CREATE PROCEDURE (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

SQL Server、Azure SQL データベース、Analytics Platform System (PDW) で Transact-SQL または共通言語ランタイム (CLR) のストアド プロシージャを作成します。 ストアド プロシージャは、次のことを実行できる点で、他のプログラミング言語のプロシージャに似ています。

  • 入力パラメーターを受け取り、呼び出し元のプロシージャまたはバッチに出力パラメーターの形式で複数の値を返す。
  • 他のプロシージャの呼び出しなど、データベース内での操作を実行するプログラミング ステートメントを含む。
  • 呼び出し元のプロシージャまたはバッチにステータス値を返し、成功、失敗、および失敗の原因を示す。

このステートメントを使用すると、現在のデータベースに永続的なプロシージャを作成したり、tempdb データベースに一時プロシージャを作成したりできます。

注意

このトピックでは、SQL Server への .NET Framework CLR の統合について説明します。 CLR 統合は、Azure SQL Database には適用されません。

構文の詳細を読まずに、基本的なストアド プロシージャの例を見るには、「簡単な例」に進んでください。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

-- Transact-SQL Syntax for Stored Procedures in SQL Server and Azure SQL Database

CREATE [ OR ALTER ] { PROC | PROCEDURE }
    [schema_name.] procedure_name [ ; number ]
    [ { @parameter [ type_schema_name. ] data_type }
        [ VARYING ] [ = default ] [ OUT | OUTPUT | [READONLY]
    ] [ ,...n ]
[ WITH <procedure_option> [ ,...n ] ]
[ FOR REPLICATION ]
AS { [ BEGIN ] sql_statement [;] [ ...n ] [ END ] }
[;]

<procedure_option> ::=
    [ ENCRYPTION ]
    [ RECOMPILE ]
    [ EXECUTE AS Clause ]
-- Transact-SQL Syntax for CLR Stored Procedures

CREATE [ OR ALTER ] { PROC | PROCEDURE }
    [schema_name.] procedure_name [ ; number ]
    [ { @parameter [ type_schema_name. ] data_type }
        [ = default ] [ OUT | OUTPUT ] [READONLY]
    ] [ ,...n ]
[ WITH EXECUTE AS Clause ]
AS { EXTERNAL NAME assembly_name.class_name.method_name }
[;]
-- Transact-SQL Syntax for Natively Compiled Stored Procedures

CREATE [ OR ALTER ] { PROC | PROCEDURE } [schema_name.] procedure_name
    [ { @parameter data_type } [ NULL | NOT NULL ] [ = default ]
        [ OUT | OUTPUT ] [READONLY]
    ] [ ,... n ]
  WITH NATIVE_COMPILATION, SCHEMABINDING [ , EXECUTE AS clause ]
AS
{
  BEGIN ATOMIC WITH (set_option [ ,... n ] )
sql_statement [;] [ ... n ]
 [ END ]
}
 [;]

<set_option> ::=
    LANGUAGE = [ N ] 'language'
  | TRANSACTION ISOLATION LEVEL = { SNAPSHOT | REPEATABLE READ | SERIALIZABLE }
  | [ DATEFIRST = number ]
  | [ DATEFORMAT = format ]
  | [ DELAYED_DURABILITY = { OFF | ON } ]
-- Transact-SQL Syntax for Stored Procedures in Azure Synapse Analytics
-- and Parallel Data Warehouse

-- Create a stored procedure
CREATE { PROC | PROCEDURE } [ schema_name.] procedure_name
    [ { @parameter data_type } [ OUT | OUTPUT ] ] [ ,...n ]
AS
{
  [ BEGIN ] sql_statement [;][ ,...n ] [ END ]
}
[;]

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

OR ALTER

適用対象:Azure SQL Database、SQL Server (SQL Server 2016 (13.x) SP1 以降)。

既に存在するプロシージャを変更します。

schema_name

プロシージャが属するスキーマの名前を指定します。 プロシージャはスキーマ バインドされています。 プロシージャの作成時にスキーマ名を指定しない場合は、プロシージャを作成しているユーザーの既定のスキーマが自動的に割り当てられます。

procedure_name

プロシージャの名前を指定します。 プロシージャ名は、識別子のルールに従うと共に、スキーマ内で一意であることが必要です。

注意事項

プロシージャに名前を付けるときは、sp_ プレフィックスを使用しないでください。 このプレフィックスは、SQL Server でシステム プロシージャを指定するために使用されるものです。 このプレフィックスを使用すると、同じ名前のシステム プロシージャがある場合にアプリケーション コードが機能しなくなる可能性があります。

ローカルまたはグローバルの一時プロシージャを作成するには、procedure_name の前に、ローカル一時プロシージャの場合は番号記号 (#) を 1 つ付加し ( #procedure_name)、グローバル一時プロシージャの場合は番号記号を 2 つ付加します ( ##procedure_name)。 ローカル一時プロシージャは、そのプロシージャが作成された接続のみで表示でき、その接続が閉じられると削除されます。 グローバル一時プロシージャは、すべての接続で使用でき、そのプロシージャを使用する最後のセッションが終了すると削除されます。 CLR プロシージャには一時名は指定できません。

プロシージャまたはグローバル一時プロシージャの名前は、## を含め最大で半角 128 文字です。 ローカル一時プロシージャの名前は、# を含め最大で半角 116 文字です。

; number

適用対象: SQL Server 2008 以降と Azure SQL データベース。

同じ名前のプロシージャのグループ化に使用される整数を指定します (省略可能)。 グループ化したプロシージャは、DROP PROCEDURE ステートメントの 1 回の実行でまとめて削除できます。

注意

この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。

番号付きプロシージャでは xml または CLR ユーザー定義型を使用できません。また、番号付きプロシージャはプラン ガイドでは使用できません。

@ parameter

プロシージャ内で宣言されているパラメーターを指定します。 最初の文字をアット マーク ( @ ) にしてパラメーター名を指定します。 パラメーター名は識別子のルールに従っている必要があります。 パラメーターはプロシージャに対してローカルです。同じパラメーター名を他のプロシージャで使用できます。

1 つ以上のパラメーター (最大 2,100 個) を宣言できます。 宣言される各パラメーターの値は、パラメーターに既定値が定義されていない場合、または別のパラメーターと同じ値を使用するよう設定されていない場合は、プロシージャの呼び出し時にユーザーが指定する必要があります。 プロシージャにテーブル値パラメーターが含まれていて、そのパラメーターが呼び出しに含まれてない場合、空のテーブルが渡されます。 パラメーターは定数式の代わりにのみ使用することができます。テーブル名、列名、またはその他のデータベース オブジェクト名の代わりにパラメーターを使用することはできません。 詳細については、「 EXECUTE (Transact-SQL)」を参照してください。

