SQL Server Native Client プログラミングSQL Server Native Client Programming

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server Native Client とは、SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) で導入された、OLE DB と ODBC の両方で使用されるスタンドアロンのデータ アクセス API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) です。Native Client is a stand-alone data access application programming interface (API), used for both OLE DB and ODBC, that was introduced in SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x). SQL ServerSQL Server Native Client では、SQL OLE DB プロバイダーと SQL ODBC ドライバーが 1 つのネイティブ DLL (ダイナミック リンク ライブラリ) に統合されています。Native Client combines the SQL OLE DB provider and the SQL ODBC driver into one native dynamic-link library (DLL). また、Windows Data Access Components (Windows DAC、以前の Microsoft Data Access Components (MDAC)) にはない新しい機能も用意されています。It also provides new functionality above and beyond that supplied by the Windows Data Access Components (Windows DAC, formerly Microsoft Data Access Components, or MDAC). MARS (複数のアクティブな結果セット)、UDT (ユーザー定義データ型)、クエリ通知、スナップショット分離、XML データ型のサポートなどの SQL ServerSQL Server で導入された機能を必要とする新しいアプリケーションを作成したり、これらの機能で既存のアプリケーションを強化するために、SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) Native Client を使用できます。SQL ServerSQL Server Native Client can be used to create new applications or enhance existing applications that need to take advantage of features introduced in SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x), such as multiple active result sets (MARS), user-defined data types (UDT), query notifications, snapshot isolation, and XML data type support.

注意

間の相違点の一覧についてはSQL ServerSQL ServerNative Client と Windows DAC、および問題に関する情報を Windows DAC アプリケーションを更新する前に考慮すべきSQL ServerSQL ServerNative Client を参照してくださいSQL Server へのアプリケーションの更新MDAC からネイティブ クライアントします。For a list of the differences between SQL ServerSQL Server Native Client and Windows DAC, plus information about issues to consider before updating a Windows DAC application to SQL ServerSQL Server Native Client, see Updating an Application to SQL Server Native Client from MDAC.

SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーは、常に、Windows DAC 付属の ODBC ドライバー マネージャーと共に使用します。The SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver is always used in conjunction with the ODBC Driver Manager supplied with Windows DAC. また、SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、Windows DAC 付属の OLE DB Core Services と共に使用できますが、必須ではありません。OLE DB Core Services を使用するかどうかは、個々のアプリケーションの要件 (たとえば、接続プールが必要であるかどうかなど) によって異なります。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider can be used in conjunction with OLE DB Core Services supplied with Windows DAC, but this is not a requirement; the choice to use Core Services or not depends on the requirements of the individual application (for example, if connection pooling is required).

ActiveX データ オブジェクト (ADO) のアプリケーションでも使用、SQL ServerSQL Serverと組み合わせて、ADO を使用する、Native Client OLE DB プロバイダーがお勧め、 DataTypeCompatibility接続文字列キーワード (またはその対応するDataSourceプロパティ)。ActiveX Data Object (ADO) applications may use the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider, but it is recommended to use ADO in conjunction with the DataTypeCompatibility connection string keyword (or its corresponding DataSource property). SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーを使用すると、接続文字列のキーワード、OLE DB プロパティ、または SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) から SQL ServerSQL Server Native Client を経由することにより、Transact-SQLTransact-SQL で導入された上記の新機能を ADO アプリケーションで利用できます。When using the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider, ADO applications may exploit those new features introduced in SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) that are available via the SQL ServerSQL Server Native Client via connection string keywords or OLE DB properties or Transact-SQLTransact-SQL. ADO を使用したこれらの機能の使用に関する詳細については、SQL Server Native Client と ADO を使用するを参照してください。For more information about the use of these features with ADO, see Using ADO with SQL Server Native Client.

