント サービス用の [作業ディレクトリ] を指定します。Specify the Working Directory for the Distributed Replay client service. 既定の作業ディレクトリは、<drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\WorkingDir\ です。The default working directory is <drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\WorkingDir\.

    • 分散再生クライアント サービス用の [結果ディレクトリ] を指定します。Specify the Result Directory for the Distributed Replay client service. 既定の結果ディレクトリは、<drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\ResultDir\ です。The default result directory is <drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\ResultDir\.

    • 続けるには、 [次へ] を選択します。To continue, select Next.

  21. [インストールの準備完了] ページには、セットアップで指定したインストール オプションのツリー ビューが表示されます。The Ready to Install page shows a tree view of the installation options that you specified during Setup. このページで、セットアップは製品の更新プログラム機能が有効/無効であるか、および最終バージョンの更新プログラムであるかどうかを示します。On this page, Setup indicates whether the Product Update feature is enabled or disabled and the final update version.

    続行するには、 [インストール] を選択します。To continue, select Install. SQL ServerSQL Server セットアップでは、選択した機能の必須の前提条件が最初にインストールされた後、選択した機能がインストールされます。Setup first installs the required prerequisites for the selected features, then it installs the selected features.

  22. インストール中は、セットアップの進行に合わせてインストールの進行状況を監視できるように、 [インストールの進行状況] ページに状態の更新が表示されます。During installation, the Installation Progress page provides status updates so that you can monitor the installation progress as Setup continues.

  23. インストールが終了すると、 [完了] ページにインストールの概要ログ ファイルへのリンクと、その他の重要な注意事項が表示されます。After installation, the Complete page provides a link to the summary log file for the installation and other important notes.

    重要

    セットアップが完了した時点で、インストール ウィザードからのメッセージを確認します。Make sure you read the message from the Installation Wizard when you've finished with Setup. 詳細については、「SQL Server セットアップ ログ ファイルの表示と読み取り」を参照してください。For more information, see View and read SQL Server Setup log files.

    SQL ServerSQL Server のインストール プロセスを完了するには、 [閉じる] を選択します。To complete the SQL ServerSQL Server installation process, select Close.

  24. コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されたら、再起動してください。If you're instructed to restart the computer, do so now.

SQL Server 2019 をインストールするにはTo install SQL Server 2019

  1. SQL ServerSQL Server のインストール メディアを挿入します。Insert the SQL ServerSQL Server installation media. ルート フォルダーの Setup.exeをダブルクリックします。From the root folder, double-click Setup.exe. ネットワーク共有からインストールするには、ネットワーク共有上のルート フォルダーに移動し、Setup.exe をダブルクリックします。To install from a network share, locate the root folder on the share, and then double-click Setup.exe.

  2. インストール ウィザードで SQL ServerSQL Server インストール センターが実行されます。The Installation Wizard runs the SQL ServerSQL Server Installation Center. SQL ServerSQL Server の新しいインストールを作成するには、左側のナビゲーション領域の [インストール] を選択し、 [SQL ServerSQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加] を選択します。To create a new installation of SQL ServerSQL Server, select Installation in the left navigation area, and then select New SQL ServerSQL Server standalone installation or add features to an existing installation.

  3. [プロダクト キー] ページで、オプションを選択して、SQL ServerSQL Server の無償のエディション、または PID キーを持つ製品版のどちらをインストールするかを指定します。On the Product Key page, select an option to indicate whether you're installing a free edition of SQL ServerSQL Server or a production version that has a PID key. 詳しくは、「SQL Server 2017 の各エディションとサポートされている機能」をご覧ください。For more information, see Editions and supported features of SQL Server 2017.

    続けるには、 [次へ] を選択します。To continue, select Next.

  4. [ライセンス条項] ページで、ライセンス条項を確認します。On the License Terms page, review the license agreement. 同意する場合は、 [ライセンス条項とプライバシーに関する声明に同意します] チェック ボックスをオンして、 [次へ] を選択します。If you agree, select the I accept the license terms and privacy statement check box, and then select Next.