FOR REPLICATION を指定した場合、パラメーターは宣言できません。

[ type_schema_name . ] data_type

パラメーターのデータ型とそのデータ型が属するスキーマを指定します。

Transact-SQL プロシージャに関するガイドライン:

  • Transact-SQL のすべてのデータ型をパラメーターとして使用できます。
  • ユーザー定義テーブル型を使用して、テーブル値パラメーターを作成できます。 テーブル値パラメーターは、入力パラメーターとしてのみ指定でき、READONLY キーワードと共に使用する必要があります。 詳細については、「テーブル値パラメーターの使用 (Database Engine)」を参照してください
  • cursor データ型は、出力パラメーターとしてのみ指定でき、VARYING キーワードと共に使用する必要があります。

CLR プロシージャに関するガイドライン:

  • マネージド コード内に同等の型を持つネイティブの SQL Server データ型であれば、どの型でもパラメーターとして使用できます。 CLR 型と SQL Server システム データ型の対応関係の詳細については、「CLR パラメーター データのマッピング」をご覧ください。 SQL Server システム データ型とその構文の詳細については、「データ型 (Transact-SQL)」をご覧ください。

  • テーブル値または cursor データ型をパラメーターとして使用することはできません。

  • パラメーターのデータ型が CLR ユーザー定義型の場合は、その型に対する EXECUTE 権限が必要です。

VARYING

出力パラメーターとしてサポートされている結果セットを指定します。 このパラメーターはプロシージャによって動的に作成され、その内容は変化します。 cursor パラメーターにのみ適用されます。 このオプションは、CLR プロシージャでは無効です。

default

パラメーターの既定値です。 パラメーターの既定値が定義されている場合は、パラメーターに値を指定せずにプロシージャを実行できます。 既定値は定数にする必要がありますが、NULL にすることもできます。 定数値はワイルドカードの形式で指定できるため、パラメーターをプロシージャに渡すときに LIKE キーワードを使用することができます。

既定値は、CLR プロシージャの場合のみ、sys.parameters.default 列に記録されます。 この列は、Transact-SQL プロシージャ パラメーターでは NULL になります。

OUT | OUTPUT

パラメーターが出力パラメーターであることを示します。 プロシージャの呼び出し元に値を返すには、OUTPUT パラメーターを使用します。 textntext、および image パラメーターは、プロシージャが CLR プロシージャでない限り、OUTPUT パラメーターとして使用できません。 出力パラメーターは、プロシージャが CLR プロシージャでない場合は、カーソルのプレースホルダーにできます。 テーブル値データ型をプロシージャの OUTPUT パラメーターとして指定することはできません。

READONLY

パラメーターをプロシージャの本体内で更新または変更できないことを示します。 パラメーターの型がテーブル値型の場合は、READONLY を指定する必要があります。

RECOMPILE

データベース エンジンでこのプロシージャ用のクエリ プランをキャッシュせず、プロシージャが実行されるたびにコンパイルされるようにすることを示します。 再コンパイルを強制する理由の詳細については、「ストアド プロシージャの再コンパイル」をご覧ください。 このオプションは、FOR REPLICATION を指定した場合または CLR プロシージャには使用できません。

データベース エンジンでプロシージャ内にある個々のクエリに対するクエリ プランを破棄するには、クエリの定義で RECOMPILE クエリ ヒントを使用します。 詳細については、「クエリ ヒント (Transact-SQL)」を参照してください。

ENCRYPTION

適用対象:SQL Server (SQL Server 2008 以降)、Azure SQL データベース。

SQL Server で、CREATE PROCEDURE ステートメントの元のテキストを、暗号化した形式に変換することを示します。 暗号化した形式の出力は、SQL Server 内のどのカタログ ビューでも直接見ることはできません。 システム テーブルまたはデータベース ファイルへのアクセス権を持たないユーザーは、暗号化した形式のテキストを取得できません。 ただし、DAC ポート経由でシステム テーブルにアクセスする権限、または直接データベース ファイルにアクセスする権限を持っているユーザーは、このテキストを使用できます。 また、サーバー プロセスにデバッガーをアタッチできるユーザーは、実行時に、暗号化を解除したプロシージャをメモリから取得できます。 システム メタデータのアクセス方法について詳しくは、「メタデータ表示の構成」をご覧ください。

このオプションは、CLR プロシージャでは無効です。

このオプションを使って作成したプロシージャを、SQL Server レプリケーションの一部として発行することはできません。

EXECUTE AS clause

プロシージャを実行するセキュリティ コンテキストを指定します。

ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャの場合、SQL Server 2016 (13.x) 以降および Azure SQL データベース では、EXECUTE AS 句に対して制限はありません。 SQL Server 2014 (12.x) では、SELF、OWNER、および 'user_name' 句は、ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでサポートされます。

詳細については、「EXECUTE AS 句 (Transact-SQL)」を参照してください。

FOR REPLICATION

適用対象:SQL Server (SQL Server 2008 以降)、Azure SQL データベース。

プロシージャがレプリケーション用に作成されていることを指定します。 そのため、サブスクライバーでプロシージャを実行することはできません。 FOR REPLICATION オプションを指定して作成したプロシージャは、プロシージャ フィルターとして使用され、レプリケーション時にのみ実行されます。 FOR REPLICATION を指定した場合、パラメーターは宣言できません。 CLR プロシージャには FOR REPLICATION は指定できません。 RECOMPILE オプションは、FOR REPLICATION を使って作成されたプロシージャでは無視されます。

FOR REPLICATION プロシージャでは、sys.objects および sys.procedures でオブジェクトの種類 RF が指定されます。

{ [ BEGIN ] sql_statement [;] [ ...n ] [ END ] }

プロシージャの本体を構成する 1 つ以上の Transact-SQL ステートメントを指定します。 省略可能な BEGIN キーワードと END キーワードを使用して、ステートメントを囲むことができます。 詳細については、後で説明する「ベスト プラクティス」、「全般的な解説」、および「制限事項と制約事項」をご覧ください。

EXTERNAL NAME assembly_name . class_name . method_name

適用対象: SQL Server 2008 以降、SQL Database。

CLR プロシージャで参照する .NET Framework アセンブリのメソッドを指定します。 class_name は、有効な SQL Server 識別子であること、およびアセンブリにクラスとして存在していることが必要です。 名前空間部分を区切るためにピリオド ( . ) を使う名前空間修飾名がクラスにある場合は、クラス名をかっこ ( [ ] ) または引用符 ( "" ) で区切る必要があります。 指定するメソッドは、クラスの静的メソッドであることが必要です。

既定では、SQL Server は CLR コードを実行できません。 共通言語ランタイム モジュールを参照するデータベース オブジェクトを作成、変更、および削除することはできますが、SQL Server でこれらの参照を実行するには、clr enabled オプションを有効にする必要があります。 このオプションを有効にするには、sp_configure を使用します。

