システム動的管理ビュー

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

動的管理ビューと動的管理関数では、サーバーの状態情報が返されます。返された情報は、サーバー インスタンスのヘルス状態の監視、問題の診断、パフォーマンスのチューニングに使用できます。

重要

動的管理ビューと関数は、内部の実装固有の状態データを返します。 これらのスキーマと返されるデータは、 の将来のリリースで変更される可能性があります SQL Server 。 そのため、今後のリリースの動的管理ビューと関数は、このリリースの動的管理ビューおよび関数と互換性がない可能性があります。 たとえば、 の今後のリリースでは、列リストの末尾に列を追加することで、動的管理ビューの定義 SQL Server を拡張できます。 返される列の数が変更され、アプリケーションが破損する可能性があるという理由で、実稼働コードで 構文を使用 SELECT * FROM dynamic_management_view_name することをお勧めします。

動的管理ビューと関数には、次の 2 種類があります。

  • サーバー スコープの動的管理ビューと動的管理関数。 これらには、サーバーに対する VIEW SERVER STATE 権限が必要です。

  • データベース スコープの動的管理ビューと動的管理関数。 これらには、データベースに対する VIEW DATABASE STATE 権限が必要です。

動的管理ビューのクエリ

動的管理ビューは、2 部構成、3 部構成、または 4 部構成の名前を使用して、 ステートメント Transact-SQL で参照できます。 一方、動的管理機能は、2 部構成または 3 部構成の名前を使用してステートメント Transact-SQL で参照できます。 動的管理ビューと関数は、1 部構成の名前を使用して ステートメント Transact-SQL で参照することはできません。

すべての動的管理ビューと動的管理関数は sys スキーマに含まれ、dm_* という名前付け規則に従います。 動的管理ビューまたは動的管理関数を使用するときには、sys スキーマを使用して、ビューまたは関数の名前にプレフィックスを付ける必要があります。 たとえば、動的管理ビュー dm_os_wait_stats をクエリするには、次のクエリを実行します。

SELECT wait_type, wait_time_ms  
FROM sys.dm_os_wait_stats;  

必要なアクセス許可

動的管理ビューまたは関数に対してクエリを実行するには、オブジェクトに対する SELECT 権限と VIEW SERVER STATE 権限または VIEW DATABASE STATE 権限が必要です。 これらの権限を使用することにより、動的管理ビューと動的管理関数に対するユーザーまたはログインのアクセスを選択的に制限できます。 これを行うには、まず master にユーザーを作成し、次にアクセスを禁止する動的管理ビューまたは動的管理関数に対するユーザーの SELECT 権限を拒否します。 その後、ユーザーは、ユーザーのデータベース コンテキストに関係なく、これらの動的管理ビューまたは関数から選択することはできません。

注意

DENY が優先されます。ユーザーに VIEW SERVER STATE 権限が付与されているのに VIEW DATABASE STATE 権限が拒否されている場合、ユーザーはサーバー レベルの情報を表示できますが、データベース レベルの情報は表示できません。

このセクションの内容

動的管理ビューと関数は、次のカテゴリに分類されています。

参照

Transact-(の GRANT サーバーのSQL)
GRANT (データベースの権限の許可) (Transact-SQL)
システム ビュー(Transact-SQL)