Hyper-V ホストとクラスターに記憶域を追加するAdd storage to Hyper-V hosts and clusters

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ファブリックで Hyper-V ホストとクラスターにプロビジョニングされた記憶域を割り当てるには、この記事をご覧ください。Read this article to allocate provisioned storage to Hyper-V hosts and clusters in the System Center - Virtual Machine Manager (VMM) fabric.

開始する前にBefore you start

ホストとクラスターにプロビジョニングされた記憶域を割り当てる前に、次のように、VMM ファブリックで検出して分類する必要があります。Before you can allocate provisioned storage to hosts and cluster, it should be discovered and classified in the VMM fabric:

  1. 記憶域を検出して分類する:Discover and classify storage:
  2. ブロック記憶域をホスト グループに割り当てますAllocate block storage to host groups. 記憶域プール全体、または特定の論理ユニット (LUN) を割り当てることができます。You can allocate an entire storage pool, or a specific logical unit (LUN).
  3. 記憶域をホストに割り当てる前に、次の手順を完了したことを確認します。Make sure you've completed these steps before you allocate storage to hosts:
    • MPIO:ファイバー チャネルまたは iSCSI 記憶域を使用する場合は、マルチパス I/O (MPIO) 機能を各ホストで有効にする必要があります。MPIO: If you're using fiber channel or iSCSI storage, the Multipath I/O (MPIO) feature must be enabled on each host.
      • ホストを追加する前に MPIO が既に有効になっている場合は、VMM は、サポートされているストレージ アレイに対して、Microsoft DSM を使用して MPIO を自動的に有効にします。If MPIO is already enabled before you add the host, VMM will automatically enable it for supported storage arrays using Microsoft DSM. ベンダー固有の DSM がある場合は、それが使用されます。If you have vendor specific DSMs these will be used.
      • ホストを VMM に追加し、MPIO を後で有効にする場合は、検出されたデバイスのハードウェア ID を追加するように手動で構成する必要があります。If you add a host to VMM and enable MPIO later, you need to configure it manually to add the discover device hardware IDs.
    • HBA およびゾーニング:ファイバー チャネルのストレージ アレイ ネットワーク (SAN) を使用する場合、各ホストでホスト バス アダプター (HBA) がインストールされており、ゾーニングが正しく構成されている必要があります。HBA and zoning: If you're using Fiber Channel storage array network (SAN), each host must have a host bus adapter (HBA) installed, and zoning must be correctly configured.
    • iSCSI:iSCSI SAN を使用する場合、iSCSI ポータルが追加されていることと、iSCSI イニシエーターが配列にログインしていることを確認します。iSCSI: If you are using an iSCSI SAN, make sure that iSCSI portals have been added, and that the iSCSI initiator is logged into the array.

      各ホストで Microsoft iSCSI イニシエーター サービスが開始され、 [自動] に設定されていることを確認してください。Make sure that the Microsoft iSCSI Initiator Service on each host is started and set to Automatic
    • 記憶域グループ:記憶域の管理者に VMM でどのように記憶域が管理されるかを説明します。Storage group: Explain to your storage administrator how VMM manages storage.
      • VMM では、ストレージ グループは、ホスト イニシエーター、ターゲット ポート、および論理ユニットをまとめてバインドします。In VMM a storage group binds together host initiators, target ports, and logical units.
      • 記憶域グループには、1 つ以上のホスト イニシエーター ID (IQN または WWN) が含まれます。A storage group contains one or more host initiator IDs (IQN or WWN) (WWN).
      • また、1 つ以上のターゲット ポートおよび 1 つ以上の論理ユニットも含まれます。A storage group also contains one or more target ports and one or more logical units. 論理ユニットは、ターゲット ポートを通じて、ホスト イニシエーターに公開されます。Logical units are exposed to the host initiators through the target ports.
      • 既定では、VMM が、論理ユニットの割り当てを管理する際に、スタンドアロン ホストまたはホスト クラスター ノードのいずれかのホストごとに 1 つの記憶域グループを作成します。By default, when VMM manages the assignment of logical units, VMM creates one storage group per host, either a standalone host or a host cluster node.
      • 一部の記憶域配列では、クラスター全体で 1 つの記憶域グループを使用することをお勧めします (すべてのクラスター ノードのホスト イニシエーターが 1 つの記憶域グループに含まれる場合)。For some storage arrays, it is preferable to use one storage group for the entire cluster, where host initiators for all cluster nodes are contained in a single storage group. これを行うには、Set-SCStorageArray コマンドレットを使用して、CreateStorageGroupsPerCluster プロパティを $true に設定する必要があります。To do this, you need to set the CreateStorageGroupsPerCluster property to $true by using the Set-SCStorageArray cmdlet.