注意

CLR プロシージャは、包含データベースではサポートされていません。

ATOMIC WITH

適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降と Azure SQL データベース。

アトミック ストアド プロシージャの実行を示します。 変更はコミットされるか、例外のスローによってすべての変更がロールバックされます。 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャには、ATOMIC WITH ブロックが必要です。

明示的に RETURN ステートメントによって、または暗黙的に実行の完了によってプロシージャの制御が戻ると (RETURN)、プロシージャによって実行された作業がコミットされます。 プロシージャによってスロー (THROW) が行われると、プロシージャによって実行された作業がロールバックされます。

XACT_ABORT はアトミック ブロック内で既定で ON であり、変更できません。 XACT_ABORT は、SQL Server ステートメントによって実行時エラーが発生した場合に、Transact-SQL が自動的に現在のトランザクションをロールバックするかどうかを指定します。

以下の SET オプションは、ATOMIC ブロック内で常に ON であり、変更できません。

  • CONCAT_NULL_YIELDS_NULL
  • QUOTED_IDENTIFIER、ARITHABORT
  • NOCOUNT
  • ANSI_NULLS
  • ANSI_WARNINGS

SET オプションは、ATOMIC ブロック内部では変更できません。 ユーザー セッション内の SET オプションは、ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャのスコープでは使用されません。 これらのオプションは、コンパイル時に固定されます。

BEGIN、ROLLBACK、および COMMIT 操作は、アトミック ブロック内では使用できません。

ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャごとに、プロシージャのスコープの外部に 1 つの ATOMIC ブロックがあります。 ブロックを入れ子にすることはできません。 ATOMIC ブロックについて詳しくは、「ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャ」をご覧ください。

NULL | NOT NULL

パラメーターで NULL 値を許すかどうかを示します。 NULL が既定値です。

NATIVE_COMPILATION

適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降と Azure SQL データベース。

プロシージャがネイティブにコンパイルされることを示します。 NATIVE_COMPILATION、SCHEMABINDING、および EXECUTE AS は、任意の順序で指定できます。 詳細については、次を参照してください。 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャです。

SCHEMABINDING

適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降と Azure SQL データベース。

プロシージャによって参照されるテーブルを削除または変更できないようにします。 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでは、SCHEMABINDING が必要です。 詳しくは、「ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャ」をご覧ください。SCHEMABINDING の制限は、ユーザー定義関数に対する場合と同じです。 詳しくは、「CREATE FUNCTION (Transact-SQL)」の SCHEMABINDING のセクションをご覧ください。

LANGUAGE = [N] 'language'

適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降と Azure SQL データベース。

SET LANGUAGE (Transact-SQL) セッション オプションと同等です。 LANGUAGE = [N] 'language' は必須です。

TRANSACTION ISOLATION LEVEL

適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降と Azure SQL データベース。

ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでは必要です。 ストアド プロシージャのトランザクション分離レベルを指定します。 次のようなオプションがあります。

これらのオプションについて詳しくは、「SET TRANSACTION ISOLATION LEVEL (Transact-SQL)」をご覧ください。

REPEATABLE READ

他のトランザクションによって変更されていてもまだコミットされていないデータは、ステートメントで読み取ることができないことを指定します。 現在のトランザクションが読み取ったデータを他のトランザクションが変更した場合、現在のトランザクションは失敗します。

SERIALIZABLE

次のことを指定します。

  • 他のトランザクションで変更されたが、まだコミットされていないデータは、ステートメントで読み取れない。
  • 現在のトランザクションが読み取ったデータを他のトランザクションが変更した場合、現在のトランザクションは失敗します。
  • 現在のトランザクションのいずれかのステートメントが読み取ったキー範囲に該当するキー値を持つ新しい行を、他のトランザクションが挿入した場合、現在のトランザクションは失敗します。

SNAPSHOT

トランザクションの任意のステートメントによって読み取られたデータが、トランザクションの開始時に存在していたデータとトランザクション上の整合性を持つように指定します。

DATEFIRST = number

適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降と Azure SQL データベース。

週の最初の曜日を 1 - 7 の数値で指定します。 DATEFIRST は省略可能です。 指定しない場合、設定は指定された言語から推定されます。

詳しくは、「SET DATEFIRST (Transact-SQL)」をご覧ください。

DATEFORMAT = format

適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降と Azure SQL データベース。

date、smalldatetime、datetime、datetime2、datetimeoffset の各文字列を解釈する際の日付要素 (月、日、年) の順序を指定します。 DATEFORMAT は省略可能です。 指定しない場合、設定は指定された言語から推定されます。

詳しくは、「SET DATEFORMAT (Transact-SQL)」をご覧ください。

DELAYED_DURABILITY = { OFF | ON }

適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降と Azure SQL データベース。

SQL Server によるトランザクションのコミットには、完全持続性、既定値、または遅延持続性が適用されます。

詳しくは、「トランザクションの持続性の制御」をご覧ください。

簡単な例

作業を始めるときに役立つ 2 つの簡単な例を次に示します。SELECT DB_NAME() AS ThisDB; は、現在のデータベースの名前を返します。 そのステートメントを次のようにストアド プロシージャにラップすることができます。

CREATE PROC What_DB_is_this
AS
SELECT DB_NAME() AS ThisDB;

EXEC What_DB_is_this; というステートメントを使ってストアド プロシージャを呼び出します。

もう少し複雑な例として、プロシージャの柔軟性を高めるために入力パラメーターを提供します。 次に例を示します。

CREATE PROC What_DB_is_that @ID INT
AS
SELECT DB_NAME(@ID) AS ThatDB;

プロシージャを呼び出すときに、データベース ID 番号を指定します。 たとえば、EXEC What_DB_is_that 2; では tempdb が返されます。