    注意

    SQL Server は、インストールの状態に関する情報および製品の機能向上に役立つその他の利用状況データとパフォーマンス データを送信します。SQL Server transmits information about your installation experience, as well as other usage and performance data to help Microsoft improve the product. SQL Server のデータ処理とプライバシー管理の詳細については、「プライバシーに関する声明」および「SQL Server を構成して Microsoft にフィードバックを送信する」を参照してください。To learn more about SQL Server data processing and privacy controls, see the privacy statement and Configure SQL Server to send feedback to Microsoft.

  5. [グローバル ルール] ウィンドウでは、ルール エラーがない場合は、セットアップは自動的に [製品の更新プログラム] ページに進みます。In the Global Rules page, Setup will automatically advance to the Product Updates page if there are no rule errors.

  6. [コントロール パネル] > [すべてのコントロール パネル項目] > [Windows Update] > [設定の変更][Microsoft Update] チェック ボックスがオフになっている場合は、次に [Microsoft Update] ページが表示されます。The Microsoft Update page will appear next if the Microsoft Update check box in Control Panel > All Control Panel Items > Windows Update > Change settings isn't selected. [Microsoft Update] チェック ボックスをオンにすると、Windows 更新プログラムをスキャンするときに、すべての Microsoft 製品の最新の更新プログラムを含めるように、コンピューターの設定が変更されます。Selecting the Microsoft Update check box changes the computer settings to include the latest updates for all Microsoft products when you scan for Windows updates.

  7. [製品の更新プログラム] ページに、使用できる最新の SQL ServerSQL Server 製品の更新プログラムが表示されます。On the Product Updates page, the latest available SQL ServerSQL Server product updates are displayed. 製品の更新プログラムが検出されない場合、セットアップではこのページは表示されず、 [セットアップ ファイルのインストール] ページに自動的に移動します。If no product updates are discovered, Setup doesn't display this page and automatically advances to the Install Setup Files page.

  8. [セットアップ ファイルのインストール] ページのセットアップには、セットアップ ファイルのダウンロード、抽出、およびインストールの進行状況が表示されます。On the Install Setup Files page, Setup provides the progress of downloading, extracting, and installing the Setup files. セットアップの更新プログラムが検出され、それを含むように指定してある場合は、その更新プログラムもインストールされます。If an update for Setup is found and you specify to include it, that update will also be installed. 更新プログラムが見つからない場合、セットアップが自動的に進行します。If no update is found, Setup will automatically advance.

  9. [インストール ルール] ページでは、セットアップの実行中に発生する可能性がある潜在的な問題に関するチェックが行われます。On the Install Rules page, Setup checks for potential problems that might occur while running Setup. エラーが発生した場合、詳細な情報を見るには、 [状態] 列の項目を選択します。If failures occur, select an item in the Status column for more information. その以外の場合は、 [次へ] を選択します。Otherwise, select Next.

  10. コンピューターに SQL ServerSQL Server を初めてインストールする場合は、 [インストールの種類] ページがスキップされて、直接 [機能の選択] ページに移動します。If this is the first installation of SQL ServerSQL Server on the machine, Setup skips the Installation Type page and goes directly to the Feature Selection page. SQL ServerSQL Server がシステムに既にインストールされている場合は、 [インストールの種類] ページで、新規インストールを実行するか、既存のインストール環境に機能を追加するかを選択できます。If SQL ServerSQL Server is already installed on the system, you can use the Installation Type page to select either to perform a new installation or to add features to an existing installation. 続けるには、 [次へ] を選択します。To continue, select Next.

  11. [機能の選択] ページで、インストールするコンポーネントを選択します。On the Feature Selection page, select the components for your installation. たとえば、SQL ServerSQL Server データベース エンジンDatabase Engineの新しいインスタンスをインストールするには、 [データベース エンジン サービス] を選択します。For example, to install a new instance of SQL ServerSQL Server データベース エンジンDatabase Engine, select Database Engine Services.

    機能名を選択すると、 [機能の説明] ペインに各コンポーネント グループの説明が表示されます。A description for each component group appears in the Feature description pane after you select the feature name. チェック ボックスはいくつでもオンにできます。You can select any combination of check boxes. 詳細については、SQL Server 2016 のエディションとコンポーネントに関するセクション、または SQL Server 2017 のエディションとコンポーネントに関するセクションを参照してください。For more information, see Editions and components of SQL Server 2016 or Editions and components of SQL Server 2017.

