sys.databases (Transact-SQL)sys.databases (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Serverのインスタンスに、データベースごとに 1 行のデータを保持します。Contains one row per database in the instance of SQL ServerSQL Server.

データベースが ONLINEされていない場合、または AUTO_CLOSEON に設定されていて、データベースが閉じている場合は、一部の列の値が NULLされている可能性があります。If a database is not ONLINE, or AUTO_CLOSE is set to ON and the database is closed, the values of some columns may be NULL. データベースが OFFLINE場合、対応する行は低い特権のユーザーには表示されません。If a database is OFFLINE, the corresponding row is not visible to low-privileged users. データベースが OFFLINE場合は、対応する行を表示するには、少なくとも ALTER ANY DATABASE サーバーレベルの権限、または master データベースの CREATE DATABASE 権限を持っている必要があります。To see the corresponding row if the database is OFFLINE, a user must have at least the ALTER ANY DATABASE server-level permission, or the CREATE DATABASE permission in the master database.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
namename sysnamesysname データベースの名前。 SQL ServerSQL Server のインスタンス内または Azure SQL データベースAzure SQL Database サーバー内で一意です。Name of database, unique within an instance of SQL ServerSQL Server or within a Azure SQL データベースAzure SQL Database server.
database_iddatabase_id intint SQL ServerSQL Server のインスタンス内、または Azure SQL データベースAzure SQL Database サーバー内で一意な、データベースの識別子。ID of the database, unique within an instance of SQL ServerSQL Server or within a Azure SQL データベースAzure SQL Database server.
source_database_idsource_database_id intint NULL 以外 = このデータベース スナップショットのソース データベースの ID です。Non-NULL = ID of the source database of this database snapshot.
NULL = データベース スナップショットではありません。NULL = Not a database snapshot.
owner_sidowner_sid varbinary(85)varbinary(85) サーバーに登録されているデータベースの外部所有者の SID (セキュリティ識別子)。SID (Security-Identifier) of the external owner of the database, as registered to the server. データベースを所有できるユーザーの詳細については、「alter authorization」の「 alter authorization for databases 」セクションを参照してください。For information about who can own a database, see the ALTER AUTHORIZATION for databases section of ALTER AUTHORIZATION.
create_datecreate_date datetimedatetime データベースが作成または名前が変更された日付。Date the database was created or renamed. Tempdbの場合は、サーバーが再起動されるたびにこの値が変更されます。For tempdb, this value changes every time the server restarts.
compatibility_levelcompatibility_level tinyinttinyint 動作に互換性がある SQL ServerSQL Server のバージョンに対応する整数。Integer corresponding to the version of SQL ServerSQL Server for which behavior is compatible:
| の適用先Value | Applies to
70 | SQL Server 2008SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R270 | SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2
80 | SQL Server 2008SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R280 | SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2
90 | SQL Server 2008SQL Server 2008 SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x)90 | SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x)
100 | SQL Server 2008SQL Server 2008 以降および Azure SQL データベースAzure SQL Database100 | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later and Azure SQL データベースAzure SQL Database
110 | SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降および Azure SQL データベースAzure SQL Database110 | SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later and Azure SQL データベースAzure SQL Database
120 | SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) 以降および Azure SQL データベースAzure SQL Database120 | SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) and later and Azure SQL データベースAzure SQL Database
130 | SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降130 | SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later
140 | SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) 以降140 | SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) and later
150 | SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)150 | SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)
collation_namecollation_name sysnamesysname データベースの照合順序です。Collation for the database. データベースの既定の照合順序として機能します。Acts as the default collation in the database.
NULL = データベースがオンラインでないか、AUTO_CLOSE が ON に設定されていて、データベースが閉じています。NULL = Database is not online or AUTO_CLOSE is set to ON and the database is closed.
user_accessuser_access tinyinttinyint ユーザーアクセス設定:User-access setting:
0 = MULTI_USER が指定されています。0 = MULTI_USER specified
1 = SINGLE_USER が指定されています。1 = SINGLE_USER specified
2 = 指定 RESTRICTED_USER2 = RESTRICTED_USER specified
user_access_descuser_access_desc nvarchar(60)nvarchar(60) ユーザー アクセス設定の説明です。Description of user-access setting.
is_read_onlyis_read_only bitbit 1 = データベースは READ_ONLY1 = Database is READ_ONLY
0 = データベースは READ_WRITE0 = Database is READ_WRITE
is_auto_close_onis_auto_close_on bitbit 1 = AUTO_CLOSE は ON です。1 = AUTO_CLOSE is ON
0 = AUTO_CLOSE はオフです。0 = AUTO_CLOSE is OFF
is_auto_shrink_onis_auto_shrink_on bitbit 1 = AUTO_SHRINK は ON です。1 = AUTO_SHRINK is ON
0 = AUTO_SHRINK はオフです。0 = AUTO_SHRINK is OFF
statestate tinyinttinyint 値|の適用先Value | Applies to
0 = ONLINE0 = ONLINE
1 = 復元中1 = RESTORING
2 = SQL Server 2008SQL Server 2008 |以降の回復2 = RECOVERING | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
3 = RECOVERY_PENDING | SQL Server 2008SQL Server 2008 以降3 = RECOVERY_PENDING | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
4 = 問題あり4 = SUSPECT
5 = 緊急| SQL Server 2008SQL Server 2008 以降5 = EMERGENCY | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
6 = オフライン| SQL Server 2008SQL Server 2008 以降6 = OFFLINE | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
7 = COPYING | Azure SQL データベースAzure SQL Database アクティブな地理的レプリケーションActive Geo-Replication7 = COPYING | Azure SQL データベースAzure SQL Database アクティブな地理的レプリケーションActive Geo-Replication
10 = OFFLINE_SECONDARY | Azure SQL データベースAzure SQL Database アクティブな地理的レプリケーションActive Geo-Replication10 = OFFLINE_SECONDARY | Azure SQL データベースAzure SQL Database アクティブな地理的レプリケーションActive Geo-Replication