他の例については、この記事の最後にある「」をご覧ください。

ベスト プラクティス

ここではベスト プラクティスをすべて網羅しているわけではありませんが、次の推奨事項に従うと、プロシージャのパフォーマンスが向上する場合があります。

  • プロシージャの本体の最初のステートメントとして SET NOCOUNT ON ステートメントを使用する。 つまり、このステートメントを AS キーワードの直後に配置します。 これにより、SELECT、INSERT、UPDATE、MERGE、および DELETE ステートメントの実行後に、SQL Server がクライアントに返すメッセージが表示されません。 これにより、生成される出力が最小限になってわかりやすくなります。 ただし、今日のハードウェアでは、測定できるほどのパフォーマンス上の利点はありません。 詳しくは、「SET NOCOUNT (Transact-SQL)」をご覧ください。
  • プロシージャ内のデータベース オブジェクトを作成または参照するときにスキーマ名を使用する。 これにより、複数のスキーマを検索する必要がない場合に、データベース エンジンでオブジェクト名の解決に要する時間が短縮されます。 また、スキーマを指定せずにオブジェクトを作成したときに割り当てられるユーザーの既定のスキーマが原因で発生する権限とアクセスの問題を防ぐこともできます。
  • WHERE 句と JOIN 句で指定された列を関数でラップしないようにする。 ラップすると、列が非決定的になるため、クエリ プロセッサでインデックスを使用できなくなります。
  • 多くのデータ行を返す SELECT ステートメントではスカラー関数を使用しない。 スカラー関数はすべての行に適用する必要があるため、結果として、行ベースの処理のような動作になり、パフォーマンスが低下します。
  • SELECT * は使わない。 代わりに、必要な列名を指定します。 これにより、プロシージャの実行を停止するデータベース エンジンのエラーのいくつかを回避できます。 たとえば、12 列のテーブルからデータを返し、そのデータを 12 列の一時テーブルに挿入する SELECT * ステートメントは、いずれかのテーブルの列数または列の順序が変更されない限り成功します。
  • 非常に多くのデータを処理したり返したりしない。 プロシージャ コードによってできるだけ早く結果を絞り込むことで、プロシージャが実行する後続の操作で使用されるデータ セットをできる限り小さくします。 基本的なデータのみをクライアント アプリケーションに送信します。 その方が、ネットワーク経由で余分なデータを送信して、クライアント アプリケーションで不必要に大きな結果セットを処理させるよりも効率的です。
  • BEGIN/COMMIT TRANSACTION による明示的なトランザクションを使用し、トランザクションをできるだけ短くする。 トランザクションが長いほど、レコードのロックが長くなり、デッドロックが発生する可能性が高くなります。
  • プロシージャ内のエラー処理に Transact-SQL TRY...CATCH 機能を使用する。 TRY...CATCH を使用すると、Transact-SQL ステートメントのブロック全体をカプセル化できます。 これにより、パフォーマンスのオーバーヘッドが低減されるだけでなく、記述するプログラムの数が大幅に削減され、エラー レポートの精度も向上します。
  • プロシージャの本体の Transact-SQL ステートメント CREATE TABLE または ALTER TABLE によって参照されているすべてのテーブル列で DEFAULT キーワードを使用する。 これにより、NULL 値を許可しない列に NULL が渡されるのを防ぐことができます。
  • 一時テーブルの各列に NULL または NOT NULL を使用する。 CREATE TABLE および ALTER TABLE ステートメントで NULL または NOT NULL 属性が指定されていない場合、ANSI_DFLT_ON および ANSI_DFLT_OFF オプションを使用すると、データベース エンジンが NULL や NOT NULL 属性を列に割り当てる方法を制御できます。 ある接続でこれらのオプションを使用してプロシージャを実行する場合、オプションの設定がプロシージャを作成した接続時と異なっていると、新しい接続で作成されるテーブルの列に対して、異なる NULL 許容属性や異なる動作を指定することができます。 各列に NULL または NOT NULL を明示的に宣言すると、プロシージャを実行するすべての接続に対して同じ NULL 許容属性を使用することにより、複数の一時テーブルが作成されます。
  • NULL を変換する変更ステートメントを使用し、クエリから NULL 値を含む行を除外するロジックを含める。 Transact-SQL では、NULL は空の値ではなく、"何もない" 値であることに注意してください。 NULL は不明な値を表すプレースホルダーのため、特に結果セットに対してクエリを実行している場合や集計関数を使用している場合は、予期しない動作が発生することがあります。
  • 個別の値に対する特定のニーズがない限り、UNION 演算子または OR 演算子の代わりに UNION ALL 演算子を使用する。 フィルターによって重複が結果セットから除外されないため、UNION ALL 演算子の処理オーバーヘッドが少なくなります。

全般的な解説

プロシージャの最大サイズは、事前には定義されていません。

プロシージャで指定する変数には、ユーザー定義変数や @@SPID などのシステム変数を使用できます。

プロシージャは最初の実行時にコンパイルされ、データを取得するための最適なアクセス プランが決定されます。 プロシージャがデータベース エンジンのプラン キャッシュに残っている場合、次にそのストアド プロシージャを実行するときには生成済みのプランを再使用できます。

SQL Server の起動時に、1 つ以上のプロシージャを自動的に実行できます。 このプロシージャは、システム管理者によって master データベースに作成される必要があり、sysadmin 固定サーバー ロールの下でバックグラウンド プロセスとして実行される必要があります。 プロシージャに入力または出力パラメーターを指定することはできません。 詳しくは、「ストアド プロシージャの実行」をご覧ください。

プロシージャは、別のプロシージャを呼び出す場合、または CLR ルーチン、型、集計を参照してマネージド コードを実行する場合に入れ子になります。 プロシージャとマネージド コード参照は、32 レベルまで入れ子にすることができます。 入れ子のレベルは、呼び出されたプロシージャまたはマネージド コード参照の実行が開始されると 1 つ増加し、呼び出されたプロシージャまたはマネージド コード参照の実行が終了されると 1 つ減少します。 マネージド コード内から呼び出されたメソッドは、この入れ子レベルの制限としてはカウントされません。 ただし、CLR ストアド プロシージャで、SQL Server マネージド プロバイダーを利用してデータ アクセス操作が実行される場合、マネージド コードから SQL への移行時に入れ子のレベルが 1 つ追加されます。

入れ子の最高レベルを超える呼び出しを行うと、一連の呼び出しが失敗します。 @@NESTLEVEL 関数を使用すると、現在実行中のストアド プロシージャの入れ子レベルを返すことができます。

相互運用性

データベース エンジン プロシージャを作成または変更すると、Transact-SQLでは SET QUOTED_IDENTIFIER と SET ANSI_NULLS の両方の設定が保存されます。 これらの元の設定は、プロシージャの実行時に使用されます。 したがって、プロシージャの実行中は、SET QUOTED_IDENTIFIER と SET ANSI_NULLS のクライアント セッションの設定は無視されます。

SET ARITHABORT、SET ANSI_WARNINGS、SET ANSI_PADDINGS など他の SET オプションは、プロシージャの作成時または変更時に保存されません。 プロシージャのロジックが特定の設定に依存する場合は、プロシージャの先頭に SET ステートメントを挿入し、適切な設定を確保します。 プロシージャから SET ステートメントを実行すると、その設定は、プロシージャが実行を終了するまでの間だけ有効になります。 プロシージャが終了すると、その設定は、プロシージャが呼び出されたときの値に復元されます。 この機能を使用すると、個々のクライアントでプロシージャのロジックに影響を与えずに必要なオプションを設定できます。

SET ステートメントは、SET SHOWPLAN_TEXT および SET SHOWPLAN_ALL を除き、プロシージャ内部で指定できます。 バッチで同時に他のステートメントを実行することはできません。 選択した SET オプションは、プロシージャの実行中は有効で、実行後に元の設定に戻されます。

