SQL Server Integration Services (SSIS) on Linux をインストールするInstall SQL Server Integration Services (SSIS) on Linux

適用対象: yesSQL Server (Linux のみ) noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (Linux only) noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

この記事の手順に従って、SQL Server Integration Services (mssql-server-is) on Linux をインストールします。Follow the steps in this article to install SQL Server Integration Services (mssql-server-is) on Linux. 今回の Linux 用の Integration Services のリリースでサポートされる機能の詳細については、リリース ノートを参照してください。For info about the features that are supported in this release of Integration Services for Linux, see the Release Notes.

次のプラットフォームに SQL Server Integration Services をインストールできます。You can install SQL Server Integration Services on these platforms:

Ubuntu に SSIS をインストールするInstall SSIS on Ubuntu

Ubuntu 上に mssql-server-is パッケージをインストールするには、次の手順を行います。To install the mssql-server-is package on Ubuntu, follow these steps:

  1. パブリック リポジトリの GPG キーをインポートします。Import the public repository GPG keys.

    curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
    
  2. SQL Server Ubuntu リポジトリを登録します。Register the SQL Server Ubuntu repository.

    sudo add-apt-repository "$(curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server-2017.list)"
    
  3. 次のコマンドを実行して SQL Server Integration Services をインストールします。Run the following commands to install SQL Server Integration Services.

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install -y mssql-server-is
    
  4. Integration Services をインストールした後、ssis-conf を実行します。After installing Integration Services, run ssis-conf. 詳細については、「ssis-conf を使用して SSIS on Linux を構成する」を参照してください。For more info, see Configure SSIS on Linux with ssis-conf.

    sudo /opt/ssis/bin/ssis-conf setup
    
  5. 構成が完了したら、PATH 環境変数を設定します。After the configuration is done, set the PATH environment variable.

    export PATH=/opt/ssis/bin:$PATH
    
  1. パブリック リポジトリの GPG キーをインポートします。Import the public repository GPG keys.

    curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
    
  2. SQL Server Ubuntu リポジトリを登録します。Register the SQL Server Ubuntu repository.

    sudo add-apt-repository "$(curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server-2019.list)"
    
  3. 次のコマンドを実行して SQL Server Integration Services をインストールします。Run the following commands to install SQL Server Integration Services.

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install -y mssql-server-is
    
  4. Integration Services をインストールした後、ssis-conf を実行します。After installing Integration Services, run ssis-conf. 詳細については、「ssis-conf を使用して SSIS on Linux を構成する」を参照してください。For more info, see Configure SSIS on Linux with ssis-conf.

    sudo /opt/ssis/bin/ssis-conf setup
    
  5. 構成が完了したら、PATH 環境変数を設定します。After the configuration is done, set the PATH environment variable.

    export PATH=/opt/ssis/bin:$PATH
    

SSIS を更新するUpdate SSIS

既に mssql-server-is をインストールしている場合は、次のコマンドを使って最新バージョンに更新します。If you already have mssql-server-is installed, update to the latest version with the following command:

sudo apt-get install mssql-server-is

SSIS を削除するRemove SSIS

mssql-server-is を削除するには、次のコマンドを実行します。To remove mssql-server-is, run the following command:

sudo apt-get remove mssql-server-is

RHEL に SSIS をインストールするInstall SSIS on RHEL

RHEL 上に mssql-server-is パッケージをインストールするには、次の手順を行います。To install the mssql-server-is package on RHEL, follow these steps:

  1. SQL Server Red Hat リポジトリ構成ファイルをダウンロードします。Download the SQL Server Red Hat repository configuration file.

    sudo curl -o /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/mssql-server-2017.repo
    
  2. 次のコマンドを実行して SQL Server Integration Services をインストールします。Run the following command to install SQL Server Integration Services.

    sudo yum install -y mssql-server-is
    
  3. インストール後に ssis-conf を実行します。After installation, run ssis-conf. 詳細については、「ssis-conf を使用して SSIS on Linux を構成する」を参照してください。For more info, see Configure SSIS on Linux with ssis-conf.