注: Always On データベースの場合は、database_state または database_state_desc の列に対してクエリを実行dm_hadr_database_replica_statesます。Note: For Always On databases, query the database_state or database_state_desc columns of sys.dm_hadr_database_replica_states.
state_descstate_desc nvarchar(60)nvarchar(60) データベースの状態の説明。Description of the database state. 「状態」を参照してください。See state.
is_in_standbyis_in_standby bitbit データベースは、復元ログに対し、読み取り専用です。Database is read-only for restore log.
is_cleanly_shutdownis_cleanly_shutdown bitbit 1 = データベースが正常にシャットダウンしました。スタートアップ時に回復は必要ありません1 = Database shut down cleanly; no recovery required on startup
0 = データベースはクリーンにシャットダウンされなかったため、起動時に復旧処理が必要です。0 = Database did not shut down cleanly; recovery is required on startup
is_supplemental_logging_enabledis_supplemental_logging_enabled bitbit 1 = SUPPLEMENTAL_LOGGING は ON です。1 = SUPPLEMENTAL_LOGGING is ON
0 = SUPPLEMENTAL_LOGGING は OFF です。0 = SUPPLEMENTAL_LOGGING is OFF
snapshot_isolation_statesnapshot_isolation_state tinyinttinyint ALLOW_SNAPSHOT_ISOLATION オプションによって設定された、許可されているスナップショット分離トランザクションの状態。State of snapshot-isolation transactions being allowed, as set by the ALLOW_SNAPSHOT_ISOLATION option:
0 = スナップショット分離の状態は OFF です (既定)。0 = Snapshot isolation state is OFF (default). スナップショット分離は許可されていません。Snapshot isolation is disallowed.
1 = スナップショット分離の状態は ON です。1 = Snapshot isolation state ON. スナップショット分離は許可されています。Snapshot isolation is allowed.
2 = スナップショット分離状態はオフ状態に遷移中です。2 = Snapshot isolation state is in transition to OFF state. すべてのトランザクションで、その変更がバージョン管理されます。All transactions have their modifications versioned. スナップショット分離を使用して新しいトランザクションを開始することはできません。Cannot start new transactions using snapshot isolation. ALTER DATABASE が実行されたときにアクティブだったすべてのトランザクションが完了するまで、データベースは OFF に移行中の状態となります。The database remains in the transition to OFF state until all transactions that were active when ALTER DATABASE was run can be completed.
3 = スナップショット分離の状態はオン状態に遷移中です。3 = Snapshot isolation state is in transition to ON state. 新しいトランザクションでは、変更がバージョン管理されます。New transactions have their modifications versioned. スナップショット分離の状態が 1 (ON) になるまで、トランザクションでスナップショット分離を使用することはできません。Transactions cannot use snapshot isolation until the snapshot isolation state becomes 1 (ON). ALTER DATABASE が実行されたときにアクティブだったすべての更新トランザクションが完了するまで、データベースは状態に遷移したままになります。The database remains in the transition to ON state until all update transactions that were active when ALTER DATABASE was run can be completed.
snapshot_isolation_state_descsnapshot_isolation_state_desc nvarchar(60)nvarchar(60) ALLOW_SNAPSHOT_ISOLATION オプションによって設定された、許可されているスナップショット分離トランザクションの状態の説明。Description of state of snapshot-isolation transactions being allowed, as set by the ALLOW_SNAPSHOT_ISOLATION option.
is_read_committed_snapshot_onis_read_committed_snapshot_on bitbit 1 = READ_COMMITTED_SNAPSHOT オプションは ON です。1 = READ_COMMITTED_SNAPSHOT option is ON. READ COMMITTED 分離レベルでの読み取り操作は、スナップショット スキャンに基づいており、ロックを取得しません。Read operations under the read-committed isolation level are based on snapshot scans and do not acquire locks.
0 = READ_COMMITTED_SNAPSHOT オプションは OFF です (既定)。0 = READ_COMMITTED_SNAPSHOT option is OFF (default). Read committed 分離レベルでの読み取り操作では、共有ロックが使用されます。Read operations under the read-committed isolation level use share locks.
recovery_modelrecovery_model tinyinttinyint 選択された復旧モデル:Recovery model selected:
1 = 完全1 = FULL
2 = BULK_LOGGED2 = BULK_LOGGED
3 = SIMPLE3 = SIMPLE
recovery_model_descrecovery_model_desc nvarchar(60)nvarchar(60) 選択された復旧モデルの説明です。Description of recovery model selected.
page_verify_optionpage_verify_option tinyinttinyint PAGE_VERIFY オプションの設定:Setting of PAGE_VERIFY option:
0 = NONE0 = NONE
1 = TORN_PAGE_DETECTION1 = TORN_PAGE_DETECTION
2 = チェックサム2 = CHECKSUM
page_verify_option_descpage_verify_option_desc nvarchar(60)nvarchar(60) PAGE_VERIFY オプション設定の説明です。Description of PAGE_VERIFY option setting.
is_auto_create_stats_onis_auto_create_stats_on bitbit 1 = AUTO_CREATE_STATISTICS は ON です。1 = AUTO_CREATE_STATISTICS is ON
0 = AUTO_CREATE_STATISTICS は OFF です。0 = AUTO_CREATE_STATISTICS is OFF
is_auto_create_stats_incremental_onis_auto_create_stats_incremental_on bitbit 自動統計の増分オプションの既定の設定を示します。Indicates the default setting for the incremental option of auto stats.
0 = 自動作成の統計は非増分です。0 = auto create stats are non-incremental