注意

プロシージャまたはユーザー定義関数でパラメーターを渡す場合や、バッチ ステートメントで変数を宣言または設定する場合には、SET ANSI_WARNINGS は無視されます。 たとえば、変数を char(3) と定義し、これに 4 文字以上の値を設定すると、データが定義されたサイズに合わせて切り捨てられてから、INSERT または UPDATE ステートメントが成功します。

制限事項と制約事項

1 つのバッチ内に CREATE PROCEDURE ステートメントと他の Transact-SQL ステートメントを混在させることはできません。

次のステートメントは、ストアド プロシージャの本体では使用できません。

CREATE SET USE
CREATE AGGREGATE [SET SHOWPLAN_TEXT] USE database_name
CREATE DEFAULT SET SHOWPLAN_XML
CREATE RULE [SET PARSEONLY]
CREATE SCHEMA SET SHOWPLAN_ALL
CREATE TRIGGER または ALTER TRIGGER
CREATE FUNCTION または ALTER FUNCTION
CREATE PROCEDURE または ALTER PROCEDURE
CREATE VIEW または ALTER VIEW

プロシージャはまだ存在していないテーブルを参照できます。 作成時には、構文チェックのみが行われます。 プロシージャは、最初の実行時までコンパイルされません。 プロシージャ内で参照されているすべてのオブジェクトが解決されるのは、コンパイル時のみです。 したがって、存在しないテーブルを参照するプロシージャは、構文が正しければ正常に作成できます。ただし、実行時に参照されるテーブルが存在しない場合、プロシージャは失敗します。

関数名を、パラメーターの既定値として指定したり、プロシージャの実行時にパラメーターに渡される値として指定したりできません。 ただし、次の例に示すように、関数を変数として渡すことができます。

-- Passing the function value as a variable.
DECLARE @CheckDate DATETIME = GETDATE();
EXEC dbo.uspGetWhereUsedProductID 819, @CheckDate;
GO

このプロシージャによって SQL Server のリモート インスタンス上で変更を行うと、それらの変更はロールバックできません。 リモート プロシージャはトランザクションにはかかわりません。

データベース エンジンが .NET Framework でオーバーロードされるときに正しいメソッドを参照するようにするには、EXTERNAL NAME 句で指定されるメソッドに以下の特性が必要です。

  • 静的メソッドとして宣言される。
  • プロシージャのパラメーター数と同じ数のパラメーターを受け取る。
  • SQL Server プロシージャの対応するパラメーターのデータ型と互換性のあるパラメーター型を使用する。 .NET Framework データ型に一致する SQL Server データ型については、「CLR パラメーター データのマッピング」をご覧ください。

Metadata

次の表に、ストアド プロシージャに関する情報を返すために使用できるカタログ ビューおよび動的管理ビューを示します。

表示 説明
sys.sql_modules Transact-SQL プロシージャの定義を返します。 ENCRYPTION オプションで作成されるプロシージャのテキストは、sys.sql_modules カタログ ビューを使用して表示できません。
sys.assembly_modules CLR プロシージャに関する情報を返します。
sys.parameters プロシージャで定義されているパラメーターに関する情報を返します。
sys.sql_expression_dependencies sys.dm_sql_referenced_entities sys.dm_sql_referencing_entities プロシージャによって参照されるオブジェクトを返します。

コンパイル後のプロシージャのサイズを予測するには、次のパフォーマンス モニター カウンターを使用します。

パフォーマンス モニター オブジェクト名 パフォーマンス モニター カウンター名
SQLServer:Plan Cache オブジェクト キャッシュ ヒット率
Cache Pages
Cache Object Counts*

* アドホック Transact-SQL、準備された Transact-SQL、プロシージャ、トリガーなど、キャッシュ オブジェクトの種類別にオブジェクトの数を調べることができます。 詳しくは、「SQL Server の Plan Cache オブジェクト」をご覧ください。

セキュリティ

アクセス許可

データベースの CREATE PROCEDURE 権限およびプロシージャの作成先となるスキーマの ALTER 権限、または、db_ddladmin 固定データベース ロールのメンバーシップが必要です。

CLR ストアド プロシージャの場合は、EXTERNAL NAME 句で参照されるアセンブリの所有権、またはそのアセンブリの REFERENCES 権限が必要です。

CREATE PROCEDURE とメモリ最適化テーブル

メモリ最適化テーブルには、従来のストアド プロシージャとネイティブ コンパイル ストアド プロシージャの両方からアクセスできます。 ほとんどの場合、ネイティブ プロシージャの方が効率的です。 詳細については、次を参照してください。 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャです。

次のサンプルでは、メモリ最適化テーブル dbo.Departments にアクセスするネイティブ コンパイル ストアド プロシージャを作成する方法を示します。

CREATE PROCEDURE dbo.usp_add_kitchen @dept_id INT, @kitchen_count INT NOT NULL
WITH EXECUTE AS OWNER, SCHEMABINDING, NATIVE_COMPILATION
AS
BEGIN ATOMIC WITH (TRANSACTION ISOLATION LEVEL = SNAPSHOT, LANGUAGE = N'us_english')

UPDATE dbo.Departments
SET kitchen_count = ISNULL(kitchen_count, 0) + @kitchen_count
WHERE ID = @dept_id
END;
GO

NATIVE_COMPILATION なしで作成されたプロシージャをネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに変更することはできません。

ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでのプログラミング機能、サポートされるクエリ対象領域、および演算子について詳しくは、「ネイティブ コンパイル T-SQL モジュールでサポートされる機能」をご覧ください。

使用例

カテゴリ 主な構文要素
基本構文 CREATE PROCEDURE
パラメーターの引き渡し @parameter
  • = default
  • OUTPUT
  • テーブル値パラメーター型
  • CURSOR VARYING
ストアド プロシージャを使用したデータの変更 UPDATE
エラー処理 TRY...CATCH
プロシージャの定義の難読化 WITH ENCRYPTION
プロシージャの強制再コンパイル WITH RECOMPILE
セキュリティ コンテキストの設定 EXECUTE AS

基本構文

このセクションの例では、最低限必要な構文を使用して CREATE PROCEDURE ステートメントの基本機能を示します。

A. 単純な Transact-SQL プロシージャを作成する

次の例は、全従業員 (フルネーム) とその役職および部署名を、AdventureWorks2012 データベースのビューから返すストアド プロシージャを作成します。 このプロシージャではパラメーターを使用しません。 その後、3 つのメソッドを使用してプロシージャを実行します。

CREATE PROCEDURE HumanResources.uspGetAllEmployees
AS
    SET NOCOUNT ON;
    SELECT LastName, FirstName, JobTitle, Department
    FROM HumanResources.vEmployeeDepartment;
GO

