Visual Studio Tools for Unity の使用を開始するGetting Started with Visual Studio Tools for Unity

このセクションでは、Visual Studio Tools for Unity をインストールする方法と、Visual Studio で操作できるように Unity プロジェクトを構成する方法を説明します。In this section, you'll learn how to install Visual Studio Tools for Unity and configure your Unity project to work with Visual Studio.

重要

Unity 5.2 では Visual Studio Tools for Unity 2.1 の組み込みサポートが追加され、プロジェクトのセットアップが簡単になりました。Unity 5.2 adds built-in support for Visual Studio Tools for Unity 2.1, which simplifies project setup. これを活用するには、Windows で Unity バージョン 5.2.0 以降と、Visual Studio Tools for Unity バージョン 2.1 以降が必要です。To take advantage of this, you'll need Unity version 5.2.0 or higher on Windows, and Visual Studio Tools for Unity version 2.1 or higher.

前提条件Prerequisites

Visual Studio Tools for Unity を使用するには、次のコンポーネントが必要です。To use Visual Studio Tools for Unity, you'll need:

  • 拡張機能をサポートしているバージョンの Visual Studio (Visual Studio Community、Professional、Premium、Enterprise など)。A version of Visual Studio that supports extensions, such as Visual Studio Community, Professional, Premium, or Enterprise. Visual Studio Community は無料でダウンロードできます。You can download Visual Studio Community for free.

    Visual Studio Community をダウンロードDownload Visual Studio Community

  • Unity バージョン 4.0.0 以降、 Unity バージョン 5.2.0 以降 (Visual Studio Tools for Unity バージョン 2.1 以降の組み込みサポートを利用する場合)Unity version 4.0.0 or higher; Unity version 5.2.0 or higher to take advantage of built-in support for Visual Studio Tools for Unity version 2.1 or higher.

    Unity をダウンロードDownload Unity

Visual Studio Tools for Unity のインストールInstall Visual Studio Tools for Unity

Visual Studio Tools for Unity を Visual Studio ギャラリーからダウンロードしてインストールします。Download and install Visual Studio Tools for Unity from the Visual Studio Gallery. ご使用の Visual Studio バージョンに適したパッケージをインストールする必要があります。You'll need to install the right package for your version of Visual Studio. Unity 5.2 以降で VSTU の組み込みサポートを利用するには、Visual Studio Tools for Unity バージョン 2.1 以降をインストールしてください。Make sure to install Visual Studio Tools for Unity version 2.1 or higher to take advantage of built-in support for VSTU in Unity 5.2 or higher.

注意

Visual Studio Express バージョンは、Visual Studio Tools for Unity などの拡張機能をサポートしていません。Express versions of Visual Studio don't support extensions such as Visual Studio Tools for Unity. Visual Studio Community は、Visual Studio Tools for Unity と他の拡張機能をサポートしている無料版の Visual Studio です。Visual Studio Community is a free version of Visual Studio that supports Visual Studio Tools for Unity and other extensions. ほとんどのユーザーの場合、Visual Studio Community が Express よりも適した選択肢になります。For most users, Visual Studio Community is a better choice than Express.

注意

Visual Studio 2017 では、インストーラーから選択できる Unity ワークロードに VSTU 3 が付属しています。For Visual Studio 2017, VSTU 3 comes with the Unity workload that you can choose from the installer.

Visual Studio Tools for Unity で取り組む最初の Unity プロジェクトYour first Unity project with Visual Studio Tools for Unity

これで必要なすべてが揃ったので、Visual Studio による初めての Unity プロジェクトに取り組む準備が整いました。Now that you have everything you need, you're ready for your first Unity project with Visual Studio. Unity プロジェクトの設定は、インストールされている Unity と Visual Studio Tools for Unity のバージョンによって異なります。Setting up your Unity project is different depending on which versions of Unity and Visual Studio Tools for Unity are installed. 次の手順で、インストールされている Unity と Visual Studio Tools for Unity のバージョンを確認します。Follow the steps below for the version of Unity and Visual Studio Tools for Unity that you have installed.