記憶域の割り当てAllocating storage

  • ホストとクラスターにファイル記憶域を直接割り当てることができます。You can allocate file storage directly to hosts and clusters.
  • 次のようにして、ホストとクラスターに LUN を追加することができます。You can add LUNs to hosts and clusters:
  • ホスト グループで既に LUN がプロビジョニングされている場合は、ホストとクラスターにその LUN を割り当てることができます。If you already provisioned LUNs on a host group, you can assign these to hosts and clusters.
  • ホスト グループに記憶域プールをプロビジョニングした場合は、クラスターへの記憶域の追加時に LUN を作成することができます。If you provisioned a storage pool on a host group, you can create LUNs during the procedure to add storage to a cluster.
  • VMM によって管理されていない共有記憶域を使用する場合、記憶域ディスクをすべてのホストまたはノードで使用できるようにしてから追加する必要があります。If you want to use shared storage that isn't managed by VMM, the storage disks must be available to all hosts or nodes before you can add them. クラスター化するすべてのホストに対して 1 つ以上の LUN をプロビジョニングし、その記憶域ディスクをノードのいずれかでマウントおよびフォーマットする必要があります。You need to provision one or more LUNs to all hosts you want to cluster, and then mount and format the storage disks on one of the nodes. VMM では、クラスター ノードのサブセット間で共有されるディスクをワークロードに使用できる非対称記憶域の使用をサポートすることも、ブロックすることもありません。Note that VMM doesn't support or block the use of asymmetric storage, where a workload can use disks that are shared between a subset of the cluster nodes. 各クラスター ノードがクラスター ディスクの所有者候補である必要があります。Each cluster node must be a possible owner of the cluster disk.
  • iSCSI 記憶域をホストに追加したら、その記憶域に対する新しいセッションを作成する必要があります。After adding iSCSI storage to a host, you need to create a new session to the storage.

スタンドアロン ホストにファイル記憶域を割り当てるAllocate file storage to a standalone host

ファイル共有を記憶域として使用する VM の作成先のホストにファイル共有を割り当てることができます。You can assign file shares on any host on which you want to create VMs that will use the file share as storage.