1 = 可能な場合は、自動作成の統計情報は増分されます。1 = auto create stats are incremental if possible
適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) 以降。Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) and later.
is_auto_update_stats_onis_auto_update_stats_on bitbit 1 = AUTO_UPDATE_STATISTICS は ON です。1 = AUTO_UPDATE_STATISTICS is ON
0 = AUTO_UPDATE_STATISTICS はオフです。0 = AUTO_UPDATE_STATISTICS is OFF
is_auto_update_stats_async_onis_auto_update_stats_async_on bitbit 1 = AUTO_UPDATE_STATISTICS_ASYNC は ON です。1 = AUTO_UPDATE_STATISTICS_ASYNC is ON
0 = AUTO_UPDATE_STATISTICS_ASYNC はオフです。0 = AUTO_UPDATE_STATISTICS_ASYNC is OFF
is_ansi_null_default_onis_ansi_null_default_on bitbit 1 = ANSI_NULL_DEFAULT は ON です。1 = ANSI_NULL_DEFAULT is ON
0 = ANSI_NULL_DEFAULT はオフです。0 = ANSI_NULL_DEFAULT is OFF
is_ansi_nulls_onis_ansi_nulls_on bitbit 1 = ANSI_NULLS は ON です。1 = ANSI_NULLS is ON
0 = ANSI_NULLS は OFF です。0 = ANSI_NULLS is OFF
is_ansi_padding_onis_ansi_padding_on bitbit 1 = ANSI_PADDING は ON です。1 = ANSI_PADDING is ON
0 = ANSI_PADDING はオフです。0 = ANSI_PADDING is OFF
is_ansi_warnings_onis_ansi_warnings_on bitbit 1 = ANSI_WARNINGS は ON です。1 = ANSI_WARNINGS is ON
0 = ANSI_WARNINGS はオフです。0 = ANSI_WARNINGS is OFF
is_arithabort_onis_arithabort_on bitbit 1 = ARITHABORT は ON です。1 = ARITHABORT is ON
0 = ARITHABORT は OFF です。0 = ARITHABORT is OFF
is_concat_null_yields_null_onis_concat_null_yields_null_on bitbit 1 = CONCAT_NULL_YIELDS_NULL は ON です。1 = CONCAT_NULL_YIELDS_NULL is ON
0 = CONCAT_NULL_YIELDS_NULL はオフです。0 = CONCAT_NULL_YIELDS_NULL is OFF
is_numeric_roundabort_onis_numeric_roundabort_on bitbit 1 = NUMERIC_ROUNDABORT は ON です。1 = NUMERIC_ROUNDABORT is ON
0 = NUMERIC_ROUNDABORT はオフです。0 = NUMERIC_ROUNDABORT is OFF
is_quoted_identifier_onis_quoted_identifier_on bitbit 1 = QUOTED_IDENTIFIER は ON です。1 = QUOTED_IDENTIFIER is ON
0 = QUOTED_IDENTIFIER はオフです。0 = QUOTED_IDENTIFIER is OFF
is_recursive_triggers_onis_recursive_triggers_on bitbit 1 = RECURSIVE_TRIGGERS は ON です。1 = RECURSIVE_TRIGGERS is ON
0 = RECURSIVE_TRIGGERS はオフです。0 = RECURSIVE_TRIGGERS is OFF
is_cursor_close_on_commit_onis_cursor_close_on_commit_on bitbit 1 = CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT is ON1 = CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT is ON
0 = CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT はオフです。0 = CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT is OFF
is_local_cursor_defaultis_local_cursor_default bitbit 1 = CURSOR_DEFAULT はローカルです。1 = CURSOR_DEFAULT is local
0 = CURSOR_DEFAULT はグローバルです。0 = CURSOR_DEFAULT is global
is_fulltext_enabledis_fulltext_enabled bitbit 1 = データベースに対してフルテキストが有効です。1 = Full-text is enabled for the database
0 = データベースに対してフルテキストが無効です。0 = Full-text is disabled for the database
is_trustworthy_onis_trustworthy_on bitbit 1 = データベースは信頼できるとマークされています1 = Database has been marked trustworthy
0 = データベースは信頼できるとマークされていません0 = Database has not been marked trustworthy
既定では、復元またはアタッチされたデータベースの信頼が有効になっていません。By default, restored or attached databases have the trustworthy not enabled.
is_db_chaining_onis_db_chaining_on bitbit 1 = 複数データベースの組み合わせ所有権は ON です。1 = Cross-database ownership chaining is ON
0 = 複数データベースの組み合わせ所有権は OFF です。0 = Cross-database ownership chaining is OFF
is_parameterization_forcedis_parameterization_forced bitbit 1 = パラメーター化は FORCED です。1 = Parameterization is FORCED
0 = パラメーター化は単純です。0 = Parameterization is SIMPLE
is_master_key_encrypted_by_serveris_master_key_encrypted_by_server bitbit 1 = データベースには、暗号化されたマスターキーがあります。1 = Database has an encrypted master key
0 = データベースは暗号化されたマスター キーを保有していません。0 = Database does not have an encrypted master key
is_query_store_onis_query_store_on bitbit 1 = このデータベースに対してクエリストアが有効になっています。1 = The query store is enable for this database. クエリストアの状態を表示するには、 database_query_store_optionsを確認してください。Check sys.database_query_store_options to view the query store status.
0 = クエリストアが有効になっていません0 = The query store is not enabled
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降)。Applies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later).
is_publishedis_published bitbit 1 = データベースは、トランザクションレプリケーショントポロジまたはスナップショットレプリケーショントポロジにおけるパブリケーションデータベースです。1 = Database is a publication database in a transactional or snapshot replication topology
0 = パブリケーションデータベースではありません。0 = Is not a publication database