    選択した機能の必須コンポーネントが、 [選択した機能に必要なコンポーネント] ペインに表示されます。The prerequisites for the selected features are displayed in the Prerequisites for selected features pane. セットアップでは、この手順の後半で説明するインストール手順の間に、まだインストールされていない必須コンポーネントがインストールされます。Setup installs the prerequisites that aren't already installed during the installation step described later in this procedure.

    [機能の選択] ページの下部にあるフィールドを使用して、共有コンポーネントのカスタム ディレクトリを指定することもできます。You can also specify a custom directory for shared components by using the field at the bottom of the Feature Selection page. 共有コンポーネントのインストール パスを変更するには、ダイアログ ボックスの下部にあるフィールドのパスを更新するか、 [参照] を選択してインストール ディレクトリに移動します。To change the installation path for shared components, either update the path in the field at the bottom of the dialog box or select Browse to go to an installation directory. 既定のインストール パスは C:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnnC:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\です。The default installation path is C:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnnC:\Program Files\Microsoft SQL Server\nnn\.

    注意

    共有コンポーネントには絶対パスを指定する必要があります。The path specified for the shared components must be an absolute path. フォルダーを圧縮または暗号化しないでください。The folder must not be compressed or encrypted. マップされたドライブはサポートされていません。Mapped drives aren't supported.

    SQL Server は、共有機能の 2 つのディレクトリを使用します。SQL Server uses two directories for shared features:

    • 共有機能ディレクトリShared feature directory
    • 共有機能ディレクトリ (x86)Shared feature directory (x86)

    注意

    前の各オプションには異なるパスを指定する必要があります。The path specified for each of the above options must be different.

  12. すべてのルールに合格した場合、 [機能ルール] ページは自動的に進行します。The Feature Rules page automatically advances if all rules pass.

  13. [インスタンスの構成] ページで、既定のインスタンスまたは名前付きインスタンスをインストールするかどうかを指定します。On the Instance Configuration page, specify whether to install a default instance or a named instance. 詳細については、「インスタンスの構成」を参照してください。For more information, see Instance configuration.

    • [インスタンス ID] : 既定では、インスタンス名がインスタンス ID として使用されます。Instance ID: By default, the instance name is used as the instance ID. この ID は、SQL ServerSQL Server のインスタンスのインストール ディレクトリとレジストリ キーを識別するために使用されます。This ID is used to identify the installation directories and registry keys for your instance of SQL ServerSQL Server. 既定のインスタンスの場合も名前付きインスタンスの場合も、同じ動作が発生します。The same behavior occurs for default instances and named instances. 既定のインスタンスの場合、インスタンス名とインスタンス ID は、MSSQLSERVER になります。For a default instance, the instance name and instance ID are MSSQLSERVER. 既定以外のインスタンス ID を使用するには、 [インスタンス ID] テキスト ボックスで異なる値を指定します。To use a nondefault instance ID, specify a different value in the Instance ID text box.

      注意

      SQL ServerSQL Server の標準的なスタンドアロン インスタンスでは、既定のインスタンスの場合も名前付きインスタンスの場合も、インスタンス ID の値として既定値以外は使用しないでください。Typical standalone instances of SQL ServerSQL Server, whether default or named instances, don't use a nondefault value for the instance ID.

      すべての SQL ServerSQL Server Service Pack とアップグレードが、SQL ServerSQL Server のインスタンスの各コンポーネントに適用されます。All SQL ServerSQL Server service packs and upgrades apply to every component of an instance of SQL ServerSQL Server.

    • [インストール済みのインスタンス] : セットアップが実行されているコンピューター上にある SQL ServerSQL Server のインスタンスが、グリッドに表示されます。Installed instances: The grid shows the instances of SQL ServerSQL Server that are on the computer where Setup is running. 既定のインスタンスが既にコンピューターにインストールされている場合、 SQL ServerSQL Serverの名前付きインスタンスをインストールする必要があります。If a default instance is already installed on the computer, you must install a named instance of SQL ServerSQL Server.

