sp_configure (Transact-SQL)sp_configure (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database (Managed Instance のみ) ×Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database (Managed Instance only) noAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

現在のサーバーのグローバル構成設定を表示または変更します。Displays or changes global configuration settings for the current server.

注意

データベースレベルの構成オプションについては、「 ALTER (database スコープ構成)transact-sql」を参照してください。For database-level configuration options, see ALTER DATABASE SCOPED CONFIGURATION (Transact-SQL). ソフト NUMA を構成するには、「ソフト(numa)SQL Server」を参照してください。To configure Soft-NUMA, see Soft-NUMA (SQL Server).

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

-- Syntax for SQL Server  
  
sp_configure [ [ @configname = ] 'option_name'   
    [ , [ @configvalue = ] 'value' ] ]  
-- Syntax for Parallel Data Warehouse  
  
-- List all of the configuration options  
sp_configure  
[;]  
  
-- Configure Hadoop connectivity  
sp_configure [ @configname= ] 'hadoop connectivity',  
             [ @configvalue = ] { 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 }  
[;]  
RECONFIGURE  
[;]  

引数Arguments

[ @configname = ] 'option_name'構成オプションの名前を指定します。[ @configname = ] 'option_name' Is the name of a configuration option. option_namevarchar(35) 、既定値は NULL です。option_name is varchar(35), with a default of NULL. SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine 、構成名の一部である一意の文字列を認識します。The SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine recognizes any unique string that is part of the configuration name. 指定しない場合、オプションの完全な一覧が返されます。If not specified, the complete list of options is returned.

使用可能な構成オプションとその設定の詳細については、「サーバー構成オプション()SQL Server」を参照してください。For information about the available configuration options and their settings, see Server Configuration Options (SQL Server).

[ @configvalue = ] 'value'新しい構成設定を示します。[ @configvalue = ] 'value' Is the new configuration setting. value のデータ型は intで、既定値は NULL です。value is int, with a default of NULL. 最大値はオプションごとに異なります。The maximum value depends on the individual option.

各オプションの最大値を確認するには、 [構成] カタログビューの [最大] 列を参照してください。To see the maximum value for each option, see the maximum column of the sys.configurations catalog view.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または 1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

結果セットResult Sets

パラメーターを指定せずに実行すると、 sp_configureは5つの列を含む結果セットを返します。次の表に示すように、オプションはアルファベットの昇順で並べ替えられます。When executed with no parameters, sp_configure returns a result set with five columns and orders the options alphabetically in ascending order, as shown in the following table.

Config_valuerun_valueの値は、自動的には等価ではありません。The values for config_value and run_value are not automatically equivalent. Sp_configureを使用して構成設定を更新した後、システム管理者は、上書きを使用して再構成または再構成のいずれかを使用して、実行中の構成値を更新する必要があります。After updating a configuration setting by using sp_configure, the system administrator must update the running configuration value by using either RECONFIGURE or RECONFIGURE WITH OVERRIDE. 詳細については、「解説」を参照してください。For more information, see the Remarks section.

列名Column name データ型Data type 説明Description
namename nvarchar(35)nvarchar(35) 構成オプションの名前。Name of the configuration option.
minimumminimum intint 構成オプションの最小値。Minimum value of the configuration option.
maximummaximum intint 構成オプションの最大値。Maximum value of the configuration option.
config_valueconfig_value intint Sp_configure ( sys. configuration. 値の値) を使用して構成オプションが設定された値。Value to which the configuration option was set using sp_configure (value in sys.configurations.value). これらのオプションの詳細については、次を参照してください。サーバー構成オプション() SQL Serverと、 (transact-sql)です。For more information about these options, see Server Configuration Options (SQL Server) and sys.configurations (Transact-SQL).
run_valuerun_value intint 現在、構成オプションの値 ( value_in_useの値) を実行しています。Currently running value of the configuration option (value in sys.configurations.value_in_use).

詳細については、「 sys (transact-sql)」を参照してください。For more information, see sys.configurations (Transact-SQL).