SELECT * FROM HumanResources.vEmployeeDepartment;

uspGetEmployees プロシージャは次のように実行されます。

EXECUTE HumanResources.uspGetAllEmployees;
GO
-- Or
EXEC HumanResources.uspGetAllEmployees;
GO
-- Or, if this procedure is the first statement within a batch:
HumanResources.uspGetAllEmployees;

B. 複数の結果セットを返す

次のプロシージャでは、2 つの結果セットが返されます。

CREATE PROCEDURE dbo.uspMultipleResults
AS
SELECT TOP(10) BusinessEntityID, Lastname, FirstName FROM Person.Person;
SELECT TOP(10) CustomerID, AccountNumber FROM Sales.Customer;
GO

C. CLR ストアド プロシージャを作成する

次の例では、GetPhotoFromDB プロシージャを作成します。このプロシージャでは、HandlingLOBUsingCLR アセンブリ内の LargeObjectBinary クラスの GetPhotoFromDB メソッドを参照します。 プロシージャが作成される前に、HandlingLOBUsingCLR アセンブリがローカル データベースに登録されます。

適用対象: SQL Server 2008 以降、SQL Database (assembly_bits から作成されたアセンブリを使用する場合)。

CREATE ASSEMBLY HandlingLOBUsingCLR
FROM '\\MachineName\HandlingLOBUsingCLR\bin\Debug\HandlingLOBUsingCLR.dll';
GO
CREATE PROCEDURE dbo.GetPhotoFromDB
(
    @ProductPhotoID INT
    , @CurrentDirectory NVARCHAR(1024)
    , @FileName NVARCHAR(1024)
)
AS EXTERNAL NAME HandlingLOBUsingCLR.LargeObjectBinary.GetPhotoFromDB;
GO

パラメーターの引き渡し

このセクションの例では、入力パラメーターと出力パラメーターを使用してストアド プロシージャ間で値を受け渡す方法を示します。

D. 入力パラメーターを使用したプロシージャを作成する

次の例では、特定の 1 人の従業員の姓と名の値を渡すことで、その従業員に関する情報を返すストアド プロシージャを作成します。 このプロシージャは、渡されたパラメーターと完全に一致するものだけを受け入れます。

IF OBJECT_ID ( 'HumanResources.uspGetEmployees', 'P' ) IS NOT NULL
    DROP PROCEDURE HumanResources.uspGetEmployees;
GO
CREATE PROCEDURE HumanResources.uspGetEmployees
    @LastName NVARCHAR(50),
    @FirstName NVARCHAR(50)
AS

    SET NOCOUNT ON;
    SELECT FirstName, LastName, JobTitle, Department
    FROM HumanResources.vEmployeeDepartment
    WHERE FirstName = @FirstName AND LastName = @LastName;
GO

uspGetEmployees プロシージャは次のように実行されます。

EXECUTE HumanResources.uspGetEmployees N'Ackerman', N'Pilar';
-- Or
EXEC HumanResources.uspGetEmployees @LastName = N'Ackerman', @FirstName = N'Pilar';
GO
-- Or
EXECUTE HumanResources.uspGetEmployees @FirstName = N'Pilar', @LastName = N'Ackerman';
GO
-- Or, if this procedure is the first statement within a batch:
HumanResources.uspGetEmployees N'Ackerman', N'Pilar';

E. ワイルドカード パラメーターを含むプロシージャを使用する

次の例では、従業員の姓と名を表す値のすべてまたは一部を渡して従業員に関する情報を返すストアド プロシージャを作成します。 このプロシージャでは、渡されるパラメーターのパターン マッチが行われます。パラメーターが指定されない場合は、あらかじめ設定された既定値が使用されます (姓の先頭文字が D)。

IF OBJECT_ID ( 'HumanResources.uspGetEmployees2', 'P' ) IS NOT NULL
    DROP PROCEDURE HumanResources.uspGetEmployees2;
GO
CREATE PROCEDURE HumanResources.uspGetEmployees2
    @LastName NVARCHAR(50) = N'D%',
    @FirstName NVARCHAR(50) = N'%'
AS
    SET NOCOUNT ON;
    SELECT FirstName, LastName, JobTitle, Department
    FROM HumanResources.vEmployeeDepartment
    WHERE FirstName LIKE @FirstName AND LastName LIKE @LastName;

uspGetEmployees2 プロシージャは、多くの組み合わせで実行できます。 ここでは、一部の組み合わせのみを示します。

EXECUTE HumanResources.uspGetEmployees2;
-- Or
EXECUTE HumanResources.uspGetEmployees2 N'Wi%';
-- Or
EXECUTE HumanResources.uspGetEmployees2 @FirstName = N'%';
-- Or
EXECUTE HumanResources.uspGetEmployees2 N'[CK]ars[OE]n';
-- Or
EXECUTE HumanResources.uspGetEmployees2 N'Hesse', N'Stefen';
-- Or
EXECUTE HumanResources.uspGetEmployees2 N'H%', N'S%';

F. OUTPUT パラメーターを使用する

次の例では、uspGetList プロシージャを作成します。 このプロシージャからは、指定の価格以下の製品の一覧が返されます。 この例では、複数の SELECT ステートメントと複数の OUTPUT パラメーターを使用します。 OUTPUT パラメーターを使用すると、プロシージャの実行中に、外部プロシージャ、バッチ、または複数の Transact-SQL ステートメントから、値セットにアクセスできます。

IF OBJECT_ID ( 'Production.uspGetList', 'P' ) IS NOT NULL
    DROP PROCEDURE Production.uspGetList;
GO  
CREATE PROCEDURE Production.uspGetList @Product VARCHAR(40)
    , @MaxPrice MONEY
    , @ComparePrice MONEY OUTPUT
    , @ListPrice MONEY OUT
AS  
    SET NOCOUNT ON;
    SELECT p.[Name] AS Product, p.ListPrice AS 'List Price'
    FROM Production.Product AS p
    JOIN Production.ProductSubcategory AS s
      ON p.ProductSubcategoryID = s.ProductSubcategoryID
    WHERE s.[Name] LIKE @Product AND p.ListPrice < @MaxPrice;
-- Populate the output variable @ListPprice.
SET @ListPrice = (SELECT MAX(p.ListPrice)
    FROM Production.Product AS p
    JOIN Production.ProductSubcategory AS s
      ON p.ProductSubcategoryID = s.ProductSubcategoryID
    WHERE s.[Name] LIKE @Product AND p.ListPrice < @MaxPrice);
-- Populate the output variable @compareprice.
SET @ComparePrice = @MaxPrice;
GO

uspGetList を実行し、$700 より安い Adventure Works 製品 (バイク) の一覧を返します。 ここではフロー制御言語と共に OUTPUT パラメーターの @Cost および @ComparePrices を使用して、 [メッセージ] ウィンドウにメッセージを返します。