is_subscribedis_subscribed bitbit この列は使用されません。This column is not used. データベースのサブスクライバーの状態に関係なく、常に 0 を返します。It will always return 0, regardless of the subscriber status of the database.
is_merge_publishedis_merge_published bitbit 1 = データベースは、マージ レプリケーション トポロジにおけるパブリケーション データベースです。1 = Database is a publication database in a merge replication topology
0 = マージ レプリケーション トポロジにおけるパブリケーション データベースではありません。0 = Is not a publication database in a merge replication topology
is_distributoris_distributor bitbit 1 = データベースは、レプリケーショントポロジのディストリビューションデータベースです。1 = Database is the distribution database for a replication topology
0 = レプリケーショントポロジのディストリビューションデータベースではありません。0 = Is not the distribution database for a replication topology
is_sync_with_backupis_sync_with_backup bitbit 1 = データベースはバックアップとのレプリケーション同期用に設定されています。1 = Database is marked for replication synchronization with backup
0 = バックアップとのレプリケーション同期用に設定されていません。0 = Is not marked for replication synchronization with backup
service_broker_guidservice_broker_guid uniqueidentifieruniqueidentifier このデータベースの Service Broker の識別子です。Identifier of the service broker for this database. ルーティングテーブル内のターゲットのbroker_instanceとして使用されます。Used as the broker_instance of the target in the routing table.
is_broker_enabledis_broker_enabled bitbit 1 = このデータベースのブローカーは、現在メッセージを送受信しています。1 = The broker in this database is currently sending and receiving messages.
0 = このデータベースでは、すべての送信メッセージは転送キューにとどまり、受信メッセージはキューに配置されません。0 = All sent messages will stay on the transmission queue and received messages will not be put on queues in this database.
既定では、復元またはアタッチされたデータベースでは、ブローカーが無効になっています。By default, restored or attached databases have the broker disabled. ただし、フェールオーバー後にブローカーが有効になるデータベース ミラーリングは例外です。The exception to this is database mirroring where the broker is enabled after failover.
log_reuse_waitlog_reuse_wait tinyinttinyint トランザクションログ領域の再利用は、現在、最後のチェックポイントの時点で、次のいずれかを待機しています。Reuse of transaction log space is currently waiting on one of the following as of the last checkpoint. これらの値の詳細については、トランザクションログを参照してください。For more detailed explanations of these values, see The Transaction Log.
値|の適用先Value | Applies to
0 = なし0 = Nothing
1 = チェックポイント (データベースが復旧モデルを使用していて、メモリ最適化データファイルグループがある場合、log_reuse_wait 列がチェックポイントまたは xtp_checkpoint を示すことが予想されます)。| SQL Server 2008SQL Server 2008 以降1 = Checkpoint (When a database uses a recovery model and has a memory-optimized data filegroup, you should expect to see the log_reuse_wait column indicate checkpoint or xtp_checkpoint.) | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
2 = ログバックアップ| SQL Server 2008SQL Server 2008 以降2 = Log Backup | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
3 = アクティブなバックアップまた|は復元 SQL Server 2008SQL Server 2008 以降3 = Active backup or restore | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
4 = アクティブな|トランザクション SQL Server 2008SQL Server 2008 以降4 = Active transaction | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
5 = データベースミラーリング| SQL Server 2008SQL Server 2008 以降5 = Database mirroring | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
6 = レプリケーション| SQL Server 2008SQL Server 2008 以降6 = Replication | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
7 = データベーススナップショットの|作成 SQL Server 2008SQL Server 2008 以降7 = Database snapshot creation | SQL Server 2008SQL Server 2008 and later
8 = ログスキャン8 = Log scan
9 = Always On 可用性グループセカンダリレプリカは、このデータベースのトランザクションログレコードを対応するセカンダリデータベースに適用します。9 = An Always On Availability Groups secondary replica is applying transaction log records of this database to a corresponding secondary database. |SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降| SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later
9 = その他 (一時的| )、および SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R29 = Other (Transient) | Up to, and including SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2
10 = 内部使用のみ| SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降10 = For internal use only | SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later
11 = 内部使用のみ| SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降11 = For internal use only | SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later
12 = 内部使用のみ| SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降12 = For internal use only | SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later