    sudo /opt/ssis/bin/ssis-conf setup
    
  4. 構成が完了したら、PATH 環境変数を設定します。After the configuration is done, set the PATH environment variable.

    export PATH=/opt/ssis/bin:$PATH
    
  1. SQL Server Red Hat リポジトリ構成ファイルをダウンロードします。Download the SQL Server Red Hat repository configuration file.

    sudo curl -o /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/mssql-server-2019.repo
    
  2. 次のコマンドを実行して SQL Server Integration Services をインストールします。Run the following command to install SQL Server Integration Services.

    sudo yum install -y mssql-server-is
    
  3. インストール後に ssis-conf を実行します。After installation, run ssis-conf. 詳細については、「ssis-conf を使用して SSIS on Linux を構成する」を参照してください。For more info, see Configure SSIS on Linux with ssis-conf.

    sudo /opt/ssis/bin/ssis-conf setup
    
  4. 構成が完了したら、PATH 環境変数を設定します。After the configuration is done, set the PATH environment variable.

    export PATH=/opt/ssis/bin:$PATH
    

SSIS を更新するUpdate SSIS

既に mssql-server-is をインストールしている場合は、次のコマンドを使って最新バージョンに更新します。If you already have mssql-server-is installed, update to the latest version by using the following command:

sudo yum update mssql-server-is

SSIS を削除するRemove SSIS

mssql-server-is を削除するには、次のコマンドを実行します。To remove mssql-server-is, run the following command:

sudo yum remove mssql-server-is

自動実行インストールUnattended installation

自動実行インストール形式で ssis-conf setup を実行するには、次の手順を行います。To run ssis-conf setup as an unattended installation, do the following steps:

  1. -n (プロンプトなし) オプションを指定します。Specify the -n (no prompt) option.
  2. 環境変数を設定することで、必要な値を指定します。Provide required values by setting environment variables.

次の例では、これらのアクションを実行します。The following example does these actions:

  • SSIS をインストールしますInstalls SSIS
  • SSIS_PID 環境変数の値を指定することで、Developer エディションを指定しますSpecifies the Developer edition by providing a value for the SSIS_PID environment variable
  • ACCEPT_EULA 環境変数の値を指定して、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意しますAccepts the Microsoft Software License Terms by providing a value for the ACCEPT_EULA environment variable
  • -n (プロンプトなし) オプションを指定して、自動実行インストールを実行します。Runs an unattended installation by specifying the -n (no prompt) option
sudo SSIS_PID=Developer ACCEPT_EULA=Y /opt/ssis/bin/ssis-conf -n setup 

自動実行インストール用の環境変数Environment variables for unattended installation

環境変数Environment variable 説明Description
ACCEPT_EULAACCEPT_EULA "Y" のような値に設定すると、SQL Server ライセンス条項に同意します。Accepts the SQL Server license terms when set to any value like "Y".
SSIS_PIDSSIS_PID SQL Server のエディションまたはプロダクト キーを設定します。Sets the SQL Server edition or product key. 可能な値を次に示します。Here are the possible values:
  • 評価Evaluation
  • DeveloperDeveloper
  • ExpressExpress
  • WebWeb
  • StandardStandard
  • EnterpriseEnterprise
  • プロダクト キーA product key
プロダクト キーを指定する場合は、 ##### - ##### - ##### - ##### - ##### という形式にします。この # は文字または数字です。If you specify a product key, it must be in the form #####-#####-#####-#####-#####, where # is a letter or a digit.

次のステップNext steps

Linux 上で SSIS パッケージを実行するには、「SSIS を使用して SQL Server on Linux 用のデータの抽出、変換、および読み込みを行う」を参照してください。To run SSIS packages on Linux, see Extract, transform, and load data for SQL Server on Linux with SSIS.

Linux 上で SSIS 設定を追加で構成するには、「ssis-conf を使用して SQL Server Integration Services on Linux を構成する」を参照してください。To configure additional SSIS settings on Linux, see Configure SQL Server Integration Services on Linux with ssis-conf.