注意

OUTPUT 変数は、プロシージャの作成時と変数の使用時に定義する必要があります。 パラメーター名と変数名は一致する必要はありませんが、データ型とパラメーターの位置は一致する必要があります。ただし、@ListPrice = variable が使用されている場合を除きます。

DECLARE @ComparePrice MONEY, @Cost MONEY;
EXECUTE Production.uspGetList '%Bikes%', 700,
    @ComparePrice OUT,
    @Cost OUTPUT
IF @Cost <= @ComparePrice
BEGIN
    PRINT 'These products can be purchased for less than
    $'+RTRIM(CAST(@ComparePrice AS VARCHAR(20)))+'.'
END
ELSE
    PRINT 'The prices for all products in this category exceed
    $'+ RTRIM(CAST(@ComparePrice AS VARCHAR(20)))+'.';

次に結果セットの一部を示します。

Product                     List Price
--------------------------  ----------
Road-750 Black, 58          539.99
Mountain-500 Silver, 40     564.99
Mountain-500 Silver, 42     564.99
...
Road-750 Black, 48          539.99
Road-750 Black, 52          539.99

(14 row(s) affected)

These items can be purchased for less than $700.00.

G. テーブル値パラメーターを使用する

次の例では、テーブル値パラメーターの型を使用して、テーブルに複数の行を挿入します。 さらに、パラメーターの型を作成して、その型を参照するテーブル変数を宣言し、パラメーター一覧を入力して値をストアド プロシージャに渡します。 このストアド プロシージャでは、値を使用してテーブルに複数の行を挿入します。

/* Create a table type. */
CREATE TYPE LocationTableType AS TABLE
( LocationName VARCHAR(50)
, CostRate INT );
GO

/* Create a procedure to receive data for the table-valued parameter. */
CREATE PROCEDURE usp_InsertProductionLocation
    @TVP LocationTableType READONLY
    AS
    SET NOCOUNT ON
    INSERT INTO [AdventureWorks2012].[Production].[Location]
       ([Name]
       , [CostRate]
       , [Availability]
       , [ModifiedDate])
    SELECT *, 0, GETDATE()
    FROM @TVP;
GO

/* Declare a variable that references the type. */
DECLARE @LocationTVP
AS LocationTableType;

/* Add data to the table variable. */
INSERT INTO @LocationTVP (LocationName, CostRate)
    SELECT [Name], 0.00
    FROM
    [AdventureWorks2012].[Person].[StateProvince];

/* Pass the table variable data to a stored procedure. */
EXEC usp_InsertProductionLocation @LocationTVP;
GO
H. OUTPUT カーソル パラメーターを使用する

次の例では、OUTPUT カーソル パラメーターを使用して、プロシージャに対してローカルになっているカーソルを、呼び出し側のバッチ、プロシージャ、またはトリガーに戻します。

まず、Currency テーブルに対してカーソルを宣言し、そのカーソルをオープンするプロシージャを作成します。

CREATE PROCEDURE dbo.uspCurrencyCursor
    @CurrencyCursor CURSOR VARYING OUTPUT
AS
    SET NOCOUNT ON;
    SET @CurrencyCursor = CURSOR
    FORWARD_ONLY STATIC FOR
      SELECT CurrencyCode, Name
      FROM Sales.Currency;
    OPEN @CurrencyCursor;
GO

次に、ローカル カーソル変数を宣言し、ローカル変数にカーソルを割り当てるプロシージャを実行した後、カーソルから行を取り出すバッチを実行します。

DECLARE @MyCursor CURSOR;
EXEC dbo.uspCurrencyCursor @CurrencyCursor = @MyCursor OUTPUT;
WHILE (@@FETCH_STATUS = 0)
BEGIN;
    FETCH NEXT FROM @MyCursor;
END;
CLOSE @MyCursor;
DEALLOCATE @MyCursor;
GO

ストアド プロシージャを使用したデータの変更

このセクションの例では、プロシージャの定義にデータ操作言語 (DML) ステートメントを含めることで、テーブルまたはビューのデータを挿入または変更する方法を示します。

I. UPDATE をストアド プロシージャで使用する

次の例では、UPDATE ステートメントをストアド プロシージャで使用しています。 このプロシージャには、1 つの入力パラメーター @NewHours と 1 つの出力パラメーター @RowCount があります。 その @NewHours パラメーター値を UPDATE ステートメントで使用して、HumanResources.Employee テーブルの VacationHours 列を更新します。 影響を受けた行数は、@RowCount 出力パラメーターを使用して、ローカル変数に返されます。 VacationHours に設定する値は、SET 句で CASE 式を使用して条件に応じて決定しています。 従業員の給与が時給ベース (SalariedFlag = 0) である場合、VacationHours@NewHours で指定された値に現在の時間数を加算した値に設定されます。それ以外の場合は、VacationHours@NewHours で指定された値に設定されます。

CREATE PROCEDURE HumanResources.Update_VacationHours
@NewHours SMALLINT, @Rowcount INT OUTPUT
AS
SET NOCOUNT ON;
UPDATE HumanResources.Employee
SET VacationHours =
    ( CASE
        WHEN SalariedFlag = 0 THEN VacationHours + @NewHours
        ELSE @NewHours
        END
    )
WHERE CurrentFlag = 1;
SET @Rowcount = @@rowcount;

GO
DECLARE @Rowcount INT
EXEC HumanResources.Update_VacationHours 40, @Rowcount OUTPUT
PRINT @Rowcount;

エラー処理

このセクションの例では、ストアド プロシージャの実行時に発生する可能性のあるエラーの処理方法を示します。

J. TRY...CATCH の使用

この例では、TRY...CATCH コンストラクトを使用して、ストアド プロシージャの実行中にキャッチしたエラーの情報を返します。

CREATE PROCEDURE Production.uspDeleteWorkOrder ( @WorkOrderID INT )
AS
SET NOCOUNT ON;
BEGIN TRY
  BEGIN TRANSACTION
  -- Delete rows from the child table, WorkOrderRouting, for the specified work order.
    DELETE FROM Production.WorkOrderRouting
    WHERE WorkOrderID = @WorkOrderID;
  -- Delete the rows from the parent table, WorkOrder, for the specified work order.
    DELETE FROM Production.WorkOrder
    WHERE WorkOrderID = @WorkOrderID;
  COMMIT
END TRY

BEGIN CATCH
  -- Determine if an error occurred.
  IF @@TRANCOUNT > 0
    ROLLBACK

  -- Return the error information.
  DECLARE @ErrorMessage NVARCHAR(4000), @ErrorSeverity INT;
  SELECT @ErrorMessage = ERROR_MESSAGE(),@ErrorSeverity = ERROR_SEVERITY();
  RAISERROR(@ErrorMessage, @ErrorSeverity, 1);
END CATCH;