Unity 5.2 以降 (VSTU 2.1 以降が必要)Unity 5.2 and higher (requires VSTU 2.1 or higher)

Unity 5.2 以降では、Visual Studio Tools unitypackage をプロジェクトにインポートする必要がなくなりました。Starting with Unity 5.2, you no longer have to import the Visual Studio Tools unitypackage into your projects. プロジェクトによりこの unitypackage がインポートされると、Unity 5.2 はこれを無視し、Visual Studio Tools for Unity をインストール場所から直接読み込みます。If your project imports this unitypackage, Unity 5.2 ignores it and directly loads Visual Studio Tools for Unity from its installed location.

1 - Unity プロジェクトの作成1 - Create a Unity Project

これまでに Unity を使用した経験がある場合は、新しいプロジェクトを作成するか、または独自のプロジェクトを読み込むことができます。If you're already experienced with Unity, you can create a new project or load one of your own. 古いバージョンの Unity で Visual Studio Tools for Unity を使用するために、Visual Studio Tools unitypackage をインポートしたプロジェクトを読み込む場合は、UnityVS ディレクトリを削除してそのパッケージを削除することをお勧めします。If you're loading a project that imported the Visual Studio Tools unitypackage to use Visual Studio Tools for Unity with a previous version of Unity, we recommend that you remove it by deleting the UnityVS directory.

それ以外の場合で Unity を初めて使用するときには、基本的なチュートリアルを使用して小規模なものから始めます。Otherwise, if you're new to Unity, start small with a basic tutorial. Unity の学習ページを参照して、手始めに作業できるサンプル プロジェクトのチュートリアルや、Unity を使用した独自のゲームの作成方法を学ぶためのレッスンを見つけます。Visit the Unity Learn page to find tutorials on example projects you can start with and lessons you can learn from to build your own game with Unity. Unity の学習ページには、異なるいくつかのゲームのわかりやすいチュートリアルがあります。The Unity Learn page has easy-to-follow tutorials for several different games.

チュートリアル - Unity の学習ページTutorials - Unity Learn page

2 - Visual Studio Tools for Unity を使用するための Unity エディターの構成2 - Configure Unity Editor to use Visual Studio Tools for Unity

プロジェクトで Visual Studio Tools for Unity を使用できるようにするには、Visual Studio を外部スクリプト エディターとして設定するだけです。To enable your project to use Visual Studio Tools for Unity, just set Visual Studio as its external script editor. Unity エディターのメイン メニューで [Edit]、[Preferences]を選び、次に [Unity Preferences] ダイアログで [External Tools]を選びます。In the Unity Editor, on the main menu, choose Edit, Preferences; then, in the Unity Preferences dialog, choose External Tools. 次に、使用する Visual Studio のバージョンを [External Script Editor] プロパティに設定し (この Visual Studio バージョンに対応した Visual Studio Tools for Unity がインストールされている必要があります)、 [Editor Attaching] プロパティが設定されていることを確認します。Next, set the External Script Editor property to the version of Visual Studio you want to use (Visual Studio Tools for Unity must be installed for this version of Visual Studio) and make sure the Editor Attaching property is set.

Visual Studio Tools for Unity の組み込みサポートが有効であることを確認するため、 [About Unity] ダイアログを表示します。To make sure that built-in support for Visual Studio Tools for Unity is now enabled, see the About Unity dialog. In the Unity editor, on the main menu, choose [Help]、[About Unity]In the Unity editor, on the main menu, choose Help, About Unity. を選びます。Visual Studio Tools for Unity がインストールされており、正しく構成されている場合は、 [About Unity] ダイアログを表示します。If Visual Studio Tools for Unity is installed and correctly configured, you'll see a message displayed in the lower left-hand corner of the About Unity dialog.

最後に、 [Build Settings] ページでビルド ターゲットが設定されていることと、 [Script Debugging] が有効になっていることをご確認ください。Finally, make sure you've set a build target through the Build Settings page and that Script Debugging is enabled.

デバッグのための Unity のビルド設定を構成します。Configure the Unity build settings for debugging.

3 - Unity エディターからの Visual Studio の起動3 - Launch Visual Studio from the Unity Editor

Unity 5.2 以降では、Visual Studio を起動する場合や Visual Studio Tools for Unity を設定する場合に [Visual Studio Tools] 拡張機能メニューは不要になりました。Starting with Unity 5.2, the Visual Studio Tools extension menu is no longer needed to launch Visual Studio or to configure Visual Studio Tools for Unity. 代わりに、Visual Studio が外部スクリプト エディターとして構成されたら、Unity エディターでそのスクリプト ファイルを選ぶだけで、コードが Visual Studio で開きます。Instead, once Visual Studio is configured as your external script editor, just choose the script file from the Unity editor and your code will be opened in Visual Studio.