SQL ServerSQL Server Native Client は、OLE DB または ODBC のいずれかを使用して簡単に SQL Server へのネイティブ データ アクセスを実現できるように設計されています。Native Client was designed to provide a simplified method of gaining native data access to SQL Server using either OLE DB or ODBC. OLE DB と ODBC という 2 つのテクノロジを 1 つのライブラリに統合して簡素化しただけでなく、Microsoft Windows プラットフォームの一部になっている既存の Windows DAC コンポーネントを変更することなく新しいデータ アクセス機能を導入および展開できます。It is simplified in that it combines OLE DB and ODBC technologies into one library, and it provides a way to innovate and evolve new data access features without changing the current Windows DAC components, which are now part of the Microsoft Windows platform.

SQL ServerSQL Server Native Client では Windows DAC のコンポーネントを使用しますが、明確に特定バージョンの Windows DAC に依存しているわけではありません。While SQL ServerSQL Server Native Client uses components in Windows DAC, it is not explicitly dependant on a particular version of Windows DAC. SQL ServerSQL Server Native Client は、SQL ServerSQL Server Native Client でサポートされるオペレーティング システムにインストールされているバージョンの Windows DAC と共に使用できます。You can use SQL ServerSQL Server Native Client with the version of Windows DAC that is installed with any operating system supported by SQL ServerSQL Server Native Client.

このセクションの内容In This Section

SQL Server Native ClientSQL Server Native Client
SQL ServerSQL Server Native Client の重要な新しい機能を紹介します。Lists the significant new SQL ServerSQL Server Native Client features.

SQL Server Native Client を使用する場合When to Use SQL Server Native Client
について説明する方法SQL ServerSQL ServerNative Client の位置付け Microsoft データ アクセス テクノロジでは、どの Windows DAC および ADO.NET と比較し、データ アクセスを使用するテクノロジを決定するためのポインターを提供します。Discusses how SQL ServerSQL Server Native Client fits in with Microsoft data access technologies, how it compares to Windows DAC and ADO.NET, and provides pointers for deciding which data access technology to use.

SQL Server Native Client の機能SQL Server Native Client Features
SQL ServerSQL Server Native Client でサポートされている機能について説明します。Describes the features supported by SQL ServerSQL Server Native Client.

SQL Server Native Client を使用したアプリケーションのビルドBuilding Applications with SQL Server Native Client
SQL ServerSQL Server Native Client の開発における、Windows DAC との違い、使用されるコンポーネント、ADO と併用する方法などの概要を示します。Provides an overview of SQL ServerSQL Server Native Client development, including how it differs from Windows DAC, the components that it uses, and how ADO can be used with it.

また、SQL ServerSQL Server Native Client ライブラリの再配布の方法など、SQL ServerSQL Server Native Client のインストールと配置についても説明します。This section also discusses SQL ServerSQL Server Native Client installation and deployment, including how to redistribute the SQL ServerSQL Server Native Client library.

SQL Server Native Client のシステム要件System Requirements for SQL Server Native Client
SQL ServerSQL Server Native Client を使用するために必要なシステム リソースについて説明します。Discusses the system resources needed to use SQL ServerSQL Server Native Client.

SQL Server Native Client (OLE DB)SQL Server Native Client (OLE DB)
SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーの詳細について説明します。Provides information about using the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider.

SQL Server Native Client (ODBC)SQL Server Native Client (ODBC)
SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーの詳細について説明します。Provides information about using the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver.

SQL Server Native Client に関する詳細情報Finding More SQL Server Native Client Information
外部リソースへのリンク、詳しい補助資料など、SQL ServerSQL Server Native Client についての関連情報です。Provides additional resources about SQL ServerSQL Server Native Client, including links to external resources and getting further assistance.

SQL Server Native Client エラーSQL Server Native Client Errors
SQL ServerSQL Server Native Client に関連するランタイム エラーについて説明します。Contains topics about runtime errors associated with SQL ServerSQL Server Native Client.

参照See Also

SQL Server 2005 Native Client からのアプリケーションの更新 Updating an Application from SQL Server 2005 Native Client
ODBC の操作方法に関するトピック ODBC How-to Topics
OLE DB の使用法に関するトピックOLE DB How-to Topics