  1. [ファブリック] > [サーバー] > [すべてのホスト] の順にクリックし、構成するホストまたはクラスター ノードを選択します。Click Fabric > Servers > All Hosts, and select the host or cluster node you want to configure.
  2. [ホスト] > [プロパティ] > [ホスト アクセス] の順にクリックします。Click Host > Properties > Host Access. 実行アカウントを指定します。Specify a Run As account. 既定では、ホストを VMM に追加するために使用された実行アカウントが表示されます。By default the Run As account that was used to add the host to VMM is listed. [実行アカウント] ボックスで、アカウント設定を構成します。In the Run As account box, configure the account settings. VMM サービスに使用するアカウントを使用することはできません。You can't use the account that you use for the VMM service. 次の点に注意してください。Note that:
    • VMM サービス アカウントにドメイン アカウントを使用した場合は、ファイル サーバー上のローカルの管理者グループにドメイン アカウントを追加します。If you used a domain account for the VMM service account, add the domain account to the local Administrators group on the file server.
    • VMM サービス アカウントにローカル システム アカウントを使用した場合は、ファイル サーバー上のローカルの管理者グループに VMM 管理サーバーのコンピューター アカウントを追加します。If you used the local system account for the VMM service account, add the computer account for the VMM management server to the local Administrators group on the file server. たとえば、VMMServer01 という名前の VMM 管理サーバーの場合、コンピューター アカウント VMMServer01$ を追加します。For example, for a VMM management server that is named VMMServer01, add the computer account VMMServer01$.
    • SMB 3.0 ファイル共有にアクセスする任意のホストまたはホスト クラスターは、実行アカウントを使用して VMM に追加されている必要があります。Any host or host cluster that accesses the SMB 3.0 file share must have been added to VMM using a Run As account. VMM は、この実行アカウントを自動的に使用して、SMB 3.0 ファイル共有にアクセスします。VMM automatically uses this Run As account to access the SMB 3.0 file share.
    • ホストまたはホスト クラスターを追加したときに明示的なユーザー資格情報を指定した場合は、VMM からホストまたはクラスターを削除して、実行アカウントを使用して再度追加できます。If you specified explicit user credentials when you added a host or host cluster, you can remove the host or cluster from VMM, and then add it again by using a Run As account.
  3. [ホスト名のプロパティ] > [記憶域] > [ファイル共有を追加] をクリックします。Click Host Name Properties > Storage > Add File Share.
  4. [管理サーバー上のファイル共有パス] で、必須の SMB 3.0 ファイル共有を選択し、 [OK] をクリックします。In File share path, select the required SMB 3.0 file share, and then click OK.
  5. ホストにアクセス権があることを確認するには、 [ジョブ] ワークスペースを開き、ジョブの状態を表示します。To confirm that the host has access, open the Jobs workspace to view the job status. または、ホストのプロパティを再度開き、 [記憶域] タブをクリックします。 [ファイル共有] で、SMB 3.0 ファイル共有をクリックします。Or, open the host properties again, and then click the Storage tab. Under File Shares, click the SMB 3.0 file share. 緑色のチェック マークが [ファイル共有へのアクセス] の横に表示されることを確認します。Verify that a green check mark appears next to Access to file share.
  6. SMB 3.0 ファイル共有にアクセスするすべてのスタンドアロン ホストまたはクラスター内のすべてのノードに対して、この手順を繰り返しますRepeat this procedure for any standalone host that you want to access the SMB 3.0 file share, or for all nodes in a cluster

スタンドアロン ホストに論理ユニットを割り当てるAssign a logical unit to a standalone host

既存のユニットを割り当てるか、新しいものを作成して割り当てます。Either assign an existing unit, or create a new one and assign it.

  1. [ファブリック][サーバー][すべてのホスト] の順にクリックし、構成するホストを右クリックして、 [プロパティ] をクリックします。In Fabric > Servers > All Hosts, right-click the host that you want to configure > Properties.

  2. 新しい論理ユニットを作成する場合は、次のようにします。If you want to create a new logical unit:

    • ツール バーで、 [ディスク] の横にある [追加] をクリックします。On the toolbar, next to Disk, click Add. [論理ユニット] の横にある [論理ユニットの作成] をクリックします。Next to Logical unit click Create Logical Unit.
    • [論理ユニットの作成] の [記憶域プール] で、論理ユニットの作成元となるプールを選択します。In Create Logical Unit > Storage pool choose the pool from which the create the logical unit. 名前 (英数字のみ)、説明、およびユニット サイズを指定します。Specify a name (alphanumeric only), a description and the unit size. [OK] をクリックして完了します。Click OK to finish.
  3. 既存の論理ユニットをホストに割り当てるには、ツール バーで、 [ディスク] の横にある [追加] をクリックし、割り当てる論理ユニットを選択します。To assign an existing logical unit to the host, on the toolbar, next to Disk, click Add, and select the logical unit you want to assign.