以前のバージョンの Unity (5.2 以前)Previous versions of Unity (pre-5.2)

Unity 5.2 より前のバージョンでは、Visual Studio Tools for Unity の組み込みサポートがありませんでした。Before Unity 5.2, there was no built-in support for Visual Studio Tools for Unity. 代わりに、Visual Studio Tools for Unity を使用するためには各プロジェクトで Visual Studio Tools unitypackage をインポートし、その他のプロジェクト設定を構成する必要がありました。Instead, each project had to import the Visual Studio Tools unitypackage and configure other project settings in order to use Visual Studio Tools for Unity.

1 - Unity プロジェクトの作成1 - Create a Unity Project

これまでに Unity を使用した経験がある場合は、新しいプロジェクトを作成するか、または独自のプロジェクトを読み込むことができます。If you're already experienced with Unity, you can create a new project or load one of your own. 新しいプロジェクトを開始する場合は、プロジェクトの作成時に Visual Studio Tools unitypackage をインポートします。If you're starting a new project, import the Visual Studio Tools unitypackage when you create it.

それ以外の場合で Unity を初めて使用するときには、基本的なチュートリアルを使用して小規模なものから始めます。Otherwise, if you're new to Unity, start small with a basic tutorial. Unity の学習ページを参照して、手始めに作業できるサンプル プロジェクトのチュートリアルや、Unity を使用した独自のゲームの作成方法を学ぶためのレッスンを見つけます。Visit the Unity Learn page to find tutorials on example projects you can start with and lessons you can learn from to build your own game with Unity. Unity の学習ページには、異なるいくつかのゲームのわかりやすいチュートリアルがあります。The Unity Learn page has easy-to-follow tutorials for several different games.

チュートリアル - Unity の学習ページTutorials - Unity Learn page

2 - Visual Studio Tools for Unity を使用するための Unity エディターの構成2 - Configure Unity Editor to use Visual Studio Tools for Unity

既存の Unity プロジェクトを使って開始する場合、あるいはプロジェクトの作成時に Visual Studio Tools unitypackage をインポートしなかった場合は、この時点で unitypackage をインポートしなければなりません。If you're starting from an existing Unity project or you didn't import the Visual Studio Tools unitypackage when you created the project, you need to import the unitypackage now. Unity エディターのメイン メニューで、 [Assets]、[Import Package]、[Visual Studio 2015 Tools] (インストールされているバージョンの Visual Studio 用オプションが表示されます) を選びます。In the Unity editor, on the main menu, choose Assets, Import Package, Visual Studio 2015 Tools (you should see an option for the version of Visual Studio you have installed).

Unity プロジェクトに VSTU パッケージをインポートします。Import the VSTU package into your Unity project.

最後に、 [Build Settings] ページでビルド ターゲットが設定されていることと、 [Script Debugging] が有効になっていることをご確認ください。Finally, make sure you've set a build target through the Build Settings page and that Script Debugging is enabled.

デバッグのための Unity のビルド設定を構成します。Configure the Unity build settings for debugging.

3 - Unity エディターからの Visual Studio の起動3 - Launch Visual Studio from Unity Editor

最後の手順として Unity から Visual Studio を起動します。The final step is to start Visual Studio from Unity. これにより、プロジェクト用の Visual Studio ソリューションが作成され、Visual Studio で開かれます。This creates a Visual Studio Solution for your project, and then opens it in Visual Studio.

Unity エディターのメイン メニューで、 [Visual Studio Tools]、[Open in Visual Studio]を選びます。In the Unity Editor, on the main menu, choose Visual Studio Tools, Open in Visual Studio.

Visual Studio で Unity プロジェクトを開きます。Open your unity project in Visual Studio.

次の手順Next steps

Visual Studio で Unity プロジェクトを操作およびデバッグする方法については、「Visual Studio Tools for Unity を使用する」をご覧ください。To learn how to work with and debug your Unity project in Visual Studio, see Using Visual Studio Tools for Unity.

関連項目See Also

Unity ホームページUnity Homepage