    インストールの残りの部分のワークフローは、インストールするように指定した機能に応じて異なります。The workflow for the rest of the installation depends on the features that you've specified for your installation. 選択によっては、表示されないページもあります。Depending on your selections, you might not see all the pages.

  14. SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) 以降では、Polybase の機能をインストールする前に、コンピューターに (少なくとも) Oracle JRE 7 Update 51 を事前にインストールしておく必要がなくなりました。Starting with SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x), Polybase no longer requires that Oracle JRE 7 Update 51 (at least) be pre-installed on the computer prior to installing the feature. Polybase 機能をインストールすることを選択すると、 [インスタンスの構成] ページの後に表示される SQL Server の設定に [Java のインストール場所] ページが追加されます。Selecting to install the Polybase feature will add the Java Install Location page to the SQL Server setup displayed after the Instance Configuration page. [Java のインストール場所] ページでは、SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) のインストールに含まれる Azul Zulu Open JRE をインストールすることも、コンピューターに既にインストールされている別の JRE または JDK の場所を指定することも選択できます。On the Java Install Location page, you can choose to install the Azul Zulu Open JRE included with the SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) installation, or provide a location of a different JRE or JDK that has already been installed on the computer.

  15. SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) 以降では、言語拡張機能と共に Java が追加されています。Starting with SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x), Java has been added with Language Extensions. Java 機能をインストールすることを選択すると、SQL Server 設定ダイアログ ウィンドウに [Java のインストール場所] ページが追加されます。このページは、 [インスタンスの構成] ページの後に表示されます。Selecting to install the Java feature will add the Java Install Location page to the SQL Server setup dialog window, displayed after the Instance Configuration page. [Java のインストール場所] ページでは、SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) のインストールに含まれる Zulu Open JRE をインストールすることも、コンピューターに既にインストールされている別の JRE または JDK の場所を指定することも選択できます。On the Java Install Location page, you can choose to install the Zulu Open JRE included with the SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) installation, or provide a location of a different JRE or JDK that has already been installed on the computer.

  16. [サーバーの構成] - [サービス アカウント] ページを使用して、SQL ServerSQL Server サービスのログイン アカウントを指定します。Use the Server Configuration - Service Accounts page to specify the logon accounts for SQL ServerSQL Server services. このページで構成する実際のサービスは、インストール時に選択した機能によって異なります。The actual services that you configure on this page depend on the features that you selected to install. 構成設定の詳細については、「インストール ウィザードのヘルプ」を参照してください。For more information about configuration settings, see Installation Wizard help.

    すべての SQL ServerSQL Server サービスに同じログオン アカウントを割り当てることも、各サービス アカウントを個々に構成することもできます。You can assign the same logon account to all SQL ServerSQL Server services, or you can configure each service account individually. サービスを自動的に開始するか、手動で開始するか、または無効にするかを指定することもできます。You can also specify whether services start automatically, start manually, or are disabled. サービス アカウントを個別に構成し、各サービスに最低限の特権を提供することをお勧めします。We recommend you configure service accounts individually to provide the least privileges for each service. SQL ServerSQL Server サービスに、タスクの実行に必要な最小値のアクセス許可を付与します。Make sure SQL ServerSQL Server services are granted the minimum permissions they must have to complete their tasks. 詳細については、「Windows サービス アカウントと権限の構成」を参照してください。For more information, see Configure Windows service accounts and permissions.

    SQL ServerSQL Server のこのインスタンスに含まれるすべてのサービス アカウントに同じログオン アカウントを指定する場合は、ページの下部にあるフィールドに資格情報を指定します。To specify the same logon account for all service accounts in this instance of SQL ServerSQL Server, provide the credentials in the fields at the bottom of the page.

    重要

    空白のパスワードは使用しないでください。Do not use a blank password. 強力なパスワードを使用してください。Use a strong password.

    注意

    SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降では、SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine サービス アカウントでデータベースのファイル瞬時初期化を使用するには、 [SQL Server データベース エンジン サービスにボリューム メンテナンス タスクを実行する特権を付与する] チェック ボックスをオンにします。Starting with SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x), select the Grant Perform Volume Maintenance Task privilege to SQL Server Database Engine Service check box to allow the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine service account to use database instant file initialization.