  4. [論理ユニット] の一覧で、作成した論理ユニットが選択されていることを確認します。In the Logical unit list, verify that the logical unit that you just created is selected.

  5. [新しいディスクのフォーマット] で、ディスクをフォーマットする場合は [次の設定でこのボリュームを NTFS ボリュームとしてフォーマットする] を選択して、設定を指定します。In Format new disk, if you want to format the disk, select Format this volume as NTFS volume with the following settings, and specify the settings. [ファイルシステムが検出された場合もフォーマットを強制する] を選択した場合は、ボリューム上の既存のデータがすべて上書きされます。Note that if you select Force format even if a file system is found all existing data on the volume will be overwritten. 論理ユニットにデータが既に存在し、 [フォーマットの強制] オプションを使用しない場合、VMM の論理ユニットを割り当てるジョブは完了し、警告メッセージが表示されます。If the logical unit has existing data, and you do not use the Force Format option, the VMM job to assign the logical unit will complete with a warning. VMM により、論理ユニットがホストに割り当てられます。VMM assigns the logical unit to the host. ディスクは後でフォーマットできます。You can format the disk later.

  6. [マウント ポイント] で、マウント オプションを選択します。In Mount Point, select the mount options. 次に、 [OK] をクリックしてホストに論理ユニットを割り当てます。Then click OK to assign the logical unit to the host.

  7. VMM により、記憶域論理ユニットが登録され、記憶域ディスクがマウントされます。VMM registers the storage logical unit to the host and mounts the storage disk.

    • 関連付けられているジョブ情報を表示するには、 [ジョブ] ワークスペースを開きます。To view the associated job information, open the Jobs workspace.
    • 論理ユニットが割り当てられていることを確認するには、<ホスト名> の > [プロパティ] ダイアログ ボックスで、 [記憶域] タブの情報を確認します。To verify that the logical unit was assigned, view the information on the Storage tab in the Host Name > Properties dialog box. [ディスク] の下に、新たに割り当てられた論理ユニットが表示されます。The newly assigned logical unit appears under Disk. 新しいディスクをクリックすると、ディスクの詳細が示されます。Click the new disk to view the disk details.
    • ディスクの詳細で [配列] フィールドが設定されている場合、ストレージ アレイが VMM の管理下にあることを示します。If the Array field is populated in the disk details, this indicates that the storage array is under VMM management.
  8. 追加のディスクの設定を構成するには、ホストで [ディスクの管理] を開きます。To configure additional disk settings open Disk Management on the host. [ディスクの管理] を開くには、 [スタート] をクリックし、検索ボックスに「diskmgmt.msc」と入力して、Enter キーを押します。To open Disk Management, click Start, type diskmgmt.msc in the search box, and then press ENTER. ディスクの一覧に、新しいディスクが基本ディスクとして示されます。The new disk appears in the list of disks as a basic disk. ディスクのフォーマットを選択した場合、ディスクは既にフォーマットされ、オンラインの状態となっています。If you chose to format the disk, the disk is already formatted and online. ディスクを右クリックすると、使用可能なオプション ( [フォーマット][ドライブ文字とパスの変更] など) を確認できます。You can right-click the disk to see the available options, such as Format and Change Drive Letter and Paths.

