レプリケーション メンテナンス ジョブの実行 (SQL Server Management Studio)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

レプリケーションでは以下のメンテナンス ジョブを使用します。

  • データ検証で問題が見つかったサブスクリプションの再初期化

  • エージェント履歴のクリーンアップ: ディストリビューション

  • ディストリビューションのレプリケーション モニターの状態更新機能

  • レプリケーション エージェントの検査

  • ディストリビューションのクリーンアップ: ディストリビューション

  • 有効期限が切れたサブスクリプションのクリーンアップ

上記のジョブの開始および停止は、Microsoft SQL Server Management Studio の [ジョブ] フォルダー、およびレプリケーション モニターの [エージェント] タブから行います。 レプリケーション モニターの起動の詳細については、「Start the Replication Monitor」 (レプリケーション モニターの開始) を参照してください。 各ジョブのプロパティの表示および変更は、同じフォルダーおよびタブからアクセスできる [ジョブのプロパティ - <Job>] ダイアログ ボックスで行います。

Management Studio でレプリケーション メンテナンス ジョブを開始または停止するには

  1. Management Studioでディストリビューターに接続して、サーバー ノードを展開します。

  2. [SQL Server エージェント] フォルダーを展開して、 [ジョブ] フォルダーを展開します。

  3. ジョブを右クリックして [ジョブの開始] または [ジョブの停止] をクリックします。

レプリケーション モニターでレプリケーション メンテナンス ジョブを開始または停止するには

  1. レプリケーション モニターでパブリッシャー グループを展開し、パブリッシャーを選択します。

  2. [エージェント] タブをクリックします。

  3. グリッド内のジョブを右クリックして [ジョブの開始] または [ジョブの停止] をクリックします。

Management Studio でレプリケーション メンテナンス ジョブのプロパティを表示および変更するには

  1. Management Studioでディストリビューターに接続して、サーバー ノードを展開します。

  2. [SQL Server エージェント] フォルダーを展開して、 [ジョブ] フォルダーを展開します。

  3. ジョブを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

  4. [ジョブのプロパティ - <Job>] ダイアログ ボックスで、必要に応じてプロパティを変更し、 [OK] をクリックします。

レプリケーション モニターでレプリケーション メンテナンス ジョブのプロパティを表示および変更するには

  1. レプリケーション モニターでパブリッシャー グループを展開し、パブリッシャーを選択します。

  2. [エージェント] タブをクリックします。

  3. グリッド内のジョブを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

  4. [ジョブのプロパティ - <Job>] ダイアログ ボックスで、必要に応じてプロパティを変更し、 [OK] をクリックします。

参照

レプリケーション エージェントを起動および停止する (SQL Server Management Studio)
パブリッシャーの情報を表示し、タスクを実行する (レプリケーション モニター)
レプリケーション エージェントの管理