    [サーバーの構成] - [照合順序] ページを使用して、データベース エンジンDatabase Engineおよび Analysis ServicesAnalysis Services に既定以外の照合順序を指定します。Use the Server Configuration - Collation page to specify nondefault collations for the データベース エンジンDatabase Engine and Analysis ServicesAnalysis Services. 詳細については、「照合順序と Unicode のサポート」を参照してください。For more information, see Collations and Unicode support.

  17. [データベース エンジンの構成 - サーバーの構成] ページを使用して、次のオプションを指定します。Use the Database Engine Configuration - Server Configuration page to specify the following options:

    • セキュリティ モード: SQL ServerSQL Server のインスタンスに対して Windows 認証または混合モード認証を選択します。Security Mode: Select Windows Authentication or Mixed Mode Authentication for your instance of SQL ServerSQL Server. 混合モード認証を選択した場合は、組み込みの SQL ServerSQL Server システム管理者アカウントの強力なパスワードを入力する必要があります。If you select Mixed Mode Authentication, you must provide a strong password for the built-in SQL ServerSQL Server system administrator account.

      デバイスが SQL ServerSQL Server との接続を正常に確立した後のセキュリティ メカニズムは、Windows 認証モードでも混合モード認証でも同じです。After a device establishes a successful connection to SQL ServerSQL Server, the security mechanism is the same for both Windows authentication and mixed mode authentication. 詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [サーバー構成] ページ」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - Server Configuration page.

    • SQL サーバー管理者: SQL ServerSQL Server のインスタンスの 1 人以上のシステム管理者を指定する必要があります。SQL Server Administrators: You must specify at least one system administrator for the instance of SQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Server のセットアップを実行しているアカウントを追加するには、 [現在のユーザーの追加] を選択します。To add the account under which SQL ServerSQL Server Setup is running, select Add Current User. システム管理者の一覧に対してアカウントを追加または削除するには、 [追加] または [削除] を選択し、SQL ServerSQL Server のインスタンスについて管理者特権を持っているユーザー、グループ、またはコンピューターの一覧を編集します。To add or remove accounts from the list of system administrators, select Add or Remove, and then edit the list of users, groups, or computers that have administrator privileges for the instance of SQL ServerSQL Server.

    [データベース エンジンの構成] - [データ ディレクトリ] ページを使用して、既定以外のインストール ディレクトリを指定します。Use the Database Engine Configuration - Data Directories page to specify nondefault installation directories. 既定のディレクトリにインストールする場合は、 [次へ] を選択します。To install to the default directories, select Next.

    重要

    既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、個々のインストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Server インスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify nondefault installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリは、 SQL ServerSQL Serverの他のインスタンスのディレクトリと共有できません。None of the directories in this dialog box should be shared with directories from other instances of SQL ServerSQL Server.

    詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [データ ディレクトリ] ページ」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - Data Directories page.

    [データベース エンジンの構成] - [TempDB] ページを使用して、ファイル サイズ、ファイルの数、既定以外のインストール ディレクトリ、および tempdb のファイル拡張設定を構成します。Use the Database Engine Configuration - TempDB page to configure the file size, number of files, nondefault installation directories, and file-growth settings for tempdb. 詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [TempDB] ページ」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - TempDB page. <<<<<<< HEAD<<<<<<< HEAD

    [データベース エンジンDatabase Engineの構成 - MaxDOP] ページを使用して、並列処理の最大限度を指定します。Use the データベース エンジンDatabase Engine Configuration - MaxDOP page to specify your max degree of parallelism. この設定により、1 つのステートメントが実行中に使用できるプロセッサの数が決まります。This setting determines how many processors a single statement can use during execution. 推奨値はインストール時に自動的に計算されます。The recommended value is automatically calculated during installation. このページは、SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) 以降のセットアップでのみ使用できます。This page is only available in Setup starting with SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x). 詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [MAXDOP] ページ」を参照してください。For more information, see the Database Engine Configuration - MaxDOP page.