Hyper-V クラスターのストレージを構成するConfigure storage for a Hyper-V cluster

  1. [ファブリック] > [サーバー] > [すべてのホスト] の順にクリックします。Click Fabric Servers > All Hosts. 構成するクラスターを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。Right-click the cluster you want to configure > Properties. [ホスト クラスター名][プロパティ] で、次のタブをクリックします。In Host Cluster Name > Properties click a tab:

    • 使用可能な記憶域: 使用可能な記憶域を追加したり、使用可能な記憶域を共有記憶域 (CSV) に変換したり、使用可能な記憶域を削除したりします。Available Storage: for adding available storage, converting available storage to shared storage (CSV), or removing available storage.
    • 共有ボリューム: クラスター共有ボリューム (CSV) を追加したり、CSV を使用可能な記憶域に変換したり、CSV を削除したりします。Shared Volumes: for adding cluster shared volumes (CSVs), converting CSVs to available storage, or removing CSVs. CSV を使用するには、クラスターで Windows Server 2012 以降を実行する必要があります。The cluster must run at least Windows Server 2012 to support CSVs.
  2. ホスト クラスターの記憶域を構成します。Configure storage for the host cluster. 次の点に注意してください。Note that:

    • CSV に使用可能な記憶域を追加する場合、LUN には英数字のみを使用してください。If you add available storage for CSVs, use only alphanumeric characters for a LUN. 既に初期化されているディスクのパーティション スタイルは変更できないことに注意してください。Note that you can't change the partition style of a disk that has already been initialized.
    • 使用可能な記憶域を CSV に変換する場合は、クラスター上の VM に、変換する記憶域上に関連付けられた .vhd または .vhdx ファイルがないことを確認してください。If you're converting available storage to CSVs, make sure there are no VMs on the cluster that have their associated .vhd or .vhdx files located on the storage that you want to convert.

      ボリュームは一度に 1 つ変換します。Convert volumes one at a time. 変換後、 [共有ボリューム] タブに論理ユニットが表示されていることを確認します。After conversion, confirm that the logical unit appears on the Shared Volumes tab.

      注意:仮想マシンで利用されている共有記憶域を使用可能な記憶域に変換すると、深刻なデータ損失が発生する可能性があります。Caution: If you convert shared to available storage, and the storage is being used by virtual machines, serious data loss can result.
    • 記憶域を削除できるのは、クラスター内の VM で現在 vhd の記憶域が使用されていない場合のみです。You can only remove storage if there are no VMs in the cluster currently using the storage for their vhds.
  3. 変更を確定して問題ない場合、 [OK] をクリックします。When you're ready to commit the changes, click OK.

iSCSI セッションを作成するCreate an iSCSI session

  1. ターゲット ホストの Services スナップインで、Microsoft iSCSI イニシエーター サービスが開始され、[自動] に設定されていることを確認します。On the target host, in the Services snap-in, make sure that the Microsoft iSCSI Initiator Service is started and set to Automatic.
  2. [ファブリック] > [サーバー] > [すべてのホスト] > [ホスト] の順にクリックし、構成するホストを右クリックして、 [プロパティ] をクリックします。In Fabric > Servers > All Hosts Hosts, right-click the host that you want to configure > Properties.
  3. [iSCSI 配列] の下で、ストレージ アレイが一覧に既に表示されていることを確認します。Under iSCSI Arrays, see if the storage array is already listed. 一覧に表示されていない場合、ツール バーで、 [iSCSI 配列] の横にある [追加] をクリックします。If it is not, on the toolbar, next to iSCSI Array, click Add.
  4. [新しい iSCSI セッションの作成] の [配列] で、使用するストレージ アレイをクリックします。In the Create New iSCSI Session > Array , click the storage array you want to use.
  5. [作成] をクリックして、新しいセッションを作成します。Click Create to create a new session. ターゲット リスナー、名前、使用するホストの NIC など、カスタマイズされた設定を変更する場合は、[詳細設定を使う] をクリックします。Click Use advanced settings if you want to modify customized settings, including target listener, name, or the host NIC that you want to use.
  6. 追加したアレイが、 [iSCSI 配列] の下に表示されます。The array that you added appears under iSCSI Arrays. 配列をクリックすると、詳細が示されます。Click the array to view more details.

次のステップNext steps

Hyper-V ホストとクラスターのネットワークの設定Set up networking for Hyper-V hosts and clusters.