GO
EXEC Production.uspDeleteWorkOrder 13;
GO
/* Intentionally generate an error by reversing the order in which rows
   are deleted from the parent and child tables. This change does not
   cause an error when the procedure definition is altered, but produces
   an error when the procedure is executed.
*/
ALTER PROCEDURE Production.uspDeleteWorkOrder ( @WorkOrderID INT )
AS

BEGIN TRY
  BEGIN TRANSACTION
  -- Delete the rows from the parent table, WorkOrder, for the specified work order.
    DELETE FROM Production.WorkOrder
    WHERE WorkOrderID = @WorkOrderID;

  -- Delete rows from the child table, WorkOrderRouting, for the specified work order.
    DELETE FROM Production.WorkOrderRouting
    WHERE WorkOrderID = @WorkOrderID;
  COMMIT TRANSACTION
END TRY

BEGIN CATCH
  -- Determine if an error occurred.
  IF @@TRANCOUNT > 0
    ROLLBACK TRANSACTION

  -- Return the error information.
  DECLARE @ErrorMessage NVARCHAR(4000), @ErrorSeverity INT;
  SELECT @ErrorMessage = ERROR_MESSAGE(),@ErrorSeverity = ERROR_SEVERITY();
  RAISERROR(@ErrorMessage, @ErrorSeverity, 1);
END CATCH;
GO
-- Execute the altered procedure.
EXEC Production.uspDeleteWorkOrder 15;
GO
DROP PROCEDURE Production.uspDeleteWorkOrder;

プロシージャの定義の難読化

このセクションの例では、ストアド プロシージャの定義を難読化する方法を示します。

K. WITH ENCRYPTION オプションを使用する

次の例では、HumanResources.uspEncryptThis プロシージャを作成します。

適用対象: SQL Server 2008 以降、SQL Database。

CREATE PROCEDURE HumanResources.uspEncryptThis
WITH ENCRYPTION
AS
    SET NOCOUNT ON;
    SELECT BusinessEntityID, JobTitle, NationalIDNumber,
        VacationHours, SickLeaveHours
    FROM HumanResources.Employee;
GO

次の例に示すように、WITH ENCRYPTION オプションを使用すると、システム カタログにクエリを実行したりメタデータ関数を使用したりするときにプロシージャの定義を難読化します。

sp_helptext を実行します。

EXEC sp_helptext 'HumanResources.uspEncryptThis';

結果セットは次のようになります。

The text for object 'HumanResources.uspEncryptThis' is encrypted.

sys.sql_modules カタログ ビューに直接クエリを実行します。

SELECT definition FROM sys.sql_modules
WHERE object_id = OBJECT_ID('HumanResources.uspEncryptThis');

結果セットは次のようになります。

definition
--------------------------------
NULL

注意

システム ストアド プロシージャ sp_helptext は、Azure Synapse Analytics ではサポートされていません。 代わりに、sys.sql_modules オブジェクト カタログ ビューを使用します。

プロシージャの強制再コンパイル

このセクションの例では、WITH RECOMPILE 句を使用して、プロシージャを実行するたびに再コンパイルするように強制します。

L. WITH RECOMPILE オプションを使用する

WITH RECOMPILE 句は、プロシージャに指定するパラメーターが定型的でない場合や、新しい実行プランをメモリにキャッシュまたは保存したくない場合に役立ちます。

IF OBJECT_ID ( 'dbo.uspProductByVendor', 'P' ) IS NOT NULL
    DROP PROCEDURE dbo.uspProductByVendor;
GO
CREATE PROCEDURE dbo.uspProductByVendor @Name VARCHAR(30) = '%'
WITH RECOMPILE
AS
    SET NOCOUNT ON;
    SELECT v.Name AS 'Vendor name', p.Name AS 'Product name'
    FROM Purchasing.Vendor AS v
    JOIN Purchasing.ProductVendor AS pv
      ON v.BusinessEntityID = pv.BusinessEntityID
    JOIN Production.Product AS p
      ON pv.ProductID = p.ProductID
    WHERE v.Name LIKE @Name;

セキュリティ コンテキストの設定

このセクションの例では、EXECUTE AS 句を使用して、ストアド プロシージャが実行されるセキュリティ コンテキストを設定します。

M. EXECUTE AS 句を使用する

次の例では、EXECUTE AS 句を使用して、プロシージャを実行できるセキュリティ コンテキストを指定します。 この例では、オプションの CALLER により、プロシージャを呼び出したユーザーのコンテキストでプロシージャを実行できることを指定します。

CREATE PROCEDURE Purchasing.uspVendorAllInfo
WITH EXECUTE AS CALLER
AS
    SET NOCOUNT ON;
    SELECT v.Name AS Vendor, p.Name AS 'Product name',
      v.CreditRating AS 'Rating',
      v.ActiveFlag AS Availability
    FROM Purchasing.Vendor v
    INNER JOIN Purchasing.ProductVendor pv
      ON v.BusinessEntityID = pv.BusinessEntityID
    INNER JOIN Production.Product p
      ON pv.ProductID = p.ProductID
    ORDER BY v.Name ASC;
GO

北 カスタム権限セットを作成する

次の例では、EXECUTE AS を使用して、データベース操作に対するカスタム権限を作成します。 TRUNCATE TABLE など、許可できる権限のない操作もあります。 TRUNCATE TABLE ステートメントをストアド プロシージャ内に組み込み、テーブルを変更する権限が許可されているユーザーとしてそのプロシージャを実行するように指定すると、テーブルの切り捨てを行うための権限を、そのプロシージャの EXECUTE 権限が許可されたユーザーに拡張できます。

CREATE PROCEDURE dbo.TruncateMyTable
WITH EXECUTE AS SELF
AS TRUNCATE TABLE MyDB..MyTable;

例: Azure Synapse Analytics、Analytics Platform System (PDW)

O. SELECT ステートメントを実行するストアド プロシージャを作成します。

この例では、プロシージャを作成して実行するための基本構文を示します。 バッチを実行する場合は、CREATE PROCEDURE を最初のステートメントにする必要があります。 たとえば、AdventureWorksPDW2012 で次のストアド プロシージャを作成するには、最初にデータベース コンテキストを設定した後、CREATE PROCEDURE ステートメントを実行します。

-- Uses AdventureWorksDW database

--Run CREATE PROCEDURE as the first statement in a batch.
CREATE PROCEDURE Get10TopResellers
AS
BEGIN
    SELECT TOP (10) r.ResellerName, r.AnnualSales
    FROM DimReseller AS r
    ORDER BY AnnualSales DESC, ResellerName ASC;
END
;
GO

--Show 10 Top Resellers
EXEC Get10TopResellers;

参照