13 = 最も古い|ページ SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降13 = Oldest page | SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later
14 = その|他の SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降14 = Other | SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later
16 = XTP_CHECKPOINT (データベースが復旧モデルを使用していて、メモリ最適化データファイルグループがある場合、log_reuse_wait 列がチェックポイントまたは xtp_checkpoint を示すことが予想されます)。| SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) 以降16 = XTP_CHECKPOINT (When a database uses a recovery model and has a memory-optimized data filegroup, you should expect to see the log_reuse_wait column indicate checkpoint or xtp_checkpoint.) | SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) and later
log_reuse_wait_desclog_reuse_wait_desc nvarchar(60)nvarchar(60) 前回のチェックポイントの時点で現在待機中の、トランザクション ログ領域の再利用の理由の説明です。Description of reuse of transaction log space is currently waiting on as of the last checkpoint.
is_date_correlation_onis_date_correlation_on bitbit 1 = DATE_CORRELATION_OPTIMIZATION は ON です。1 = DATE_CORRELATION_OPTIMIZATION is ON
0 = DATE_CORRELATION_OPTIMIZATION はオフです。0 = DATE_CORRELATION_OPTIMIZATION is OFF
is_cdc_enabledis_cdc_enabled bitbit 1 = データベースで変更データキャプチャが有効になっています。1 = Database is enabled for change data capture. 詳細については、「 sys (. sp_cdc_enable_db transact-sql)」を参照してください。For more information, see sys.sp_cdc_enable_db (Transact-SQL).
is_encryptedis_encrypted bitbit データベースが暗号化されているかどうかを示します (ALTER DATABASE SET ENCRYPTION 句を使用して最後に設定された状態を反映します)。Indicates whether the database is encrypted (reflects the state last set by using the ALTER DATABASE SET ENCRYPTION clause). 次の値のいずれかです。Can be one of the following values:
1 = 暗号化1 = Encrypted
0 = 暗号化されていない0 = Not Encrypted
データベース暗号化の詳細については、「Transparent Data Encryption (TDE)」を参照してください。For more information about database encryption, see Transparent Data Encryption (TDE).
データベースの暗号化が解除されている場合、is_encrypted には値0が表示されます。If the database is in the process of being decrypted, is_encrypted shows a value of 0. Dm_database_encryption_keys動的管理ビューを使用すると、暗号化プロセスの状態を確認できます。You can see the state of the encryption process by using the sys.dm_database_encryption_keys dynamic management view.
is_honor_broker_priority_onis_honor_broker_priority_on bitbit データベースがメッセージ交換の優先度を優先するかどうかを示します (ALTER DATABASE SET HONOR_BROKER_PRIORITY 句を使用して最後に設定された状態を反映します)。Indicates whether the database honors conversation priorities (reflects the state last set by using the ALTER DATABASE SET HONOR_BROKER_PRIORITY clause). 次の値のいずれかです。Can be one of the following values:
1 = HONOR_BROKER_PRIORITY は ON です。1 = HONOR_BROKER_PRIORITY is ON
0 = HONOR_BROKER_PRIORITY は OFF です。0 = HONOR_BROKER_PRIORITY is OFF
既定では、復元またはアタッチされたデータベースの broker の優先度はオフになっています。By default, restored or attached databases have the broker priority off.
replica_idreplica_id uniqueidentifieruniqueidentifier データベースが参加している可用性グループ (存在する場合) のローカル Always On 可用性グループAlways On availability groups 可用性レプリカの一意の識別子です。Unique identifier of the local Always On 可用性グループAlways On availability groups availability replica of the availability group, if any, in which the database is participating.
NULL = データベースは、可用性グループ内の可用性レプリカの一部ではありません。NULL = database is not part of an availability replica of in availability group.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
group_database_idgroup_database_id uniqueidentifieruniqueidentifier データベースが参加している Always On 可用性グループ (存在する場合) 内のデータベースの一意識別子。Unique identifier of the database within an Always On availability group, if any, in which the database is participating. group_database_idは、プライマリレプリカのこのデータベースと、データベースが可用性グループに参加しているすべてのセカンダリレプリカで同じです。group_database_id is the same for this database on the primary replica and on every secondary replica on which the database has been joined to the availability group.
NULL = データベースは、可用性グループの可用性レプリカの一部ではありません。NULL = database is not part of an availability replica in any availability group.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
resource_pool_idresource_pool_id intint このデータベースにマップされているリソースプールの id。The id of the resource pool that is mapped to this database. このリソースプールは、このデータベース内のメモリ最適化テーブルで使用できるメモリの合計を制御します。This resource pool controls total memory available to memory-optimized tables in this database.
適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) 以降Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) and later
