ストアド プロシージャ (Integration Services カタログ)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このセクションでは、SQL Server のインスタンスに配置されている Integration Services プロジェクトを管理できる Transact-SQL ストアド プロシージャについて説明します。

Integration Services ストアド プロシージャを呼び出して、SSISDB カタログに格納されているオブジェクトを追加、削除、変更、または実行します。

カタログの既定の名前は、SSISDB です。 カタログに格納されているオブジェクトには、プロジェクト、パッケージ、パラメーター、環境、操作履歴があります。

データベース ビューとストアド プロシージャを直接使用することも、マネージド API を呼び出すカスタム コードを記述することもできます。 Management Studio およびマネージド API では、ビューに対してクエリを実行し、多くのタスクを実行するストアド プロシージャ (このセクションで説明) を呼び出します。

このセクションの内容

catalog.add_data_tap
パッケージ データ フロー内のコンポーネントの出力で、データ タップを追加します。

catalog.add_data_tap_by_guid
パッケージ データ フロー内の特定のデータ フロー パスにデータ タップを追加します。

catalog.check_schema_version
SSISDB カタログ スキーマと Integration Services バイナリ (ISServerExec および SQLCLR アセンブリ) に互換性があるかどうかを示します。

catalog.clear_object_parameter_value (SSISDB データベース)
サーバーに格納されている既存の Integration Services プロジェクトまたはパッケージのパラメーターの値をクリアします。

catalog.configure_catalog (SSISDB データベース)
カタログ プロパティを特定の値に設定することによって Integration Services カタログを構成します。

catalog.create_environment (SSISDB データベース)
Integration Services カタログで環境を作成します。

catalog.create_environment_reference (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのプロジェクトに環境参照を作成します。

catalog.create_environment_variable (SSISDB データベース)
Integration Services カタログで環境変数を作成します。

catalog.create_execution (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの実行のインスタンスを作成します。

catalog.create_execution_dump
実行中のパッケージを一時停止させ、ダンプ ファイルを作成します。

catalog.create_folder (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのフォルダーを作成します。

catalog.delete_environment (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのフォルダーから環境を削除します。

catalog.delete_environment_reference (SSISDB データベース)
環境参照を Integration Services カタログのプロジェクトから削除します。

catalog.delete_environment_variable (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの環境から環境変数を削除します。

catalog.delete_folder (SSISDB データベース)
Integration Services カタログからフォルダーを削除します。

catalog.delete_project (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのフォルダーから既存のプロジェクトを削除します。

catalog.deny_permission (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのセキュリティ保護可能なオブジェクトに対する権限を拒否します。

catalog.deploy_project (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのフォルダーにプロジェクトを配置するか、以前に配置した既存のプロジェクトを更新します。

catalog.get_parameter_values (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのプロジェクトおよび対応するパッケージの既定のパラメーター値を解決し、取得します。

catalog.get_project (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの既存のプロジェクトのプロパティを取得します。

catalog.grant_permission (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのセキュリティ保護可能なオブジェクトに対するアクセス許可を許可します。

catalog.move_environment (SSISDB データベース)
特定のフォルダーの環境を Integration Services カタログ内の別のフォルダーに移動します。

catalog.move_project ((SSISDB データベース)
特定のフォルダーのプロジェクトを Integration Services カタログ内の別のフォルダーに移動します。

catalog.remove_data_tap
実行内のコンポーネント出力からデータ タップを削除します。

catalog.rename_environment (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの環境の名前を変更します。

catalog.rename_folder (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのフォルダー名を変更します。

catalog.restore_project (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのプロジェクトを前のバージョンに復元します。

catalog.revoke_permission (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのセキュリティ保護可能なオブジェクトに対するアクセス許可を取り消します。

catalog.set_environment_property (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの環境のプロパティを設定します。

catalog.set_environment_reference_type (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのプロジェクトの既存の環境参照に関連付けられている参照の種類と環境名を設定します。

catalog.set_environment_variable_property (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの環境変数のプロパティを設定します。

catalog.set_environment_variable_protection (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの環境変数のセンシティビティ ビットを設定します。

catalog.set_environment_variable_value (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの環境変数の値を設定します。

catalog.set_execution_parameter_value (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの実行のインスタンスにパラメーターの値を設定します。

catalog.set_execution_property_override_value
Integration Services カタログの実行のインスタンスにプロパティの値を設定します。

catalog.set_folder_description (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのフォルダーの説明を設定します。

catalog.set_object_parameter_value (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのパラメーターの値を設定します。 他の値が割り当てられていない場合は、値を環境変数に関連付けるか、または既定で使用されるリテラル値を割り当てます。

catalog.start_execution (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの実行のインスタンスを起動します。

catalog.startup
SSISDB カタログに対する操作の状態のメンテナンスを実行します。

catalog.stop_operation (SSISDB データベース)
Integration Services カタログの実行の検証またはインスタンスを停止します。

catalog.validate_package (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのパッケージを非同期的に検証します。

catalog.validate_project (SSISDB データベース)
Integration Services カタログのプロジェクトを非同期的に検証します。

catalog.add_execution_worker (SSISDB データベース)
Integration Services Scale Out Worker を Scale Out 内の実行のインスタンスに追加します。

catalog.enable_worker_agent (SSISDB データベース)
Scale Out Master でこの Integration Services カタログを操作する場合に Scale Out Worker を有効にします。

catalog.disable_worker_agent (SSISDB データベース)
Scale Out Master でこの Integration Services カタログを操作する場合に Scale Out Worker を無効にします。