Transact-SQL によるインメモリ OLTP のサポートTransact-SQL Support for In-Memory OLTP

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

インメモリ OLTP をサポートするために、次の Transact-SQLTransact-SQL ステートメントに構文オプションが追加されました。The following Transact-SQLTransact-SQL statements include syntax options to support In-Memory OLTP:

SQL Server 2016 以降では、メモリ最適化テーブルの AUTO_UPDATE_STATISTICSON に設定することができます。AUTO_UPDATE_STATISTICS can be ON for memory-optimized tables, starting with SQL Server 2016. 詳細については、「sp_autostats (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see sp_autostats (Transact-SQL).

SET STATISTICS XML (Transact-SQL) ON はネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに対してサポートされていません。SET STATISTICS XML (Transact-SQL) ON is not supported for natively compiled stored procedures.

サポートされていない機能の詳細については、「インメモリ OLTP でサポートされていない Transact-SQL の構造」を参照してください。For information on unsupported features, see Transact-SQL Constructs Not Supported by In-Memory OLTP.

ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでサポートされている構造については、「 ネイティブ コンパイル T-SQL モジュールでサポートされる機能 」および「 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャ上でサポートされる構造」 を参照してください。For information about supported constructs in and on natively compiled stored procedures, see Supported Features for Natively Compiled T-SQL Modules and Supported DDL for Natively Compiled T-SQL modules.

参照See Also

インメモリ OLTP (インメモリ最適化) In-Memory OLTP (In-Memory Optimization)
ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャの移行に関する問題 Migration Issues for Natively Compiled Stored Procedures
インメモリ OLTP に対してサポートされていない SQL Server の機能 Unsupported SQL Server Features for In-Memory OLTP
ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャNatively Compiled Stored Procedures