OData ソース

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

Open Data Protocol (OData) サービスからのデータを使用するには、SSIS パッケージの OData ソース コンポーネントを使用します。

サポートされるプロトコルとデータ形式

このコンポーネントは、OData v3 プロトコルと v4 プロトコルをサポートします。

  • OData V3 プロトコルでは、コンポーネントは ATOM および JSON データ形式をサポートします。

  • OData V4 プロトコルでは、コンポーネントは JSON データ形式をサポートします。

サポートされるデータ ソース

OData ソースには、次のデータ ソースのサポートが含まれます。

  • Microsoft Dynamics AX Online および Microsoft Dynamics CRM Online
  • SharePoint リスト。 SharePoint サーバーのすべてのリストを表示するには、https://<server>/_vti_bin/ListData.svc という URL を使用します。 SharePoint の URL の規則に関する詳細については、「 SharePoint Foundation REST インターフェイス」を参照してください。

サポートされるデータ型

OData ソースは、次の単純なデータ型をサポートしています: int、byte[]、bool、byte、DateTime、DateTimeOffset、decimal、double、Guid、Int16、Int32、Int64、sbyte、float、string、TimeSpan。

データ ソース内の列のデータ型を確認するには、https://<OData feed endpoint>/$metadata ページをチェックしてください。

decimal データ型の場合、精度とスケールはソース メタデータによって決定されます。 Precision プロパティと Scale プロパティがソース メタデータで指定されていない場合、データは切り捨てられることがあります。

重要

SharePoint リストでは、複数選択項目など、複雑な種類を OData ソース コンポーネントで利用できません。

注意

ソースで TLS 1.2 接続のみが許可される場合、レジストリ設定を利用してお使いのコンピューターで TLS 1.2 を適用する必要があります。 管理者特権のコマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft.NETFramework\v4.0.30319 /v SchUseStrongCrypto /t REG_DWORD /d 1 /reg:64

reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft.NETFramework\v4.0.30319 /v SchUseStrongCrypto /t REG_DWORD /d 1 /reg:32

OData の形式とパフォーマンス

ほとんどの OData サービスは、結果を複数の形式で返すことができます。 $format クエリ オプションを使用して、結果セットの形式を指定することができます。 JSON と JSON Light のような形式は、ATOM または XML より効率的であり、大量のデータを転送する場合により高いパフォーマンスを達成できる可能性があります。 次の表に、サンプル テストの結果を示します。 ここから理解できるように、ATOM から JSON に切り替えるとパフォーマンスが 30 ~ 53% 向上し、Atom から新しい JSON Light 形式 (WCF Data Services 5.1 で使用可能) に切り替えるとパフォーマンスが 67% 向上します。

[行] ATOM JSON JSON (Light)
10000 113 秒 74 秒 68 秒
1000000 1110 秒 853 秒 665 秒

[OData ソース エディター] ([接続] ページ)

[ODBC ソース エディター] ダイアログ ボックスの [接続] ページを使用すると、OData ソースに対応する ODBC 接続マネージャーを選択できます。 また、このページで、コレクションまたはリソースのパスと、どのデータを OData ソースから取得する必要があるかを示すクエリ オプションを指定することができます。

静的オプション

OData 接続マネージャー
既存の接続マネージャーを一覧から選択するか、 [新規作成] をクリックして新しい接続を作成します。

接続マネージャーを選択または作成すると、接続マネージャーで使用されている OData プロトコルのバージョンがダイアログ ボックスに表示されます。

[新規作成]
新しい接続マネージャーを作成するには、 [OData 接続マネージャー エディター] ダイアログ ボックスを使用します。

コレクションまたはリソースのパスを使用します。
ソースからデータを選択する方法を指定します。

オプション 説明
コレクション コレクション名を使用して、Odata ソースからデータを取得します。
リソースのパス リソースのパスを使用して、Odata ソースからデータを取得します。

クエリ オプション
クエリのオプションを指定します。 例: $top=5

フィード URL
このダイアログ ボックスで選択したオプションに基づいて、読み取り専用のフィード URL を表示します。

プレビュー
[プレビュー] ダイアログ ボックスを使用して、結果をプレビューします。 プレビュー では、最大で 20 行を表示できます。

動的オプション

コレクション、またはリソースのパス = Collection を使用します。

コレクション
ドロップダウン リストからコレクションを選択します。

コレクションまたはリソースのパス = Resource Path を使用します。

Resource path
リソースのパスを入力します。 例: Employees

[OData ソース エディター] ([列] ページ)

出力に含める外部 (変換元) 列を選択し、それらを出力列にマップするには、 [OData ソース エディター] ダイアログ ボックスの [列] ページを使用します。

オプション

使用できる外部列
データ ソース内にある使用可能なソース列の一覧を表示します。 ページの下部にあるテーブルに対して列を追加または削除するには、一覧にあるチェック ボックスを使用します。 選択した列が出力に追加されます。

[外部列]
出力に含めるように選択したソース列を表示します。

出力列
各出力列の一意な名前を表示します。 既定では選択された外部 (変換元) 列の名前になりますが、一意でわかりやすい名前を付けることもできます。

[OData ソース エディター] ([エラー出力] ページ)

[OData ソース エディター] ダイアログ ボックスの [エラー出力] ページを使用すると、エラー処理オプションを選択したり、エラー出力列のプロパティを設定したりできます。

オプション

[入力または出力]
データ ソースの名前を表示します。


[ODBC ソース エディター] ダイアログ ボックスの [接続マネージャー] ページで選択されている外部 (変換元) 列を表示します。

Error
エラーが発生した場合に、障害を無視するか、行をリダイレクトするか、コンポーネントを失敗させるかを指定します。

関連トピック: データのエラー処理

切り捨て
切り捨てが発生したときの処理方法 (エラーを無視する、行をリダイレクトする、またはコンポーネントを失敗させる) を指定します。

説明
エラーの説明を表示します。

[選択したセルに設定する値]
エラーまたは切り捨てが発生した場合に、選択したすべてのセルに対して障害を無視するか、行をリダイレクトするか、コンポーネントを失敗させるかを指定します。

[適用]
選択したセルにエラー処理オプションを適用します。

参照

OData 接続マネージャー