ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) 向けアプリの開発Develop apps for the Universal Windows Platform (UWP)

ユニバーサル Windows プラットフォームと 1 つの Windows コアを使用することで、電話やデスクトップなどの Windows 10 デバイスで同じアプリを実行できます。With the Universal Windows Platform and our one Windows core, you can run the same app on any Windows 10 device, from phones to desktops. これらのユニバーサル Windows アプリは、Visual Studio とユニバーサル Windows アプリ開発ツールを使用して作成します。Create these Universal Windows apps with Visual Studio and the Universal Windows App development tools.

ユニバーサル Windows プラットフォームUniversal Windows Platform

アプリを Windows 10 Phone、Windows 10 デスクトップ、または Xbox で実行します。Run your app on a Windows 10 phone, a Windows 10 desktop, or an Xbox. 同じアプリ パッケージが使用されています。It's the same app package! Windows 10 の単一の統一されたコアの導入により、1 つのアプリケーション パッケージをすべてのプラットフォームで実行できます。With the introduction of the Windows 10 single, unified core, one app package can run across all platforms. いくつかのプラットフォームには、プラットフォーム固有の動作を利用するためにアプリに追加できる拡張 SDK があります。Several platforms have extension SDKs that you can add to your app to take advantage of platform-specific behaviors. たとえば、モバイル用の拡張 SDK を使用すれば、Windows Phone で [戻る] ボタンを処理できます。For example, an extension SDK for mobile handles the back button being pressed on a Windows phone. プロジェクトで拡張 SDK を参照する場合、単純にランタイム チェックを追加して、プラットフォームでその SDK を使用できるかどうかをテストします。If you reference an extension SDK in your project, then just add runtime checks to test if that SDK is available on that platform. このようにして、それぞれのプラットフォームで同じアプリ パッケージを使用できます。That's how you can have the same app package for each platform!

Windows のコアとは何ですか。What is the Windows core?

Windows では初めて、すべての Windows 10 プラットフォームで共通のコアを持つようリファクタリングされました。For the first time, Windows has been refactored to have a common core across all Windows 10 platforms. 1 つの共有ソース、1 つの共通 Windows カーネル、1 つのファイル I/O スタック、および 1 つのアプリ モデルがあります。There is one common source, one common Windows kernel, one file I/O stack, and one app model. UI については、1 つの XAML UI フレームワークと、1 つの HTML UI フレームワークしかありません。For the UI, there is just one XAML UI framework and one HTML UI framework. さまざまな Windows 10 デバイス上でアプリを簡単に実行できるようになっているため、優れたアプリの作成に集中できます。You can concentrate on creating a great app, because we've made it easy to have your app run on different Windows 10 devices.

ユニバーサル Windows プラットフォームとは何ですか。What exactly is the Universal Windows Platform?

ユニバーサル Windows プラットフォームとは、簡単にいえば、コントラクトとバージョンのコレクションです。The Universal Windows Platform is simply a collection of contracts and versions. これらにより、アプリを実行する対象となる場所を指定できます。These allow you to target where your app can run. オペレーティング システムを対象にすることはなくなり、1 つまたは複数のデバイス ファミリを対象にするようになります。You no longer target an operating system; now you target one or more device families. 詳しくは、「ユニバーサル Windows プラットフォームの紹介」をご覧ください。Learn more details by reading Intro to the Universal Windows Platform.

要件Requirements

ユニバーサル Windows アプリの開発ツールには、別のデバイス上のアプリの外観を確認する際に使用できるエミュレーターが付属しています。The Universal Windows App development tools come with emulators that you can use to see how your app looks on different devices. これらのエミュレーターを使用する場合は、このソフトウェアを物理マシンにインストールする必要があります。If you want to use these emulators, you need to install this software on a physical machine. その物理マシンでは、Windows 8.1 (x64) Professional エディション以上が実行され、クライアント Hyper-V および第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) をサポートするプロセッサが搭載されている必要があります。The physical machine must run Windows 8.1 (x64) Professional edition or higher, and have a processor that supports Client Hyper-V and Second Level Address Translation (SLAT). Visual Studio が仮想マシンにインストールされている場合は、エミュレーターを使用できません。The emulators cannot be used when Visual Studio is installed on a virtual machine.

必要なソフトウェアの一覧を次に示します。Here is the list of software that you need:

このソフトウェアをインストールしたら、開発用に Windows 10 デバイスを有効にする必要があります。After installing this software, you need to enable your Windows 10 device for development. デバイスを開発用に有効にする」をご覧ください。See Enable your device for development. Windows 10 デバイスごとに開発者ライセンスは必要ありません。You no longer need a developer license for each Windows 10 device.

ユニバーサル Windows アプリUniversal Windows apps

希望する開発言語を C#、Visual Basic、C++ または JavaScript の中から選び、Windows 10 デバイスを対象とするユニバーサル Windows プラットフォーム アプリを作成します。Choose your preferred development language from C#, Visual Basic, C++ or JavaScript to create a Universal Windows Platform app for Windows 10 devices. 最初のアプリの作成」またはビデオ「Tools for Windows 10 Overview」(Windows 10 用ツールの概要) をご覧ください。Read Create your first app or watch the Tools for Windows 10 Overview video.

既存の Windows 8.1 のストア アプリ、Windows Phone 8.1 アプリ、または Visual Studio 2015 で作成されたユニバーサル Windows アプリがある場合、最新のユニバーサル Windows プラットフォームを使用するよう、これらのアプリを移植する必要があります。If you have existing Windows Store 8.1 apps, Windows Phone 8.1 apps, or Universal Windows apps that were created with Visual Studio 2015, you'll need to port these apps to use the latest Universal Windows Platform. Windows ランタイム 8.x から UWP への移行」をご覧ください。See Move from Windows Runtime 8.x to UWP.

ユニバーサル Windows アプリを作成したら、アプリをパッケージ化して、それを Windows 10 デバイスにインストールするか Windows ストアに送信する必要があります。After you create your Universal Windows app, you must package your app to install it on a Windows 10 device or submit it to the Windows Store. アプリのパッケージ化」をご覧ください。See Packaging apps.

関連項目See also

Visual Studio におけるクロス プラットフォーム モバイル開発Cross-Platform Mobile Development in Visual Studio