default_language_lciddefault_language_lcid smallintsmallint 包含データベースの既定の言語のローカル id (lcid) を示します。Indicates the local id (lcid) of the default language of a contained database.
注: sp_configuredefault Language サーバー構成オプションの構成として機能します。Note: Functions as the Configure the default language Server Configuration Option of sp_configure. 非包含データベースの場合、この値はnullです。This value is null for a non-contained database.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
default_language_namedefault_language_name nvarchar(128)nvarchar(128) 包含データベースの既定の言語を示します。Indicates the default language of a contained database.
非包含データベースの場合、この値はnullです。This value is null for a non-contained database.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
default_fulltext_language_lciddefault_fulltext_language_lcid intint 包含データベースの既定のフルテキスト言語のロケール id (lcid) を示します。Indicates the locale id (lcid) of the default fulltext language of the contained database.
注: 既定では、既定のフルテキスト言語サーバー構成オプションである sp_configureを構成します。Note: Functions as the default Configure the default full-text language Server Configuration Option of sp_configure. 非包含データベースの場合、この値はnullです。This value is null for a non-contained database.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
default_fulltext_language_namedefault_fulltext_language_name nvarchar(128)nvarchar(128) 包含データベースの既定のフルテキスト言語を示します。Indicates the default fulltext language of the contained database.
非包含データベースの場合、この値はnullです。This value is null for a non-contained database.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
is_nested_triggers_onis_nested_triggers_on bitbit 包含データベースで入れ子になったトリガーが許可されるかどうかを示します。Indicates whether or not nested triggers are allowed in the contained database.
0 = 入れ子になったトリガーは許可されません。0 = nested triggers are not allowed
1 = 入れ子になったトリガーは許可されます。1 = nested triggers are allowed
注: sp_configure[入れ子になったトリガーの構成] サーバー構成オプションとして機能します。Note: Functions as the Configure the nested triggers Server Configuration Option of sp_configure. 非包含データベースの場合、この値はnullです。This value is null for a non-contained database. 詳細については () 、「sys transact-sql 」を参照してください。See sys.configurations (Transact-SQL) for further information.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
is_transform_noise_words_onis_transform_noise_words_on bitbit 包含データベースでノイズワードを変換するかどうかを示します。Indicates whether or noise words should be transformed in the contained database.
0 = ノイズ ワードは変換する必要がありません。0 = noise words should not be transformed.
1 = ノイズワードは変換する必要があります。1 = noise words should be transformed.
注: sp_configure変換ノイズワードサーバー構成オプションとして機能します。Note: Functions as the transform noise words Server Configuration Option of sp_configure. 非包含データベースの場合、この値はnullです。This value is null for a non-contained database. 詳細については () 、「sys transact-sql 」を参照してください。See sys.configurations (Transact-SQL) for further information.
適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later
two_digit_year_cutofftwo_digit_year_cutoff smallintsmallint 2桁の年を4桁の年として解釈するための終了年を表すために、1753 ~ 9999 の範囲の数値を示します。Indicates a value of a number between 1753 and 9999 to represent the cutoff year for interpreting two-digit years as four-digit years.
注: sp_configuretwo digit year 締サーバー構成オプションの構成として機能します。Note: Functions as the Configure the two digit year cutoff Server Configuration Option of sp_configure. 非包含データベースの場合、この値はnullです。This value is null for a non-contained database. 詳細については () 、「sys transact-sql 」を参照してください。See sys.configurations (Transact-SQL) for further information.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
containmentcontainment tinyint not nulltinyint not null データベースの包含状態を示します。Indicates the containment status of the database.
0 = データベースの包含がオフです。0 = database containment is off. 適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
1 = データベースは部分的な含有に適用されます: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降1 = database is in partial containment Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later
containment_desccontainment_desc nvarchar (60) not nullnvarchar(60) not null データベースの包含状態を示します。Indicates the containment status of the database.
NONE = 従来のデータベース (包含なし)NONE = legacy database (zero containment)
PARTIAL = 部分的包含データベースPARTIAL = partially contained database
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