[データベース エンジンの構成] - [メモリ] ページを使用して、SQL ServerSQL Server のこのインスタンスで起動後に使用される最小サーバー メモリおよび最大サーバー メモリの値を指定します。Use the Database Engine Configuration - Memory page to specify the min server memory and max server memory values that this instance of SQL ServerSQL Server will use after startup. [推奨] オプションを選択した後、既定値を使用するか、計算された推奨値を使用するか、独自の値を手動で指定することができます。You can use the default values, use the calculated recommended values, or manually specify your own values after you've chosen the Recommended option. このページは、SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) 以降のセットアップでのみ使用できます。This page is only available in Setup starting with SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x). 詳細については、「[データベース エンジンの構成] - [メモリ] ページ」を参照してください。For more information, see the Database Engine Configuration - Memory page.

 <span data-ttu-id="6092d-370">**[[!INCLUDE[ssDE](../../includes/ssde-md.md)]の構成 - MaxDOP]** ページを使用して、並列処理の最大限度を指定します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-370">Use the **[!INCLUDE[ssDE](../../includes/ssde-md.md)] Configuration - MaxDOP** page to specify your max degree of parallelism.</span></span> <span data-ttu-id="6092d-371">この設定により、1 つのステートメントが実行中に使用できるプロセッサの数が決まります。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-371">This setting determines how many processors a single statement can use during execution.</span></span> <span data-ttu-id="6092d-372">推奨値はインストール時に自動的に計算されます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-372">The recommended value is automatically calculated during installation.</span></span> 

> [!NOTE]  
> <span data-ttu-id="6092d-373">このページは、[!INCLUDE[sql-server-2019](../../includes/sssqlv15-md.md)] 以降のセットアップでのみ使用できます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-373">This page is only available in Setup starting with [!INCLUDE[sql-server-2019](../../includes/sssqlv15-md.md)].</span></span> 

<span data-ttu-id="6092d-374">詳細については、「[[データベース エンジンの構成] - [MAXDOP] ページ](https://docs.microsoft.com/sql/sql-server/install/instance-configuration?view=sql-server-ver15#maxdop)」を参照してください。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-374">For more information, see the [Database Engine Configuration - MaxDOP page](https://docs.microsoft.com/sql/sql-server/install/instance-configuration?view=sql-server-ver15#maxdop).</span></span> 

 <span data-ttu-id="6092d-375">**[データベース エンジンの構成] - [メモリ]** ページを使用して、[!INCLUDE[ssNoVersion](../../includes/ssnoversion-md.md)] のこのインスタンスで起動後に使用される**最小サーバー メモリ**および**最大サーバー メモリ**の値を指定します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-375">Use the **Database Engine Configuration - Memory** page to specify the **min server memory** and **max server memory** values that this instance of [!INCLUDE[ssNoVersion](../../includes/ssnoversion-md.md)] will use after startup.</span></span> <span data-ttu-id="6092d-376">**[推奨]** オプションを選択した後、既定値を使用するか、計算された推奨値を使用するか、独自の値を手動で指定することができます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-376">You can use the default values, use the calculated recommended values, or manually specify your own values after you've chosen the **Recommended** option.</span></span>

> [!NOTE]  
> <span data-ttu-id="6092d-377">このページは、[!INCLUDE[sql-server-2019](../../includes/sssqlv15-md.md)] 以降のセットアップでのみ使用できます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-377">This page is only available in Setup starting with [!INCLUDE[sql-server-2019](../../includes/sssqlv15-md.md)].</span></span> 

<span data-ttu-id="6092d-378">詳細については、「[[データベース エンジンの構成] - [メモリ] ページ](https://docs.microsoft.com/sql/sql-server/install/instance-configuration?view=sql-server-ver15#memory)」を参照してください。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="6092d-378">For more information, see the [Database Engine Configuration - Memory page](https://docs.microsoft.com/sql/sql-server/install/instance-configuration?view=sql-server-ver15#memory).</span></span> 

