Oracle のテーブルおよび列の選択

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

[Oracle のテーブルおよび列の選択] ページを使用すると、変更をキャプチャする Oracle ソース データベースからテーブルを選択できます。 このページには次の要素があります。

オプション

テーブルの一覧
テーブルの一覧には、次の 3 列が含まれています。

  • [Oracle テーブル名]: テーブル スキーマを含むテーブルの名前です。

  • [キャプチャ インスタンス]: インスタンス固有の変更データ キャプチャ オブジェクトを識別するために使用されるキャプチャ インスタンスの名前です。 キャプチャ インスタンスは NULL にできません。

    指定しない場合、ソース スキーマ名とソース テーブル名に基づき、 <schema-name>_<table-name>形式の名前が付けられます。 キャプチャ インスタンス名は 100 文字を超えることはできず、データベース内で一意である必要があります。

    この列のセルをクリックすると、 capture_instance を手動で編集できます。

  • [セキュリティ ロール]: 変更データへのアクセスを制御するために使用されるデータベースのゲーティング ロールの名前です。

    この列のセルをクリックすると、 security_role を手動で編集できます。

テーブルの追加
[テーブルの追加] をクリックすると、 変更をキャプチャするための Oracle テーブルの選択を行うことができる [テーブル選択] ダイアログ ボックスが開きます。

[編集]
一覧からテーブルを選択して [編集] をクリックすると、そのテーブルの [プロパティ] ダイアログ ボックスが表示され、 変更をキャプチャするために選択したテーブルに対する変更を行うことができます。

Remove
一覧からテーブルを選択して [削除] をクリックすると、CDC インスタンスからテーブルを削除できます。

適切なダイアログ ボックスを使用して 変更をキャプチャするための Oracle テーブルの選択 または 変更をキャプチャするために選択したテーブルに対する変更 を行った後、 [次へ] をクリックして 補足ログ スクリプトの生成および実行を行います。

参照

SQL Server 変更データベース インスタンスを作成する方法
テーブルの編集
CDC へのテーブルの追加
テーブルのプロパティの編集