target_recovery_time_in_secondstarget_recovery_time_in_seconds intint データベースの復旧にかかる推定時間 (秒単位) です。The estimated time to recover the database, in seconds. Nullable.Nullable.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database
delayed_durabilitydelayed_durability intint 遅延持続性の設定:The delayed durability setting:
0 = 無効0 = DISABLED
1 = 許可1 = ALLOWED
2 = 強制2 = FORCED
詳しくは、「トランザクションの持続性の制御」をご覧ください。For more information, see Control Transaction Durability.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database.
delayed_durability_descdelayed_durability_desc nvarchar(60)nvarchar(60) 遅延持続性の設定:The delayed durability setting:
DISABLEDDISABLED
ALLOWEDALLOWED
FORCEDFORCED
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) 以降) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) and later) and Azure SQL データベースAzure SQL Database.
is_memory_optimized_elevate_to_snapshot_onis_memory_optimized_elevate_to_snapshot_on bitbit セッション設定 TRANSACTION ISOLATION LEVEL が低い分離レベル (READ COMMITTED または READ UNCOMMITTED) に設定されている場合は、SNAPSHOT 分離を使用してメモリ最適化テーブルにアクセスします。Memory-optimized tables are accessed using SNAPSHOT isolation when the session setting TRANSACTION ISOLATION LEVEL is set to a lower isolation level, READ COMMITTED or READ UNCOMMITTED.
1 = 最小分離レベルは SNAPSHOT です。1 = Minimum isolation level is SNAPSHOT.
0 = 分離レベルは昇格されません。0 = Isolation level is not elevated.
is_federation_memberis_federation_member bitbit データベースがフェデレーションのメンバーであるかどうかを示します。Indicates if the database is a member of a federation.
適用対象: Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: Azure SQL データベースAzure SQL Database
is_remote_data_archive_enabledis_remote_data_archive_enabled bitbit データベースが拡張されているかどうかを示します。Indicates whether the database is stretched.
0 = データベースは Stretch 対応ではありません。0 = The database is not Stretch-enabled.
1 = データベースは Stretch に対応しています。1 = The database is Stretch-enabled.
適用対象: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降Applies to: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later
詳細については、「Stretch Database」を参照してください。For more information, see Stretch Database.
is_mixed_page_allocation_onis_mixed_page_allocation_on bitbit データベース内のテーブルとインデックスが混合エクステントから初期ページを割り当てることができるかどうかを示します。Indicates whether tables and indexes in the database can allocate initial pages from mixed extents.
0 = データベース内のテーブルとインデックスは、常に最初のページを一様なエクステントから割り当てます。0 = Tables and indexes in the database always allocate initial pages from uniform extents.
1 = データベース内のテーブルとインデックスは、混合エクステントから初期ページを割り当てることができます。1 = Tables and indexes in the database can allocate initial pages from mixed extents.
適用対象: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降Applies to: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later
詳細については、「 ALTER DATABASE Set (Options TRANSACT-SQL)」の set MIXED_PAGE_ALLOCATION オプションを参照してください。For more information, see the SET MIXED_PAGE_ALLOCATION option of ALTER DATABASE SET Options (Transact-SQL).
is_temporal_retention_enabledis_temporal_retention_enabled bitbit テンポラル保持ポリシーのクリーンアップタスクが有効かどうかを示します。Indicates whether temporal retention policy cleanup task is enabled.
適用対象: Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: Azure SQL データベースAzure SQL Database
catalog_collation_typecatalog_collation_type intint カタログの照合順序の設定:The catalog collation setting:
0 = DATABASE_DEFAULT0 = DATABASE_DEFAULT
2 = SQL_Latin_1_General_CP1_CI_AS2 = SQL_Latin_1_General_CP1_CI_AS
適用対象: Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: Azure SQL データベースAzure SQL Database
catalog_collation_type_desccatalog_collation_type_desc nvarchar(60)nvarchar(60) カタログの照合順序の設定:The catalog collation setting:
COLLATEDATABASE_DEFAULT
SQL_Latin_1_General_CP1_CI_ASSQL_Latin_1_General_CP1_CI_AS
適用対象: Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: Azure SQL データベースAzure SQL Database
is_result_set_caching_onis_result_set_caching_on intint 1 = is_result_set_caching_on は on です。1 = is_result_set_caching_on is on
0 = is_result_set_caching_on はオフです。0 = is_result_set_caching_on is off
適用対象: Azure SQL Data Warehouse Gen2。Applies to: Azure SQL Data Warehouse Gen2. この機能はすべてのリージョンにロールアウトされていますが、ご使用のインスタンスにデプロイされているバージョンと、利用可能な機能に関する最新のAZURE SQL DW リリースノートを確認してください。While this features is being rolled out to all regions, please check the version deployed to your instance and the latest Azure SQL DW release notes for feature availability.