コメントRemarks

サーバーレベルの設定を表示または変更するには、 sp_configureを使用します。Use sp_configure to display or change server-level settings. データベースレベルの設定を変更するには、ALTER DATABASE を使用します。To change database-level settings, use ALTER DATABASE. 現在のユーザー セッションのみに影響する設定を変更するには、SET ステートメントを使用します。To change settings that affect only the current user session, use the SET statement.

実行中の構成値の更新Updating the Running Configuration Value

オプションに新しいを指定すると、結果セットには、 config_value列にこの値が表示されます。When you specify a new value for an option, the result set shows this value in the config_value column. この値は、最初はrun_value列の値とは異なり、現在実行中の構成値が表示されます。This value initially differs from the value in the run_value column, which shows the currently running configuration value. Run_value列の実行中の構成値を更新するには、システム管理者は、OVERRIDE を使用して再構成または再構成のいずれかを実行する必要があります。To update the running configuration value in the run_value column, the system administrator must run either RECONFIGURE or RECONFIGURE WITH OVERRIDE.

すべての構成オプションを使用して、上書きによる再構成と再構成の両方を行うことができます。Both RECONFIGURE and RECONFIGURE WITH OVERRIDE work with every configuration option. ただし、基本的な再構成ステートメントでは、適切な範囲外のオプション値が拒否されるか、オプション間で競合が発生する可能性があります。However, the basic RECONFIGURE statement rejects any option value that is outside a reasonable range or that may cause conflicts among options. たとえば、 recovery intervalの値が60分を超える場合、または関係マスクの値がaffinity i/o maskの値と重複する場合、再構成ではエラーが生成されます。For example, RECONFIGURE generates an error if the recovery interval value is larger than 60 minutes or if the affinity mask value overlaps with the affinity I/O mask value. これに対して、上書きを使用して再構成すると、適切なデータ型のオプション値が許可され、指定した値で強制的に再構成されます。RECONFIGURE WITH OVERRIDE, in contrast, accepts any option value with the correct data type and forces reconfiguration with the specified value.

注意事項

オプション値が適切でない場合、サーバー インスタンスの構成に悪影響を及ぼす可能性があります。An inappropriate option value can adversely affect the configuration of the server instance. 上書きを伴う再構成を慎重に使用してください。Use RECONFIGURE WITH OVERRIDE cautiously.

一部のオプションは、RECONFIGURE ステートメントにより動的に更新されます。その他のオプションを使用する場合は、サーバーの停止と再起動が必要になります。The RECONFIGURE statement updates some options dynamically; other options require a server stop and restart. たとえば、 min server memoryおよびmax server memory server memory オプションは、 データベース エンジンDatabase Engineで動的に更新されます。したがって、サーバーを再起動しなくても、これらを変更できます。For example, the min server memory and max server memory server memory options are updated dynamically in the データベース エンジンDatabase Engine; therefore, you can change them without restarting the server. これに対して、 FILL FACTORオプションの実行中の値を再データベース エンジンDatabase Engine構成するには、を再起動する必要があります。By contrast, reconfiguring the running value of the fill factor option requires restarting the データベース エンジンDatabase Engine.

構成オプションで再構成を実行した後、 sp_configure 'option_name' を実行することで、オプションが動的に更新されているかどうかを確認できます。After running RECONFIGURE on a configuration option, you can see whether the option has been updated dynamically by executing sp_configure'option_name'. 動的に更新されるオプションでは、 run_value列とconfig_value列の値が一致している必要があります。The values in the run_value and config_value columns should match for a dynamically updated option. また、is_dynamicカタログビューの [ ] 列で、動的なオプションを確認することもできます。You can also check to see which options are dynamic by looking at the is_dynamic column of the sys.configurations catalog view.

変更は、SQL Server のエラーログにも書き込まれます。The change is also written to the SQL Server error log.

注意

指定された値がオプションに対して大きすぎる場合、 run_value列には、 データベース エンジンDatabase Engineが無効な設定を使用するのではなく、動的メモリに既定が設定されているという事実が反映されます。If a specified value is too high for an option, the run_value column reflects the fact that the データベース エンジンDatabase Engine has defaulted to dynamic memory rather than use a setting that is not valid.

詳細については、「 transact-sql ()の再構成」を参照してください。For more information, see RECONFIGURE (Transact-SQL).