1d82c7efe18f86136247fb366df5030843199c191d82c7efe18f86136247fb366df5030843199c19

 Use the **Database Engine Configuration - FILESTREAM** page to enable FILESTREAM for your instance of [!INCLUDE[ssNoVersion](../../includes/ssnoversion-md.md)]. For more information, see [Database Engine Configuration - FILESTREAM page](../../sql-server/install/instance-configuration.md#database-engine-configuration---filestream-page).  
  1. [Analysis Services の構成] - [アカウントの準備] ページを使用して、サーバー モードと Analysis ServicesAnalysis Services の管理者権限を持つユーザーまたはアカウントを指定します。Use the Analysis Services Configuration - Account Provisioning page to specify the server mode and the users or accounts that have administrator permissions for Analysis ServicesAnalysis Services. サーバー モードによって、サーバーで使用されるメモリとストレージ サブシステムが決まります。The server mode determines which memory and storage subsystems are used on the server. サーバー モードによって、実行されるソリューションの種類も異なります。Different solution types run in different server modes. サーバーで多次元キューブ データベースを実行する場合は、既定のサーバー モード オプション [多次元およびデータ マイニング モード] を選択します。If you plan to run multidimensional cube databases on the server, select the default server mode option, Multidimensional and Data Mining.

    Analysis ServicesAnalysis Services のシステム管理者を少なくとも 1 人指定する必要があります。You must specify at least one system administrator for Analysis ServicesAnalysis Services:

    • SQL Server セットアップを実行しているアカウントを追加するには、 [現在のユーザーの追加] を選択します。To add the account under which SQL Server Setup is running, select Add Current User.

    • システム管理者の一覧に対してアカウントを追加または削除するには、 [追加] または [削除] を選択し、Analysis ServicesAnalysis Services の管理者特権を持っているユーザー、グループ、またはコンピューターの一覧を編集します。To add or remove accounts from the list of system administrators, select Add or Remove, and then edit the list of users, groups, or computers that have administrator privileges for Analysis ServicesAnalysis Services.

    サーバー モードと管理者権限の詳細については、「[Analysis Services の構成] - [アカウントの準備] ページ」を参照してください。For more information about server mode and administrator permissions, see Analysis Services Configuration - Account Provisioning page.

    一覧の編集が完了したら、 [OK] を選択します。When you're finished editing the list, select OK. 構成ダイアログ ボックスの管理者の一覧を確認します。Verify the list of administrators in the configuration dialog box. 一覧が完成したら、 [次へ] を選択します。After the list is complete, select Next.

    [Analysis Services の構成] - [データ ディレクトリ] ページを使用して、既定以外のインストール ディレクトリを指定します。Use the Analysis Services Configuration - Data Directories page to specify nondefault installation directories. 既定のディレクトリにインストールする場合は、 [次へ] を選択します。To install to the default directories, select Next.

    重要

    SQL ServerSQL Server をインストールするときに、INSTANCEDIR と SQLUSERDBDIR に同じディレクトリ パスを指定した場合、SQL Server エージェントとフルテキスト検索は、アクセス許可がないために開始されません。When installing SQL ServerSQL Server, if you specify the same directory path for INSTANCEDIR and SQLUSERDBDIR, SQL Server Agent and Full Text Search won't start due to missing permissions.

    既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、個々のインストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Server インスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify nondefault installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリは、 SQL ServerSQL Serverの他のインスタンスのディレクトリと共有できません。None of the directories in this dialog box should be shared with directories from other instances of SQL ServerSQL Server.

    詳細については、「[Analysis Service の構成] - [データ ディレクトリ] ページ」を参照してください。For more information, see Analysis Services Configuration - Data Directories page.

  2. [Distributed Replay Controller Configuration](分散再生コントローラーの構成) ページを使用して、分散再生コントローラー サービスに対する管理権限を付与するユーザーを指定します。Use the Distributed Replay Controller Configuration page to specify the users you want to grant administrative permissions to for the Distributed Replay controller service. 管理権限を持つユーザーには、分散再生コントローラー サービスへの無制限のアクセス許可が与えられます。Users that have administrative permissions have unlimited access to the Distributed Replay controller service.

    • SQL Server のセットアップを実行しているユーザーに、分散再生コントローラー サービスに対するアクセス許可を付与するには、 [現在のユーザーの追加] ボタンを選択します。To grant access permissions for the Distributed Replay controller service to the user who's running SQL Server Setup, select the Add Current User button.

    • 他のユーザーに、分散再生コントローラー サービスに対するアクセス許可を付与するには、 [追加] ボタンを選択します。To grant access permissions for the Distributed Replay controller service to other users, select the Add button.