アクセス許可Permissions

sys.databases の呼び出し元がデータベースの所有者ではなく、データベースが master または tempdbでない場合は、対応する行を表示するために必要な最小限の権限が ALTER ANY DATABASE または VIEW ANY DATABASE のサーバーレベルの権限、または CREATE DATABASE データベースの master 権限です。If the caller of sys.databases is not the owner of the database and the database is not master or tempdb, the minimum permissions required to see the corresponding row are ALTER ANY DATABASE or the VIEW ANY DATABASE server-level permission, or CREATE DATABASE permission in the master database. 呼び出し元が接続されているデータベースは、常に sys.databasesで表示できます。The database to which the caller is connected can always be viewed in sys.databases.

重要

既定では、public ロールには VIEW ANY DATABASE の権限が与えられており、すべてのログインでデータベース情報を参照できます。By default, the public role has the VIEW ANY DATABASE permission, allowing all logins to see database information. データベースの検出機能からのログインをブロックするには、publicから VIEW ANY DATABASE のアクセス許可を REVOKE するか、個々のログインに対する VIEW ANY DATABASE のアクセス許可を DENY します。To block a login from the ability to detect a database, REVOKE the VIEW ANY DATABASE permission from public, or DENY the VIEW ANY DATABASE permission for individual logins.

Azure SQL Database 解説Azure SQL Database Remarks

Azure SQL データベースAzure SQL Database このビューは、master データベースとユーザーデータベースで使用できます。In Azure SQL データベースAzure SQL Database this view is available in the master database and in user databases. master データベースでは、このビューは、サーバー上の master データベースとすべてのユーザーデータベースに関する情報を返します。In the master database, this view returns the information on the master database and all user databases on the server. ユーザー データベースでは、このビューには、現在のデータベースと master データベースのみの情報が返されます。In a user database, this view returns information only on the current database and the master database.

新しいデータベースが作成される sys.databases サーバーの master データベースの Azure SQL データベースAzure SQL Database ビューを使用します。Use the sys.databases view in the master database of the Azure SQL データベースAzure SQL Database server where the new database is being created. データベースのコピーが開始された後、コピー先サーバーの master データベースから sys.databases および sys.dm_database_copies ビューに対してクエリを実行し、コピーの進行状況に関する詳細情報を取得できます。After the database copy starts, you can query the sys.databases and the sys.dm_database_copies views from the master database of the destination server to retrieve more information about the copying progress.

使用例Examples

A.A. sys.databases ビューに対するクエリQuery the sys.databases view

次の例では、sys.databases ビューで使用できるいくつかの列が返されます。The following example returns a few of the columns available in the sys.databases view.

SELECT name, user_access_desc, is_read_only, state_desc, recovery_model_desc  
FROM sys.databases;  

b.B. SQL DatabaseSQL Database でのコピーの進行状況を確認します。Check the copying status in SQL DatabaseSQL Database

次の例では、sys.databases および sys.dm_database_copies ビューに対してクエリを実行し、データベースのコピー操作に関する情報を返します。The following example queries the sys.databases and sys.dm_database_copies views to return information about a database copy operation.

適用対象: Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: Azure SQL データベースAzure SQL Database

-- Execute from the master database.  
SELECT a.name, a.state_desc, b.start_date, b.modify_date, b.percentage_complete  
FROM sys.databases AS a  
INNER JOIN sys.dm_database_copies AS b ON a.database_id = b.database_id  
WHERE a.state = 7;  

C.C. SQL DatabaseSQL Database の一時リテンション期間ポリシーの状態を確認します。Check the temporal retention policy status in SQL DatabaseSQL Database

次の例では、sys.databases に対してクエリを行い、テンポラル保持クリーンアップタスクが有効になっているかどうかの情報を返します。The following example queries the sys.databases to return information whether temporal retention cleanup task is enabled. 復元操作の後、テンポラルリテンション期間は既定で無効になっていることに注意してください。Be aware that after restore operation temporal retention is disabled by default. ALTER DATABASE を使用して、明示的に有効にします。Use ALTER DATABASE to enable it explicitly.

適用対象: Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: Azure SQL データベースAzure SQL Database

-- Execute from the master database.  
SELECT a.name, a.is_temporal_history_retention_enabled 
FROM sys.databases AS a;

次の手順Next steps