[詳細オプション]Advanced Options

Affinity maskrecovery intervalなどの一部の構成オプションは、詳細設定オプションとして指定されています。Some configuration options, such as affinity mask and recovery interval, are designated as advanced options. 既定では、これらのオプションを表示および変更することはできません。By default, these options are not available for viewing and changing. 使用できるようにするには、 ShowAdvancedOptions構成オプションを1に設定します。To make them available, set the ShowAdvancedOptions configuration option to 1.

構成オプションとその設定の詳細については、「サーバー構成(オプション)SQL Server」を参照してください。For more information about the configuration options and their settings, see Server Configuration Options (SQL Server).

アクセス許可Permissions

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定してsp_configureを実行し、構成オプションを変更するか、または再構成ステートメントを実行するには、ALTER SETTINGS サーバーレベルのアクセス許可が付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, you must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

使用例Examples

A.A. 詳細構成オプションの一覧表示Listing the advanced configuration options

次の例は、すべての構成オプションを設定および一覧表示する方法を示しています。The following example shows how to set and list all configuration options. 詳細な構成オプションは、最初のshow advanced option設定1でに表示されます。Advanced configuration options are displayed by first setting show advanced option to 1. このオプションを変更した後、 sp_configureパラメーターを指定せずにを実行すると、すべての構成オプションが表示されます。After this option has been changed, executing sp_configure with no parameters displays all configuration options.

USE master;  
GO  
EXEC sp_configure 'show advanced option', '1';  

次のメッセージが表示されます。"構成オプション ' show advanced options ' が0から1に変更されました。Here is the message: "Configuration option 'show advanced options' changed from 0 to 1. 再構成ステートメントを実行してインストールします。 "Run the RECONFIGURE statement to install."

RECONFIGURE を実行し、すべての構成オプションを表示します。Run RECONFIGURE and show all configuration options:

RECONFIGURE;  
EXEC sp_configure;  

B.B. 構成オプションの変更Changing a configuration option

次の例では、システムの recovery interval3 分に設定します。The following example sets the system recovery interval to 3 minutes.

USE master;  
GO  
EXEC sp_configure 'recovery interval', '3';  
RECONFIGURE WITH OVERRIDE;  

例: Parallel Data WarehouseParallel Data WarehouseExamples: Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouse

C.C. すべての使用可能な構成設定を一覧表示するList all available configuration settings

次の例では、すべての構成オプションを一覧表示する方法を示します。The following example shows how to list all configuration options.

EXEC sp_configure;  

結果は、オプションの最小値と最大値が続くオプション名を返します。The result returns the option name followed by the minimum and maximum values for the option. Config_valueは、再構成がSQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse完了したときにが使用する値です。The config_value is the value that SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse will use when reconfiguration is complete. run_value は、現在使用されている値です。The run_value is the value that is currently being used. 値が変更中のプロセスではない限り、 config_valuerun_value は、通常は同じ値です。The config_value and run_value are usually the same unless the value is in the process of being changed.

D.D. 1 つの構成名の構成設定を一覧表示するList the configuration settings for one configuration name

EXEC sp_configure @configname='hadoop connectivity';  

E.E. Hadoop 接続を設定するSet Hadoop connectivity

Hadoop 接続を設定するには、sp_configure の実行に加えて、さらにいくつかの手順が必要です。Setting Hadoop connectivity requires a few more steps in addition to running sp_configure. 詳細な手順については、「 CREATE (EXTERNAL DATA SOURCE)transact-sql」を参照してください。For the full procedure, see CREATE EXTERNAL DATA SOURCE (Transact-SQL).

関連項目See Also

RECONFIGURE (Transact-SQL) RECONFIGURE (Transact-SQL)
SET ステートメント (Transact-SQL) SET Statements (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
ALTER DATABASE (Transact-SQL) ALTER DATABASE (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL) System Stored Procedures (Transact-SQL)
sys.configurations (Transact-SQL) sys.configurations (Transact-SQL)
ALTER DATABASE SCOPED CONFIGURATION (Transact-SQL) ALTER DATABASE SCOPED CONFIGURATION (Transact-SQL)
ソフト NUMA (SQL Server)Soft-NUMA (SQL Server)