    • 分散再生コントローラー サービスからアクセス許可を削除するには、 [削除] ボタンを選択します。To remove access permissions from the Distributed Replay controller service, select the Remove button.

    • 続けるには、 [次へ] を選択します。To continue, select Next.

  3. [Distributed Replay Client Configuration](分散再生クライアントの構成) ページを使用して、分散再生クライアント サービスに対する管理権限を付与するユーザーを指定します。Use the Distributed Replay Client Configuration page to specify the users you want to grant administrative permissions to for the Distributed Replay client service. 管理権限を持つユーザーには、分散再生クライアント サービスへの無制限のアクセス許可が与えられます。Users that have administrative permissions have unlimited access to the Distributed Replay client service.

    • [コントローラー名] は省略可能です。Controller Name is optional. 既定値は <空白> です。The default value is <blank>. 分散再生クライアント サービスと通信するクライアント コンピューターであるコントローラーの名前を入力します。Enter the name of the controller that the client computer will communicate with for the Distributed Replay client service:

      • コントローラーを既にセットアップしてある場合は、各クライアントを構成するときにコントローラーの名前を入力します。If you've already set up a controller, enter the name of the controller while configuring each client.

      • コントローラーをまだセットアップしていない場合は、コントローラー名を空白にしておくことができます。If you haven't yet set up a controller, you can leave the controller name blank. ただし、コントローラー名を クライアント構成 ファイルに手動で入力する必要があります。However, you must manually enter the controller name in the client configuration file.

    • 分散再生クライアント サービス用の [作業ディレクトリ] を指定します。Specify the Working Directory for the Distributed Replay client service. 既定の作業ディレクトリは、<drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\WorkingDir\ です。The default working directory is <drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\WorkingDir\.

    • 分散再生クライアント サービス用の [結果ディレクトリ] を指定します。Specify the Result Directory for the Distributed Replay client service. 既定の結果ディレクトリは、<drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\ResultDir\ です。The default result directory is <drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\ResultDir\.

    • 続けるには、 [次へ] を選択します。To continue, select Next.

  4. [インストールの準備完了] ページには、セットアップで指定したインストール オプションのツリー ビューが表示されます。The Ready to Install page shows a tree view of the installation options that you specified during Setup. このページで、セットアップは製品の更新プログラム機能が有効/無効であるか、および最終バージョンの更新プログラムであるかどうかを示します。On this page, Setup indicates whether the Product Update feature is enabled or disabled and the final update version.

    続行するには、 [インストール] を選択します。To continue, select Install. SQL ServerSQL Server セットアップでは、選択した機能の必須の前提条件が最初にインストールされた後、選択した機能がインストールされます。Setup first installs the required prerequisites for the selected features, then it installs the selected features.

  5. インストール中は、セットアップの進行に合わせてインストールの進行状況を監視できるように、 [インストールの進行状況] ページに状態の更新が表示されます。During installation, the Installation Progress page provides status updates so that you can monitor the installation progress as Setup continues.

  6. インストールが終了すると、 [完了] ページにインストールの概要ログ ファイルへのリンクと、その他の重要な注意事項が表示されます。After installation, the Complete page provides a link to the summary log file for the installation and other important notes.

    重要

    セットアップが完了した時点で、インストール ウィザードからのメッセージを確認します。Make sure you read the message from the Installation Wizard when you've finished with Setup. 詳細については、「SQL Server セットアップ ログ ファイルの表示と読み取り」を参照してください。For more information, see View and read SQL Server Setup log files.

    SQL ServerSQL Server のインストール プロセスを完了するには、 [閉じる] を選択します。To complete the SQL ServerSQL Server installation process, select Close.

  7. コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されたら、再起動してください。If you're instructed to restart the computer, do so now.

次の手順Next steps

新しい SQL ServerSQL Server インストールを構成します。Configure your new SQL ServerSQL Server installation.

システムのセキュリティを向上させるため、 SQL ServerSQL Server では、主要なサービスと機能を個別にインストールし、有効化できるようになっています。To reduce the attackable surface area of a system, SQL ServerSQL Server selectively installs and enables key services and features. 詳細については、「セキュリティ構成」を参照してください。For more information, see Surface area configuration.

参照See also